ケールの育て方

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜の王様と呼ばれている野菜として知られています。日本においては青汁の素材として有名であり、数々の健康効果が期待されている野菜であると言えます。

ケールの育てる環境について

ケールは生育旺盛であり育てやすいものに分類されることになるでしょう。キャベツの仲間ではありますが、丸める必要性が無いために手間もかかりません。苗が無ければ種から栽培することも出来ますし、中々に育てやすい植物であると言えるでしょう。

様々な環境で育てることが可能であり、寒冷地であっても暖地であっても、その中間地であっても植え付けの時期をずらすことで育てることが可能です。それぞれのケースによって収穫時期もずれますので2月から4月の時期を除けばかなり長い期間にわたって収穫の時期がある野菜であると言えます。

収穫するのはキャベツの様に玉を丸ごとではなく、大きくなった外側の葉から順に採取します。30~40センチほどの大きさに育って色が緑になったら付け根から切り取ると言うのがケールの収穫なのです。一般にケールの栽培はそれほど難しいものではありません。

生命力が非常に強く、ある程度の広さがある畑であれば誰でも育てることが出来るのが特徴であると言えます。このある程度の広さと言うのが重要であり、ケールが成長する過程であまりに狭いスペースに密集している場合にはそれぞれの葉が押し合う形となって育ちが悪くなってしまいます。

基本的にどのような植物も狭い場所に密集していてはメリットはないと言えるでしょう。そのためこの様なスペースの問題に気をつけておけば後はそれほど大きな心配をしなくても大きく育つでしょう。環境にもよりますが、上手に育てれば非常に多くの葉が取れます。

ケールの種付けや水やり、肥料について

ケールは丸くならない大きなキャベツと理解すればわかりやすい植物です。花が咲くと種が取れますのでそれをまいておくことで育つことになるでしょう。寒さに強いという性質がありますので積雪のある地域でもしゅうかくすることができる野菜です。

この点も雪の下でも育つキャベツに似ていると言えるでしょう。発芽は10~30℃程度で起こり、15~20℃程度の冷涼な環境で良く育ちます。この様な環境下が適した環境であると言えるでしょう。ケールはただ育てるだけであればそれほど難しくありませんが、

良質な葉を得るためには株が疲れないように定期的な追肥を行うことが大切であると言えます。キャベツとは違い、葉は丸くまとまることはありませんのでどんどん広く広がって行きます。そしてその葉が大きくなったタイミングで切り取って食用にして行くのがケールと言う野菜の育て方なのです。

そのため収穫期間は非常に長い期間に及ぶことになります。この間ケールは多くの養分を必要としますので追肥を欠かさないようにする必要があるのです。またケールは水やりが非常に大切です。大きなキャベツとも言えるケールは成長に多量の水分が必要になりますので水はけがよく、

水持ちも良い土壌であることは勿論、適切に水分が補給される環境であることが重要視されています。この様な条件を満たす環境を整備してあげることが出来るかどうかが良質なケールの栽培が出来るかどうかの分かれ目になることでしょう。

ケールの増やし方や害虫について

キャベツに似ているケールではありますが、キャベツの様に玉状に育てるのではなく育った葉を切り取って収穫して行くというスタイルになります。そのため収穫する葉の量を巧みにコントロールし、成長力を弱めないように工夫することが求められます。

当然のことながら一度に大量の葉を取ってしまうと弱ってしまいますので一回当たりの採取は1~2枚程度に収めておくのが良いでしょう。この様な対応をすることで長期にわたって収穫をすることが出来ます。しかし収穫時期が長くなってしまいますので、

肥料切れにならないように肥料の追加には気を配っておく必要があると言えます。ケールはキャベツと同じく非常に虫にも好まれる葉物野菜であり、害虫に対する対策は必要であると言えます。根木リム氏の類の被害を受けることもありますし、シンクイムシの被害も比較的多く見られます。

またいわゆるアオムシが付くのもこの種類の野菜です。そのため何かしらの対策をしておく必要があると言えるでしょう。対策には色々ありますが農薬が最も簡単な方法です。使用量を制限して使うのも一つの方法ですが、どうしてもその様な対処が嫌であるという場合には、

トウガラシ関係の辛み成分を含んだ溶液を散布したり、パセリやミントなどの臭いの強い植物を近くに植えるなどの対策もある程度効果を発揮するケースがあります。この様な方法をいくつか試してみることで成果を上げる場合もあるでしょう。しかし害虫の被害を受けると言うことは健康な葉であるということでもありますので、ある程度は許容するのも一つの考え方です。

ケールの歴史

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜の王様と呼ばれている野菜として知られています。日本においては青汁の素材として有名であり、数々の健康効果が期待されている野菜であると言えます。

そんなケールはアブラナ科アブラナ属に属している野菜であり、日本でも親しまれているキャベツやブロッコリーの原種として考えられている植物です。別名では葉キャベツとも言われていますが、ケールと言う呼び方の方が圧倒的な知名度を誇っていると言えるでしょう。原産地は南ヨーロッパの地中海沿岸です。

その歴史は古く、紀元前からあったとされています。2000年前のギリシャではすでに栽培がおこなわれており、ケルト人が最初に栽培していたことからその名前にちなんでケールと呼ばれるようになったと考えられています。これが日本に伝わったのは18世紀の江戸時代です。

当時はオランダナ、あるいはサンネンナという名称で知られており、オランダ人によってもたらされたと考えられています。しかしながら当時は観賞用であり、食用ではなかったtと言う記録があります。これが食べられるようになったのは、

食糧難の時代になってからです。その後一般的な食材になったのは野菜を多く取るために野菜を青汁にして飲むべきであるという考えが生まれたことに関連しています。当時扱われた野菜の中にケールが含まれていたのです。

ケールの特徴

ケールは日本においては健康志向の食品である青汁の素材として有名になった経緯があります。いわゆる栄養素が豊富に詰まった野菜であり、キャベツの仲間として知られています。キャベツの原種に当たるものに近く、結球しない葉を取って食用にするのが一般的な利用法です。

豊富なビタミンやミネラルをそのまま取るためにジュースにすることが多いと考えられがちですが、実際には炒め物や煮込みなどにも使うことが出来ます。この辺りはキャベツの仲間らしさを感じることが出来ます。温暖な気候であれば一年中栽培が可能であるという特徴がある地中海沿岸を原産とする野菜です。

生息地は現在では非常に広くなっており、環境さえ合えば育てやすい野菜であると言えるでしょう。栄養価が非常に高いことも特徴の一つであり、様々な品種改良がおこなわれており、数々の品種が生まれています。日本においてはスウィートグリーン、

カーボロリーフグリーン、キッチン、サンカーニバルなど様々な品種が近年になって生み出されており、主に健康食品分野で活用されています。いずれの品種も環境を整えることで一年中の栽培が可能であることから青汁の原料として最適な素材であると考えられるようになってきたという経緯があります。

ケールに含まれている栄養素にはビタミンA、カルシウム、葉緑素、食物繊維、葉酸、たんぱく質なども含まれています。単一の野菜としては極めて高い栄養素を含んでいる野菜として注目を浴びることになりました。

pixta_kukiretasu

茎レタスの育て方

紀元前6世紀頃、ペルシャ王の食卓に出されていたと言われている野菜にレタスが有ります。現在では、結球するタイプの玉レタスが...

pixta_minibara

ミニバラの育て方

バラと人間との関わりは古く、およそ7000年前のエジプトの古墳にバラが埋葬されたとも言われています。またメソポタミア文系...

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き表されます。漢字の由来から日本には、飛鳥時代~平安時代現在の中国...

pixta_egonoki

エゴノキの育て方

日本全土と中国、朝鮮半島を生息地とするエゴノキは、古くから日本人の生活になじみ深い樹木です。チシャノキやロクロギなどの別...

pixta_ikisia

イキシアの育て方

イキシアはアヤメ科の植物で、原産地は南アフリカになります。また、別名として「ヤリズイセン(槍水仙)」、「コーン・リリー」...

pixta_suisen

スイセンの育て方

スイセン、漢字で書くと水仙。この植物は、ヒガンバナ科(旧分類だとユリ科)スイセン属の多年草です。地中海沿岸やスペイン、ポ...

pixta_simotukesou

シモツケソウの育て方

シモツケソウは日本原産の固有種で、本州の関東地方から九州にかけてが生息地となっています。山地や亜高山の草地、林の縁などに...

tropical flower pink adenium. Desert rose

アデニウムの育て方

アデニウム/学名・Adenium/キョウチクトウ科・アデニウム属です。アデニウムは、南アフリカや南西アフリカなど赤道付近...

pixta_daikondora

ダイコンドラ(ディコンドラ)の育て方

ダイコンドラ(ディコンドラ)は、アオイゴケ(ダイコンドラ・ミクランサ)と言った別名を持ち、ヒルガオ科のダイコンドラ属(ア...

pixta_reukadendoron

レウカデンドロンの育て方

「レウカデンドロン」は、南アフリカ原産の常緑低木で熱帯地域を中心に広く自生しています。科目はヤマモガシ科レウカデンドロン...

スポンサーリンク

pixta_hotarubyukuro

ホタルブクロの育て方

ホタルブクロの特徴として、まずはキキョウ目、キキョウ科で...

pixta_turuhananasu

ツルハナナスの育て方

ツルハナナスの名前の由来は、つる性の植物であるために「ツ...

pixta_petoreaborbis

ペトレア・ボルビリス...

ペトレア・ボルビリスは原産地がキューバ・ブラジルといった...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州...