大根の栽培方法を教えます。

大根の栽培方法を教えます。

日本人の食卓に欠かせない大根は、酢漬けや煮物などで美味しく食べる事が出来ます。特に大根の漬漬けには数多くのバリエーションがあるため、日本人に愛されています。

大根の育て方

大根は、素人の目から見ると大根の栽培は難しそうに見えます。しかし大根は初心者でも作りやすい野菜です。土壌もあまり選ばず野菜作りに心配されている連作障害もないので、初めて畑で野菜作りを挑戦する人に向いています。

そこで今回は、初めて野菜作りに適している大根の育て方について教えていきます。まず大根の種まきについてですが、大根の種まきは点蒔き・すじ蒔き・ばら蒔きの、どの方法でも大丈夫だと言われています。

今回は、一般的な方法であるすじ蒔きの仕方で説明していきます。まずは90センチ~120センチ位の場所があれば2条、狭い場合は1条の畝幅を準備します。畝とは畑の水はけを良くして野菜を育てるために土を盛り上げた部分の事を言います。

次に10センチ程度の幅で草を刈り、残っている草の根などを取り除きます。その後、曲がり鎌などで表土を削るようにして両脇にその土を寄せて平らに整えます。その中央に曲がり鎌などの刃先で深さ1センチ位のV字になるように、一直線に溝を作っていきます。

溝が出来たら、そこへパラパラと厚蒔きにならないように種を降ろしていきます。種を降ろした後は、溝の両脇の土を寄せて被せた後、手のひらで平らに押えます。そして最後に、土が乾かないように周囲の草を刈って、蒔きすじに均等に振り撒きます。

こちらの大根の育て方も凄く参考になります♪

栽培時の注意点

次に発芽した時の間引きの方法について説明していきます。発芽はその時の気温・条件によって異なってきますが、夏であれば4日ほどで発芽します。比較的大きな双葉が顔を出して、土から少し離れた場所でパッと開きます。

発芽直後はヒョロヒョロとしていますが、10日もすれば本葉が出てきて成長してきます。間引きはそれからでも遅くないので、頃合いを見て何回も分けてしましょう。間引きの仕方は、間引くものだけをスーッと引き抜くか、混み合っていて周りの土を動かしてしまっている場合にはハサミで切ります。

間引いた大根で、根の部分が10センチになった物は、そのまま洗って丸ごと即席漬物にして美味しく食べる事が出来ます。また、この頃の間引きの注意点として、葉の周りが絡み合っている事が多いので気を付けて間引きする事が大切です。

収穫の仕方は?

最後に収穫について説明していきます。大根は、種を降ろして約70日前後で収穫が出来る大きさに成長します。青首の大根は、地上に突き出ている部分が長いので抜きやすいですが、中には抜けにくい大根もあります。

その場合には、左側に回転を加えながらまっすぐに引き上げると抜きやすくなります。収穫した大根は、葉を切って首のほうを下に向け、地中に埋めておくとしばらくは保存出来ます。初心者でも比較的作りやすい大根を、是非育ててみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガルトニアの育て方

ガルトニアは南アフリカを生息地とする植物で、原産はこの地域になります。ガルトニアはツリガネオモトとも言われる植物で、原産...

pixta_nanakamado

ナナカマドの仲間の育て方

ナナカマドの仲間は、バラ科の落葉高木で、学名がSorbuscommixta、漢字で「七竈」と書きます。「庭七竈」は、学名...

pixta_inkarbirea

インカルビレアの育て方

花としては、ノウゼンカズラ科とされています。草丈は高いものなら60センチぐらいに達することがあります。花をつけるのは4月...

pixta_sinensisu

プリムラ・シネンシスの育て方

プリムラ・シネンシスは日本では寒桜と呼ばれていますが、もともとは中国の中南部が原産です。そのため、英語ではChinese...

pixta_doudantutuji

ドウダンツツジの育て方

ドウダンツツジは、かわいらしいふっくらとした見た目の花をつける植物で、灯台躑躅、または満天星躑躅と書くのだか、その漢字の...

pixta_asupara

アスパラガスとスイゼンジナの栽培方法

まずはアスパラガスの育て方を説明します。保健野菜で有名なアスパラガスには、缶詰用のホワイトと生食用のグリーンとの二種類が...

pixta_besseraeregans

ベッセラ・エレガンスの育て方

この花については、ユリ科のベッセラ属に属します。花としては球根植物になります。メキシコが生息地になっていますから、暑さに...

pixta_pakira02

パキラの育て方について

大鉢仕立てにすることもできれば、手のひらサイズのミニ観葉に仕立てることもできるので、いろいろな場所で目にすることができま...

pixta_nira

ニラの育て方

東アジア原産で、中国西部から東アジアにかけての地域が生息地と考えられます。中国では紀元前から栽培されており、モンゴル、イ...

pixta_begonia

球根ベゴニアの育て方

ベゴニアの原種は、オーストラリア大陸を除いたほぼ世界中の熱帯や亜熱帯地域に分布しています。ベゴニア自体は日本でも原種が存...

スポンサーリンク

pixta_noasagao

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われ...

pixta_kirinsou

キリンソウの育て方

キリンソウとは、ベンケイソウ科に属している多年草のことで...

pixta_linam

リナム・グランディフ...

リナム・グランディフロムルは、アマ科アマ(リナム)属の植...

pixta_sirobananojisumire

シロハナノジスミレの...

スミレ科スミレ属の多年草ですが日本ではどこでも比較的見ら...