アッケシソウ(シーアスパラガス)の育て方

アッケシソウ(シーアスパラガス)の育て方

アッケシソウはシーアスパラガスと呼ばれているプラントであり、国内総生産第一位の国が属している地帯などの寒帯の地域を生息地としています。原産地は国内総生産第一位の国が属している地帯だとされています。ところで、こういうプラントは海に接している陸、塩分が混じった湿地帯に棲息していて、塩分に強いプラントだとされています。

育てる環境について

アッケシソウは塩分濃度が高い湿地帯、海に近く、潮の満ち引きの対象となる場所に棲息していて、また寒帯というかなり低温になるような場所で生育しているプラントです。また塩分の実在を拠りどころとしているためか、塩分を好むという特質を持っています。なお、塩分濃度がかなり高い場所では、プラントは枯れてしまう場合が大半であり、

そういったプラントには塩分に対して耐えられる特質を持っていないからだとされています。塩分に対して耐えられるプラントは、アッケシソウ以外にマングローブ、アイアシというイネ科のプラントなどが列挙されています。シーアスパラガスとも呼ばれているプラントが、絶滅が危ぶまれるプラントの品種に指定された訳の一つに開発が列挙されています。

我が国で最北端に位置している都道府県以外の都道府県にもそういうプラントは棲息していましたが、生息地としている塩田の跡に家々が立ち並ぶようなところに開発したために生息数が少なくなったとされています。また地盤沈下などが進むようになって、少なくなっていると国の環境関連の機関が明らかにしています。

ちなみに我が国で最北端の位置している、ある湖ではアッケシソウが生育していますが、教育機関が行なった調査によれば、こういう植物は砂地が大半となっている場所で生育されていて、反対に泥土が大半になっている場所では生育数が少ないと言われています。また砂丘のようになっている乾燥した地域でも生育しているとされています。

種付けや水やり、肥料について

塩分が実在している場所に棲息しているので水をやる際には塩分の実在している海水をやるのがベターだと言われていますが、ガーデニングを行なう際に、シーアスパラガスと呼ばれているプラント以外のプラントと一緒に育てるのは難しいと考えられます。基本的に大半のプラントは塩分がいっぱいある土では水を吸い上げられなくなるからです。

なので、一緒に植えようすると、アッケシソウ以外のプラントが枯れてしまうという事態に見舞われます。こういった訳で一緒に植えたいと考えるのは止めておいた方が賢明だと思われます。また我が国では絶滅が危ぶまれているプラントであるために種子を獲得するためには、知り合いから譲ってもらうか、栽培している機関からもらうというのがメインとなる手法だと考えられています。

育て方に関してですが、あるブログのインフォメーションによれば、種まきのシーズンに行なう肥料の量は、シーアスパラガスと呼ばれているプラント以外のプラントを育てる場合よりかなり少なくても構わないとされています。そう言われる訳は海水にもある程度養分が実在しているからだと言われています。

種子を植えるシーズンは冬が適しているとされています。いっぱい発芽してしまったのであれば、間引きの行為を行ないます。生長して高さが長くなったのであれば土寄せをして倒れないようにします。8月か9月になれば、花が咲くようになります。風を媒介として繁殖するとされています。

増やし方や害虫について

アッケシソウはアカザ科のプラントであり、こういったプラントの仲間は風邪を媒介として繁殖するという特質を持つ風媒花として扱われています。さて、アッケシソウを食い荒らす害虫にはキバガの幼虫が列挙されています。キバガは和名に書かれているように蛾の仲間の昆虫であり、

顔の部分についているひげのような突起が牙のように見えるのでそういう名前が付けられたとされています。キバガの仲間の幼虫は基本的に農林関係における害虫だとされており、シーアスパラガス以外にもジャガイモなどといった野菜を食い荒らす品種、稲などを食い荒らすバクガという蛾の幼虫などが実在しています。

我が国のみならず外国でも害虫に指定されている品種も実在しているとされています。シーアスパラガスにキバガの幼虫が付着していると茎まで食い荒らされる場合も少なくないです。きび団子で名が知られている都道府県の、ある市町村ではアッケシソウに関連するフェスティバルが開催されていますが、

2年前に開催地である場所にキバガの仲間の幼虫に食い荒らされて枯れてしまったというケースが発生したとされています。なお、そういう蛾の幼虫は我が国で初めて確認された品種の蛾だとされています。発見されたキバガの仲間の幼虫は、過去にキムチで名が知られている国、花の都とも呼ばれている都市が実在している国およびソーセージで名が知られている国などが属している州でも見つけられたという事例が実在しています。

アッケシソウの歴史

アッケシソウはシーアスパラガスと呼ばれているプラントであり、国内総生産第一位の国が属している地帯などの寒帯の地域を生息地としています。原産地は国内総生産第一位の国が属している地帯だとされています。ところで、こういうプラントは海に接している陸、塩分が混じった湿地帯に棲息していて、塩分に強いプラントだとされています。

アッケシソウは19世紀の終わり近くの年代に、我が国で最も北の方角に位置している都道府県に発見され、発見された場所の名前を取ってアッケシソウと名付けられました。また初めての発見から20年ほど経過した1910年代に、最も北の方角に位置している都道府県ではない、マダイの生産量が全国で一番を誇る都道府県で発見されました。

ルーツに関してですが、武家政権の年代に、船で、我が国で最も北の方角に位置している都道府県へ行って、マダイの生産量が第一位を誇る都道府県に帰る際に、種が付いていたので両者のプラントの品種に違いはないとする説が実在していましたが、2000年代になって我が国で最も北の方角に位置している都道府県の

プラントときび団子で名が知られている都道府県で生育しているプラントとでは品種が異なっている事実が判明したために、両者のプラントに違いはないという説は覆されたと言われています。別種だとされたのは、DNAの配列が、我が国最北端の都道府県のプラントときび団子で名が知られている都道府県のプラントとでは違いがあったからだとされています。

アッケシソウの特徴

アッケシソウは塩分が実在している湿地帯などに棲息しているというのは、前に述べていますが、塩分が高い濃度でも生育可能なプラントで、とりわけ塩分に強いプラントだとされています。また生長のプロセスが進めば進むほど、塩分を溜めて塩分に強いプラントになるという特質を持っています。

茎の色は濃い緑色をしていますが、秋になると濃い緑色から赤のような色に変わっていくという特質を持っているのでシーアスパラガス以外にサンゴソウという別称も持っています。また集団で生育する特質も持っています。前に述べている通り、我が国にも棲息していますが、我が国を生息地としているアッケシソウ

数が少なくなって絶滅が危ぶまれている品種のプラントであるために、採取は不可能となっております。また栽培に関してもごく少数だとされているので、どうしても獲得したいのであれば、外国産のシーアスパラガスを獲得するぐらいしか手段は実在しないとされています。アッケシソウは食用としても利用するのが可能ですが、

昔から、鉄、カルシウム、亜鉛などといった、ヒトにとって大事な養分が実在していたために、我が国のみならず、国内総生産第二位の国、花の都と呼ばれる都市が実在している国およびソーセージの国などが属している州でも食べられていたとされています。我が国では刺身に付いてくるツマ、または非常事態が発生した場合に食べられる食料としても活用されていたと言われています。

pixta_sinensisu

プリムラ・シネンシスの育て方

プリムラ・シネンシスは日本では寒桜と呼ばれていますが、もともとは中国の中南部が原産です。そのため、英語ではChinese...

pixta_shakobasaboten

シャコバサボテンの育て方

現在観葉植物として流通しているシャコバサボテンはブラジルのリオデジャネイロを原産地とする観葉植物であり、標高1000~1...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれてきた木ですが、それはイイギリという名称からもわかります。別名とし...

pixta_ine

植物の栽培によるビジネス

農業の次世代化は、これまでの従来型の農業からの改革案として、農家離れによる休耕地をいかに活用していくか、食糧難に対応させ...

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いています。地中海沿岸が原産の野菜であり、最初の利用は麦畑を生息地と...

pixta_ootyouji

オオチョウジガマズミの育て方

原産地である日本では、長崎県の対馬市のみに自生する植物になります。海外では、朝鮮半島の南部付近にも存在が確認されています...

pixta_youforvia

ユーフォルビアの育て方

ユーフォルビア、別名、ユーフォルビアダイヤモンドフロストは、トウダイグサ科ユーフォルビア属の植物です。生息地は世界の熱帯...

pixta_lemon

レモンの育て方

レモンの原産地や生息地はインドのヒマラヤ地方とされ、先祖とされている果物は中国の南部やインダス文明周辺が起源です。そして...

pixta_pepromia

ペペロミア(Peperomia ssp.)の育て方

ペペロミアの原産地はブラジル、ボリビア、エクアドルなどで、主な生息地は熱帯や亜熱帯です。約およそ1400種類もの種類が存...

pixta_mituba

みつばの育て方

みつばの特徴としてはセリ科に該当します。せりといいますとやはり香りの良い野菜として知られていますから、その系統になってい...

スポンサーリンク

pixta_arenaria

アレナリアの育て方

アレナリアという花があります。この花は白くてかわいらしい...

pixta_setubunsou

セツブンソウの育て方

節分の頃に花を咲かせるセツブンソウは、キンポウゲ科セツブ...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て...

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありま...

pixta_yamabousi

ヤマボウシの育て方

木の特徴として、被子植物に該当します。ミズキ目、ミズキ科...