スイスチャードの育て方

スイスチャードの育て方

スイスチャードという野菜はまだあまり耳慣れないという人が多いかもしれません。スイスチャードはアカザ科で、地中海沿岸が原産だと言われています。日本名はフダンソウですが、日本各地の生息地で地域によっては、トウチシャ、アマナ、うまい菜などのさまざまな呼び名を持つ植物です。

育てる環境について

スイスチャードは漢字では不断草と書くように、暑さにも寒さにも強く、温かい地域では通年栽培ができるほど育てやすく、育てる環境をあまり選ばない野菜です。戸外の直射日光下では、真夏の酷暑期には30パーセントから50パーセント程度遮光したほうが良く育ちます。

耐陰性はあるのですが、なるべく日光に当てるようにする育て方をします。生育を良くするためには、なるべく日当たりと水はけや風通しの良いところで育てるようにします。酸性の土壌を嫌うので、石灰などを使用して土の酸度を調整するようにします。

種まきの2週間ほど前に1平方メートル当たり苦土石灰を施し、種まきの1週間ほど前には完熟たい肥や有機配合肥料を施しておきます。水はけの悪い畑で育てる時には高畝にして育てるようにします。発芽に適した温度は25℃前後で、乾燥した葉孝枝では発芽しないので、種まき前に十分に水やりをします。

生育が旺盛でとてもよく育ち栽培期間も長いので、肥料切れを起こさないように水やりと津火を欠かさないようにします。土寄せするときには葉の付け根の部分に土が入らないように気を付けて行うようにします。生育期の水やりは、土の表面が乾けば水を与えるようにします。

撃カサが16センチメートル以上なら鉢やプランターで育てることも可能です。緑黄色野菜の不足する夏にも収穫で気、ホウレンソウの代用としての活用方法が良く知られていますが、租rとは逆に沖縄では冬の野菜として栽培されています。

種付けや水やり、肥料について

果実の中に2粒から3粒の種が入っています。硬い殻の種が複数くっついている形をしており、外側は堅いので、一晩程度水につけてから蒔くことで発芽率がよくなります。種付けをするときには2センチ程度のやや広めの間隔をあけて種まきするのがポイントです。

酸性の土壌に弱いので、種まきの前に石灰を散布しておき、土壌の酸度を調整しておくようにします。種まき時期は春から秋まで、4月から10月できます。発芽してから本葉が出始めたら間引きをして本場が5枚から6枚程度になったら1か所あたり1本になるように間引きます。

発芽して1か月ほどでベビーリーフとして収穫できるので間引きも兼ねて収穫します。その後本場が5枚から6枚程度になったら追肥を行い、その後は2週間に1回追肥をするようにします。プランターで育てる時には幅60センチメートルのプランターで2列に蒔くようにします。

発芽して2か月ほどたつと、葉が成長して肉厚になり、葉の軸の色が濃くなってきます。葉の長さが20センチくらいで株ごと収穫するのがおすすめです。市販の苗を買ってきて植えることもできます。その場合はプランターに底石を敷き詰めてから培養土を入れ、スコップなどで土に穴を掘ってから苗を人差し指と中指で挟み、

ポットから取り出します。その後、掘った穴に苗を入れ、周りから土を寄せて軽く抑えてからたっぷりと水やりをします。種まきから1か月後に化成肥料を追肥し、その後は2週間に一度程度の追肥を行います。土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えるようにします。

増やし方や害虫について

スイスチャード端株が大きく成長すると花芽が出てきます。葉を楽しむ目的で効率よく育てたい時には、花芽をつける前にはごと収穫してどんどん新しく種まきをして育てるようにします。けれどもそのまま花を咲かせて種を作れば、こぼれ種でどんどん増えてゆきます。

花芽はヒョロヒョロとどんどん長く伸びてゆき、やがて長い花穂ができますます。花びらが小さく色も緑色をした比較的地味で目立たない花で、階下から1か月ほどたつと種が熟して茶色くなってきます。さらに完熟すると自然に落ちてこぼれ種でも発芽しますが、茶色くなったら種を採取します。

種まきは春から秋まですることができ、発芽に適した温度は25℃前後と比較的高めです。プランターに蒔くときには棒などで種をまくために深さ1センチ程度の蒔き溝を作り、溝の列と列の間は15センチ程度摂るようにします。2センチ間隔程度で種が重ならないように蒔いて、

上から土をかぶせて手で軽く抑えるようにします。連作するとアカザ科作物を好む病原中や害虫が増えてしまい、年々その被害が拡大するので、連作は避けるようにします。また、発芽後に土が湿り過ぎていると立ち枯れ病が発生しやすくなります。

根が健康に育てば地上部分も健康に育ち病害虫にも強くなります。ヨトウムシが付くことがありますが、見つけ次第すぐに取り除いて駆除しておくようにします。窒素肥料を与えすぎると病害虫の発生が多くなる傾向があるので、完熟たい肥や有機物を積極的に与えるようにします。

スイスチャードの歴史

スイスチャードという野菜はまだあまり耳慣れないという人が多いかもしれません。スイスチャードはアカザ科で、地中海沿岸が原産だと言われています。日本名はフダンソウですが、日本各地の生息地で地域によっては、トウチシャ、アマナ、うまい菜などのさまざまな呼び名を持つ植物です。

かつてギリシャ語で書かれた書物にスイスチャードは薬としての効果が期待されていたことが書かれています。甜茶やテーブルビートなどと同じ仲間であり、リーフビートという名前でも呼ばれています。日本でも古くから栽培されてきたものはごく一般的な緑色のもので、様々な名前が付けられています。

アメリカやヨーロッパなどではサラダなどに使用する生食湯としてよく利用されている野菜の一つです。スイスチャードの若い葉は日本でもスーパーマーケットなどでよく見かけることのあるベビーリーフとして使われることもあります。柄の部分や葉脈の色が、

濃いピンク色や黄色、オレンジ色などのカラフルな見た目を持つ野菜で、茎の色をのぞけば見た目はホウレンソウのような形をしています。サラダで食べるのに利用するときにはベビーリーフのように、まだ幼いうちに摂ったものか、成長した株の内側部分にある、

若い葉の部分を選ぶとおいしく食べられます。外側の葉の部分は生で食べるにはやや硬くて食べにくいようです。葉の色は濃い緑色で、生き生きとしているものを選び、柄の部分が長く伸びすいているものは硬くなっていることが多いです。

スイスチャードの特徴

スイスチャードは鮮やかな赤や黄色、濃いピンク色、オレンジ色などの色彩の茎を持つ野菜で、野菜として食べる以外にも観賞用として鉢植えや花壇に植え付けて楽しむためにも利用されています。暑さにも寒さにも強く栽培しやすい野菜で、青菜が不足する夏でも収穫できるので、

冬の定番の栄養豊富な野菜ホウレンソウの代わりとして利用されてきました。しゃきしゃきとした食感が魅力でカラフルな色合いの部分を生かしたり料理に使うのがおすすめです。外側の葉の部分は生で食べるには固いため、炒めものなど加熱して料理する為や、漬物に利用するのもおすすめです。

見た目はかなり強い味がするような印象を受けますが、実際は青臭さやくせが無いので様々な料理に利用することができます。カロテンがたっぷりと含まれていますが、βカロテンは抗がん作用や免疫を高める作用があることで知られており、そのほかにも体内でビタミンAに変わり、

髪の毛の健康維持や粘膜、皮膚などの健康維持、のどや肺などの呼吸器系統を守る、視力維持などに効果があると言われています。さらにカルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルが豊富です。カリウムも豊富なのでナトリウムの排出を促進し、

血圧が上がるのを抑制する効果があるため高血圧の予防や筋肉の収縮をスムーズにします。茹でてしまうと色素成分が抜けてしまうので、鮮やかな色合いを生かした料理を楽しむためには茹でたりせずにそのまま生で使うのがおすすめです。

pixta_beet

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ...

pixta_madagasukarujasumin

マダガスカルジャスミンの育て方

一般的なジャスミンはモクセイ科になります。キンモクセイなどと同じ仲間です。同じような香りをさせています。一方この植物に関...

pixta_komatirindou

コマチリンドウの仲間の育て方

コマチリンドウの仲間は、30種ほどあります。もとはヨーロッパ産で、山野草として、自然の中で、そのかわいらしい小さな花を咲...

pixta_ubayuri

うばゆりの育て方

ここでは、うばゆりの特徴について細かく述べます。土より下の部分には、球根があります。この球根とは、いわゆるチューリップな...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体...

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方。

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体へとメスを入れ始めているようですが、既存の農家からの反対も強く、...

pixta_nigana

ニガナの育て方

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジア一帯ということで、広く分布している植物でもあります。日本でも道...

pixta_karanse

カランセの育て方

カランセはラン科エビネ属の多年草です。日本が原産地となっているエビネ属の花もありますが、熱帯原産のものを特にカランセとよ...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て方

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありません。フクロソウ科、テンジクアオイ属とされています。よく知られて...

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。球根によって生育をしていく植物で、多年草として楽しむことができま...

スポンサーリンク

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育...

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風...

pixta_wadan

ワダンの育て方

この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属で...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、...

pixta_stkesia

ストケシアの育て方

この花は被子植物門、双子葉植物綱、キク亜目、キク目、キク...