アカネスミレの育て方

アカネスミレの育て方

特徴としてはバラ類、真正バラ類に該当します。キントラノオ目、スミレ科、スミレ属でその中の1種類になります。スミレの中においては、地下茎の無いタイプの種類とされています。葉っぱの大きさとしては長さが4センチぐらいになります。

育てる環境について

育て方としてはどのような環境を設定するのが良いかです。基本的には日向にします。良く植えられているものなどにおいても花壇などで植えられることが多いのを目にするでしょうが同じような環境で育てるようにします。日向はいいですが、あまり日差しが強すぎると葉が焼けてしまうことがあります。

きれいな緑色が黄ばんだり黒っぽくなったりする場合があります。夏以外においては直射日光でもこのようなことにはならないでしょうが、夏はどうしても日差しが強いためにこのようになってしまうことがあるようです。植木鉢であれば移動させることができるので、夏だけは半日陰のところなどに移動をさせ、その他の季節は日当たりのいいところに置くようにします。

一方で植え付けをしたりするのであれば夏場だけ日陰が多少入るような都合の良いところなどを探しましょう。落葉樹の下などになるとうまくいくと夏だけ日陰が少し出来る場合があります。すでにそこに何かを植えたりしているのであれば、一般的なところで遮光をシートなどを使いながら調節することがあります。

遮光シートに関しては、種類を選ぶことによって遮光の率を変更することが出来るのがメリットです。夏場の暑い時でも20パーセントから30パーセントぐらい行えば問題はありません。夏場は、午前中は明るい日陰にするなどして対応するようにすればうまく育てることができます。花の様子、葉っぱの様子などを見ながら移動するのもよいでしょう。

種付けや水やり、肥料について

栽培においてはどのように土を用意するかですが、地下茎がないタイプなのでそれ程根をはるわけではありません。一般的なスミレの場合は根が長く伸びる場合が多く深鉢が良いとされますが、必ずしも深鉢を用意しないといけないわけではありません。ごく一般的な植木鉢を用意すればよいでしょう。

土の種類については特別これでないと育たないなどのことはないので、一般的な草花用の培養土を使うことが多くなります。きちんと花を咲かせたいのであれば培養土を7割にして3割腐葉土を加えたものなどをすると栄養分を増すことができて花つきが良くなります。花によっては土を少し変えることもあります。

鹿沼土や赤玉土、軽石などを適度に混ぜることで通気性を良くすることがあります。水はけが良いほうがいいか、栄養分をましたほうが良いかで考えるようにすればいいでしょう。水やりについては表土が乾いたら与える程度です。これは植木鉢の対応で、庭植えで行うときは水分は必要ありません。

よく育てられることがある植物なので水分をたくさん与えないといけないと考えがちですが、必ずしも多ければいいわけではないので下限をしながら与えるようにしていけばいいでしょう。少なくとも毎日与えないといけないわけではありません。肥料については、元肥で与えるようにします。リン酸とカリウムが多めになっているタイプを手で摘んだ量ぐらいをいれておきます。春から秋にかけては月に3回ほど行います。

増やし方や害虫について

増やし方としては、最も簡単なのは苗を購入して植えることです。でもできれば買ってきて植える以外の方法も知っておきたいです。種を取ってまく方法があるので行うようにしてみましょう。種まきの方法としては、完熟した種を利用する方法と未熟な状態の種を利用する方法があります。完熟タイプの場合は少し作業が必要になります。

すぐにまくことはできません。いわゆるこれは自然にはじけ飛んで、冬を越して次の年に咲く種になります。ですから冬のような寒さを経験させないと発芽しないようになっています。冷蔵庫に1箇月から2箇月近く保管するようにします。乾燥した状態はよくありませんから、湿らせた川砂などを利用しながら乾燥させないようにしておきます。

未熟なタイプは果実の部分がまだ固い状態のときに意識的に割って取り出します。この種については取り巻きすることが可能です。すぐにまくことができます。まいてから1週間ほどしてくると芽が出てきます。面倒かどうかの点であれば未熟なタイプの方がまきやすくなるかもしれません。

病気としては、春から夏にかけて起こるそうか病と呼ばれるものがあります。茎や葉柄に白っぽいものができます。雨が原因とされるので、梅雨の時期の管理に気をつけます。害虫としてはアブラムシがあります。季節ごとに出てくる虫が異なるので、そのたびに対策を変えていく必要があります。葉っぱなどを食い荒らされないように、薬を利用することもあります。

アカネスミレの歴史

園芸店などである花を探そうとすると見つからないことがあります。探そうとするときはそのものを探そうとしますが、実は広くいろいろな種類をまとめてそのように呼ぶことがあります。本当に探すのであれば、その種類の中でもこれを探すと決めておかなければいけなくなります。

店員さんなどに聞けば最もポピュラーなものを見せてくれそれが探しているものであることがわかります。その花の本当の花を聞いたとしてもあまりぴんとこないことがあるかもしれませんが、実際にはそれになり、その他にもたくさんの種類が存在します。スミレといいますと非常にきれいな花を咲かせることで知られていますが、

一口に言ってもかなりの数があるとされています。その中でも日本において見ることが出来る花としてはアカネスミレがあります。スミレ自体は元々北アメリカを原産としているとされていますが、日本の古い書物などにも記載されていることから日本にもスミレかそれに似たものがあったと推測できます。生息地と言えるでしょう。ただしその記述からはどのスミレに当たるのかはわかりません。

スミレの名前の由来としては墨入れから来ているとされています。その形状がその形に似ているからそのように付けられたとされています。アカネスミレについては茜色だからなのでしょう。茜色自体は非常に難しいところですが、濃い赤色のような、紫色のような色になります。ですからポピュラーなスミレの色にも近く、昔の文献ではこのことを指していたのかもしれません。

アカネスミレの特徴

特徴としてはバラ類、真正バラ類に該当します。キントラノオ目、スミレ科、スミレ属でその中の1種類になります。スミレの中においては、地下茎の無いタイプの種類とされています。葉っぱの大きさとしては長さが4センチぐらいになります。形としてはやや長めのハート型といえるかもしえません。先の方は尖っているのではなくやや丸みがあります。

茎のあたりが少しくぼんでいるので、ハードのような形をしているように見えます。葉っぱの縁に関してはちょっとギザギザ状になっています。鋭くなっているわけではないので、形状そのようにみえるだけです。きれいな真っ直ぐな縁ではありません。葉脈については縦についてははっきりわかりますが、横に伸びる部分についてはそれ程はっきりは見えませんがあります。

一般的なスミレとは葉っぱの形が異なるので見分けることが出来るかもしれません。葉っぱの付き方としては相対するようにつくのではなく交互につくタイプになっています。一つ一つの株がそれ程大きくないので葉っぱもそれ程たくさんついてるわけではありません。

花の時期が終わりに近づくと徐々に葉っぱが大きくなるのが特徴になるかもしれません。咲いているときに比べて倍以上になることもあります。花びらは一枚が1センチぐらいになります。ですから直径としては2センチからそれ以上になることもあります。茜色一色の事もあれば、中心分が白っぽくなっていたり、黄色っぽいものもあります。

pixta_virjiniastock

バージニアストックの育て方

バージニアストックは、別名マルコミアと呼ばれるアブラナの仲間です。花がストックに似ていることからこのような名前が付けられ...

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、現時点で67種類が確認されています。この植物はシベリアを生息地と...

pixta_pafiopenadim

パフィオペディラムの育て方

パフィオペディラムはランの仲間です。熱帯から亜熱帯アジアに約70種が分布しており、東南アジアから中国南部、インド、インド...

pixta_gakuajisai

ガクアジサイの育て方

一般名として、ガクアジサイ(額紫陽花)といい学名はHydrangeamacrophyllaf.normalis。分類名は...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、ディッキア。数多くの種を保有する植物群のなかでも、かなり特徴的な形...

pixta_taasai

タアサイの育て方

中国が原産となるタアサイの歴史は中国の長江付近となる華中で、栄の時代となる960年から1279年に体菜より派生したと言わ...

pixta_stock

ストックの育て方

原産地はインドや東南アジアで、タシロイモ科タシロイモ属の植物です。和名はクロバナタシロイモで漢字では黒花田代芋と書きます...

pixta_matu

マツの育て方

マツ属はマツ科の属の一つで、原産はインドネシアから北側はロシアやカナダなどが挙げられます。大部分が生息地として北半球にあ...

pixta_himawari_01

ヒマワリの育て方

野生のヒマワリの元々の生息地は、紀元前3000年頃の北アメリカとされています。古代インカ帝国でヒワマリは、太陽の花と尊ば...

pixta_sakurasou11

サクラソウの育て方

サクラソウとは、サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)の植物で、学名をPrimula sieboldiiといいます。日本...

スポンサーリンク

pixta_himejaga

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガはアヤメ科アヤメ属の多年草でシャガよりも小型に...

pixta_ikusoakokinera

イクソーラ・コキネア...

この花の特徴は何といっても花です。アジサイのように小さな...

pixta_arokasia

アロカシアの育て方

アロカシアはサトイモ科に分類される品種であり、学名の「A...

pixta_matubagiku

マツバギクの育て方

原産地が南アフリカなどの砂漠地です。日本には明治の初期に...