ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットなどにも分布しています。寒い地域が原産のためとても寒さに強く毎年花を咲かせる多年草です。ヒマラヤユキノシタという名前が一般的ですが、他に多数の呼び名を持っています。

育てる環境について

名前にヒマラヤが付きますが、耐寒性のほかにある程度の耐暑性もあります。その為、育て方として日当たりの良い場所か明るい日陰でも十分育ちます。ただし、やはり生息地が寒いという事もあって、強い日差しや高温多湿といった場所には剥いていません。夏の厳しい日差しにさらされる場所では、葉が焼けてダメになってしまう事もあります。

また高温多湿では熱がこもり弱ってしまいます。その為、日が直接当たる場所と言うよりは、明るい日陰で風通しの良い場所が望ましいです。その為、大きな木の下といった場所や軒下としった半日陰で、通年とおして風がよく通る場所なら、元気に育ってくれます。明るい日陰では十分生育しますが、まったく日の光が届かない暗い日陰では生育しません。

植物なので育つためには日の光が必要なので注意が必要です。庭などに植える場合は、日陰を作ってくれる大きな木々などの下などに植え、あとは移動がかのうな鉢植えの場合はその日の天候に合わせて良いポジションに移動すると良いです。耐寒性優れた植物なので、北海道でも庭に植えて育てることができます。

植物の多くは寒さにあまり強くないため、四季のあるにほんでは寒さ対策といった方法をとる必要のある園芸植物は多くありますが、ヒマラヤユキノシタの場合は特に防寒対策等をしなくても問題なく育ちます。乾燥を好む植物のため、できれば水はけがよく通気性の良い場所が良いです。水分が貯まりやすい場所などでは弱ってしまうことがあります。

種付けや水やり、肥料について

植え付けを行う時期ですが、真冬や真夏といった時期は避けたほうが良いです。春は花を咲かせますので、秋が一番望ましい時期と言えます。とても多くの栄養を含んだ有機質の土を好む傾向があります。その為、植え付けを行うさいは腐葉土などを混ぜ込んだ土を使用するとよく生育します。植え付けるさいは茎を横に寝かせた状態にします。

深さは2センチ程度と浅い状態で問題ありません。逆に深く植えてしまうとうまく根が伸びないことがあるので注意が必要です。また、根の成長する範囲ですが四方八方に述べいるタイプではなく、一方方向にぐんぐんと伸びていく性質があります。その為、根が十分に伸ばせるだけのスペースもしっかり確保しておくことが重要です。

小さな苗の場合などは、株の数は2、3株程度一緒に植えると良いです。間隔は30センチほどが丁度よいです。とても乾燥に強い植物なので、頻繁に水を上げる必要はありません。逆に水が多く加湿気味だと成長が悪くなります。鉢植えの場合などは、土の表面が乾いたらたっぷり水を上げれば大丈夫です。

庭などに植えている場合は、普段ふる雨だけで十分育ちます。ただし日照りが続いてあまりに地面が乾燥している状態が続く場合は水を上げます。鉢などへの植え付けの際は、緩効性化成肥料などのゆっくり聞くタイプの肥料を与えます。追肥は開花中か開花後に1回上げれば問題ありません。庭に植えている場合は、特に肥料や追肥といったことはせずとも十分生育するので問題ありません。

増やし方や害虫について

増やす方法ですが、株わけの方法があります。地下には茎が広がるように伸びていますので、その中の地下茎から1茎から3茎程度を5センチほどの長さで切り分けます。その茎を別に場所に植えることによって芽が伸びてきます。芽のついていない茎などもありますが、のちのち芽がでてきて成長していくので問題はありません。

他に増やす方法として、根伏せという方法があります。とても強く育つ植物なので、根伏せの方法が一番簡単に増やすことができる方法の1つです。成長する段階で茎が伸びすぎたり、不格好な形で成長してしまう場合があります。その際に不要な茎を切り落としを行いますが、切り落とされた茎を別の鉢植えや庭に植えるだけで、根が生えて成長してくれます。

もちろん切り落としをしたままの茎ではなく、長さを3センチから4センチほどに調整します。浅く1センチほどに掘った対の上にその茎を寝かせるように置き、軽く土をかけておけば大丈夫です。その状態から根が出てきて成長してくれます。切り落とした茎には芽が付いていなくても問題はないので、あまり気にせずに切り落としを行ってください。

もし芽が付いている茎を根杖する場合は、芽の部分を上にして土がかぶらないように植えると良いです。あくまでの土の中に植えるのは茎の部分だけになります。害虫や害虫病と言った物は、特に気をつけるものはありません。ただし湿度があがる初夏から秋にかけては、風通しが悪い状態だとハダニが発生する場合があります。あとは、通年通して葉が緑色に繁っているため、たまにナメクジなどに葉をかじられることはある程度です。

ヒマラヤユキノシタの歴史

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットなどにも分布しています。寒い地域が原産のためとても寒さに強く毎年花を咲かせる多年草です。ヒマラヤユキノシタという名前が一般的ですが、他に多数の呼び名を持っています。

まず大きく広がって育つ葉っぱは、形が丸くて光沢のあるうちわのように見えます。その為、オオイワウチワという別名を持っています。他にもオオイワグンバイや桜鏡と呼ばれる事や、ドイツの植物学者に因んでベルゲニアという別名もあります。とても耐寒性に優れた植物という意味からウインターベゴニアと呼ばれることもあります。

生息地にもなっている中国ですが、がガンハクサイとも呼ばれ、薬などにも利用されている植物です。日本には明治時代の初期の頃に伝来しており、肉厚のある葉は雪の下からのぞかせている姿に因んで、ヒマラヤユキノシタという和名がつけられました。おもに観賞用として栽培されています。耐寒性に優れているという点で、

日本の気候にもすぐに適応でき初心者でも育てやすいということで、今では日本の各地で多く栽培されています。日本に伝来したばかりの頃と違って、最近は交配によって作製された園芸品が殆どとなっています。他の仲間として紫色という意味をもったプルプラケンスと呼ばれる品種や、心臓のような形をした葉をつけるシベリアユキノシタと呼ばれる品種など、盛んに品種改良がされる種類でもあります。

ヒマラヤユキノシタの特徴

特徴の一つとして極めて強い耐寒性を持っている点があります。その為、四季のある日本でも東北や北海道といった冬の寒さに厳しい季節でも育つので、人気のある園芸植物の1つです。根茎は地面をはうように伸びて成長します。成長した根茎からは、とても大きくて光沢がありうちわのように広がった葉が広がります。

地面を覆い隠すように広がる葉の特徴を生かし、グランドカバーとして利用も可能です。大きな葉の特徴の1つとして、1年中枯れることなく鮮やかな緑色をしています。その為、毎年鮮やかな花を楽しむことができます。寒い季節は葉だけを広げて冬などを越しますが、春になると葉茎を長くのばします。その先には5枚の花弁を咲かせます。

花は1つではなく複数の花が固まってさき、色は淡いピンク色をしておりとても綺麗な姿です。色は基本はピンクですが白色や紅色などもあります。とても強い品種のため、半日陰の状態でも成長し、枯れることなく草姿が乱れることはありません。その為、日本庭園の石組み間といった場所や、グランドカバーなどにも重宝される植物です。

成長自体は早くなくゆっくり育っていきますが、育つ環境にさえあってしまえばあとはあまり手間がかからずに育ちます。花自体は枯れてしまいますが、葉は枯れずに1年を通して生育しているため、春になると必ず花が咲き、美しい花の姿を楽しみながら春の知らせを感じることができます。大きさ的に丈はあまり高く成長はせず、地面を覆いながら横に広がっていく特徴があります。

pixta_renbu

レンブの育て方

特徴としては、被子植物、双子葉植物綱にあたります。フトモモ目、フトモモ科、フトモモ属になります。ここまで来るとフトモモの...

pixta_geum

ゲウムの育て方

ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日本のに山に咲く「ダイコンソウ」と同じ仲間です。そのためゲウムを「...

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。一つ一つ特徴も異なることでしょう。しかし、一般の人々がサボテンと...

pixta_dorasena

初心者でも簡単な観葉植物について

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん増えています。自宅の庭に色とりどりの花を咲かせたり、ベランダ...

pixta_komatsuna

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅...

pixta_kestorumu

ケストルムの育て方

ケストルムはアメリカの熱帯地帯でよく見られる常緑樹でその中でも園芸用の品種として栽培されているのは10種類程度であるとさ...

pixta_shuraburose

バラ(シュラブ・ローズ)の育て方

バラの歴史はとても古く、恐竜が世界を支配していたころから始まります。さらに初めに文字として誕生したのは古代メソポタミア文...

pixta_hekorinia

ヘリコニアの育て方

ヘリコニアは単子葉植物のショウガ目に属する植物です。大きく芭蕉のような葉っぱから以前はバショウ科に属させていましたが、現...

pixta_reukofiram

レウコフィラムの育て方

レウコフィラムという花は一昔前は珍しい花の一つでした。もともとアメリカのテキサスからメキシコにかけての原産の花で非常に乾...

pixta_ingen_01

家庭菜園でサヤのインゲンの育て方

サヤインゲンには、つるあり種とつるなし種があります。つるあり種は、つるが1.5m以上に伸びますし、側枝もよく発生するので...

tyurip_01

チューリップの栽培の...

チューリップはユリ科の植物で品種には早生系、早生八重、晩...

pixta_niwazekishou

ニワゼキショウの育て...

特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカ...

pixta_yuzurui

ユズ類の育て方

ゆず類に関しての特徴としては、まずはそのまま食べるのは少...

pixta_yamabukisou

ヤマブキソウの育て方

特徴としては多年草であることが挙げられます。根がついてい...