タバコの育て方

タバコの育て方

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物ということで、タバコ属の多年草ということだそうです。どう見てもタバコとナスを関連付けられる人はいないでしょうが、どちらも口に入るものということでは、とても馴染み深い植物であることは間違いありません。

育てる環境について

またその花はとても可憐で美しく、その育て方や栽培なども趣味としても興味がわく植物ですが、生息地や原産地が、もともと南米ということもあり、生育には同じような環境が必要になるということになります。また育て方としては、種から育てるのではなく、親床を利用して3,4センチの苗になってから、畑に移されて育てられるということですから、

稲と似ていますが、だいたい1ヶ月でそのような状態になるということです。種まきは沖縄の方では12月から始まり、その後北上して、3月ぐらいで日本全国の産地で種まきが終わり、それから畑に移されるのがその後1ヶ月から2ヶ月後ということになります。また作業では花芽は摘み取られるようで、これも重要な作業になっていますし、

下の葉っぱはニコチンが少ないので、これも除去するということになるようです。タバコの美味しさは、このニコチンの量で決まるということですので、どうしても、そのような作業が必要になるということです。また土は水はけの良い土が必要で、南米原産ということからも太陽の光を好むということから、日当たりのようところで育てる必要があります。

またタバコは国家の専売ということがあるので、タバコとして利用することは禁止されているようですが、料理などに使うとか、観賞用として利用するぶんには特に問題はないようです。花が美しいので、そのために観賞用として育てるということで栽培するということになります。

種付けや水やり、肥料について

法律がある植物ですので、その法律に触れないようにしなければならないということですが、喫煙するためではなく、純粋に観賞用として育てることができる品種も幾つか販売されていますので、それらを利用すると美しい花を見ることができますし、なかなか栽培されていないので、ステイタスや珍しさということでも話題になるのではないかということになります。

最近はブログや動画などで、ガーデニングも流行っていますが、この植物でしたら、それらの話題でも、みんなに興味を持たれる可能性が高いでしょう。このニコチアナ属の植物は、五角形の花の形をしていて、色も、白、赤、ピンク、グリーンなどカラフルで、可憐な形なので、日本人には特に好まれるの花でしょう。

また開花は初夏から秋ということですので、夏から秋まで楽しむことができます。特に夏は貴重な花になるので、風鈴のように楽しむことができます。原産地や生息地としては南米、北米、オセアニア、アフリカなどですので、その気候なども参考になります。また一年草、二年草、多年草と幾つか種類があるので、

それぞれの種類で楽しむことができるというのも面白い植物になります。観賞用としても小さなものから5メートルになるものまで様々なので、その点でも庭の広さに合わせて、栽培することができるのも面白いです。植え付けは3月から7月で、開花が5月から10月ということになります。また肥料は3月から10月にそれぞれの種類ごとに適切に与えると長持ちするようです。

増やし方や害虫について

またこのようなタバコの花ですが、初心者にも比較的育てやすいですし、原産地や生息地でもわかるように、暑さに強いという特長があるので、その面でも夏に楽しめる植物ということになります。また育てるポイントとしては、日当たりと風通しの良い場所が必要で、鉢植えなどでも、同じように気をつけて育てるということが必要になります。

また夏の植物にしては、雨に弱いようで、花が可憐なので、花に雨が当たると、花が傷んだり、してしまうということです。ですので、できるだけ花に直接雨が当たらないようにしたほうが、観賞用としては良いようです。また冬に育てる場合もあるでしょうが、5度以下になると枯れてしまいますが、15度以上を保てば、

枯れずに生きていけるようなので、室内で育てるような場合でも、温度に気をつけることが大切になります。南米原産の植物は、ほとんどが温度管理と水分管理が重要になってくるということですが、この植物も同じということになります。また光も好物ということで日当たりも大切です。また多湿に弱いということですので、

地面もあまり水分を含まないように適度に水を与えるということがポイントになります。また長期間花を咲かせる植物なので、肥料は欠かすことができないということで、土に予め肥料を与えて、その後も1週間に1回液体肥料を与え続けると、弱ることもなく美しい花を鑑賞し続けることができます。そのように手間はかかりますが、とても美しい花を鑑賞できますので一度トライしてみても面白いということになります。

タバコの歴史

タバコというと、人間社会でも歴史的にとても深いつながりがあり、酒とともに嗜好品の古くからの馴染み深い相棒のようなものですが、元々はスペイン語やポルトガル語で、スペインやポルトガルの歴史に深い関係があるということがわかります。そうなると大航海時代が考えられますが、その頃は世界をこの2カ国が領有していたようなものでしたから、

新大陸のものではないかと想像がつきます。実際にアメリカ原産で、紀元前5000年頃には、もう喫煙されていたという歴史があります。その頃の原産地は南米のアンデス山脈で、その周辺で栽培されていたということがわかっているようです。その後世界的に広まったのは、大航海時代の15世紀にアフリカ大陸からヨーロッパに伝わり、

それらが500年かけて世界中に広まっていったということになりますが、語源は、薬草という意味の言葉だったようで、確かに薬として利用されていた時期もあったようです。日本に伝わったのは、キリスト教の宣教の修道会のフランシスコ会の修道士が、長崎県の平戸に1600年頃伝えたという歴史があるようで、日本でも400年ぐらいの歴史があるということがわかります。

また日本での栽培されている地方は熊本県を中心とする九州山地一帯や、福島県、栃木県、茨城県、徳島県などで、製造たばこと一般の趣味での栽培とは線引きが行われているようです。製造たばこの場合には、たばこ事業法という法律があり専売の企業にしか許可がされていないという国と特別な関係にあります。

タバコの特徴

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物ということで、タバコ属の多年草ということだそうです。どう見てもタバコとナスを関連付けられる人はいないでしょうが、どちらも口に入るものということでは、とても馴染み深い植物であることは間違いありません。漬物などになるナスとタバコが親戚同士ということですから、

自然界も意外な関係があるということになります。タバコ属は50種類ぐらいあるようですが、その中で世界中で栽培されている品種は2種類だそうで、この種類が日本でも栽培されているということになります。また発芽されるためには、適度な温度と湿度が必要で、光に反応する種子なので、そのことも注意が必要ということになりますが、

太陽光が当たらないと発芽しないということですから、管理も注意深くする必要があります。また発芽温度は25℃ということですから、やはり栽培も温かい地域ということになるようです。植物の特徴としては、茎の太さは5センチぐらいで、高さは品種によって異なるようですが、2メートル半ぐらいまで高くなる品種もあるようです。

そしてその中で30枚から40枚の葉っぱが利用されるということですので、わりと少ないというイメージです。思った以上に気をつけて栽培しないといけない植物という感じもします。またニコチンの量が葉っぱにより異なるので、使える葉っぱは全体の60%ぐらいということで、どの葉っぱでもタバコになるということでもないようです。そのことも意外な感じがします。

pixta_nefurorepisu

部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物

都市部の生活というのは公共交通機関が発達していたり、様々なお店が立ち並んでいたりと地方と比べてずっと快適だと感じている人...

pixta_buruclover

ブルークローバーの育て方

ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。原産はヒマラヤやスリランカ、東アフリカなどで、主に高山帯を生息地と...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育て方

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります。和名は、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)でその他の名前は、サギシバな...

pixta_murasakigoten

ムラサキゴテンの育て方

この植物については、サトイモ目、ツユクサ科、ムラサキツユクサ属となっています。観葉植物として育てられることが多いです。多...

pixta_yukomis

ユーコミスの育て方

この花はユリ科に属します。その他にキジカクシ科に属するとの考えもあります。更にヒアシンス科としていることもあります。園芸...

pixta_inutade

イヌタデの育て方

イヌタデの特徴としては、タデ科の植物であり色のついた花がゆらゆらと揺れているのが特徴の一つとして挙げられるでしょう。上記...

pixta_tokeisou_01

トケイソウの育て方

原産地は、北米、ブラジルやペルーなどの熱帯アメリカです。パラグアイでは国花とされています。現在、園芸に適した品種として知...

pixta_rosianseji

ロシアンセージの育て方

ロシアンセージはハーブの一種です。名前からするとロシア原産のセージと勘違いされる人も多いですが、それは間違いです。原産地...

pixta_oorikyura

オーリキュラの育て方

オーリキュラは、本来はヨーロッパのアルプスに自生する植物です。高山植物として扱われていて、日本でも栽培されています。原産...

pixta_miyakozasa

ミヤコササの育て方

ミヤコササは、イネ科でササ属の多年草です。北海道の南部から九州までの太平洋側に生息していますから、山地でよく見るササ類で...

スポンサーリンク

pixta_baikautugi

バイカウツギの育て方

バイカウツギは本州から九州、四国を生息地とする日本原産の...

pixta_yorugao

ヨルガオの育て方

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリ...

pixta_tairintokisou

タイリントキソウの育...

タイリントキソウは別名タイワントキソウとも呼ばれています...

pixta_youshukobannoki

ヨウシュコバンノキの...

日光を浴びる事で、成長を促進させないと、葉っぱの白い斑が...