ひまわりの栽培やヒマワリの育て方やその種まきについて

ひまわりの栽培やヒマワリの育て方やその種まきについて

夏になると太陽の方向を向いて元気に咲くひまわりが目につきます。このひまわりを自分で育てることができます。ひまわりの栽培方法は次のようになっています。まず最初に行わなければいけないのは、どのような品種にするのかということです。ヒマワリにはいくつかの種類があります。

ヒマワリの育て方

背丈が低くて鉢植えでも栽培ができるものや、茎の長さが長く大輪の花を咲かせるようなものもあります。したがってまず最初にヒマワリの育て方とした大切なことは、用途や自分の好みに合わせた品種を選ぶと言うことになります。

そして次にヒマワリの育て方としては、よい環境を作るために土に水をあげて肥料をまきます。この時に腐葉土や堆肥の入った土を選ぶようにすると、さらに育てやすくなります。しかし基本的にヒマワリは土質にそこまでこだわる必要はありません。

鉢植えやコンテナを使うという場合には、草花用の培養土を選ぶと大丈夫です。そして実際にヒマワリの種まきを行っていきます。土に穴を開けて1箇所に2粒から3粒をまくようにします。そしてこの上に土を1センチメートルほどかぶせて発芽までかわかさないように管理します。

こちらのひまわりの育て方もかなり参考になります♪

ヒマワリの栽培時の注意点

そして発芽して双葉が完全に開いた状態になれば、1本に間引いて育てていくようにします。こうすることで丈夫なヒマワリを育てることができます。芽同士の距離が近いと言うときには、ひっぱってしまうと2本同時に抜けてしまうこともあるので、片方ははさみで付け根の部分から切って間引くようにします。

水やりや肥料に関してですが、水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにします。しかし土が常に湿っている状態は避けるようにします。ヒマワリは土から養分を吸収する力がとても強いので、肥えている土の場合には肥料を与えなくてもよく育ちます。

しかし痩せた土の場合には、土にあらかじめ腐葉土多胎費、このほかに粒状の肥料を混ぜ込んでおくとよく育ちます。ヒマワリを育てている中で葉の色が悪いという場合には、様子を確認しながら液体肥料を与えていきます。

しかしこのときに注意しなければいけないのは、チッソがたくさん含まれている肥料を使うと、茎や葉はしっかりと育つのですが、花があまりきれいに育たないと言うことがあるので気をつけるようにします。

ヒマワリの虫の被害について

ヒマワリはアブラムシやハダニなどの被害を受けやすくなっています。アブラムシはとくに茎や葉、つぼみの部分について汁を吸っていきます。これらの虫は植物を弱らせてしまうので、薬剤を塗って駆除をするようにします。

とくにハダニは小さくて葉の裏の部分につくので気がつかないことが多いですが、葉の部分に点々と色が抜けたようになっていればハダニの可能性があるので確認をします。

pixta_crose

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズは別名ヘレボラスと呼ばれ、その歴史は古く、人々の生活の中に根付き利用されてきました。古代ギリシャ時代の医...

pixta_momijibaasagao

モミジバアサガオの育て方

モミジバアサガオは和名をモミジヒルガオといい、日本で古くから親しまれてきたアサガオの仲間です。日本へ伝来したのは今から1...

pixta_pakira

鉢植え乾燥地帯原産地「パキラ」の栽培方法について

鉢植え「パキラ」は東急ハンズ等で購入できる乾燥地地帯である中東が原産地の鑑賞植物です。高さが5cm以下の小型の植物で、手...

pixta_sebrina11

ゼブリナの育て方

ゼブリナは、ツユクサ科トラデスカンチア属で学名はTradescantia zebrinaです。別名はシマムラサキツユクサ...

pixta_utyouran

ウチョウランの育て方

ウチョウランは漢字では「羽蝶蘭」と書きますが、これは当て字で有って和名における語源は確かではないと言います。しかし、淡い...

pixta_sarubia14

サルビア(一年性)の育て方

サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多...

pixta_seiyouiwanannten

セイヨウイワナンテンの育て方

セイヨウイワナンテンはツツジ科の常緑低木で北アメリカが主な原産地です。バーニジア州、ジョージア州、テネシー州などに分布し...

pixta_soapwart

ソープワートの育て方

ソープワートは、ナデシコ科サポンソウ属で別名をシャボンソウやサボンソウで、学名はSaponaria officinali...

pixta_yanagiran

ヤナギランの育て方

花の特徴としては、まずはフトモモ目、アカバナ科、ヤナギラン属の種類となっています。多年草なので1年を通して葉などをつけて...

pixta_ofarium

レティクラツム・オウァリウムの育て方

この花についてはキツネノマゴ科、プセウデランテムム属となります。園芸上の分類としては熱帯植物です。また暖かいところに生息...

スポンサーリンク

pixta_nekutarin

ネクタリンの育て方

ネクタリンの語源はギリシャ神話に出てくる神々の酒であるネ...

pixta_arktotisu

アークトチスの育て方

アークトチスはキク科の可愛らしい植物です。とてもかわいら...

pixta_kufea

クフェアの育て方

クフェアはミソハギ科のタバコソウ属もしくは、クフェア属に...

pixta_asagao

アサガオの育て方

日本で古くから親しまれている日本で最も発達した園芸植物で...