シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種類で、耐暑性は強いが耐寒性は弱いのでシソの栽培は春から秋に実行するのがオススメです。

シソの種まきについて

シソの種まきは堆肥類と元肥用の肥料を施して耕しておき、20センチ間隔に一ヶ所6から8粒ずつ点まきにします。シソの種まきとして具体的には2週間前あたりに苦土石灰を施し、一週間前に元肥を入れて日当たりの良い環境が育つ特性を持っているので、プランターを使うのもシソの育て方として有りです。

直に種を蒔くものよくて、4月中旬から5月上旬が時期になります。移植にも強いので寒さが心配だったり早く育てたい時はポット蒔き、覆土してから手の平で軽く押し付け土と土を密着させて、発芽までは土が乾かないように心がけます。

シソの栽培時の注意点

シソは種が落ちて翌年勝手に発芽するぐらいなので連作可能な野菜です。シソの質を重視する場合、自然発芽株よりも、良質の株を選んで採種した種か購入した種を使用する方が無難です。シソには青シソと赤シソが在りますが、同時に育てる場合交配しないよう距離を離すシソの育て方がよい出来栄えになります。

シソの苗は徒長しやすいので、本葉2枚の時や6枚になってきたら間引きを行なうのが良いです。また間引きした芽も芽ジソとして食べることができます。肥料の追加は本葉2枚になってからを基準として生育を見ながら一週間ごとに施すのがベストです。

シソの栽培で大株に育てる場合、風に弱いので支柱を立ておくと寒さが防げて最適です。7月ごろになると乾燥しやすくなる時期に入るので、乾燥して葉が堅くならないように水やりは多めに行い、ダニの発生も同時に兼ねています。

シソの栽培は、肥料切れと乾燥にだけ注意しておけばほとんど手間がかからず育ちます。シソがよってくる害虫は、ベニフキノメイガ、バッタ、コクロヒメハマキ、アブラムシあたりで、比較的病気には強い野菜です。草丈が30センチぐらいになった頃から下葉を順次収穫していきます。

シソの栽培 容器で生育する場合

夏場になってくると葉がたくさん増えてきますので大量に収穫可能になります。シソの育て方として容器で生育する場合、直径は30センチ以上の大きな鉢を選ぶのがオススメです。培養土は人工標準のタイプを選ぶのが手軽です。

元肥は、腐葉土、ピートモス、人工堆肥などを50パーセント混ざったものを、油粕、マグアアンプKを混入させたものがよく育ちます。10月後半からは葉から穂や実の収穫に移り、穂が枯れ始める11月になる前に収穫をして来年の種として使用したり、実の実ジソとして食べる為に収穫していくと目的が月によって変わってくるのもこの野菜の特徴です。

シソの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:シソの育て方

pixta_toumorokoshi_01

とうもろこしの育て方

昔の生息地や原産地、起源は正確には分かっておらず、現在のとうもろこしの先祖にあたる野生のものが見つかっていないのです。大...

Planting tree in blooming garden

植物の栽培を充実させる道具と努力

植物の栽培においてどうしても必要であるとは言い切れないものの、あれば育て方が充実する道具を、以下に記述することとします。...

pixta_akebi

アケビの育て方

アケビはまず中国の歴史に現れます。中国で最古の薬物学と書と言われている「神農本草経( しんのうほんぞうぎょう)」という本...

pixta_mitubasimotukesou

ミツバシモツケソウの育て方

ミツバシモツケソウは北アメリカ南東部原産の宿根草です。高地の広い範囲を生息地とし、アメリカ合衆国では野山を中心に自生して...

pixta_nasu11

失敗しない植物の育て方または野菜の栽培の方法

植物や野菜の育て方は、難しいと思われがちですが、植物や野菜の栽培が初心者だという人には、家庭菜園をお勧めします。プランタ...

pixta_godetia

ゴデチアの育て方

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。現在では、北米西海岸を生息地の中心としており、20種類もの品種が...

pixta_taimu

タイムの育て方

学名はThyme、分類はシソ科イブキジャコウソウ属に当たります。高さおよそ15センチメートルから40センチメートルほどに...

pixta_himawari_01

ひまわりの栽培やヒマワリの育て方やその種まきについて

夏になると太陽の方向を向いて元気に咲くひまわりが目につきます。このひまわりを自分で育てることができます。ひまわりの栽培方...

pixta_andesnootome

アンデスノオトメの育て方

アンデスノオトメというものはマメ科の植物になりますので、マメ科特有の黄色い蝶形をした花を咲かせてくれます。3cmぐらいの...

pixta_anemone

アネモネの育て方

地中海沿岸が原産地のアネモネは、ギリシャ神話ではアドニスという美少年が流した血から生まれた花という説もあり、古くからヨー...

スポンサーリンク

pixta_hipoesutesu

ヒポエステスの育て方

ヒポエステスは南アフリカのマダガスカル島が原産と言われて...

pixta_kodemari

ゴーヤの栽培こでまり...

種物屋さんに行くといろいろ知識の豊富な方がいらっしゃいま...

pixta_miyamakinpouge

ミヤマキンポウゲの育...

この花の種類はキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ属で...

pixta_hasikanboku

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波...