スタペリアンサスの育て方

スタペリアンサスの育て方

サボテン系での育て方の注意点ということでは、他の植物と同じで、日当たりの良い風通しの良い所を好みます。ですので反対に風通しが悪く日が当たらないところに長い間置いておくと根が腐ったりして枯れてしまうということになります。

育てる環境について

その中でガガイモ科の植物の中にも、スタペリアンサス属のようにサボテンの種類の植物もありますが、育て方は同じです。またキョウチクトウ科でもあり、カガイモということではツル科の植物でもあります。特にスタペリアンサスは花も珍しくて、色が独特ですが、服でトラ柄の斑点の黄色っぽい服がありますが、あんな感じの不思議な花が咲きます。

どう見てもきれいな花とはいえませんが、不思議な花ですので、咲かせてみたい花でもあります。サボテンのような植物ですが、何故か愛らしい感じでソフトな感じの植物なので、その点でも親しみが持てる植物でもあります。また育てやすいということもあり、そしてそのような変わった花も咲きますから、栽培ということでも面白いのではないかという感じです。

この植物はスタペリアンサス属という区別が正式で、その中にいろいろな植物がありますが、よく見るのは、スタペリアンサス・ピロサスで原産地はマダガスカルだそうです。生息地もマダガスカル南部ということになりますが、特徴としてはトゲというべきかどうか疑問はありますが、サボテンのように全体に柔らかいトゲのような白い毛があります。

他にも色々な種類がありますが、それぞれ色が違ったり、特徴も違います。多肉植物という分類でもあります。また室内で育てやすいので、小さな植物ですし、ソフトな感じがしますので、特に住まいが狭いような部屋でも場所を取らず観葉植物が育てられるということで、便利な植物です。初心者向きでもあります。

種付けや水やり、肥料について

開花期は9月から10月ということですが、小さな鉢植えなどで育てられます。栽培環境問ことでは、部屋の出窓などで日光を浴びることができる環境で育てると良いようです。特に冬は日が当たるところに一日中置いておくと良いということになります。水やりはあまり必要がないので週に1回ぐらいで良いようですから、ガーデニングということでも、

手間がかからずに緑を育てることができるという植物です。また冬は断水をして育てるということです。やはり他のサボテンのように水があまりないところで生きてきた植物ということになります。また土は多肉植物用の土を使います。また肥料は少しで良いようです。病気や害虫は特にないようですが、育て方の注意点としては、

冬の寒さに弱いということで、寒くなりすぎると枝の先が枯れだすので、その時は枯れた部分を切り落とすと良いということです。特に室内の観葉植物ということですので、エアコン等での冷気や暖気に気をつけるということも必要ですが、普段の生活の温度であれば自然に育っていく植物ということになります。

そして水を与え過ぎないということで形を見てもわかりますが、水分を蓄えているという形でもあるので水分管理も注意点です。また白い毛に覆われている形も面白いので、観葉植物としても人気があるので育ててみると良い植物でもあります。手がかからないということでも初心者向きですが、他のサボテン類と同じですから、その点でも安心して育てることができます。

増やし方や害虫について

また育て方の注意点ですが、サボテン類ということでは水分が少なくても育ちますが、生育期は水分が必要になります。それで生育期の4月、5月、6月や9月、10月には水を十分与えます。そして緩慢期の7月8月には土が乾いてから3日後ぐらいに与えると良いそうです。そのように時期のより水やりも変えていかないといけないということですので、

育てやすいサボテン類でも知識が必要になるということがわかります。また生育が停滞する11月から3月頃は、水やりも数週間から1ヶ月に一度ぐらいですが、凍結の心配がある地域では水は与えないようにします。ですので冬はやはり寒い地方は特に室内で育てるほうが安心して育てることができるということになります。

また肥料は必要はないのですが、大きくしたい時などは肥料を与えると大きく育つということになります。また植え替えの時に、元肥をしますが、その場合には緩効性肥料を適量ですが鉢底に置いておきます。その理由は水やりが少ないので、土の上に肥料を置いても浸透しないということがあるからだそうです。

その意味でも植え替えの時に土の中に入れておくということが良いとなります。他の注意点としては2年以上植え替えをしていない鉢には、肥料は与えないようにします。また休眠期にも与えないようにします。また一度の多く与えるのではなく何回も少しずる与えるのが良いとなります。そのように配慮して栽培すると失敗することなく育てることができます。

スタペリアンサスの歴史

ガーデニングでは、やはりプロが育てるのではなく、素人が育てるので、初心者でも育てやすい植物が良いということですが、サボテン類などは、よく室内で育てているところを見ますし、ガーデニングでも鉢植えなどで非常に大きな種類も見ることがあり、わりと簡単に育てられるのではないかと考えたりします。

確かに他の植物よりは育てやすいのですが、それは植物なので環境が合わなければ枯れていきます。特に日本の場合には寒暖の差が激しくて、夏の湿度も高いので、その点は気をつけるべきで、特に庭でのガーデニングの場合には、家が隣り合っているような場合など日陰になったり、風通しが悪かったりで、なかなか環境を整えられないということもあります。

ですので簡単だろうということで、ガーデニングで栽培する時に、サボテン類などの植物から始めても、枯れさせてしまう場合もあります。やはり基本が大事で基本通りに育てればそうは失敗しないということになります。サボテン系では人気があるのがスタペリアンサス系で、スタペリアンサス属ということですが、色々な種類があります。

よく見る代表的なものがピロサスです。面白い形をしていますので、育てるということでも育てやすいですし、花も面白いので初心者向けということになります。トゲがあるわけではなく、全体的に白いサボテンのような感じで、不思議な植物があるという感じになりますので、花も独特ですから室内での装飾でも面白いということになります。

スタペリアンサスの特徴

サボテン系での育て方の注意点ということでは、他の植物と同じで、日当たりの良い風通しの良い所を好みます。ですので反対に風通しが悪く日が当たらないところに長い間置いておくと根が腐ったりして枯れてしまうということになります。また日本では雨期がありますが、これらの植物は雨に直接当たると枯れてしまうという特徴もあるので、

雨が当たらないところで育てる必要があります。日本の気候のような場合には、やはり室内向きの植物ということになります。また室内で育てる場合も多いですが最低でも日の当たるところに3時間から4時間は置いておくということで、元気に育ってくれます。日当たりが良くないと枯れてしまうということになります。

ただし夏の場合にはあまり強い日差しだと日焼けをしてしまい見た目も悪くなるので、薄いカーテン越しに日を当てるなりの工夫をする必要もあります。温度ということでは種類にもよりますが、最低5度ぐらいから最高で40度ぐらいということですが、日常生活での室内の温度ぐらいで十分で、その環境では温度面で整っているということになります。

ですので温度変化の激しいところでは、外よりも室内のほうが育てやすいということですが、やはり室内での観葉植物ということで育てるのが良いということになります。またサボテン類の自生の環境が、昼間は非常に暑いところが多いですし、夜の冷気で回復しながら育つので、夏の暑さや冬の寒さでも耐える強い植物ということになります。

pixta_sirobanatanpopo

シロバナタンポポの育て方

シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度...

pixta_kaki

カキの育て方

カキは日本の文化にも深く根ざした樹木で、たとえば正月になると干し柿を鏡餅に飾ること空も分かると思いますし、若にもたびたび...

pixta_waxflower

ワックスフラワーの育て方

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園芸上の分類としては庭木であったり花木としてになります。草丈に関し...

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培や育て方、トウモロコシの種まきと育て方

トウガラシのなかの一つで甘味料のある緑果をピーマンと呼んでいます。ピーマンの種まき時期は5月中旬頃でナスと同じ時期です。...

pixta_giria

ギリアの育て方

種類としてはハナシノブ科になります。別名があり、タマザキヒメハナシノブ、アメリカハナシノブなどの名前が付けられています。...

pixta_erose

イングリッシュ・ローズの育て方について

自宅の庭でバラの栽培をしてみたいと考える人が大勢いますが、バラの栽培は難しそうだというイメージがあるため、躊躇してしまう...

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、日本原産の植物です。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸...

pixta_tomato03

トマトの栽培は驚く事ばかりでした

今年こそは、立派なトマトを作ろうと思いながら数年が過ぎようとしていた時、テレビ番組を見た事がきっかけで、自分でトマトを作...

pixta_kerone

ケロネの育て方

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらい...

pixta_aromatexikasu

アロマティカスの育て方

この植物に関してはシソ科になります。なんとなく香りが強いことから想像することができそうです。プレクトランサス属に属する植...

スポンサーリンク

pixta_dimorufoseka

ディモルフォセカの育...

ディモルフォセカは、南アフリカ原産のキク科の一年草で、日...

pixta_marimo

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランド...

pixta_mimuras

ミムラスの育て方

種類としてはゴマノハグサ科、ミムラス属となっています。園...

pixta_naganegi_01

長ねぎの育て方

長ねぎの他、一般的なねぎの原産地は中国西部あるいはシベリ...