ディケロステンマの育て方

ディケロステンマの育て方

ディケロステンマは原産が北アメリカ西海岸のワシントン州西部からカリフォルニア州中部に分布しています。別名をブローディア・イダマイアとも呼ばれ、多年草で明るい丘陵地で草地などのところに生えるモノです。学名ではDichelostemmacongestum、英名はOokow,Forktoothookowと呼ばれています。

育てる環境について

育て方としては暖地のところでは野放しにしておいても栽培できます。日照環境としては秋口の10月中旬から翌年の6月上旬の生育期は戸外の直射日光下で育ち、冬場の越冬中の時期には霜除けする必要がありますが休眠期間は日光に当てなくてもよいとされています。日当たりの良い所を好むので、そのようなところで育てます。

寒さに対してはあまり強いほうではありませんが、暖地においては路地植えで冬を越します。鉢植で育てる場合は霜の当たらない、かつ日当たりのよい軒下などに置いておくと良いとされています。植え付けの時期は気温の下がる10月から11月中頃に行うのがよいとされています。

鉢に植える場合は5号ぐらいの大きさの鉢に3つぐらいの球根を目安にして約5センチぐらいの深さに植え付けます。鉢植えの土は赤玉土5に対して腐葉土3、パーライト2などの割合で混ぜて水はけの良い土に植付けを行います。庭植えの場合には苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようであれば腐葉土を混ぜ込んで、

約5センチぐらいの間隔で深さ5センチ間隔ぐらいに植え付けを行います。花茎切りに関しては、花が咲き終わったら即花茎を切り取っておきます。6月頃になって葉が枯れたら、球根を掘り上げて涼しい日陰で夏を越させて秋には植え付けを行います。鉢植えは葉が枯れたら、鉢植えのまま雨の当たらない日陰で水を切って休眠させてもよいとされています。

花茎切りに関しては、花が咲き終わったら即花茎を切り取っておきます。6月頃になって葉が枯れたら、球根を掘り上げて涼しい日陰で夏を越させて秋には植え付けを行います。鉢植えは葉が枯れたら、鉢植えのまま雨の当たらない日陰で水を切って休眠させても良いとされています。増やし方としては分球を行って増やす事ができます。

種付けや水やり、肥料について

生育期は、土の表面が乾けば与えるようにします。休眠期は、断水状態に置くのが良いとされています。秋の元肥の他に2月から5月にかけて、固形肥料の置き肥、又は7日から10日に一度の液肥を与えると良いとされています。水やりでは鉢植えの場合は鉢土の表面が乾くごとに与えるようにします。

庭に植える場合は普通は必要ないものですが、長らくの間に雨が降らないようであれば与えるようにします。6月頃になって葉が枯れて休眠状態になったら水やりは止めます。肥料に関しては鉢植えの場合植え付けの時に緩効性の化成肥料や固形油粕などを置いてゆき、3月頃に1回だけ追加施肥すれば良いとされています。

花壇で育てる場合は堆肥などの元肥を入れて植え付け、3月頃に化成肥料などを追加施肥するぐらいで良いとされています。その他の場合は肥料の使い方を参考に行うことになります。水やりでは鉢植えの場合は鉢土の表面が乾くごとに与えるようにします。庭に植える場合は普通は必要ないものですが、長らくの間に雨が降らないようであれば与えるようにします。

6月頃になって葉が枯れて休眠状態になったら水やりは止めます。肥料に関しては鉢植えの場合植え付けの時に緩効性の化成肥料や固形油粕などを置いてゆき、3月頃に1回だけ追加施肥すれば良いとされています。花壇で育てる場合は堆肥などの元肥を入れて植え付け、3月頃に化成肥料などを追加施肥するぐらいで良いとされています。その他の場合は肥料の使い方に従うことになります。

増やし方や害虫について

水はけのよい用土で植えつけ、日当たりのよい場所で育てます。乾かし気味に管理し、鉢植えは、葉が黄変し始めたら掘り上げて乾燥貯蔵するか、鉢ごと乾燥させます。D・コンゲスタム、D・ムルティフロラムは、水はけのよい場所を選べば庭植えにできます。そして増やし方としては分球を行って増やす事ができます。普通は適度に灌水を行うと根がついて活着するとされています。

たいていの球根は1作で堀上げると自然に分球して増えて来るので根っこからを分離して適切な時期に植えると良いとされています。ただ自然に分球することが少ない場合には、それを切断したりあるいは鱗片をかきとったりして人手を加えて分球することもあります。根茎は芽の数が増えて大きくなりますが、新規に球根を別には作らないので簡単には分けることは出来ません。

球根の数が笛はしますが付け根ですべてくっつくものもあり、自然に離れることがないものもあります。こういうときはナイフのようなもので切断するものですが、分球するタイミングについては植えつける直前で少なくとも1ヶ所は芽が出る部分を付けておく着ることがコツとなっています。

分球とは球根を分離して増やす方法をいいもしも芽が出る部分を付けずに切り取ってしまった場合はそれは単に根の塊となってしまい植え付けてしまっても芽が出ることはありません。これは無駄な行為に終わります。よって芽が出る部分をちゃんと付けて切断することが大切です。

植物の種類によって芽が出る位置は異なっています。分球がスムーズに行かないという場合もあります。そのような場合には球根に子株ができやすいように手を加えたり球根を強引に分ける場合もあります。これらを行う場合は慎重に行わないと球根そのものを損ねてしまうことがあるので注意する必要があります。害虫については特に気を使うところはないようです。

ディケロステンマの歴史

ディケロステンマは原産が北アメリカ西海岸のワシントン州西部からカリフォルニア州中部に分布しています。別名をブローディア・イダマイアとも呼ばれ、多年草で明るい丘陵地で草地などのところに生えるモノです。学名ではDichelostemmacongestum、英名はOokow,Forktoothookowと呼ばれています。ディケロステンマは2つの王冠を意味し、外花被片につく仮雄しべが2つに裂けて王冠のようにみえることによるとされています。

図鑑ではディケロステンマをヒガンバナ科と掲載されている例も見られますが、アメリカやカナダではヒガンバナ科植物が見られない地帯であり、ヒガンバナ科という分類は適切ではないとされています。ディケロステンマは地植えの場合は草姿中性のアリウム中性品種で他にトリテレイア、ブローディア、オトメユリ、スカシユリ、シラー・カンパニュラータ、シラー・ペルビアナなどが知られています。

ちなみにカマッシア、ワトソニア、球根アイリス、テッポウユリなどは草姿高性のアリウム高性品種であり、初夏咲きオキザリス、ブリメウラ、チリアヤメ、ムスカリ晩生品種などは草姿低性品種に当たります。市場に出回っているのは、カランコエに似たベル形の花を咲かせるD・イダマイアとその園芸品種があります。

この2つは耐寒性がやや弱く室内栽培向きとなっています。強健で戸外で栽培できるD・コンゲスタムあるいはD・ムルティフロラム等もあります。ピンク色の鼻を咲かせるものはピンクダイアモンド、赤色の鼻を咲かせるのはイダマーヤ、藤色の花を咲かせるものはコンゲスタムと呼ばれています。

ディケロステンマの特徴

ディケロステンマの特徴としては、半耐寒性から耐寒性の球根植物で花の色は赤、ピンク、紫などがよく知られています。ユリ科ネギ亜科に属し分類としては球根植物で花期は4月から6月で生息地としては明るい丘陵の草地などに生え、高さは30センチから100センチぐらいになります。よく出回っているのはカランコエに似た鐘状の花を咲かせるD。

イダマイアとその園芸品種です。どちらかというと室内栽培に適しています。茎は強く真直ぐに伸び、少しの線形をした葉が根生します。4月から6月頃に茎の先の球状花序に青紫色の筒状の花を咲かせます。花冠は6つに分かれ、雄蕊は3個あってそれぞれに白いフォーク状の鱗片がつきます。日当たりの良い所を好み、それらの場所で育てます。

寒さに対してはあまり強いほうではありませんが、暖地においては路地植えで冬を越します。鉢植で育てる場合は霜の当たらない、かつ日当たりのよい軒下などに置いておくと良いとされています。植え付けの時期は気温の下がる10月から11月中頃に行うのがよいとされています。

鉢に植える場合は5号ぐらいの大きさの鉢に3つぐらいの球根を目安にして約5センチぐらいの深さに植え付けます。鉢植えの土は赤玉土5に対して腐葉土3、パーライト2などの割合で混ぜて水はけの良い土に植付けを行います。庭植えの場合には苦土石灰、元肥に牛糞などを、水はけが悪いようであれば腐葉土を混ぜ込んで、約15センチぐらいの間隔で深さ5センチ間隔ぐらいに植え付けを行います。

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_habotan

キンセンカとハボタンの育て方

冬枯れの戸外で一際鮮やかに色彩を誇るのがハボタンです。江戸時代中期に緑色のキャベツに似たものが長崎に渡来して、オランダナ...

pixta_torikabuto

トリカブトの仲間の育て方

トリカブトとはキンポウゲ科トリカブト属の植物の総称で、その多くは多年草の植物です。強い毒性があることで知られており、危険...

pixta_mayumi

マユミの育て方

マユミはニシキギ科に属しますが、ニシキギという名称は、錦のような紅葉の美しさから名づけられたと言われています。秋になると...

pixta_saboten

観葉植物の育て方について

そもそも観葉植物というのは、室内において自然らしさを楽しむための植物であり、針葉樹木や温帯地域に生息する樹木、宿根草から...

pixta_himenokaris

ヒメノカリスの育て方

ヒメノカリスはヒガンバナ科の植物で原産地は北アメリカ南部や南アメリカで、日本では一般的には球根を春に植えると夏には白く美...

pixta_ichigo_02

イチゴの育て方について

イチゴは粒が大きくて甘味が強いのが当たり前だと思っている人が少なくありませんが、スーパーの店頭などで売られている栽培イチ...

pixta_benisarasadoudan

ベニサラサドウダンの育て方

ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5メートル程度にまで生長します。若い枝は無毛で、その葉の長さは、お...

pixta_bazil_01

ハーブを種から巻いて大きくしよう

ハーブは日本語で香草といい、ハーブの種類によって香りの高いものなど様々あります。料理やハーブティーに使えてとても利用効果...

pixta_sagisou

サギソウの育て方

サギソウはラン科サギソウ属サギソウ種の多年草で、日本や台湾、朝鮮半島が原産となっています。日本では北海道や青森などを除い...

スポンサーリンク

pixta_tubaki

植物の育て方にはその...

自宅で、植物をおいてあるところはたくさんあります。お部屋...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガ...

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事か...

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て...

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種で...

pixta_karuseoraria

カルセオラリアの育て...

カルセオラリアはゴマノハグサ科の多年草です。原産は南アメ...