植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野菜等の栽培をしたり、この育て方やこの種まき等の知識を身につけることは必要不可欠になります。

趣味としてガーデニングについて

このような野菜等の栽培の方法やこの育て方、またこの種まき等に関して専門のサイトをネット上からみて知識を得たり、専門の書籍を見て知識を吸収することで楽しくガーデニング等をしてよい趣味にすることができます。

庭を使ってこうした植物の栽培等をすることができますが、マンション等に住んでいるような場合でもこうした趣味をすることができます。ベランダ等の小さいスペースを利用してこうした野菜等の種まきをしたり、この栽培をしてみることができ野菜等の育て方を知って楽しむことができます。

こうした趣味のガーデニングでは簡単に道具を揃えることができるようになっており、身近な所でこれらの様々な野菜等を育てて楽しむことができます。この他に趣味として家庭菜園をやってみることができ、いい趣味になります。こうした家庭菜園では、様々な野菜について栽培等を学ぶことができます。

ラディッシュの育て方

例えばラディッシュの育て方に関しては、先ずは種のまきすぎには注意をすることが必要になります。この種まきをするような場合には間引きが大変になるので、頭に入れておく必要があります。このラディッシュの栽培に関しては知識を学ぶことにより、家庭菜園にて育てていくことができます。

こちらのラディッシュの育て方も凄く詳細に書いてあり、参考になります♪

ラディッシュの栽培のコツ

余暇を有効に利用したり、趣味を持つような場合には家庭菜園にて野菜等を育てて楽しい時間を過ごすことができます。ラディッシュの栽培のコツでは畑をよく耕すようにすることが大事になり、苦土石灰等を用意するようにします。

こうして土がやらかくなると、良いラディッシュを収穫することが可能になります。発芽をするまでにはしっかりと水をまくことが大事になります。この種まき等ではすじまきが適していますが、土壌にすじ状のまき溝を作るようにして溝に沿ってまいていき、指先をひねるようにしてまきます。

また隣のすじとの間隔には注意をして10センチ位を離すことにより、うまく育てることが可能になります。この他最初の間引きが重要になりますが、育ち方がいいものを残して間引きをします。この間引きの時期が重要となり、早めのタイミングで行なう必要があります。

また使用する苦土石灰に関しては、石灰とマグネシウムが混ざったものになります。野菜は弱酸性の土にてよく育つようになりますが、このため土にはこのような苦土石灰が必要になります。

こうした石灰は土壌の酸度調整に使用されていますが、酸性になっているとこれにより中和をすることができるので野菜にとって適した土壌になります。またこの入れ過ぎには注意をする必要があります。

こちらのミヤマホタルカズラの育て方の記事も興味深いです♪

pixta_rotasu

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

pixta_hayatouri

ハヤトウリの育て方

原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、アステカ文明やマヤ文明のころから食べられてきたと記録されている野菜です。はじ...

pixta_streptka

ストレプトカーパスの育て方

イワタバコ科のストレプトカルペラ亜属は、セントポーリアも有名ですが、その次に有名とも言われています。セントポーリアは、東...

pixta_tamanegi_01

玉ねぎの育て方

中央アジアが原産といわれていますが、野生種は確認されておらずこの地域がもともとの生息地であったかどうかも定かではありませ...

pixta_korokasia

コロカシアの育て方

コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。それらの地域ではタロという名前で呼ばれていて、主食としてよく食べら...

pixta_ryuubintai

リュウビンタイ(Angiopteris lygodiifol...

かたまりから葉が四方八方に突き出たようなユニークな形で成長していくリュウビンタイは、その基部が竜のうろこのようであること...

pixta_egonoki

エゴノキの育て方

日本全土と中国、朝鮮半島を生息地とするエゴノキは、古くから日本人の生活になじみ深い樹木です。チシャノキやロクロギなどの別...

pixta_oukotyou

オウコチョウ(オオゴチョウ)の育て方

オウコチョウの特徴を記載すると、次のようになります。植物の分類上はマメ科のカエサルピニア属に属します。原産地としては熱帯...

pixta_gurifinia

グリフィニアの育て方

原産国がブラジル連邦共和国原産の”グリフィニア”はヒガンバナ科の植物です。和名”ミニブルーアマリリス”とも呼ばれており、...

pixta_oosennnari

オオセンナリの育て方

オオセンナリはナス科の一年草です。草丈は約30cmから80cmです。時々、もう少し大きくなる物もあります。茎はまっすぐで...

スポンサーリンク

pixta_karumia

カルミアの育て方

カルミアはツツジ科に属している植物のことで約7種類が世界...

pixta_yaburan

ヤブランの育て方

ヤブランはスズラン亜科ヤブラン属に属する多年草です。別名...

pixta_senninsou

センニンソウの育て方

センニンソウの特徴は、扁桃腺治療などに用いられる薬草とし...

pixta_soapwart

ソープワートの育て方

ソープワートは、ナデシコ科サポンソウ属で別名をシャボンソ...