大根の栽培方法を教えます。

大根の栽培方法を教えます。

日本人の食卓に欠かせない大根は、酢漬けや煮物などで美味しく食べる事が出来ます。特に大根の漬漬けには数多くのバリエーションがあるため、日本人に愛されています。

大根の育て方

大根は、素人の目から見ると大根の栽培は難しそうに見えます。しかし大根は初心者でも作りやすい野菜です。土壌もあまり選ばず野菜作りに心配されている連作障害もないので、初めて畑で野菜作りを挑戦する人に向いています。

そこで今回は、初めて野菜作りに適している大根の育て方について教えていきます。まず大根の種まきについてですが、大根の種まきは点蒔き・すじ蒔き・ばら蒔きの、どの方法でも大丈夫だと言われています。

今回は、一般的な方法であるすじ蒔きの仕方で説明していきます。まずは90センチ~120センチ位の場所があれば2条、狭い場合は1条の畝幅を準備します。畝とは畑の水はけを良くして野菜を育てるために土を盛り上げた部分の事を言います。

次に10センチ程度の幅で草を刈り、残っている草の根などを取り除きます。その後、曲がり鎌などで表土を削るようにして両脇にその土を寄せて平らに整えます。その中央に曲がり鎌などの刃先で深さ1センチ位のV字になるように、一直線に溝を作っていきます。

溝が出来たら、そこへパラパラと厚蒔きにならないように種を降ろしていきます。種を降ろした後は、溝の両脇の土を寄せて被せた後、手のひらで平らに押えます。そして最後に、土が乾かないように周囲の草を刈って、蒔きすじに均等に振り撒きます。

こちらの大根の育て方も凄く参考になります♪

栽培時の注意点

次に発芽した時の間引きの方法について説明していきます。発芽はその時の気温・条件によって異なってきますが、夏であれば4日ほどで発芽します。比較的大きな双葉が顔を出して、土から少し離れた場所でパッと開きます。

発芽直後はヒョロヒョロとしていますが、10日もすれば本葉が出てきて成長してきます。間引きはそれからでも遅くないので、頃合いを見て何回も分けてしましょう。間引きの仕方は、間引くものだけをスーッと引き抜くか、混み合っていて周りの土を動かしてしまっている場合にはハサミで切ります。

間引いた大根で、根の部分が10センチになった物は、そのまま洗って丸ごと即席漬物にして美味しく食べる事が出来ます。また、この頃の間引きの注意点として、葉の周りが絡み合っている事が多いので気を付けて間引きする事が大切です。

収穫の仕方は?

最後に収穫について説明していきます。大根は、種を降ろして約70日前後で収穫が出来る大きさに成長します。青首の大根は、地上に突き出ている部分が長いので抜きやすいですが、中には抜けにくい大根もあります。

その場合には、左側に回転を加えながらまっすぐに引き上げると抜きやすくなります。収穫した大根は、葉を切って首のほうを下に向け、地中に埋めておくとしばらくは保存出来ます。初心者でも比較的作りやすい大根を、是非育ててみましょう。

pixta_goya_01

美味しいゴーヤーの育て方

ゴーヤーは、沖縄料理人気から需要が高まりました。今では沖縄料理に限らず、幅広い料理に使われるようになりました。また日よけ...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言うのですが、猪独活ともいった名前が付いているのが特徴です。夏の暑い...

pixta_panzy03

ビギナー向けの育てやすい植物

カラフルな花を観賞するだけではなく、現在では多くの方が育て方・栽培法を専門誌やサイトなどから得て植物を育てていらっしゃい...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古代エジプトにおいては、太陽の象徴とされ大事にされていましたし、仏...

pixta_kabotya

かぼちゃの育て方

生息地はインドのネイル河沿岸やペルー、南アジアやアンゴラなど様々な説があったのですが、ここ数年の間に研究が進められ、中南...

pixta_geranium11

ゲラニウム(高山性)の育て方

高山性ゲラニウムの学名は、ゲラニウム・ロザンネイです。別名でフクロウソウとも呼ばれている宿根草で、世界にはおよそ400種...

pixta_renbu

レンブの育て方

特徴としては、被子植物、双子葉植物綱にあたります。フトモモ目、フトモモ科、フトモモ属になります。ここまで来るとフトモモの...

pixta_shuukaku

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、...

pixta_kinnsiuri

キンシウリの育て方

キンシウリは19世紀末期に中国、朝鮮半島から日本に伝わった覚糸ウリ(かくしうり)が訛って、呼び名がついたと言われています...

pixta_oruhigi

オヒルギの育て方

オヒルギはマングローブを構成する植物の種類のうちの一つです。仲間の種類として、ヤエヤマヒルギやメヒルギなどがあります。自...

スポンサーリンク

pixta_shantuai

シャンツァイの育て方

シャンツァイはコリアンダーと言うセリ科の一年草で、中華料...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」...

pixta_rakanmaki

ラカンマキ(実)の育...

特徴としてはマキ科、マキ属になります。シンボルツリーとし...

pixta_yomogi111

ヨモギの育て方

ヨモギは春に芽を出して50cm~1m程の高さまで成長しま...