ハルジャギクの育て方

ハルジャギクの育て方

ハルジャギクは、キク科ハルジャギク属の一年草になります。学名は、CoreopsisTinctoriaと言います。そして、英名はPlainsCoreopsisになります。原産地は、北アメリカになります。山地や海岸平野などに生えるといった特徴がありますので、覚えておきましょう。

育てる環境について

ハルジャギクは、一般的にこぼれ種から芽を吹いて、空き地などで群生しているのをよく見かけます。ですので、必ずこういった条件で育てなくてはいけ無いといった事はありません。ですので、環境を特に考えなくても、比較的誰にでも育てる事ができるといった特徴があります。6月頃になりますと、綺麗な蛇の目の花を一面に咲かせますので、大変美しいと感じる事でしょう。

また、在来種も大変綺麗ではありますが、花屋に行けば、品種改良されているものも売っております。赤色のハルジャギクや、蛇の目が無いものなどが売っておりますので、品種改良されているものを育てるといった楽しみ方もあります。また、個人で育てる際には、大変丈夫ですので、花壇やプランターで育てると、綺麗な花を咲かせる事でしょう。

春の時期に種を蒔けば、ちょうど良い時期に花をつけてくれます。比較的どの時期に蒔いたとしても、綺麗な花を咲かせてくれるものではありますが、秋などの時期は、花が咲かない可能性もありますので、注意が必要です。ですが、冬の寒さにも十分に耐える事ができる強い花ですので、多少の霜などは全然へっちゃらです。

特に育てる環境に関しましては、気にしなくても大丈夫ですので、必要な時に肥料を与える事と、虫がつかないようにしっかりと見てあげれば、失敗する事は少ないでしょう。育てやすい花だという事で、大変人気があるものになります。是非、何か花を育ててみたいと考えている人は、おすすめ致します。

種付けや水やり、肥料について

ハルジャギクの育て方のポイントは、いくつかありますので、しっかりとチェックしておきましょう。まず、種を蒔く時期になりますが、一般的には春になります。3月下旬から4月にかけてを目安に、種を蒔くようにしましょう。また、秋の場合には、9月下旬を目安に蒔くことをおすすめ致します。

直播きでも問題ありませんが、余裕があれば、育苗箱などを用意して、蒔いて育てることをおすすめ致します。そして、覆土は、種が隠れる程度に、薄くかけるようにしてあげてください。そして、実際に発芽致しましたら、本葉が4枚くらいまで出るまで待ちましょう。そして、ポリポットや小鉢に移し替えて、育てると、綺麗な花を楽しむことができるでしょう。

そして、ポリポット全体に根が回ってきましたら、花壇やプランターに移して、定植するようにしてください。もしも、秋には種を蒔いている場合には、そのままポリポットで育てても構いません。春が来た時点で、花壇やプランターに移しても良いでしょう。その判断は、個人にお任せ致します。

ハルジャギクは、一般的に水はけが良く、日当たりが良い場所を好みます。ですので、できる限りそういった条件の揃う環境を探してあげると良いでしょう。ですが、もしもそういった環境を整えることができないということであれば、半日陰のところでも十分に育てることが可能です。土の質なども、細かく考える必要もなく、十分に育てることが可能ですので、初心者でも十分に楽しむことができるでしょう。

増やし方や害虫について

ハルジャギクを育てる際に、気をつけなくてはいけない点は、草の丈になります。大きくなりますと、約80センチ程度になるのですが、背丈が高くなれば、なるほど倒れやすくなってしまいます。ですので、ある程度大きくなってきましたら、支柱をしてあげるなど工夫をしてあげてください。そうする事で、綺麗な花を倒れる事なく咲かせる事ができます。

また、ハルジャギクは大変丈夫な花になります。ですので、一般的には、肥料を使用しなくても、十分に育てる事が可能です。特に、庭にそのまま植える場合には、全く肥料が無くても、十分に綺麗な花を咲かせるでしょう。ですが、鉢やプランターに入れて育てる場合には、必要に応じて液肥を与えてあげると良いでしょう。

きちんと毎日花をチェックして、判断をしてあげてください。害虫は、何もしないままでおりますと、アブラムシが付いてしまう可能性があります。ですので、いくら丈夫な花だとは言いましても、きちんと育てるのであれば、毎日しっかりとチェックをしてあげる必要があります。

ハルジャギクは、道端を歩いていると見かけたり、公園などで咲いているといったような、こぼれ種からでも十分に育ちます。ですので、生息地が此処だという特定が出来ません。ですが、それだけ十分に強い花だという事で、比較的園芸の初心者でも楽しむ事ができる花です。ですので、是非、育ててみたいと思っている人は、きっかけとしてハルジャギクを選んでも良いでしょう。

ハルジャギクの歴史

ハルジャギクは、キク科ハルジャギク属の一年草になります。学名は、CoreopsisTinctoriaと言います。そして、英名はPlainsCoreopsisになります。原産地は、北アメリカになります。山地や海岸平野などに生えるといった特徴がありますので、覚えておきましょう。また、育ちますと、高くて80センチ程度まで成長致します。

茎の頭に黄色い花を咲かせることから、大変可愛らしい花だということが分かります。一般的には、このように茎の頭に黄色い色をつけた、鮮やかな花を咲かせ、真ん中に大きな蛇の目のような模様が入るのですが、中にはこの蛇の目が入らないハルジャギクもあります。この、蛇の目のないものに関しましては、改良品種されたものになるのですが、

栽培も手間がかからないといったことから、大変人気のある花になります。是非、色や形に囚われずに、様々な花の色を楽しむのも良いでしょう。ですが、いくら栽培に手間がかからないからと言いましても、適当に育ててしまっては、全く意味がありません。美しい花を咲かせるためにも、花屋などで種を購入する際には、

必ずパッケージを確認して、何時くらいに蒔くのが適しているのか、また、土などはどういったものを用意すれば良いのかといった情報は、しっかりと集めておくようにしましょう。花も生きておりますので、育てる際にはきちんと責任を持って、最後まできちんと育てるように心がけてくださいね。

ハルジャギクの特徴

ハルジャギクの特徴は、何と言いましても、先ほど述べました通り、茎の頭に、鮮やかな黄色の花をつけるという事です。6月から8月頃が開花時期になりますので、本格的な夏に入る前に、花を楽しむことができます。また、ハルジャギクは、何と言いましても育てやすいといった点が、大変魅力的です。

何故かと申しますと、夏の暑さにも強く、そして冬の寒さにも強いために、育てる際に、直射日光に気をつけたり、雨風や寒さ対策をする必要もありません。栽培に当たって、特に気をつけなくてはいけない点もありませんので、比較的誰にでも育てることができるでしょう。

ですので、街などを歩いておりますと、意外と色々なご家庭で育てていることが多く、花壇などを見てみますと、可愛らしい黄色の花を見かけることがあるかもしれません。ハルジャギクは、別名孔雀草や蛇の目草とも呼ばれます。蛇の目と呼ばれる所以は、黄色の花の中に、まるで蛇の目のような形の模様が出来上がることから言われております。

ですが、品種改良されている花に関しましては、この蛇の目が無いものもありますので、種を購入する際には、気をつけなくてはいけません。このように、ハルジャギクは、比較的花を育てたことが無いといった人でも、簡単に育てることができるといった特徴があります。大変初心者向けの花とも言えますので、花の栽培を始めてみたいと思っている人は、是非、おすすめ致します。育て方をきちんと学べば、失敗も少ないですよ。

pixta_kariburakoa

カリブラコアの育て方

カリブラコアは南米原産です。1825年にメキシコの植物学者であるセルバンテスとヴィンセンテによりナス科カリブラコア属が新...

tomato01

トマトの育て方

トマトは和・洋・中のあらゆる料理に使用され、生でも加熱しても使用される万能野菜です。またその栄養価も非常に高い野菜でもあ...

pixta_begoniasenpa

ベゴニア・センパフローレンスの育て方

ベゴニア・センパフローレンスはシュウカイドウ科ベゴニア(シュカイドウ)属に分類される常緑多年草です。ベゴニアはとても種類...

pixta_haetorigusa

ハエトリグサの育て方

ハエトリグサは北アメリカを原産とするモウセンゴケ科・ディオネア属の食虫植物です。開いた貝殻のような形の葉が印象的で、その...

pixta_miyamakinpouge

ミヤマキンポウゲの育て方

この花の種類はキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ属です。漢字で記載すると深山金鳳花となります。高山に主に生えることが...

pixta_bikakusida

ビカクシダ(Platycerium ssp.)の育て方

ビカクシダは年間を通して日当たりが良い場所で育てるのが基本です。日陰では株が弱ってしまいます。土は腐植質で水はけのよいも...

pixta_shuukaku

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、...

pixta_toumorokoshi_01

トウモロコシ(スイートコーン)の育て方

トウモロコシは夏になるとお店の店先に登場する夏を代表する野菜です。蒸かして食べたり、焼きトウモロコシで食べたり、つぶだけ...

pixta_bubardia

ブバルディアの育て方

ブバルディアは、学名「Bouvardia hybrida Bouvardia」、アカネ科ブバルディア属の半耐寒性の低木、...

pixta_sumomo

スモモの育て方

スモモにはいくつかの種類があり、日本、ヨーロッパ、アメリカの3つに分類されます。ヨーロッパではカスピ海沿岸が生息地だった...

スポンサーリンク

pixta_fuji

フジの育て方

藤が歴史の中で最初に登場するのは有名な書物である古事記の...

pixta_shukkonasuta

宿根アスターの育て方

アスターは、キク科の中でも約500種類の品種を有する大き...

pixta_kianera

キアネラの育て方

キアネラの特徴について書いていきます。キアネラの原産地は...

pixta_yuzurui

ユズ類の育て方

ゆず類に関しての特徴としては、まずはそのまま食べるのは少...