レモン類の育て方

レモン類の育て方

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ライムやシトロンなどがあります。ミカン科、ミカン属になっており、原産地はインドです。柑橘系のフルーツは特に農薬など必要としないので、家庭菜園でもとても人気があります。レモンの由来は、ペルシャ語の”limun”がフランス語の”limon”になり、英語で”レモン”になったと言われています。

育てる環境について

レモンは日当たりの良い場所を生息地としています。庭植えで育てる場合も、鉢植えで育てる場合も、日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。レモンは、花が咲きやすい種類です。また、1年生の接ぎ木苗なら3年から4年ほどでたくさんの果実を収穫出来るようになるでしょう。育て方によっては花が咲かないという場合がありますが、その際はしっかり管理の仕方をもう一度見直してみましょう。

また植え付けを行う際は、水はけの良い場所を選び、さらに水もちが良い場所を選ぶようにしましょう。また肥料を好む傾向にあるので、出来るだけ肥料を切らさないよう育てる必要があります。また、夏の暑い季節は特に水のあげ忘れには注意しましょう。比較的、水や肥料を必要とするので、育てる場合はこれらを切らさないようにしっかり管理して行く必要があります。水を与える際も、たっぷりかけてあげると良いでしょう。

その際、あまり水はけの悪い場所では育てないように注意が必要です。上手に育てれば、たくさんの花を咲かせ、おいしいレモンを収穫する事が出来ます。比較的こまめに管理しなくてはいけませんが、それさえしっかり行えばおいしい実をたくさん実らせてくれます。黄色いレモンの実は、見ているだけでなんだか酸っぱさが伝わってくるような感じになってしまいますよね。料理にも添えるだけで、なんだか一味違った印象に変えてくれるので、是非添え物としても楽しんでみましょう。

種付けや水やり、肥料について

レモンは、秋から春にかけて1~2年生の接ぎ木苗がホームセンターや園芸店で販売されています。それを利用すると良いでしょう。植えつけが適している時期は、3月中旬から4月中旬になります。実が付いている苗を購入した場合は、その実を収穫し終わったら春を待って植え付けを行うと良いでしょう。肥料をあげる際は、庭植えの場合は、春先の3月に有機質肥料か速効性が高い化成肥料を元肥として施してあげましょう。

また、6月と11月にも、速効性の高い化成肥料を追肥していきます。レモンは比較的肥料を必要とするので、こまめに与えていくようにしましょう。鉢植えにした場合も、肥料は必要になります。3月と6月と10月頃に、有機質肥料または緩効性化成肥料をあげるようにしましょう。水をあげる際は、土の表面が乾いてきたらたっぷりとあげるようにしましょう。

鉢植えの場合は、鉢の底から水が流れ出てくるくらいたっぷりあげるようにします。また、夏の暑い日が続く時などは、様子を見ながらこまめに水をあげていきましょう。比較的夏は水を多く必要とします。この時期に水きれを起こさないように注意していきましょう。1年を通して肥料が必要になります。

しっかり肥料をあげることで、たくさん花を咲かせ実をたくさん実らせてくれるので、忘れずにあげるようにしましょう。また、暖地以外の場所で庭植えを行う場合は、遅くとも11月頃までには防寒対策を忘れないように行いましょう。比較的寒さには弱いので注意が必要です。

増やし方や害虫について

増やし方は一般的には、種をまいて育てたカラタチを台木にして、芽つぎや切りつぎを行い苗木を作っていきます。初心者には少し難しいかもしれません。害虫はアブラムシやアゲハ蝶の幼虫、ミカンハモグリガ、カミキリムシなどがいます。比較的害虫が付きやすいので注意が必要です。ミカンハモグリガは夏芽や秋芽を加害するので特に注意が必要です。しっかり見つけたら駆除していきましょう。

ミカンハモグリの食害に合ってしまうと、落葉してしまうこともあるので注意が必要です。しっかり害虫対策をしていきましょう。レモンはとても身近にあるフルーツです。家庭で栽培出来るのかと不安に思うかもしれませんが、管理さえしっかり行えば実をつけることが可能です。園芸店などでも良く見かけますので、それらの苗を利用して育ててみましょう。

とても香りが良く、料理の脇役的存在ではありますが、料理を引き立ててくれる名脇役ではないでしょうか。肉料理や魚料理など、色々な料理にしようしてみましょう。また、デザートやジュースとしてもおいしく頂く事が出来るので、たくさん収穫が出来れば色々な料理にして楽しむ事が出来るでしょう。

なかなか育てるのが大変かもしれませんが、育て方のコツさえつかめばしっかり育てる事が出来るでしょう。意外と家で育てている人も多く、実をたくさん収穫する事が出来るので便利です。黄色くて太陽の光をいっぱい浴びた実をつけてくれるので、是非その実を楽しみましょう。

レモン類の歴史

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ライムやシトロンなどがあります。ミカン科、ミカン属になっており、原産地はインドです。柑橘系のフルーツは特に農薬など必要としないので、家庭菜園でもとても人気があります。レモンの由来は、ペルシャ語の”limun”がフランス語の”limon”になり、英語で”レモン”になったと言われています。

日本へ渡来したのは、19世紀後半になります。戦後あまり国産のレモンを見かける事がありませんでしたが、気候風土が合っていなかったわけではなく、戦後の貿易自由化で価格が手頃な安いレモンが大量に外国から入ってきた為に、国内での経営が成立しなくなってしまい、その為、あまり作られていませんでした。

レモン類は、柑橘類の中では比較的耐寒性が弱いものですが、近年は温暖化している事もあり、栽培可能地域が広がりを見せています。レモンは酸味があり、また独特の爽やかな香りがあります。料理にも広く取り入れられており、ジュースやドレッシングなど様々な料理になくてはならない存在になっています。

また、紅茶の上にスライスしたレモンを一切れ乗せるだけで、酸味が心地よく紅茶をより一層おいしく感じさせてくれます。最近では自宅で栽培する人も増えてきています。レモンには、ビタミンCがたくさん含まれており、大変体に良い食べ物です。美肌効果や疲労回復効果などもあるので、とても人気になっています。

レモン類の特徴

レモンはとても実がなる植物です。1本の木に300個近くもの実を実らせることもあります。その為、1本植えておくだけでとても利用価値の高い植物です。このレモンには、周年開花の習性がある事が知られていますが、中心は5月頃になり、とても香りの良い薄紫色の花を咲かせてくれます。枝の生長が早い植物で、レモンの品種には、

ややとげが多い”リスボン”や、リスボンよりもやや寒さに弱い”ユーレカ”、とげがないレモンとして販売されている”ビラフランカ”があります。その中でも香りが高く、果汁が多いユーレカが家庭果樹としては人気になっています。樹高は約3mで、結実年数は3年か4年です。レモンの花は5月から6月、7月から8月、9月から~10月と3回開花するのが特徴です。

果実は花が咲いた後6ヶ月程度で成熟していきます。耐寒性は柑橘類の中でも弱い傾向にあり、関東地方南部以西の暖かい気候の場所では特に栽培に適しています。自家結実性があるので、1本植えているだけでも結実する事が出来ます。その為、受粉樹はなくても大丈夫です。

体にも非常に良いこのレモンは、とても栄養価の高いフルーツです。たくさん実をつけてくれるので、栽培が楽しくなる植物ではないでしょうか。レモンの用途は主にその酸味のある果汁を利用することにあります。近年ではレモン塩として、料理にも多く使われており人気が高まっています。どんな料理にも合うのでとても使いやすいフルーツです。

pixta_himawari_01

ヒマワリの育て方

野生のヒマワリの元々の生息地は、紀元前3000年頃の北アメリカとされています。古代インカ帝国でヒワマリは、太陽の花と尊ば...

pixta_kureome

クレオメの育て方

通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言います。フウチョウソウ属とはフウチョウソウ科の属の1つで主な原産...

pixta_tokeisou11

トケイソウの仲間の育て方

トケイソウの仲間は中央アメリカから南アメリカにかけてが原産地とされています。生息地は熱帯地域が中心で、現在では世界中に数...

pixta_bazil_02

ハーブで人気のバジルの育て方

近年、ハーブは私達の生活に身近な植物になってきています。例えば、アロマテラピーなど香りで癒しを生活に取り入れたり、食事に...

pixta_odontgrosam

オドントグロッサムの育て方

オドントグロッサムはラン科の植物で様々な品種が含まれています。オンシジウムに近い植物で花弁が大きくて、斑紋が入っているも...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれてきた木ですが、それはイイギリという名称からもわかります。別名とし...

pixta_sendaihagi

センダイハギの育て方

センダイハギはマメ科センダイハギ属の多年草で、ハギ属の萩とは異なります。また観賞用に好んで栽培されるムラサキセンダイハギ...

pixta_sirasagikayaturi

シラサギカヤツリの育て方

シラサギカヤツリはカヤツリグサ科の多年草です。シラサギの名前からもわかるように、花を咲かせた姿が白鷺が舞っているようにも...

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアに...

pixta_satsumaimo_01

さつまいもの育て方

さつまいもは原産が中南米、特に南アメリカ大陸やペルーの熱帯地方と言われます。1955年にさつまいもの祖先に該当するイポメ...

スポンサーリンク

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニ...

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物の...

pixta_shakunage

シャクナゲの育て方

シャクナゲは、ネパール、ブータンを中心にアジア、ヨーロッ...

pixta_boke

ボケの育て方

ボケはもともと中国原産の落葉低木です。梅と比べてもかなり...

pixta_kyuuri

夏野菜の育て方と種ま...

今では、ベランダや小さい空きスペースを使って、自給自足生...