シシウドの育て方

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言うのですが、猪独活ともいった名前が付いているのが特徴です。夏の暑い、8月から11月にかけて開花時期を迎え、白色の可愛らしい花をつけます。セリ科の植物の中でも、かなりの大きさがあり、2メートル前後まで成長をします。ですので、自分で育てる際には、先ほども述べました通り、場所の確保がしっかりと必要になってきます。

育てる環境について

シシウドの生息地は、低地や山地の、半日陰のようなところや、まばらに光が当たるところになります。ですので、全く光が当たらないような、林の中であったり、森の奥深くには絶対に生えておりませんので、注意が必要です。ですが、道路で林が分散されてしまっているようなところや、森の出口などの、光が適度に入るところでは、見かける事が多いので、チェックしてみましょう。

そして、シシウドの芽は、山菜としても食べられているのですが、少しでも大きくなってしまいますと、絶対に食べる事ができないくらい苦味が強くなってしまいますので、注意が必要です。新芽の間だけが、よく食べる事ができますので、食べる際には気をつけてください。そして、もしも苦味が気になるようでしたら、先ほども述べました通り、十分にあく抜きをしてから食べるようにしましょう。

苦味が好きだという人は、そのままてんぷらにすると、大変美味しく食べる事ができますので、おすすめですよ。また、シシウドのようなセリ科の植物は、日本ではたくさん自生しております。特に林の中に入りますと、たくさんの草花を目にすることができますので、

間違って毒のある植物などを取らないように気をつけなくてはいけません。セリ科の植物は、シシウドの他にも、トウキやノダケ、ボウフウなどがありますので、色々と環境を調べてみると楽しいでしょう。十分に強い根を持っておりますので、どこでも環境が揃っていれば育てることが可能ですよ。

種付けや水やり、肥料について

シシウドは、8月から11月にかけてが開花時期になります。育てると、大きくて2メートルにも成長しますので、出来る限り自宅で育てる際には、場所を確保してあげる必要があります。また、冷涼な気候を大変好みますので、あまりにも日当たりが良すぎるようなところでは育てないようにしましょう。特に、直射日光は苦手ですので、適度に日陰を確保してあげることが大切です。

ですので、半日陰の場所があれば、そこが一番適していると言えるでしょう。また、先ほども述べました通り、成長しますと、2メートルは超えてしまいますので、室内で育てることはおすすめ致しません。必ず、育てる際には外で育てるようにして、大きくなっても大丈夫な場所を確保してあげる必要があります。

ですので、マンションなど、近隣住民のことを考えなくてはいけない場合には、育てることが難しいかもしれません。一軒家で、きちんと庭が確保出来るなど、育てるための環境もしっかりと考えてあげましょう。そして、シシウドは絶対に水はけが良く、保水力のあるところで植えてあげましょう。

また、暖地で育てる際には、西日が当たらないように管理してあげる必要がありますので、気をつけてくださいね。シシウドは、茎や葉を砂糖漬けにして、製菓材料として使われる花になります。また、若葉を刻んでサラダにするなど、食用として大変好まれております。きちんとした育て方を学べば、大きく成長しますので、是非、挑戦してみましょう。

増やし方や害虫について

シシウドは、栽培するために重要なポイントが幾つかあります。まず、ひなたから半日陰で、冷涼な場所を好みますので、あまりにも直射日光が当たりすぎるような場所では育てないようにしましょう。また、大きく育ちますので、育てる際には、ある程度のスペースの確保が必要になってきます。若葉や新芽が出ましたら、収穫をすることで、てんぷらや炒め物などに利用することができます。

ですが、少しでも時期を間違えてしまいますと、ひどく苦味が出てしまいますので、注意が必要です。そして、もしも苦味がダメだという人は、砂糖漬けにするなどをして、製菓材料として使うことも可能です。海外では、ケーキやクッキーに使用しておりますので、是非、試してみるのも良いでしょう。また、それだけではありません。

秋には根を掘り下げて収穫をした後に、リキュールの香りづけとしても利用することができます。このようにシシウドは、最初から最後までふんだんに食用として利用することができる、素晴らしい植物です。ですが、一般的には、きちんと市販で売っている苗を買ってきて、植えることをおすすめ致します。

林などに行けば自生しておりますが、根が強いために、なかなか掘り出すことはできません。ですので、家で育てる場合には、きちんと購入してきた苗を使用するようにしましょう。また、害虫がつかないようにするためにも、きちんとした管理を行う必要があります。必要に応じて、殺虫剤を利用するようにしてくださいね。

シシウドの歴史

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言うのですが、猪独活ともいった名前が付いているのが特徴です。夏の暑い、8月から11月にかけて開花時期を迎え、白色の可愛らしい花をつけます。茎の先に複数の枝から、小さな白色の花をたくさんつけますので、見ごたえのある花だと言えるでしょう。

日本の固有種になるのですが、山菜のウドに似ているといった特徴も持っております。また、大型ではあるのですが、イノシシでも食べる事が出来る大きさであるといったところが、名前の由来になっております。実際に人間が食べますと、大変苦い味がしますので、注意が必要です。

また、ヨーロッパでは、アンジェリカという可愛らしい名前で呼ばれているシシウドは、新芽の砂糖漬けが好まれます。なぜかと申しますと、ケーキの材料として、昔からよく使われているからです。また、秋に出来る実をつかって、クッキーを作る事も多く、製菓材料として大変人気があります。新芽は、そのままにしますと、苦味がありますが、それがまた美味しいという人もいます。

生のままてんぷらにしたりする事で、大人の人でも味わう事ができますので、是非、食べてみてはいかがでしょうか。このように、シシウドは、日本が原産地ではありますが、ヨーロッパなどの他の国でも、製菓材料として使われております。自分で育てる際には、大きくなると約2メートル前後になりますので、場所に気をつけて栽培をするようにしましょう。

シシウドの特徴

シシウドの特徴は、なんと申しましてもその大きさになります。セリ科の植物の中でも、かなりの大きさがあり、2メートル前後まで成長をします。ですので、自分で育てる際には、先ほども述べました通り、場所の確保がしっかりと必要になってきます。また、成長によっては、3メートル前後になる可能性もありますので、十分に環境には気をつけるようにしましょう。

ですが、これだけ大きく育っても、木ではなく草だという事を覚えておきましょう。シシウドは、漢方薬や山菜として大変好まれる植物になります。海外では、砂糖漬けにする事で、製菓材料として使われるのですが、普通に食べてしまいますと、大変苦いといった特徴があります。ですので、食べる際には、十分にあく抜きをして、

苦味が苦手だという人は、きちんと苦味を取ってから料理をする事をおすすめ致します。また、シシウドの根は大変立派で、なかなか掘る事ができないといった特徴があります。根っこをしっかりと掘って、自宅に移植しようと思っても、根を掘るまでに、かなりの根気がいりますので、十分に支度をしてから取り組むようにしましょう。

移植をする際には、簡易的なスコップでは絶対に掘りきる事はできません。ですので、大型のスコップを用意するか、またはつるはしを用意するなどをして、完璧に根っこを掘れるようにしましょう。ですので、安易な気持ちで根っこを掘ろうとしても、全く歯が立ちません。最初から、移植をしないで、市販で売っているものを購入したほうが早かもしれませんよ。

pixta_akirea

アキレアの育て方

アキレアは西洋ノコギリソウとも言われ、ヨーロッパを原産とするキク科の植物です。イギリスを始めとしたヨーロッパの各地が生息...

pixta_keshouboku

ケショウボクの育て方

ケショウボクはダレシャンピアという名前で流通していることも多い、トウダイグサ科ダレカンピア属の常緑低木です。メキシコから...

pixta_youshukobannoki

ヨウシュコバンノキの育て方

日光を浴びる事で、成長を促進させないと、葉っぱの白い斑が消えてしまう事があります。白い斑は新芽の間の事なので、しっかりと...

pixta_pepromia

ペペロミア(Peperomia ssp.)の育て方

ペペロミアの原産地はブラジル、ボリビア、エクアドルなどで、主な生息地は熱帯や亜熱帯です。約およそ1400種類もの種類が存...

pixta_ajuga

アジュガの育て方

薬草や園芸観賞用の花として、アジュガはヨーロッパ、中央アジア原産で江戸時代に伝来した歴史があります。また、日本でも数種類...

pixta_hyoutan

ヒョウタンの育て方

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だ...

pixta_fennel

フェンネルの育て方

フェンネルは原産が地中海沿岸だとされています。かなり古い歴史があり、最も古い記録では古代エジプトや古代ローマでも栽培され...

pixta_asebi

アセビの育て方

アセビは日本や中国が原産で、古くから日本人の生活になじんでいた植物です。その証拠に枕草子や古今集のなかでその名がみられる...

pixta_kokutan

コクタンの育て方

コクタンは、カキノキ科カキノキ属の常緑葉樹ということですが、柿の木自体も非常に硬い木ですので、同じような特徴を持っている...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種ほどが自生しているとされ、私たちにとってもっとも身近な植物の一つ...

スポンサーリンク

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agl...

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の...

pixta_tane

果物から出てきた種を...

果物には、中に種が入っているものが多いです。果物によって...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種...

pixta_tanji

タンジーの育て方

タンジーはキク科の多年生草本で、和名はヨモギギクと言いま...