夏野菜の育て方と種まき

夏野菜の育て方と種まき

今では、ベランダや小さい空きスペースを使って、自給自足生活を楽しむ人が増えています。種をまき、または小さな苗から育てていく、その過程を見るのはストレス解消と癒やしにも繋がることが、人気の秘訣でもあります。

夏野菜の栽培方法

そして、コツさえつかめば、割と簡単に育てることが出来、収穫ができるので家計の助けになること間違いなしです。ここでは、夏野菜の育て方と、夏野菜の種まきをご紹介したいと思います。育てたことがないという方も、夏野菜の栽培方法をわかり易く説明いたしますので、挑戦してみてください。

夏野菜の代表といえば、きゅうり、トマトです。まずはきゅうりです。深めの大きい70センチサイズのプランターを用意します。また地植えにする場合には、なるべく深い場所を用意します。そして、プランタ-に苗を3個植えます。植え過ぎは厳禁です。

こちらのきゅうりの育て方もかなり参考になります♪

栽培時の注意点

そしてその時に一緒に支柱も植えます。きゅうりのつるが巻き付くので、しっかりとしたものを選びましょう。また、ベランダの手すりや格子になっている場所に絡ませても大丈夫です。ここまで行けば後は簡単です。

きゅうりはお水が大好きなので、日光とお水をたっぷり与えます、そうすると花が咲き、実がなり、おなじみのきゅうりが出来ます。種から蒔く場合には、4月~5月に行います。そして芽が出てきたら、苗の時と同じようにお水をたっぷり与え、日当たりの良い所におきます。きゅうりは収穫までの期間が短く、初心者でも簡単に楽しめる夏野菜です。

トマトの育て方

次にトマトです。トマトの土には赤玉土を混ぜておきます。鉢は70センチサイズの深型を用意し、苗は2個ほどにします。トマトも密集して植え過ぎは禁物です。ここで一つ注意点です、トマトを植える場合には、ナス系が埋まっていた場所は避けましょう。

もし利用するなら完熟肥料を混ぜておいて下さい。また、トマトもきゅうりと同じようにドンドン伸びてきますので、しっかりとした支柱など支えとなるものを用意して下さい。重さで倒れないように注意して下さい。

また、生育途中で肥料切れが起きやすいので、元気がなく枯れてきたと感じたら、早めに液体肥料などを追加し様子を見て下さい。きゅうり同様、日当たりがよく水が大好きなので、忘れずにたっぷり与えて下さい。トマトを種から植える場合には、3~5月にまきます。

そして、低温だと育ちにくいので、気温が低い時期は温床が必要です。25度が最適な温度と言われています。間隔は50センチにしてください。また、日光が足りないと成長が弱いので必ず、日当たりの良い場所を選び、日当たりを確保するために芽引きして下さい。

きゅうりもトマトも比較的簡単に育つので、お手軽にはじめてみてください。食卓にみずみずしい野菜が並ぶ幸せを味わってみてください。

こちらの玉ねぎの育て方も凄く参考になります♪

pixta_rabenda

ラベンダーの育て方

ラベンダーはシソ科の植物で、精油などにもよく使われています。実はこのラベンダーの精油はなんと古代ローマ時代から使われてい...

pixta_gekkeiju

ゲッケイジュの育て方

英語ではローレル、フランス語ではローリエ、日本語では月桂樹と呼ばれています。クスノキ科の常緑高木植物で地中海沿岸の原産と...

pixta_gakuajisai

ガクアジサイの育て方

一般名として、ガクアジサイ(額紫陽花)といい学名はHydrangeamacrophyllaf.normalis。分類名は...

pixta_himarayayukinosita

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

pixta_enreisou

エンレイソウの育て方

エンレイソウは、ユリ科のエンレイソウ属に属する多年草です。タチアオイとも呼ばれています。またエンレイソウと呼ぶ時には、エ...

pixta_bluebell

オーストラリアン・ブルーベルの育て方

豪州原産の”オーストラリアン・ブルーベル”。白やピンクや青の花を咲かせるきれいな植物です。名前にオーストラリアンと付いて...

pixta_goya_01

ゴーヤ(にがうり)の育て方

ゴーヤの育て方、別名にがうりとも呼ばれています。ゴーヤ栽培は比較的簡単にでき、地植えやプランターでも気軽に出来て、緑のカ...

pixta_pakira

上手な植物の栽培方法

私たちが普段生活している場所では、意識しないうちに何か殺風景だなとか、ごちゃごちゃ物がちらかっているなとかいう、いわゆる...

pixta_rakenaria

ラケナリアの育て方

特徴としてはまずは分類があります。キジカクシ科とされることがあります。その他ユリ科、ヒアシンス科とされることもあります。...

pixta_ubayuri

うばゆりの育て方

ここでは、うばゆりの特徴について細かく述べます。土より下の部分には、球根があります。この球根とは、いわゆるチューリップな...

スポンサーリンク

pixta_amerikatemarisimotuke

アメリカテマリシモツ...

アメリカテマリシモツケは、北アメリカが原産だと考えられて...

pixta_merareuka

メラレウカの育て方

この植物は、フトモモ目、フトモモ科、メラルーカ属とされて...

pixta_mitumata

ミツマタの育て方

ミツマタ(三椏)は、中国原産で、冬に葉を落とすジンチョウ...

pixta_tyuriparajin

チューリップ(アラジ...

チューリップにおいては日本に来たのは江戸時代とされていま...