トマトの栽培は驚く事ばかりでした

トマトの栽培は驚く事ばかりでした

今年こそは、立派なトマトを作ろうと思いながら数年が過ぎようとしていた時、テレビ番組を見た事がきっかけで、自分でトマトを作って食べようと思いました。トマトの栽培には種から育てる方法と、トマト苗から育てる方法があります。

トマトの育て方

私は収穫の喜びを味わってみたかったし、トマトの種まきから始めて、長い時間を費やして収穫をしたかったので、トマトの種まきをしました。まず、何年もトマトを育て様と思っていたので、トマトの栽培に関する事の情報収集は整っていました。

勿論、実際に育ててみないと分からない事もあるかも知れませんが、実際に自分である程度調べてから栽培を始めた方が、戸惑う事なく始められて便利です。トマトの育て方と言った本などは予め書店で購入してあったので、すぐにその本に沿って、育てる事にしました。

こちらのトマトの育て方も凄く参考になります♪

トマトの栽培時の注意点

でも、思ったよりも大変でした。本に書かれている事は、一般的に起こる事などを網羅してありましたが、実際の栽培はそんな簡単にはいきません。私の場合は、大きくなるトマトの品種を選んでしまったので、肥料の与え方や日照時間などが本に書かれていた事とは違ってきました。

思う様に結実しない日々が続き、どうしたものかと思いましたが、夏の日差しが強くなるにつれ次々と花を咲かせてくれる様になり、ほっと安心しました。やはりトマトは南米原産の野菜であるので、暖かさは何よりも必要なのだと実感しました。

又、雨に当たると折角実が付いても落ちてしまったり水滴が残っているとその部分から腐ってくる事があるので、雨には充分に注意する必要があります。雨よけを作るなり、雨に当たらない場所に移したりすると良いのです。

トマトの水やり

水遣りは土が乾いている事を確認してから与える様にします。水遣りに関してトマトは乾燥した土地でも充分生育が見込まれる植物ですから、あまり水を必要としません。朝露で葉が濡れる程度でも大丈夫で、その水分を吸収するだけで充分なのです。

でも、だからと言って全く水を与えないと実が硬くなってしまうので、注意が必要ですが、少し乾燥ぎみで育てると甘みの強いトマトになりますから、美味しくて甘みを強くしたいと思ったなら、少し乾燥気味に育てると良いでしょう。

トマトの種まきをしてから収穫できるまで育てるには、それなりの時間が掛かってしまいますが、上手く育てると霜が降りるまで収穫できるので、あまり心配する必要はないと思います。

ただ、トマトは南米原産ですから寒さに非常に弱いので、直接寒風に当てない様に工夫する事も必要になってきます。数ヶ月に渡って楽しむ事ができるトマトの栽培を通じて思わぬ収穫の喜びを感じる事ができ、又、来年も育ててみようと思う様になりました。この喜びを他の人にも分けてあげようと思っています。

pixta_emadaginaru

エマルギナダ(ヒムネまたはベニゴウカン)の育て方

この花についてはマメ科、カリアンドラ属となっています。和名においてネムが入っていますが、基本的にはネムは全く関係ありませ...

pixta_riefretasu

玉レタスの種まき時期と育て方

レタスは一番馴染みのあるのが玉レタスで、夏に涼しい気候の高原でよく育つ高原野菜といわれています。レタスの栽培方法は、種を...

pixta_erinjium

エリンジウムの育て方

エリンジウムはセリ科のヒゴタイサイコ属の植物です。同じヒゴタイサイコ属の植物にはE.maritimum やオオバコエンド...

pixta_risimakia

リシマキアの育て方

リシマキアは育て方も簡単に行なうことができて、栽培しやすい植物になっています。それに原産国は北半球です。そしてサクラソウ...

pixta_repttes

レプトテスの育て方

この花はラン科になります。園芸上においても通常は草花などとなりますが、ランの場合はランに分類されるぐらい特別な存在になり...

pixta_tatitubosumire

タチツボスミレの育て方

タチツボスミレに代表されるスミレの歴史は大変古く、日本でも最古の歌集万葉集にスミレが詠まれて登場するというほど、日本人に...

pixta_geum

ゲウムの育て方

ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日本のに山に咲く「ダイコンソウ」と同じ仲間です。そのためゲウムを「...

pixta_abokado

アボカドの種を植えて観葉植物にしよう

アボカドというと、「森のバター」や「バターフルーツ」と呼ばれ、高脂肪で栄養価が高いことで有名です。脂肪分の80%以上が不...

pixta_miyamahotarukazura_01

ミヤマホタルカズラの育て方

ミヤマホタルカズラはヨーロッパの南西部、フランス西部からスペイン、ポルトガルなどを生息地とする常緑低木です。もともと日本...

pixta_gurifinia

グリフィニアの育て方

原産国がブラジル連邦共和国原産の”グリフィニア”はヒガンバナ科の植物です。和名”ミニブルーアマリリス”とも呼ばれており、...

スポンサーリンク

pixta_rukousou

ルコウソウの育て方

ルコウソウの原産地は熱帯のアメリカで、暖かい気候の土地に...

pixta_yatorofa

ヤトロファの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類...

pixta_hasunohana

植物を元気いっぱいに...

どれを選ぼうか迷うほど園芸店などにはたくさんの植物が並ん...

pixta_hourensou_01

プランターで栽培でき...

ほうれん草の生育適温は15~20°Cで、低温には強く0°...