梅(ハクバイ)の育て方

梅(ハクバイ)の育て方

梅は非常に色が豊富です。濃いピンクがありますがそれ以外には桜のような薄いピンクがあります。白っぽいピンクから真っ白のものあります。この真っ白のものをハクバイと呼ぶことがあります。花にはそれぞれ科があるとされています。何に属しているかなどが気になるところです。バラ科のサクラ属になっています。

育てる環境について

梅の生息地としては東アジアが中心とされています。桜がその他の国でも見られるのに対しては少し異なる性格を持っているかもしれません。日本においては広く育てる事ができるとされるので、北の地域であっても南の地域であっても栽培することが可能かもしれません。全国各地に木を多くはやして鑑賞をするための場所が設けられています。

そのことからも比較的育てやすい植物の一つと言えます。地植えをすることもあれば植木鉢で育てることもあります。盆栽風にして鑑賞をすることが盛んに行われています。大きな植木鉢に通常と比べると少し小ぶりな木を植えて楽しめるようになっています。こちらにおいても特に地域を問わず育てることが出来るとされていますので挑戦してみると良いかもしれません。

海辺がいいのか、山のほうがいいのかについては、海辺において比較的多く見られることがあります。これは海辺では日当たりが良くなるからかもしれません。南部の地域においては産地として知られるところも多くありますから、そこからも暖かい地域の方がより育ちやすい事がわかります。

実を採取するにあたっては南部のほうが良いこともありますが、花を楽しむことであれば必ずしも海辺に限ることはありません。広く山のほうなどでも見ることができますから、そのあたりでも育てられるようになっています。日当たりが悪いところになると難しいこともあるので、その点を気をつけるようにすればいいでしょう。

種付けや水やり、肥料について

ハクバイにおいては開花については2月から3月になります。そのためにそれより前に種付けなどをすることになります。梅の実がなるのが5月から6月頃となりますから、それ以降において調整をしていく必要が出てきそうです。育て方で日当たりには気をつけるようにして、水はけの良い場所を中心に植えるようにします。

寒い地域においては開花はしますが開花しにくかったり実がならなかったりすることがあります。開花時に一定の温度以下になると実がならない事があるとされています。花を楽しむだけでなくその後の実についてもそれなりに楽しみたいと考えるのであればその点に注意しなければいけません。

水やりについてはどの程度行っていくかですが、それほどまめに毎日行うような作業は不要とされています。種をまいたりした後や、植え付け後については根付く必要があります。この頃については気をつけながら水やりをして栽培をするようにします。根付きをした後については特に水やりが必要になるわけではありません。

それは日本では雨が降るからです。梅雨の時期などに多めにふるなどがありますが、1年を通してそれほど変化があるわけではありません。それがこの花の生育には調度良いようになっています。あまり毎日のようにせっせとやり過ぎると水を与えすぎるようになることがあるので注意しなければいけません。夏などにおいて水の量が大きく減ってきた時などにはそれなりに水を与える必要があります。

増やし方や害虫について

ハクバイにおいて増やすためには肥料をどのように与えていくかがあります。冬に行いたいこととしては暖効性化成肥料を少し、乾燥鶏糞を与えることで木に活力を与えることが出来るようになります。必ずしも必要になるわけではないですが、生き生きとした花であったり実を付けたいと考えるのであればそれらについては計画的に入れるようにしておきます。

植え付けてから2年から3年においては必要になってくる作業になります。増やしていくには剪定が必要とされています。剪定を行わないと枝が強く伸びすぎてしまいます。株元の枝が枯れてしまうことがあります。観賞用として楽しむ場合に枝ぶりなどが気になることもありますから、この辺りについてはきちんと行うようにします。

新しく伸びたものを適当に選定するのではなく、どの枝を選定するかを選びながら行うようにします。内側に伸びている枝であったり、形があまり良くない枝などについては早めに選定しておくことできれいに増やすことが出来るようになります。害虫に関しては早春より徐々に出始めてきます。

木に幼虫が住み着いて新芽を食害してしまうことがあります。こちらの対策をするようにします。すでに花が咲いている状況において行っておいたほうが良い場合があります。病気にも気をつけます。黒星病と呼ばれる病気になることがあります。果実に黒い斑点が発生してしまうものになります。果実がなる頃に薬などを散布して対応します。

梅(ハクバイ)の歴史

春になると桜が咲きます。日本においてはちょうど入学式シーズンの事もあって、学校には多くの桜が植えられていて咲いたり散ったりする様子が入学式に花を添えます。さらにはお花見にも利用されます。ちょうど気候も暖かくなる時期なので外で宴会などをしても寒くありません。

非常にきれいな花を咲かせますがそれよりも前に同じようなきれいな花がさくことがあります。これは梅です。桜が3月の下旬から4月にかけて咲くのに対してこちらは早ければ1月の下旬くらいから、遅くても2月ぐらいから咲き始めます。雪がちらつくくらいの時から咲き始めます。

桜も日本的な花ですがこちらも日本風の花なので日本で昔から生息する花のように考えられることがあります。実際のところは歴史としては原産は中国とされています。日本においては元々あったかどうかはわかりませんが、中国から伝来したものがある記録が残されているようです。

今から1500年ぐらい前に当初としては薬のための木として持ち込まれたようです。きれいな花を咲かせることで知られていますが、当初は別の目的で取り入れられたことがわかります。語源としてあるのは熟む実であったり、

美しく珍しいの言葉からとられたともされます。きれいな梅である認識は奈良時代くらいからになります。現在においては各地で盆栽風にして展示されることがありますが、観賞用として使われるようになります。自宅においては薬用としてがメインになっていました。

梅(ハクバイ)の特徴

梅は非常に色が豊富です。濃いピンクがありますがそれ以外には桜のような薄いピンクがあります。白っぽいピンクから真っ白のものあります。この真っ白のものをハクバイと呼ぶことがあります。花にはそれぞれ科があるとされています。何に属しているかなどが気になるところです。バラ科のサクラ属になっています。

確かに桜に非常に似ていますからそれに関しては問題はないでしょう。その他の特徴としては5枚の花びらが付いていることです。天満宮においてはそれがモチーフになっていることが知られていますが、5枚の花びらはよく見られる花びらの枚数になります。花の中心から伸びてくるがくなども特徴的で、これらについてもマークなどにおいては描かれることがあります。

落葉高木の種類にあたり、1年中花を咲かせるわけでなく、葉っぱの方も1年中付いているわけではありません。花の開花については早ければ1月下旬から徐々に咲き始めます。気温が10度を切るような気候においても咲きますから、寒さには比較的強い花といえるでしょう。桜と違って開花する期間も長くなります。

1月末に咲き始めて、場合によっては桜の時期まで咲いている場合があります。桜が儚く1週間ほどで散ってしまうのに対して、この花は1箇月から2箇月ぐらい咲いて楽しませてくれることがあります。もちろん毎年同じように咲くわけではなく、年によって異なることもあります。短い開花期間のこともあるようです。

pixta_kanaoi

カンアオイの育て方

カンアオイは、ウマノスズクサ目ウマノスズクサ科カンアオイ属に属する植物です。日本名は「寒葵」と書かれ、関東葵と呼ばれるこ...

pixta_nabana

菜の花の育て方

菜の花は、油菜科の植物で、アブラナまたはセイヨウアブラナの別名のほか、アブラナ科アブラナ属の花を指しています。春を代表す...

pixta_konkeiseibegonia

根茎性ベゴニアの育て方

ベゴニアはシュウカイドウ科シュウカイドウ属の植物です。ベゴニアには他種を交配して作られた様々な品種がありますが、それらを...

pixta_melon

ミニメロンの育て方

メロン自体の歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャでも栽培されていたことが知られています。メロンは暖かい地域で栽培するこ...

pixta_gettou

ゲットウの育て方

ゲットウの特徴ですが、南国の植物でショウガ科に属し、葉は生姜の葉と同じ形をしています。葉の幅約15センチ程度、長さが40...

pixta_pabonia

パボニアの育て方

パボニアはブラジルが原産の植物で、赤い苞が鮮やかな低木の熱帯植物になります。尚、この植物はアオイ科、 ヤノネボンテンカ属...

pixta_kasiwaajisai

カシワバアジサイの育て方

カシワバアジサイは古くからアジサイ類の仲間として広く親しまれてきました。日本でも奈良時代後期の万葉集にアジサイのことが詠...

pixta_genpeikazura

ゲンペイカズラの育て方

ゲンペイカズラ(源平蔓) クマツヅラ科クレロデンドロン(クサギ)属シソ目 別名はゲンペイクザギ(源平臭木)。アフリカ西部...

pixta_sarasenia

サラセニアの育て方

サラセニアは北アメリカ大陸原産の食虫植物です。葉が筒のような形に伸びており、その中へ虫を落として食べることで有名です。生...

pixta_hatuyukisou

ハツユキソウの育て方

ハツユキソウは背丈がおよそ1メートル程の高さに延び、その葉先に小さな花をつけます。白く色づく葉は花の回りにある唇型の葉で...

スポンサーリンク

pixta_noriutugi

ノリウツギの育て方

ノリウツギはアジサイ科のアジサイ属の落葉する背の低い木で...

pixta_itirinsou

イチリンソウの育て方

イチリンソウは日本の山などに自生している多年生の野草でキ...

pixta_waiyaprantu

ワイヤープランツの育...

ワイヤープランツは観葉植物にもなって家の中でも外でも万能...

pixta_mimikakigusa

ミミカキグサの仲間の...

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物に...