エリアの育て方

エリアの育て方

特徴としては、ラン科の植物いなります。開花時期としては春から夏で、草丈は40センチぐらいになることがあります。日本が原産地にあることから比較的栽培難易度としては高くなく、ランにしては栽培しやすいとされています。種類としては500種類近くあるとされているので、幅広い花を見ることが出来るかもしれません。

育てる環境について

栽培をするときにおいては育てる環境を注意する必要があります。強い日差しがあるところはあまり良くないとなるので一年を通して避けるようにします。庭に置こうとすればそれなりに日差しがあります。直射日光はよくありませんが、適度に日当たりが必要になります。そこで遮光を施すようにして環境を整えます。

夏に関しては遮光もかなり強めに行います。60パーセントから70パーセントくらいはしないといけないでしょう。少し薄暗くなるくらいまで遮光を行います。春と秋にも遮光が必要になり、この季節であれば30パーセントぐらい行うようにします。日差しが強い環境に置くとどうなるかですが、花の色が変色します。

色が変わるだけでなく枯れてきてせっかくの株を失うことにもなりかねませんから気をつけます。応急措置として日陰などに移動させるなど行うようにします。ひなたか日陰に置かないといけないといえば日陰のほうが良いと言えるかもしれません。この花につては夏に咲く花になります。

種類としては低温性と高温性があるのでそれぞれがどの種類かを知っておく必要があります。耐寒温度が異なりますから、同じ種類だからと並べて育てていたら一方は元気よく育っているのに一方は枯れ気味になることがあります。低温性のものにおいても最低10度ぐらい必要とされています。限界としては7度から8度ぐらいです。高温性のものに関しては最低温度が13度から15度ぐらい無いと難しくなります。

種付けや水やり、肥料について

育て方として用土の用意ですが、ラン科の植物に準じた方法で育てることができます。根があまり太くなく乾燥に強くありません。ある程度水分が得やすい環境でないといけないとされています。よく用いられるのがミズゴケになります。ラン科において、乾燥が困る場合にはたいていミズゴケで対応できます。

その他ラン用の土などがありますが、それらについても乾燥がし易いかどうかが問題になりますからしにくいものを選ぶ必要があります。水やりは、表面を触ってみて確認をします。乾きかけているとしたらたっぷりと水を与えるようにしなければいけません。水分が少ない状態は枯れてしまう可能性が出てきます。

春から秋にかけてが育成期間になるので、夏などは水切れしないようにします。お盆休みなどで長期的に外出をするときには外に出しておくのは良くないでしょう。水分がなくならないような措置が必要になります。冬になるとどうなるかですが、低温状態では生育をしなくなります。こうなると水分があまり必要でなくなります。

水やりの回数を減らし気味にしていきます。やや乾かし気味に行うようにするとちょうどよくなります。寒い時期に水分が多すぎると根が傷みやすくなります。空気中の湿度が高い状態を好むので、乾燥しているときは葉っぱを湿らせる必要があります。霧吹きなどを使うことで周りの湿度を高くすることができます。育てる環境によって乾燥が進むことがあるので、注意しながら育てます。

増やし方や害虫について

植え付けにおいては素焼きの植木鉢にミズゴケを植え付けて行います。植え替えをするのも4月が良い時期とされますが、このときに出来るのが株分けになります。根の様子を見て株が増えているようであれば株分けをして増やす作業に挑戦してみます。肥料の与え方は春から秋の生育期においては薄めにします。

液体肥料であれば約2千倍ぐらいにしてそれを1箇月に1回ぐらいが目安になります。根が細い場合、あまり濃い肥料を与えるとそこから傷むことがあります。使い方などが記載されていますが、それよりも更に薄めるようにしたぐらいで十分与えられるようになります。固形の肥料に関しては元々がそれ程強く効くわけではありません。

緩効性タイプならじっくりと聞いてくるのでこの花には適している肥料とも言えます。生育を始めた頃に与えた後はそれが長く効きますから、それ以降については特に必要としません。病気に関しては特に発生しませんが、水分の与え方、肥料の与え方、日差しの与え方によって状態が変化します。

同じ所においておけばよいわけではなく、季節に応じて置き場所を変える、環境を変えるなどが必要です。そうすることによって傷む割合を減らすことができます。害虫に関しても特に何かが発生する、それが悪影響を与えるようになるなどはありませんから、その点では育てやすい部類とされています。温度に関しては冬でも高めにする必要があるので、その注意点を守るようにします。

エリアの歴史

花に関してはそれなりにきれいなものが多いでしょう。雑草のように咲く花でさえそれなりに美しく見えることがあります。日本であればタンポポなどは育てる必要なくともどこにでもどんどん咲きます。黄色くてきれいな花を咲かせることが知られています。ではすべての花がきれいな花かといえばそうでもないことがあります。

きれいかどうかについてはあくまでも人が見た視点になります。花においてはきれいに咲くことで受粉をしてもらったり、果実を食べてもらったりを期待することがあるようですが、その時には人に対してのみアピールするわけではありません。その他の動物に見つけてもらえればいいでしょうから、そのための花が咲くようなこともあります。

花の中においてエリアと呼ばれる花があります。よく見られるものとしてはパンネアと呼ばれる種類が多くなるようです。この花については決して見た目は良くありません。非常に地味と言われることもあるようです。見方によっては渋さを感じることもあります。少なくともこの花を見てきれい、美しいと先に出ることは無いかもしれません。

この種類の花においては、原産地としては日本も含まれています。日本からインドあたり、更にはオーストラリアやニューギニアと言ったオセアニア地方においても見られる花になります。比較的暖かいところを好む花で、日本においても生息地に関しては本州よりも沖縄などの暖かい地域に限られてくるとされています。

エリアの特徴

特徴としては、ラン科の植物いなります。開花時期としては春から夏で、草丈は40センチぐらいになることがあります。日本が原産地にあることから比較的栽培難易度としては高くなく、ランにしては栽培しやすいとされています。種類としては500種類近くあるとされているので、幅広い花を見ることが出来るかもしれません。

決して大型の花をつけるタイプではなく、小型から中型の花をつけます。この花については単独で成長するタイプではなく、樹木飲みきや枝に張り付いて成長していきます。着生種と呼ばれるタイプになります。500種類もあるのでその中内は地生種と言って地面に生えているタイプもありますが種類としては少なくなります。

葉っぱに関しては平で楕円形のタイプになります。その他に肉厚のタイプが合ったり、棒状のタイプがあったりとバリエーションも豊富になっています。変化に富んでいる花といえるかもしれません。花の先方としては茎の頂点や節から花の茎を伸ばして10輪ほどの花を咲かせることがあります。花の色も多いですが、この花においては少し地味な色合いもあります。

茶色のような、くすんだオレンジ色のようなあまりきれいといえない色もあります。この花の名前としてはギリシア語から来ています。エリオンから来ていますが、エリオンは羊毛の事になります。茎や葉っぱ、花に細かい毛が生えていることからこのように言われる様になりましたが、毛の生えないタイプもあります。

pixta_ragurasu

ラグラスの育て方

ラグラスは、ふさふさした穂がかわいらしく、野兎のしっぽの意味を持つ名前で、イネ科の植物です。原産地は地中海沿岸で、秋まき...

pixta_hinagayaturi

ヒナガヤツリの育て方

ヒナガヤツリは、カヤツリグサ科カヤツリグサ属の植物です。ヒナガヤツリの原産地は北アメリカですが、主な生息地はオーストラリ...

pixta_gaura

ガウラの育て方

ガウラは北アメリカを原産地としている花ですが、北アメリカでは「雑草」と認識されているようです。主な生息地はアメリカ合衆国...

pixta_yuri

ユリ(百合)の育て方

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花に...

pixta_inunaki

イヌマキの育て方

イヌマキはマキ科マキ属の常緑針葉高木で原産は関東から四国、九州、沖縄、台湾の比較的暖かいところの沿岸部を生息地にしていま...

pixta_crockas

クロッカスの育て方

地中海沿岸から西アジアを生息地とする多年草の球根植物であるクロッカスは、世界に約80種類の園芸品種があるとされ、チューリ...

pixta_gyoryubai

ギョリュウバイの育て方

ギョリュウバイはニュージーランドとオーストラリアの南東部が原産のフトモモ科のギョリュウバイ属に分類されている常緑樹で、日...

pixta_serori

セロリの育て方

セロリはセリ科の食物でヨーロッパや中近東などが原産で、冷涼な湿原地域が生息地だとされています。古代ローマやギリシャなどで...

pixta_seruriaserubia

セルリア・フロリダの育て方

”セルリア・フロリダ”は南アフリカケープ地方が原産の植物になります。日本にはオーストラリアから切り花として入ってきた植物...

pixta_tupidannsasu

ツピダンサス(Schefflera pueckleri)の育...

ツピダンサスの原産地はインド、マレー半島などの熱帯アジア地域になります。「ツピダンサス・カリプトラツス(Tupidant...

スポンサーリンク

pixta_barerina

バラ(バレリーナ)の...

バレリーナの特徴としてはまずはつる性で伸びていくタイプに...

pixta_kormnea

コルムネアの育て方

コルムネア属の植物は熱帯アメリカに自生していて、熱帯雨林...

pixta_reirandohinoki

レイランドヒノキの育...

この木の種類としてはヒノキ科になります。園芸上の分類とし...

pixta_fusiguro

フシグロの育て方

フシグロは、ナデシコ科の野草で、葉のつく節が黒っぽいので...