小松菜の育て方について

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅かすようなニュースが何かと耳に入ってくる今の時代には、家庭で調理する作物を自家製で調達するというのは有効な対策になります。

小松菜の特徴

また何と言っても自分で育てた作物で出来上がった料理は、スーパーで買った商品を使うのとはひと味違ったものになります。家庭菜園でどのような作物を育てるのかはその人の好みにもよるのですが、小松菜はその有力な候補のひとつになります。

というのも小松菜はその育て方が簡単なこともあって初心者向きの作物と言えるのです。寒さに強いという性質のおかげで育てられる期間が長いというのもありますし、連作も比較的容易な作物なので、慣れてくれば1年に何回も収穫することができます。

小松菜はビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいる野菜としてよく知られているので、健康に気をつけている人にとっても魅力的な作物です。小松菜は適応力が高くて丈夫なので、家庭菜園を始めたばかりの初心者にとっても育てるのが簡単な作物だと言えます。

こちらの小松菜の育て方も詳しく書いてありますので、参考になります♪

小松菜の種まき

小松菜の種まきをするにあたっては条まきをしておくのがオススメです。条まきとは土に溝を掘って、その溝に沿って種をまくことを指すのですが、条まきをしておくことによって後々行うことになる間引きの作業がやりやすくなります。

この条まきはいろいろな野菜の栽培で用いられている手法です。溝は5ミリ程度の深さになるように引き、何本も引く場合には15センチから20センチくらいの間隔を目安にして引きます。

種をまくと軽く土をかぶせてあげるのですが、この時にあまり土をかぶせすぎると発芽する率が下がってしまうので気をつける必要があります。条まきの溝を掘る時に深く掘りすぎても同じようなことになるので注意しなければいけません。

小松菜の栽培時の注意点

土をかぶせる時には土と種が密着するように軽く押さえておくと、後で水やりをした時に水が種に吸収されやすくなります。種を植えた後は土の乾燥に注意してしっかりと水やりをします。

と言っても小松菜は乾燥に強い性質を持っている作物なので、土の表面が乾いた時にしっかり水やりしておけばよく、それほど神経質になる必要はありません。水やりをする時には土が流れたり、芽が倒れたりしないようにジョウロを使って丁寧に行います。

芽が成長してきて込み合ってくると間引きをします。間引きした分もサラダや味噌汁の具などに使えるので一石二鳥になります。追肥は間引きをした後の成長を見ながら適時行います。草丈が20センチ程度に育ってくると収穫を行います。大きくなりすぎると味が落ちてしまうのでタイミングを見計らうことが大切です。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪♪
タイトル:コマツナの育て方

pixta_hiyasinsu

ヒヤシンスの育て方

ヒヤシンスは、ユリ科ヒヤシンス属に分類される球根性多年草です。ギリシャなどの地中海沿岸から、イラン、シリア、トルコ、など...

pixta_hanamizuki

ハナミズキの育て方

ハナミズキは1912年に、当時の東京市がアメリカに桜を送った際に返礼として、日本に1915年にアメリカから白花種が寄贈さ...

pixta_sirobanatanpopo

シロバナタンポポの育て方

シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度...

pixta_kakitubata

カキツバタの育て方

日本や朝鮮半島、東シベリアなどが原産といわれるカキツバタは、7世紀頃には既に観賞用の植物として人々の目を楽しませていたと...

pixta_abokado

つい捨てちゃう、アボカドの育て方

最近では、サラダやグラタン、パスタなどに使われることもなりスーパーでもよく見かけるようになったアボカド。「森のバター」や...

pixta_kotyouran_01

コチョウランの育て方

コチョウランは、18世紀中頃に発見された熱帯植物で、原産地は赤道付近の高温多湿地帯です。インドネシア、フィリピン、台湾南...

pixta_habotan

ハボタンの育て方

ハボタンは日本で改良されて誕生したもので、海外から伝わってきたものではありません。江戸時代の前期に食用のケールがつたえら...

tomato01

トマトの育て方

トマトは和・洋・中のあらゆる料理に使用され、生でも加熱しても使用される万能野菜です。またその栄養価も非常に高い野菜でもあ...

pixta_dokudami

自宅で植物をうまく育てるには

自宅、特にアパートなどで一人暮らしをしていると、部屋の中の潤いが不足しがちになります。そこで植物などを部屋の中に置いてみ...

pixta_sendaihagi

センダイハギの育て方

センダイハギはマメ科センダイハギ属の多年草で、ハギ属の萩とは異なります。また観賞用に好んで栽培されるムラサキセンダイハギ...

スポンサーリンク

pixta_hakutyouge

ハクチョウゲの育て方

ハクチョウゲの特徴は、何と言っても小さくて可愛らしい花を...

pixta_sumire

スミレの育て方

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富で...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・...

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありま...

pixta_momiji

モミジの育て方

モミジは日本人に古くから愛されてきた植物です。色づいたこ...