コンフリーの育て方

コンフリーの育て方

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受け入れられ始めた明治時代に日本に牧草として元々は入ってきたとされています。牧草として入ってきたものの、人々はコンフリーを食用としてではなく観賞用にとして人々の間で一時的に栽培されました。

コンフリーの育てる環境について

コンフリーは、大きくなるだけではなくて横へ広がっていくので初めて植えるという場合は十分土地があるところに植えると余計な心配をせずに育てることができます。横に広がるとうことを考えると鉢植えよりも庭植えに向いていると言えます。

鉢植えでも特に問題はありませんが、どんどん苗が増えていくので結局は植え替えをする必要があるのでそのことを考えると初めから庭植えにしておくとスムーズに育てることができるでしょう。コンフリーは、とても丈夫な植物なので一度植えると特にあれこれと世話をしなくても立派に育つので育て方を細かく勉強することも特にしなくてもいいでしょう。

この植物は、日当たりの良い場所でも立派に成長していきますが、よりしっかりとしたものに育て上げたいという希望がある場合は何かしらの木の下などで少し日陰になるかならないかの場所で育てるといいかもしれません。

寒くなる季節である冬には根っこ以外は枯れてしまいます。とても寒い地域では場合によっては凍ってしまう可能性があるので、土の中からではなく地上から凍らないように藁や土などを被せておくことが大切です。

そうしないと、せっかく大切に育てたコンフリーも場合によっては一年もせずに枯れてしまうということになってしまいます。一年の中で冬は、ほんの少し手間をかけることで長い目で見た時にも分かりますが丈夫でしっかりとした植物としてのコンフリーを育てることができると言えます。

コンフリーの種付けや水やり、肥料について

コンフリーは、どちらかと言うと湿気の高い環境で育つので水やりはこまめにする必要があります。もちろん、庭植えの場合はとても暑い季節となる真夏や植えたばかりの時期以外は水を与えなくてもグングンと育っていきます。

鉢植えの場合はこまめに土の表面が半分乾いてきたかなという環境になったらたくさん水を与えなければいけません。冬は見た目は枯れているので水やりをしなくてもいいかなと思ってしまいがちですが、根はしっかりと生きているので忘れずに水やりをする必要があります。

夏場に比べるとそこまで水分が少なくなるわけではないので、水やりをする回数としては少し控えめでちょうどいいとされています。コンフリーの場合、肥料は苗を植え付ける際に土の中に時間をかけて効果が出てくるものを選んでしっかりと混ぜるといいでしょう。

肥料を追加する場合の季節としては秋になったばかりの頃が一番良いタイミングです。初めに混ぜたものと同じものを与えるといいです。たくさん与えすぎると、どんどんと吸収してしまい結果的に周りの植物にも迷惑をかける可能性があるので注意が必要です。

適量の水と、適量の費用を与えることで一年を通して健康的なコンフリーの苗を育てることができると言えます。冬は特に見た目からは健康状態が分からないので、どれくらいがベストであるかというのは理解しづらいですが、ベストな量の水をあげるというのは育てる上でもとても大切なことです。

コンフリーの増やし方や害虫について

増やし方としては、植え替えをする時にまるで長い棒のような太い根を10cmくらいに切る必要があります。切った根を土の上に寝かせて、およそ5cmくらい上から土をかぶせておかば、自然と発芽します。とにかく、この植物はよく横に広がる傾向にあるのでいくつか株を植える時は十分間隔を確保しておく必要があります。

害虫として、代表的なものはセンチュウです。この害虫がいるかどうか判断するには、根を見ればいいです。根っこに小さいコブがたくさんついている場合はネコブセンチュウがいるサインです。また、細い根っこがなくなってしまっている時はネグサレセンチュウがいるサインです。

どちらも非常に小さい虫で、ウナギのように長いですが体の色がほぼ透明ということもあって人の目ではほとんど発見することができません。肉眼で見つけることができないので、退治の仕方としては土の中で消毒を行うというのが一般的です。

また、それがなかなか難しいという場合はコンフリーを植える時に一緒にマリーゴールドを植えると害虫の予防になります。中でも、フレンチマリーゴールドを植えると期待できる効果は高いです。また、同じような系統のものを近くにたくさん植えてしまうと害虫による被害も拡大するので、

理想としては近くには全く違う系統のものを植えるといいでしょう。そして、気を付けておくべきことはセンチュウは根っこだけではなく葉っぱや他の部分にも被害を及ぼすので知識として知っておくといいでしょう。

コンフリーの歴史

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受け入れられ始めた明治時代に日本に牧草として元々は入ってきたとされています。牧草として入ってきたものの、人々はコンフリーを食用としてではなく観賞用にとして人々の間で一時的に栽培されました。

また、一部では薬用や食用としても利用されていたということも分かっています。そして、かなりの月日が経った1970年代になるとコンフリーは健康食品として扱われるようになりました。明治時代から1970年代という長い月日の間では、人々が各家庭で気軽に栽培して、

食べる時にすぐに庭に出て食べる分だけのコンフリーを摘み取って食べるということも決して当時は珍しいことではありませんでした。おそらく、摘み取ったコンフリーは天ぷらなどにして食べていたのではないかと考えることができます。

一方で、ヨーロッパでは食用としてではなく薬としても使われてたということが分かっています。具体的には、庶民の間で湿布として使われていました。主に捻挫をした時や打ち身をした時などの現代でも湿布を必要としている時と同じ感覚で利用されていたようです。

そして、葉っぱには水分がたくさん含まれています。さらに、葉っぱをすり潰すことでネバネバとしたペースト状になるので気軽に庶民の間で利用することができていたということが分かります。継続的なものではなくても、病院に行くまでの一時的な期間に利用できるというのも利用されていた理由の一つであると考えることができます。

コンフリーの特徴

コンフリーは、ヨーロッパからシベリア西部に生息地していることで知られている多年草です。葉っぱにはビタミンB12やタンパク質がたくさん含まれているので、栄養素だけのことを考えると十分、栄養価の高い植物であると一般的には認識されています。

根っこの茎はいくつかに分かれていて、高さとしては1メートルくらいになるのですぐにどこで育てているかもわかるくらいに成長します。 背の高いものを育てたいという場合にはオススメです。コンフリーの葉っぱの特徴としては、下の方に細長い模様が入っていて、

葉っぱの表面にはモジャモジャとした毛がたくさん生えているというのが挙げられます。また、葉っぱの上の部分は何か模様が入っているというわけではありません。そしてコンフリーの花は初夏になると茎の先っぽにいくつか枝分かれしています。

花の色は淡い紅色で小さな花が垂れているという特徴的なものであるとされています。コンフリーの和名はヒレハリソウですが、一般的にはコンフリーという名前のほうがたくさんの人に知られています。ヨーロッパが原産なので、英名のコンフリーの名前で広く知られているのかもしれません。

一時は、割と人々の間で発症しやすいとされている糖尿病や高血圧などに効くということで話題となりました。そして、コンフリーはとても繁殖力が強くて丈夫なので安心して育てることができます。また、有機質に富んだ保水性の高い土を好むことで知られています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ブルーハイビスカスの育て方
タイトル:ドクダミの育て方

pixta_mint

ミント類の育て方

ミントは丈夫で育てやすいのが特徴です。家庭菜園でも人気があり、少しのスペースさえあれば栽培することが出来ます。ミントには...

pixta_touwata

トウワタの育て方

トウワタ(唐綿)とは海外から来た開花後にタンポポのような綿を作るため、この名前が付けられました。ただし、唐といっても中国...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、ディッキア。数多くの種を保有する植物群のなかでも、かなり特徴的な形...

pixta_kyuuri

きゅうりの育て方を学びましょう。

今回はきゅうりの育て方について説明していきます。ウリ科であるきゅうりは水分を多く含み、それでいて水はけの良い土壌を好みま...

pixta_rimunantesu

リムナンテスの育て方

この花における特徴としては、比企植物の双子葉植物綱となります。バラ亜綱なのでバラに近い花になります。フウロソウ目になりま...

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同...

pixta_ansulium

アンスリウムの育て方

アンスリウムは、熱帯アメリカ・西インド諸島原産で、日本には明治の中頃に渡来してきた歴史ある植物です。木の枝などに着生する...

pixta_karuna

カルーナの育て方

カルーナはヨーロッパや北アフリカなど、地中海の周辺に生息する植物です。カルーナという言葉は「掃く」という意味に由来します...

pixta_egonoki

エゴノキの育て方

日本全土と中国、朝鮮半島を生息地とするエゴノキは、古くから日本人の生活になじみ深い樹木です。チシャノキやロクロギなどの別...

pixta_karant

カラント類の育て方

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のこと...

pixta_rakenaria

ラケナリアの育て方

特徴としてはまずは分類があります。キジカクシ科とされるこ...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て...

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリ...

pixta_amerikaazena

アメリカアゼナの育て...

アゼナ科アゼナ属で、従来種のアゼナよりも大きく、大型だが...