ジュズサンゴの育て方

ジュズサンゴの育て方

花期は夏から秋頃になります。果実が見煮るのは9月から11月頃、ヤマゴボウ科の常緑多年草です。葉は互生し、長卵形をしており長さが6cmから8cm程、葉質は薄く長い柄があります。茎の上部の葉腋部分から長さ10cm以上の花茎を横向きに出し、総状花序をつけます。

育てる環境について

暑さに強い植物です。植える際は日当たりの良い場所に植えましょう。ただし、夏に植え付けする場合は庭植えでも根付くまでに、水やりをかなり頻繁に行わなければいけないので注意しましょう。鉢植えで育てる場合は、夏場は半日陰、冬場は室内に取り込むと良いでしょう。それ以外であれば日当たりのよいところで育てるようにしましょう。

乾燥に比較的弱いので、鉢植えで育てる場合は、特に夏場は鉢の土が乾燥しすぎないように注意しましょう。冬場はあまり水をあげすぎてしまうといけないので少なめにします。ジュズサンゴは耐陰性もあるので、日当たりの場所が無くても日陰でも栽培をする事が可能です。その際は多少実や花付きが悪くなってしまいます。

鉢植えにしている場合、落葉させたくないのであれば気温が15℃を下回る時に室内に取り込み、5℃以上の場所で管理するようにしましょう。寒い季節に霜に当たってしまうと地上部が枯れてしまうことがありますが、暖地の場合、霜除けをしっかり行うと、庭植えでも春に芽を出してくることがあります。

真夏に直射日光に当たっていると葉焼けを起こし、葉の色が茶色っぽく変色してしまう場合もあります。夏場は、午前中だけ日が当たる場所で、半日は陰になる場所で育てると良いでしょう。日当たりと水はけを気にすればそれほど手入れをしなくても良いので比較的育て方は簡単な植物ではないでしょうか。是非環境を整えて上手に育ててみましょう。

種付けや水やり、肥料について

種まきに適している時期は春になります。夏になるとホームセンターなどでは苗が販売されていますので、これを買って育てても良いでしょう。ポット苗を買った際は、鉢植えで育てる場合は大きい鉢に植え替えすると良いでしょう。生育期間中は2週間に1度程度液肥を与えるようにします。水をあげる場合は、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。

あまり乾燥させすぎてしまうと株が傷んでしまうので、水切れには注意が必要です。秋から冬にかけては逆にあまり水をあげないようにしましょう。冬場は乾燥ぎみに育てた方が良いので、土の表面が乾いても数日間は水をあげないで期間を空けたのち水をあげるようにしましょう。育てる場合は水はけが良く、有機質を含んだ土を好みます。

鹿沼土やピートモスを使うと良いでしょう。また、成長期に施肥しますがあまり肥料が多くなってしまうと、枝葉が増えてしまい花の数が減ってしまう場合があるので注意しましょう。鉢植えで育てる場合は、成長期に緩効性肥料を月に1回程度与えます。地植えした場合は、春と秋に緩効性肥料を与えます。

あまり肥料が多くても良くありませんし、その調整が少し難しくなってしまいますが暑さなどには強い植物です。種からでも育てる事が出来ますし、苗からでも育てる事が可能です。どちらでも自分で育てやすい方を選んで育ててみましょう。きれいな赤い実がなると大変嬉しい物です。是非成長させて紅色の実を楽しみましょう。

増やし方や害虫について

増やし方は簡単です。実を取っておき乾燥させて保存し、春に種をまいて育てることができます。宿根草で春に芽を出し、こぼれた種でも増えます。種をまく以外にも、挿し木や株分けなどでも増やす事が出来ます。挿し木の適している時期が春から秋にかけてです。気温が高い時期にしたほうが比較的根付きやすくなります。

10cmくらいの挿し穂を作ります。下の葉を取り除き、しばらく水揚げしておきましょう。その後、葉を取った部分が土に埋まるように挿していきます。害虫の心配はそれほどありませんが、ハダニやなめくじが付く場合があります。見つけ次第駆除しましょう。数ジュズサンゴの連なった紅色の実はとてもつやつやしていてとてもきれいです。

たくさん実がなると、それだけで庭に映える美しい植物です。きれいなジュズサンゴは種もしっかり収穫することが出来るので、増やす事もできます。緑の葉に紅色の実が日本の庭に大変ぴったりな植物です。四季折々の豊かな顔を見せてくれる植物なので、是非育てて楽しみましょう。こぼれ種でも育つ植物ですが、

種が寒さにあたってしまうとだめになってしまう可能性があるので冬を越す場合は屋内に保存するようにしましょう。花も実も楽しむ事が出来る植物ですが、やはりその紅色の実が目立ってしまい花は脇役になる植物です。是非その色鮮やかな紅色を観賞して楽しみましょう。鉢植えになると庭植えより小さくなるので小さく育てたい方には良いでしょう。

ジュズサンゴの歴史

北米南部が原産の植物である”ジュズサンゴ”。日本渡来は比較的新しく、大正の初めに渡来しています。原産地では森の中などの湿った場所を生息地としており、別名ハトペリーと呼ばれることもあります。木陰にも生える植物なので、シェードガーデンとしても人気があります。

秋になるととてもきれいな紅色の実をつける植物で、ヤマゴボウ科に分類される多年草になります。成長すると高さ60cm程度まで成長します。このジュズサンゴという名前は、数珠のように連なった紅い珊瑚玉のように見えることから”ジュズサンゴ(数珠珊瑚)”と呼ばれるようになりました。

この、ジュズサンゴの紅色の果実は、ベタレイン系色素を含んでおり、この果実の色素は、ワインやお菓子などの食品の着色料や織物の染色にも使用されています。日本に入って来たのは比較的新しい植物であり、小笠原諸島に帰化しています。光沢ある美しい紅色の実がなんとも言えない可愛さをしている植物です。比較的丈夫な植物なので、育て方も容易になります。

また、紅色の実の他に、オレンジや、黄色、ピンクなどの実の色もあります。寒さにはやや弱い為、1年草と思われがちですが、暖かな場所では株が残る多年草になります。宝石の様にきらきらとしてその紅色の実がとても印象的なジュズサンゴは庭に植えていても、ぱっと目を引く存在です。高さ1~2メートルほどとそれほど高い木ではありません。鉢植えにした場合が50cm程度になるでしょう。

ジュズサンゴの特徴

ジュズサンゴの特徴は、何と言っても数珠のように連なっている紅色の実ではないでしょうか。ジュズサンゴには白い花が咲きますが、花よりも実の紅色を楽しむ植物です。この紅色の果実は、直径5mm程度の小さな果実です。輝きのあるきれいな紅色をしています。冬を越せば更に木質化が進みます。

鉢の大きさにもよりますが、鉢植えにした方が高さが低くなるので、小さく育てたい場合は鉢植えがお勧めです。花期は夏から秋頃になります。果実が見煮るのは9月から11月頃、ヤマゴボウ科の常緑多年草です。葉は互生し、長卵形をしており長さが6cmから8cm程、葉質は薄く長い柄があります。

茎の上部の葉腋部分から長さ10cm以上の花茎を横向きに出し、総状花序をつけます。日本の暑さには強いので、真夏でも花と実が楽しむことが出来ます。8℃以上で越冬します。花と実を同時に楽しむ事が出来、その美しい紅色がとても冴えわたる植物です。夏場のかなり暑くなる場所で育てた場合でも比較的育つ事が出来る丈夫な植物です。ただし若干寒さに弱いので冬場は気をつけるようにしましょう。

宿根草で、実が落ちます。その実から春になると芽が出てきます。冬に寒さで地上部が枯れてしまっても、根が死んでなければ春になれば芽を出します。枝ぶりはとても繊細です。葉も小さめでとても可愛らしい植物です。葉の緑と実の紅色のコントラストが大変美しい植物です。庭先できれいに実を実らせたジュズサンゴはとても美しい植物です。

pixta_dazy

デイジーの育て方

デイジーの原産地は地中海沿岸部と北アフリカです。原産地やヨーロッパなどでは多年草と扱われていますが、日本では夏越えが厳し...

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜です。フランス語で「小さな緑」と意味の言葉です。アブラナ科である...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言われており、当時この花の黒く堅い実を潰すと、白い粉が出てきます。...

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のものだと考えられています。かつては「シネラリア」とも言われていたそう...

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方法

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)と青ネギ(葉ネギ)・ワケギに大きく分かれており、古くから薬味とし...

pixta_mitubasimotukesou

ミツバシモツケソウの育て方

ミツバシモツケソウは北アメリカ南東部原産の宿根草です。高地の広い範囲を生息地とし、アメリカ合衆国では野山を中心に自生して...

pixta_bushrose

バラ(ブッシュ・ローズ)の育て方

ブッシュローズは低木として育つものを差します。ヨーロッパにももともとあったそうですが、現在園芸品種として出回っているもの...

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアに...

pixta_obkonika

プリムラ・オブコニカの育て方

プリムラ・オブコニカはサクラソウ科サクラソウ属に分類される植物で、和名は常磐桜と呼ばれています。中国西部が原産の多年草に...

pixta_okanori

オカノリの育て方

オカノリの原産国は諸説ですが、中国が有力とみなされています。ある説ではヨーロッパが原産と考えられ、現在でもフランス料理で...

スポンサーリンク

pixta_siratamanoki

シラタマノキの育て方

シラタマノキは学名をGaultheriamiquelia...

pixta_maizurusou

マイヅルソウの育て方

こちらの草花の特徴としてクサスギカズラ目、クサスギカズラ...

pixta_babasukamu

バーバスカムの育て方

バーバスカムはヨーロッパ南部からアジアを原産とする、ゴマ...

pixta_koriusu

コリウスの育て方

コリウスはシソ科の植物で、和名は金襴紫蘇、別名はニシキジ...