レプトシフォンの育て方

レプトシフォンの育て方

この花についてはハナシノブ科、リムナンツス属になります。属に関しては少しずつ変化しています。園芸における分類としては草花となっていて、咲き方は一年草ですから毎年枯れて新たに生えてくるを繰り返すことになります。

育てる環境について

栽培をしていく上ではどのような環境で育てていく必要があるかです。生息地としては草原や沿岸の灌木帯などになります。そういったところを意識して環境づくりをしていくと良いかもしれません。日当たりについてはそれなりに良い所が良さそうです。草原などにおいても、周りに何も遮るものがないようなところで元気よく咲きます。

カリフォルニアなどといえば比較的日差しが強いところでしょうが、そういったところでもどんどん成長すると言われています。日当たりが悪いとどうなるかですが、茎がひょろひょろと伸びるようになります。この花の特徴としてはピンと背筋を伸ばしたようにきれいに上を向くことです。ですから茎がだらしなくなると見た目にも良くありません。

また日あたりが良くないと花つきにも影響してくるとされています。そのことからもできるだけ日当たりの良い所を探します。冬に関しては寒い冷たい風が当たるところは避けるようにします。生息地は比較的1年を通して温かいところです。日本では冬があるのでどうしても寒い時期を過ごすことになります。

この花は冬越が必要になってきますから、冬の管理をきちんとする必要があります。霜に関しても注意が必要で、霜がよく出来るようなところなら注意をします。霜が出来るようなところだと、根が持ち上げられることがあります。それで地上などに上がってくればその後生育できなくなります。霜がでないように暖かく管理をする必要があります。

種付けや水やり、肥料について

育て方としてはどのような用土を利用していくかですが、水はけの良い土を好みます。土質としては特にありませんからそれに合わせて選ぶようにすればいいでしょう。種をまく時においてはまずは育苗箱に種まき用の土をいれます。そしてその上に薄くまきます。種は非常に小さいタイプになっています。まいたら薄く土をかけるようにします。

本葉が出てきたころに鉢上げをします。更に本葉がでてきて5枚ぐらいになってきたところで植え付けを行います。株の間は20センチぐらい空けておいたほうがいいでしょう。水やりに関しては乾き気味の対応を心がけます。乾燥には強いタイプの花になります。その反面過湿には強くありません。となると水のあげ過ぎは禁物になります。

地植えの場合は基本的には水やりの必要性が少なくなります。植木鉢を利用するときは表面が乾いてから与える方法を取っていきます。肥料については必ずしも必要になるわけではありませんが、きれいに花を咲かせようとするなら与えるようにします。最初用意した土にゆっくり効くタイプの肥料を混ぜておくといいでしょう。

そうすればそれ以降は特に与える必要がなくなります。肥料があるとなんでも成長するように考えがちですが、与え過ぎが悪い影響をおよぼすことがあります。この花については悪い影響をあたえることがあるので、あまり与え過ぎないように気をつけなければいけません。花が咲き始めてから少し追肥することもあります。

増やし方や害虫について

この花については1年草になるので株分けなどができません。植え替えなどの考えもありません。花が咲けばその後は枯れて根もなくなります。増やし方としては基本的には種まきをすることにあります。この花は春頃に咲き、そしてその後夏になるとどんどん枯れていきます。このときに種を取ることができれば保存するようにします。

種をまく時期は秋になります。そして冬を越して春に咲かせることになります。一つの花からは複数の種が取れますから、順調に育てることができればもちろん毎年増やすことができます。種から育てにくいわけではないので、一気に増やせることもあります。増えすぎたりすると問題にもなるので注意しながら育てるようにします。

蒸れた状態は嫌います。枯れた葉っぱがあったり、咲き終わった花がある場合はこまめに摘み取るようにすると良いとされています。風通しを気にしながら育てるようにしたほうがいいでしょう。咲き終わったときに花を摘む意味としては、株の消耗を少しでも抑えることができます。すると別の花に対するエネルギーに変えることができます。

その分長く花を楽しむことが出来るようになります。可愛らしい花が比較的長く楽しめるようになるので、この調整は必要になってきます。病気であったり害虫にも気を使う必要がありますが、この花については特に気にする必要がないとされているので問題はありません。水分などに気を配っていれば順調に育つでしょう。

レプトシフォンの歴史

お花畑があると心が安らぐことがあります。都市部ではなかなかそういったところはありません。少し郊外に行くと田んぼの休耕田を利用してお花畑にしているところがあります。春ならレンゲが生えていたり、秋ならコスモス畑になっていたりします。最初は休耕田を利用していたのが、そのうちそれが定番になってくるようなこともあるようです。

どちらにしてもお花畑をしっかりつくろうとするとかなり広いところが必要です。色とりどりの花を用意しようとするのも大変です。小さなスペースでいろいろな色の花を揃えることができたら家庭で小さなお花畑を作ることが出来るかもしれません。それが少し可能になるかもしれないのがレプトシフォンと呼ばれる花からです。

この花の原産としては北アメリカのカリフォルニアになります。非常に小さい花でそれもいろいろな色の花を咲かせてくれることで知られています。この花自体の歴史としては、元々はレプトシフォン属と呼ばれる単独の属になっていました。その後ギリア属に変更され、そしていまはリムナンツス属に分類されてます。

花に関してはこのように属などが変更することはよくあることです。新しいことがわかればそれに応じて分類も変更されていきます。歴史の教科書に非常に似ている分野なのでしょう。この花については別名としてはギリアルテアがあります。こちらについては古い属名が影響しているのでしょう。今の名前についてもかつての属名から来るようになっています。

レプトシフォンの特徴

この花についてはハナシノブ科、リムナンツス属になります。属に関しては少しずつ変化しています。園芸における分類としては草花となっていて、咲き方は一年草ですから毎年枯れて新たに生えてくるを繰り返すことになります。草の丈はそれほど高くなくて、最も高くても20センチほどです。足元で小さく生えています。

開花の時期としては5月から6月ぐらいになります。茎が株元から分岐をして伸びます。葉っぱ葉非常に補足、それが輪状に広がっています。最も上の部分に花が咲きます。花の直径としては1センチから2センチの非常に可愛らしい花です。白、オレンジ、赤、黄色と非常に多彩です。群生しているところにおいては必ずしも同じ色の花が揃うわけではありません。

ピンクがあれば白もあり、オレンジ色もあるので、この花だけでちょっとしたお花畑を作ることができそうなくらい色の種類があります。花のイメージとしては桜に似ています。5枚の花びらが桜のようについていて、きれいに開ききります。真ん中の部分についてはオレンジ色で統一されているようです。

ですから花びらがオレンジ色の場合はすべてオレンジ色です。ピンク色の場合は真ん中の部分だけがオレンジ色になっています。小さい花ながらも茎などはしっかり上を向き、花もほぼ上を向いた状態で咲いてくれます。たまに茎が伸びすぎたものなどがあり、そういったものは頭が重たくなって少し倒れ気味になることがありますがまれです。

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て方

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利用だけでなく観賞用としても人気のナスタチューム(ナスタチウム...

pixta_potmam

ポットマムの育て方

この花の種類としてはキク科になります。デンドランセマ属に類することになります。多年草で、枯れることなく毎年咲かせることが...

pixta_koropsuma

コプロスマの育て方

コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木になり、オーストラリアやニュージーランドを生息地としていてます。コプロスマには...

pixta_momo111

モモ(桃)の育て方

桃はよく庭などに園芸用やガーデニングとして植えられていたりしますし、商業用としても栽培されている植物ですので、とても馴染...

pixta_mizuna_01

はじめての家庭菜園で役立つ基本的な野菜の育て方

家庭菜園をやっている人が増えています。また、これからはじめてみたいと思っている人も多いと思います。しかし実際は、なにから...

pixta_kuranberi

クランベリーの育て方

クランベリーという洒落たネーミングは、可愛らしい花びらの形状を見て、鶴の頭部と同じようなイメージであることから付けられた...

pixta_karaminsa

カラミンサの育て方

カラミンサはシソ科のハーブで白やピンク、淡い紫色の小さな花をたくさんつけることで人気となっている宿根植物で葉の部分はハー...

pixta_dragonfurut

ドラゴンフルーツの育て方

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタヤはベトナムから輸出する時の商品名であり、日本に輸入される時には...

pixta_ingen_01

インゲンの育て方

豆の栽培は農耕文化が誕生したときから穀類と並んで始まったと言われています。乾燥豆は品質を低下させずに長い期間貯蔵できるこ...

pixta_gumi

グミの仲間の育て方

グミの仲間はアジア、ヨーロッパ、北アメリカなどを原産地としており、幅広い地域を生息地にしています。約60種類ほどが存在し...

pixta_hanaume

ウメ(花ウメ)の育て...

ウメの系統をたどっていくと、サクラやモモと同じように、も...

pixta_virjiniastock

バージニアストックの...

バージニアストックは、別名マルコミアと呼ばれるアブラナの...

pixta_minibara

ミニバラの育て方

バラと人間との関わりは古く、およそ7000年前のエジプト...

pixta_hanegi

葉ネギの育て方

ネギの原産地はアジアの北部だとされています。元々の生息地...