ミカン類の育て方

ミカン類の育て方

ミカンというのは柑橘類とも言われます。柑橘は、カラタチ属やミカン亜科のカンキツ属、キンカン属やミカン科の総称です。この中でも食用は、キンカン属とカンキツ属の一部となります。カンキツ属は、ミカン類で、ポンカンやマンダリンオレンジ、温州みかんなど、種類も豊富です。

育てる環境について

ミカン類を育てるのであれば、環境も大切になります。シーズン的には冬に、気温が暖かい土地であれば、育てやすい環境です。地域的にきた日本などでは、ミカン類など柑橘系は、栽培が難しいケースが多くなります。食用のミカン類は、ビタミンCも豊富ですし、健康のためにも風邪予防にもなると言われています。

日本人であれば、誰もが身近なミカンですから、甘味もたっぷりに、美味しく育てたいところです。育てる環境は、今では幅広い地域で育てることができるようにはなってきましたが、それでも、どこでもスクスク育つわけではありません。ミカン類にも、様々な種類があります。夏みかんや温州みかんなどは、年間の平均的な気温が15℃以上である事、

さらには冬のシーズンになっても、気温が零下5℃以下にはならないことも条件となります。育てる環境で大切になるのは、やはり温度が重要ポイントとなります。こういった温度に適した環境の中で、甘みのある美味しいミカン類は成長をしていくことになります。割と暖かい地域での植え付けの時期は、3月くらいがベストな時期になります。

温度が低めの地域であれば、植え付けに良いのは4月くらいが最適でしょう。ちなみに、ミカン類の種類は豊富ですから、植え付けの時期が同じだとしても、種類により、実がなって収穫ができる時期は違いが出てきます。育てる環境ですが、甘味の強めなみかんを作るために、ハウス内で作るという方法もあります。

種付けや水やり、肥料について

ミカン類は、水はけが良いことも、水持ちも良いことも大事になります。植え付けや植え替えに適したシーズンとしては、3月の下旬くらいから4月の中旬くらいが、ベストと言えます。鉢植えならば、植え替えをすることで、通気性をよくして、根詰まりをしてしまうのを防ぐことになります。一般的には、2年に1回くらいのペースで行うと良いです。

水をあげるタイミングは、鉢土の表面をよく観察するようにしましょう。表面がだんだん色が変化しますから、白っぽく乾燥してきたら、その時が水をあげるタイミングになります。鉢植えのミカンの場合でしたら、水は鉢底にある穴から、若干流れて出るくらい、水はたっぷりと上げて良いです。受け皿が、水が溢れる位あげる事はありませんが、

適量を見極めながら、たっぷりと水をあげましょう。庭や畑に植えている場合は、種類であったり土の質によっても少し違いがあります。できるだけ早く、幼木を育てたい時には、夏場のシーズンに、たっぷりと水をあげるようにします。たっぷりとミスを上げることで、夏枝は、ぐんぐんと伸長していきます。

肥料をあげるのは、鉢に植えている場合と、庭に植えている場合では、少し異なりますから、気をつけて肥料も上げることです。鉢に植えている場合でしたら、3月と6月、そして10月に速効性化成肥料であったり、有機質肥料を上げるとよいでしょう。庭に植えている場合でしたら、3月と10月に肥料を施します。

増やし方や害虫について

チョウ類の生息地は、平地だけではなく、山地にかけても、暖かく明るい場所に生息する生き物です。ミカン類は、明るく温かい場所に植えることで、チョウも集まりやすいとも言われています。たとえ高層マンションであっても、ベランダでプランターでのミカンでも、チョウはやってくる可能性はあります。美しいチョウは見るのも楽しいですが、害虫には困ります。

しかし、対処はできます。5月下旬から10月にかけては、注意が必要となってきます。防除薬剤を散布するなど、対策も必要になることもあります。アブラムシ類や、カイガラムシ類などには気をつけたいところです。ミカン類の増やし方ですが、みかんを食べると、種がないのに気がつきます。

時々、あたりのように、食べていて種に遭遇することもありますが、ほとんどの場合は、種がありません。種が見当たらないのであれば、増やすにも不思議だと思うのも無理はありません。みかんの苗木というのが、どう育てられるかも気になるところです。種なしのミカン類は、接木によって増やしていきます。実は、レモンなども同様です。

成長して実もたわわに実らせている柑橘類の木は、貫禄もあって頼もしいです。そんな大きな木から、枝をひと枝カットします。これを台木に挿します。こうやって、ミカン類も増やしていくことになります。基本的に柑橘類は、できるだけ使いたくはないであろう、薬剤を使用しないで栽培できます。ミカン類は、若干耐寒性は弱い方ですが、最近は温度も高めであることから、全国的にも栽培ができる地域は広がりをみせています。

ミカン類の歴史

日本人にも馴染みの深い食べ物、ミカン類の原産地は日本ではなく、海外から入ってきました。遡ること約3000万年前、タイやインド、ビルマなどの辺りが原産と言われています。しかし最初の生産地は、インドなどではなく中国だと言われています。4000千年くらい前の橘誌には、カンキツ品種を細かく、特性などを記載されています。

昔から日本の冬には、みかんとこたつが、スタンダードなイメージで登場します。日本においても、ミカン類の歴史は古いです。日本国内における、みかん類の歴史は、魏志倭人伝でしたり、日本書紀でも橘の登場があります。温州みかんは、鹿児島県が原産地になります。今でこそ日本全国で栽培される温州みかんですが、

全国的な栽培がポピュラーとなったのは、時代的にも比較的新しい方で、明治以降になってからのことです。鹿児島県の長島東町では、温州みかんの300年前とも言われる古木があります。九州地方においても、一部では栽培は始まっていました。ただ、全国的な栽培は、かなりあとになったと言うわけです。

ひとつには、島津藩が鎖国状態であったというのも、理由にあがります。他にも理由はあり、種なしというのが、温州みかんの特徴であったためです。種がなければ、食べやすそうですが、それがあまり縁起が良くないとされたためです。ちなみに紀州みかんは、江戸時代には高価な果物として認識されていました。高価ながらも、かなりの人気を集めていたと言われています。

ミカン類の特徴

ミカンというのは柑橘類とも言われます。柑橘は、カラタチ属やミカン亜科のカンキツ属、キンカン属やミカン科の総称です。この中でも食用は、キンカン属とカンキツ属の一部となります。カンキツ属は、ミカン類で、ポンカンやマンダリンオレンジ、温州みかんなど、種類も豊富です。ジューシーで程よい甘味と、酸味があるのも特徴的です。

鹿児島県が原産地の温州みかんは、日本人にとって馴染みのある果物です。ちなみに昔は、長島蜜柑だとか、中島蜜柑などと、鹿児島では呼ばれていることもありました。昔は柑橘類の名産地といえば、国内ではなく中国浙江省温州であったため、それにあやかってのネーミングだといいます。

ひとくちに温州みかんと言っていますが、大きく4つに種類が分かれているみかんです。4種類に分かれるのは、収穫時期に関係しています。収穫が早い順に、極早生温州に早生温州などとよばれ、それから中生温州に普通温州などがあります。ひとくくりに呼ばれることもあり、普通温州でも、普通温州と中生温州をまとめてそう呼ぶ事もあります。

最近では、季節を問わずミカンが食べられるようになりました。育て方が季節には関係なく、ハウスでも育てられるようになったためです。そんなハウスの中で成長したみかんのことは、そのままのネーミングで、ハウスみかんと言われています。シーズンではない時のみかんは、若干お値段も高めですが、スーパーに行けば季節を問わずに、みかんは手に入るようになりました。

pixta_esknasans

エスキナンサスの育て方

エスキナンサスとは、イワタバコ科の観葉植物です。半つる性で赤い花をつけるこの植物は、レイアウトをすることで、南国風のエキ...

pixta_purunera

プルネラの育て方

北アメリカやヨーロッパなどに自生するシソ科の植物で、別名西洋ウツボグサと呼ばれています。日本でもプルネラの仲間でウツボグ...

pixta_itaianpaseri

イタリアンパセリの育て方

パセリはヨーロッパ中南部から北アフリカにかけての地中海沿岸が原産のハーブです。学術名の「ペトロセリウム」は、生息地を砂礫...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった状況とはまったく違う日常生活になっています。そうなると飢餓に慣れ...

pixta_buraidaruberu

ブライダルベールの育て方

ブライダルベールは吊り下げるタイプの観葉植物が流行した昭和50年代に日本に登場しました。英語での名称は「タヒチアンブライ...

pixta_turuumemodoki

ツルウメモドキの育て方

人間や動物には性別があります。見た目ではよく見分けすることができない魚や虫にもあります。植物にまであると知り、意外だと驚...

pixta_milkbush

ミルクブッシュの育て方

種類は、トウダイグサ科、トウダイグサ属になります。ユーフォルビア属に該当することもあります。園芸として用いるときの分類と...

pixta_arusutoromeria

アルストロメリアの育て方

アルストロメリアは、南米原産の単子葉植物の属の一つで、アルストロメリア属、または別名をユリズイセン属とします。

pixta_brasinoki

ブラシノキの育て方

フトモモ科ブラシノキ属するブラシノキには34種類あるといわれ、オーストラリア全域からニューカレドニアが生息地です。低木か...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体...

スポンサーリンク

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜...

pixta_shantuai

シャンツァイの育て方

シャンツァイはコリアンダーと言うセリ科の一年草で、中華料...

pixta_tamaretasu11

玉レタスの育て方

サラダの食材に欠かせないレタスには幾つかの種類が在ります...

pixta_nekoyanagi

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの特徴は、なんといってもその見た目にあるでしょ...