シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種類で、耐暑性は強いが耐寒性は弱いのでシソの栽培は春から秋に実行するのがオススメです。

シソの種まきについて

シソの種まきは堆肥類と元肥用の肥料を施して耕しておき、20センチ間隔に一ヶ所6から8粒ずつ点まきにします。シソの種まきとして具体的には2週間前あたりに苦土石灰を施し、一週間前に元肥を入れて日当たりの良い環境が育つ特性を持っているので、プランターを使うのもシソの育て方として有りです。

直に種を蒔くものよくて、4月中旬から5月上旬が時期になります。移植にも強いので寒さが心配だったり早く育てたい時はポット蒔き、覆土してから手の平で軽く押し付け土と土を密着させて、発芽までは土が乾かないように心がけます。

シソの栽培時の注意点

シソは種が落ちて翌年勝手に発芽するぐらいなので連作可能な野菜です。シソの質を重視する場合、自然発芽株よりも、良質の株を選んで採種した種か購入した種を使用する方が無難です。シソには青シソと赤シソが在りますが、同時に育てる場合交配しないよう距離を離すシソの育て方がよい出来栄えになります。

シソの苗は徒長しやすいので、本葉2枚の時や6枚になってきたら間引きを行なうのが良いです。また間引きした芽も芽ジソとして食べることができます。肥料の追加は本葉2枚になってからを基準として生育を見ながら一週間ごとに施すのがベストです。

シソの栽培で大株に育てる場合、風に弱いので支柱を立ておくと寒さが防げて最適です。7月ごろになると乾燥しやすくなる時期に入るので、乾燥して葉が堅くならないように水やりは多めに行い、ダニの発生も同時に兼ねています。

シソの栽培は、肥料切れと乾燥にだけ注意しておけばほとんど手間がかからず育ちます。シソがよってくる害虫は、ベニフキノメイガ、バッタ、コクロヒメハマキ、アブラムシあたりで、比較的病気には強い野菜です。草丈が30センチぐらいになった頃から下葉を順次収穫していきます。

シソの栽培 容器で生育する場合

夏場になってくると葉がたくさん増えてきますので大量に収穫可能になります。シソの育て方として容器で生育する場合、直径は30センチ以上の大きな鉢を選ぶのがオススメです。培養土は人工標準のタイプを選ぶのが手軽です。

元肥は、腐葉土、ピートモス、人工堆肥などを50パーセント混ざったものを、油粕、マグアアンプKを混入させたものがよく育ちます。10月後半からは葉から穂や実の収穫に移り、穂が枯れ始める11月になる前に収穫をして来年の種として使用したり、実の実ジソとして食べる為に収穫していくと目的が月によって変わってくるのもこの野菜の特徴です。

シソの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:シソの育て方

pixta_murasakigoten

ムラサキゴテンの育て方

この植物については、サトイモ目、ツユクサ科、ムラサキツユクサ属となっています。観葉植物として育てられることが多いです。多...

pixta_sotetu

ソテツの育て方

この植物に関してはソテツ目の植物になります。裸子植物の種類に当たり、常緑低木になります。日本においてはこの種類に関しては...

pixta_yuri

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の育て方

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の歴史は古く日本では最も古い文献古事記に桓武天皇が、ユリを摘んでいた若い女性に心を奪...

pixta_shikuramen

シクラメンの育て方

シクラメンはもともと地中海沿岸地域の山地を生息地としている、サクラソウ科の原種であるシクラメンを基にして、品種改良を加え...

pixta_jamankamomiru

ジャーマンカモミールの育て方

ジャーマンカモミールは生息地のヨーロッパなどでは古くから薬草として用いられ、生活には欠かせないハーブです。ヨーロッパから...

pixta_bluedazy

ブルーデージーの育て方

ブルーデージーは、キク科フェリシア属であり、このキク科フェリシア属は熱帯から南アフリカあたりを原産として約80種類が分布...

pixta_yatorofa

ヤトロファの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原...

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何といってもその触り心地です。ドライフラワーかと思うような花がたくさん...

pixta_hanaume

ウメ(花ウメ)の育て方

ウメの系統をたどっていくと、サクラやモモと同じように、もともとトルコやイランなど、中東の地域を原産とする植物だと考えられ...

pixta_nezumimoti

ネズミモチ(プリベット)の育て方

ネズミモチ(鼠黐・Ligustrum japonicum)は、モクセイ科イボタノキ属の樹木です。 生長すると樹高が4~7...

スポンサーリンク

pixta_karajium

カラジウムの育て方

カラジウム/学名・Caladium/和名・ハイモ、カラジ...

pixta_inpachence

インパチエンスの育て...

暖かい時期に、色とりどりの美しい花を咲かせるインパチエン...

pixta_yukka

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけ...

SONY DSC

アゲラタムの育て方

アゲラタムは熱帯アメリカ原産で、生息地には約40種ほどが...