レダマ(スパニッシュブルーム)の育て方

レダマ(スパニッシュブルーム)の育て方

レダマ(スパニッシュブルーム)は、マメ科の低木になります。主に、南ヨーロッパとカナリア諸島が原産地になります。世界各地の乾燥地域が生息地になりますので、比較的観賞用に栽培される事が多いでしょう。日本でも、江戸時代に育てられた事がありますが、その大きさから、あまり見かける事はありません。

育てる環境について

レダマ(スパニッシュブルーム)を育てるのに適している環境は、日当たりの良い場所と水はけの良い土になります。ですので、栽培を考えている人は、以上の条件をしっかりと満たしてあげるようにしましょう。特に、レダマ(スパニッシュブルーム)は、育ちますと大変大きくなりますので、成長できるだけのスペースを確保してあげなくてはいけません。

ですので、マンションなどの集団住宅で育てる場合には、まずは、きちんと管理規約を読んで、育てることができるのかどうかというのを、チェックして下さい。せっかく育てたとしても、近隣住民から苦情がきてしまっては、全く意味がありませんし、レダマ(スパニッシュブルーム)もかわいそうですよね。

また、マンションで育てる場合には、それ以外にも気をつけることがあります。それは、避難経路の確保になります。特に、大きな植物を育てるとなりますと、何か災害があった時に、きちんと避難経路が確保できるのかどうかというのは、とても重要です。特にベランダは、災害があった時に避難経路になるということから、共用部分に設定しているところが殆どです。

ですので、植物を育てる際には、きちんと事前に確認しておかなくてはいけません。以上のことをしっかりとチェックして、問題ないということでしたら、いくらでも育ててあげましょう。環境を事前にチェックすることで、後々のトラブルも回避することができますので、大変おすすめですよ。

種付けや水やり、肥料について

レダマ(スパニッシュブルーム)は、水はけの良い環境と日当たりが良い場所を非常に好みます。ですので、育てる際には、太陽の光がしっかりと当たる場所を考えてあげなくてはいけません。また、霜に対する強さも多少ありますので、冬の寒さにも耐えることができるでしょう。ですが、あまりにも寒すぎる環境は、育たない可能性がありますので、注意が必要です。

そして、成長が進んでいくと同時に、枝が下に垂れやすくなってしまいます。非常に脆く、折れやすい性質を持っておりますので、あらかじめきちんと、支柱を立ててあげると良いでしょう。木の形をしっかりと整えて、良い成長をさせるためには、花後に強めに支柱を立ててあげましょう。

そうする事で、変な形にならず、まっすぐに花を咲かせる事ができます。庭などの大きなスペースを使って、レダマ(スパニッシュブルーム)を育てる場合には、十分に成長ができるように、できる限り大きめの支柱を立ててあげる事で、良い成長を促す事ができます。ですが、マンションなどの集団住宅で育てる場合には、近隣住民の迷惑にならないように、環境に配慮しながら、支柱を立ててあげましょう。

支柱は、きちんと立てる事で、病気や害虫がつきにくくなるというメリットがあります。その他にも、太陽の光が樹木全体に行き渡りやすくなるといったメリットがありますので、しっかりと面倒臭がらずに立ててあげてくださいね。そうする事で、しっかりと大きく成長する事ができますよ。

増やし方や害虫について

レダマ(スパニッシュブルーム)をたくさん育てたいという人は、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。レダマ(スパニッシュブルーム)は、花が咲いた後にできるさやが、自然に割れる事で、こぼれダネでも十分に育つ事があります。また、大きくなりすぎてしまいますと、移植を嫌がる性質をもっておりますので、増やす際には、種から増やすようにしてあげましょう。

また、支柱をしっかりと立てて、成長を促してあげませんと、先ほども述べました通り、害虫や病気にかかりやすくなってしまいますので、注意が必要です。ですので、育てる際には、できる限り支柱を立てて、害虫対策をしてあげましょう。レダマ(スパニッシュブルーム)は、栄養繁殖をするよりも、種をまいたほうがよく育つといった特徴があります。

種を撒けば、1年か2年もすれば開花してくれますので、栽培時に直接撒くか、浅い鉢植えを用意して、最初は鉢植えに種を蒔いて育てるかのどちらかを選びましょう。浅い鉢植えに種を蒔いた場合には、少し成長をしましたら、移植をしてあげてください。そのままですと、成長を妨げてしまいますので、枯らしてしまう可能性があります。

大きな苗になってしまいますと、移植が出来なくなってしまいますので、注意が必要です。先ほども述べました通り、レダマ(スパニッシュブルーム)は、日本の環境では育ちにくい可能性があります。せっかく花をつけたとしても、比較的短命で、すぐに枯れてしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

レダマ(スパニッシュブルーム)の歴史

レダマ(スパニッシュブルーム)は、マメ科の低木になります。主に、南ヨーロッパとカナリア諸島が原産地になります。世界各地の乾燥地域が生息地になりますので、比較的観賞用に栽培される事が多いでしょう。日本でも、江戸時代に育てられた事がありますが、その大きさから、あまり見かける事はありません。

高さは、高いと3メートルほどにも成長します。そして、枝は非常にしなやかで、緑色のしっかりとした色合いです。非常にほっそりとした見た目の茎で、脆いといった特徴がありますので、育てる際には、十分に配慮が必要になります。成長すると、非常に背丈も高くなりますので、それなりのスペースをきちんと確保してから、育てるようにしましょう。

また、レダマ(スパニッシュブルーム)は、非常に海外ではポピュラーなものではありますが、日本ではあまり馴染みのないといった事から、非常に種を入手しにくいといったデメリットがあります。ですので、種を購入したいという事であれば、花屋さんや園芸店を回るのではなく、最初からインターネットを使って購入をしたほうが早いでしょう。

ですが、せっかく育てたとしても、日本の環境が合わずに、枯れてしまう可能性があります。高温多湿である日本では、開花させたとしても、短命になってしまう可能性がありますので、ガーデニング初心者の人にはあまりおすすめできるものではありません。ある程度の知識をつけて、栽培方法や育て方をきちんと学んだ上で、育てるようにしましょう。

レダマ(スパニッシュブルーム)の特徴

レダマ(スパニッシュブルーム)の特徴は、なんと言いましてもその独特なにおいになります。開花時期になりますと、木全体が花で覆われるので、大変見頃のある花になるのですが、同時に強い香りが全体に広がっていきます。その匂いは、ヤニくさいような、ポマードのような香りになりますので、日本人には好き嫌いがはっきりと分かれるでしょう。

ですので、自宅で育てる場合には、きちんと家族に成長をすると、独特なにおいを放つものなんだというのを、事前に伝えておかなくては、後々トラブルになってしまう可能性があります。ですが、そのにおいを好む人もたくさんいることも事実です。ですので、花を抽出して、香水が作られたり、花束やポプリを作る人もいます。

非常に香りが好みだということであれば、自分で栽培をして、ポプリを作っても良いでしょう。レダマ(スパニッシュブルーム)を育てる際には、日当たりの良い環境と、水はけの良い場所が絶対条件になります。ですが、基本的には大変強い花になりますので、都市部や海岸付近の植え込みであったとしても、十分に耐えることができる花です。

ですが、強さには強い反面、寒さには弱いといったデメリットがあります。ですので、寒冷地で育てる場合には、しっかりと防寒対策をしてあげましょう。綺麗な黄色の花をつけるといったことから、精油以外にも、着色料として使用されることもありますので、日本ではあまり人気はありませんが、海外では非常に人気のある花になります。

pixta_misohagi

ミソハギの育て方

種類としては、バラ亜綱、フトモモ目、ミソハギ科となります。水生植物、山野草として分類されるようになっています。花は多年草...

pixta_kurbanaroubai

クロバナロウバイの育て方

クロバナロウバイは北アメリカ南東部原産の低木で、原産地全域の山林や人里周辺を生息地としています。漢字では黒花蝋梅と書き表...

pixta_mugizennou

ムギセンノウ(アグロステンマ)の育て方

アグロステンマはナデシコ科の植物で、ナデシコのように小さな花がたくさん咲いて、また葉っぱが細長いのが特徴です。アグロステ...

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセイソウやジゴクソバ、ドクダメとも呼ばれています。

pixta_riefretasu

玉レタスの種まき時期と育て方

レタスは一番馴染みのあるのが玉レタスで、夏に涼しい気候の高原でよく育つ高原野菜といわれています。レタスの栽培方法は、種を...

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思い浮かべる人、様々ですが、原産国は東アジアとなっています。日本も...

pixta_agapansasu

アガパンサスの育て方

生息地の南アフリカから明治時代の中ごろに日本に伝わりました。最初に伝わったのはアフリカヌスという品種だと言われています。...

pixta_serobekia

セロペギアの育て方

セロペギアはガガイモ科の植物です。横に這うように茎が伸びて成長していきます。そして原産はカナリア諸島やアフリカやマダガス...

pixta_kinkan

キンカンの育て方

キンカンは、他の柑橘類と同じように、元々の生息地はインドや東南アジアだと考えられています。この地域のものが中国で栽培され...

pixta_akazakazura

アカザカズラの育て方

夏になると、近年は省エネが叫ばれ、電力の節約のためにさまざまな工夫がなされます。つる性の草のカーテンもそのひとつだと言え...

スポンサーリンク

pixta_murasakigoke

ムラサキシキブの育て...

この植物の特徴では、シソ目、シソ科、ムラサキシキブ属とな...

pixta_kuranberi

クランベリーの育て方

クランベリーという洒落たネーミングは、可愛らしい花びらの...

pixta_pankratium

パンクラチウムの育て...

パンクラチウムはヒガンバナ科パンクラチウム属の植物です。...

pixta_attuzakura

アッツザクラの育て方

アッツザクラはアッツという名前はつきますが、アッツ島にあ...