美味しいゴーヤーの育て方

美味しいゴーヤーの育て方

ゴーヤーは、沖縄料理人気から需要が高まりました。今では沖縄料理に限らず、幅広い料理に使われるようになりました。また日よけの目的で家庭での栽培も増えました。6項目に分けてゴーヤーの育て方を説明したいと思います。

ゴーヤーの種まき

いろいろな野菜にも通じる苗作りです。まず、前日に種を水につけておいて下さい。ポットと淵から2cmくらいのところまで土を入れます。1ポットにつき種を3つぶ蒔きます。この時、種を等間隔に蒔くようにして下さい。種を蒔いたら、ポットの大きさの半分くらいの水をあげます。

水をあげるタイミングは、土の表面が乾いて白っぽくなった時です。1週間~10日くらいで芽が出てくると思います。芽が出る気温は、28度くらいです。葉が2枚になったら、1ポット1本に間引きます。葉が4枚にになったら、苗の完成です。

こちらのゴーヤーの育て方のポイントもかなり参考になります♪

ゴーヤーの苗植え

まず、プランターに石を敷きます。この石はプランターの穴から土が流れ出るのを防ぎます。一度、プランターの半分くらいまで土を入れ、土に水分を含ませます。その後プランターの淵から2cmのところまで、土を入れ、もう一度水をあげます。

土にしっかり水を含ませたら、1つのプランターに2株等間隔に苗を植えます。苗の根元をしっかりと固定させて下さい。苗と土がなじむくらい水をあげます。

ゴーヤーの支柱立て

プランターの両脇と中央に立てます。株と平行になるように、真っ直ぐ立てて下さい。プランターと同じ幅のきゅうり用のネットを通します。ベランダの柵などに支柱を固定すると、風が強いにも安心です。3本の支柱を固定するために、上部に横棒を結びつけます。きゅうりネットをたらして支柱に結び、固定して完成です。

だらんと垂れている苗をネットに紐で結びます。結んだところより上のツルをきゅうりネットに巻きつけます。5枚葉がついたら、一番上の枝の先を摘みます。その横から出てくるわき芽という枝を育てていきます。

ゴーヤーの栽培時の注意点

育てているわき芽が2mになったら、その先の枝を摘み取って下さい。他のわき芽は、葉があまりにも多くなってしまったら、適度に摘み取って空間を作るようにして下さい。この時期に葉の色が薄くなったら、肥料を追加します。

雌花が咲いたら、受粉します。朝行って下さい。1つの雄花で3つの雌花に受粉可能です。受粉から15日~20日後くらいに、実が大きくなります。20cmくらいのゴーヤーが美味しいので、そのくらいを目安に収穫してください。全部でおおよそ2ヶ月半くらいの期間を要します。初心者でも比較的簡単に栽培できると思います。

pixta_magunoria

マグノリアの育て方

マグノリアはアジアとアメリカなどが原産で生息地のモクレン属の植物です。中国では玉蘭、白蘭などと呼ばれており、品格のある高...

pixta_cassava

キャッサバ(マニホット)の育て方

キャッサバ(マニホット)はブラジル南部からパラグアイの辺りを原産地とする植物であり、茎の根元に付く芋は良質な食料となるた...

pixta_sanzasi

サンザシの育て方

サンザシの原産地は中国で、主に北半球の温帯を生息地としています。日本や中国に自生している種類の中には、花や実が美しいもの...

pixta_babiana

バビアナの育て方

花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目、アヤメ科、ホザキアヤメ属となります。この花においては旧名、もし...

pixta_kanenonaruki

女の子に人気の多肉植物の育て方

最近、女の子を中心に人気の多肉植物という植物があります。多肉植物とは、葉や茎にたくさんの水分や養分を蓄えることのできる乾...

pixta_hiyodorijougo

ヒヨドリジョウゴの育て方

ヒヨドリジョウゴの特徴は外観と有毒性が挙げられます。外観に関して、白い毛が生えています。現物を見た人や写真を見た人の中に...

pixta_akimenesu

アキメネスの育て方

アキメネスはアメリカ中部、西インド諸島、南アフリカ北部を生息地として約30種が分布している球根植物です。属名はイワタバコ...

pixta_mizubashou

ミズバショウの育て方

ミズバショウの大きな特徴としては白い花びらに真ん中にがくのようなものがある状態があります。多くの人はこの白い部分が花びら...

pixta_nobiru

ノビルの育て方

原産地や生息地の中国では漢方薬としても利用されていて、すりおろして痒み止めやかぶれ等の付け薬にしているということでした。...

pixta_torebisu

チコリ、トレビスの仲間の育て方

チコリはキク科キクニガナ属の植物で、和名はキクニガナと言います。フランスではアンディーヴと言う名の野菜で、広く生産されて...

スポンサーリンク

pixta_haibisukasu

ハイビスカスの育て方

熱帯地方や亜熱帯地方を生息地として大きな花を咲かせている...

pixta_kinrobai

キンロバイの育て方

キンロバイの科名は、バラ科 / 属名は、キジムシロ属(キ...

pixta_ninniku_01

にんにくの育て方

にんにくは、紀元前3000から4000年以上前から古代エ...

pixta_ichigo_01

いちごの育て方

いちごの歴史は古く、すでに石器時代から食べられていました...