植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野菜等の栽培をしたり、この育て方やこの種まき等の知識を身につけることは必要不可欠になります。

趣味としてガーデニングについて

このような野菜等の栽培の方法やこの育て方、またこの種まき等に関して専門のサイトをネット上からみて知識を得たり、専門の書籍を見て知識を吸収することで楽しくガーデニング等をしてよい趣味にすることができます。

庭を使ってこうした植物の栽培等をすることができますが、マンション等に住んでいるような場合でもこうした趣味をすることができます。ベランダ等の小さいスペースを利用してこうした野菜等の種まきをしたり、この栽培をしてみることができ野菜等の育て方を知って楽しむことができます。

こうした趣味のガーデニングでは簡単に道具を揃えることができるようになっており、身近な所でこれらの様々な野菜等を育てて楽しむことができます。この他に趣味として家庭菜園をやってみることができ、いい趣味になります。こうした家庭菜園では、様々な野菜について栽培等を学ぶことができます。

ラディッシュの育て方

例えばラディッシュの育て方に関しては、先ずは種のまきすぎには注意をすることが必要になります。この種まきをするような場合には間引きが大変になるので、頭に入れておく必要があります。このラディッシュの栽培に関しては知識を学ぶことにより、家庭菜園にて育てていくことができます。

こちらのラディッシュの育て方も凄く詳細に書いてあり、参考になります♪

ラディッシュの栽培のコツ

余暇を有効に利用したり、趣味を持つような場合には家庭菜園にて野菜等を育てて楽しい時間を過ごすことができます。ラディッシュの栽培のコツでは畑をよく耕すようにすることが大事になり、苦土石灰等を用意するようにします。

こうして土がやらかくなると、良いラディッシュを収穫することが可能になります。発芽をするまでにはしっかりと水をまくことが大事になります。この種まき等ではすじまきが適していますが、土壌にすじ状のまき溝を作るようにして溝に沿ってまいていき、指先をひねるようにしてまきます。

また隣のすじとの間隔には注意をして10センチ位を離すことにより、うまく育てることが可能になります。この他最初の間引きが重要になりますが、育ち方がいいものを残して間引きをします。この間引きの時期が重要となり、早めのタイミングで行なう必要があります。

また使用する苦土石灰に関しては、石灰とマグネシウムが混ざったものになります。野菜は弱酸性の土にてよく育つようになりますが、このため土にはこのような苦土石灰が必要になります。

こうした石灰は土壌の酸度調整に使用されていますが、酸性になっているとこれにより中和をすることができるので野菜にとって適した土壌になります。またこの入れ過ぎには注意をする必要があります。

こちらのミヤマホタルカズラの育て方の記事も興味深いです♪

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとし...

pixta_turunitisou

ツルニチニチソウの育て方

夾竹桃(きょうちくとう)科に属しているツルニチニチソウは、学名を「Vinca major」「Vinca」といい、ツルニチ...

pixta_kinsibai

キンシバイの育て方

初夏から本格的な夏を迎える時期に、黄金色をした花を咲かせるキンシバイは中国原産の半落葉性の低木です。半日陰でも育つ丈夫な...

pixta_staperiansas

スタペリアンサスの育て方

サボテン系での育て方の注意点ということでは、他の植物と同じで、日当たりの良い風通しの良い所を好みます。ですので反対に風通...

pixta_kamomiru

カモミールの育て方

カモミールは、現在では色々な国で栽培されていますが、原産は西アジアからヨーロッパです。西アジアからヨーロッパを主な生息地...

pixta_brasabora

ブラサボラの育て方

ブラサボラはカトレアに近い仲間でカトレア属やレリア属などの交配にも使われる植物で原産地は中央アメリカやカリブ海沿岸、南ア...

pixta_ninjin_01

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心...

pixta_kabotya

かぼちゃの栽培の方法を教えます。

かぼちゃの栽培場所ですが、出来るだけ乾燥気味の土地で、水はけと日当たりが良い所を選びます。ウリ科の作物は連作障害が出やす...

pixta_roubai

ロウバイの育て方

強い香りをあたりに漂わせ、どの樹木よりもいち早く春の訪れを告げる花ですが、江戸時代の終わり頃に、中国から朝鮮半島を経て伝...

スポンサーリンク

pixta_sanginaria

サンギナリア・カナデ...

サンギナリア・カナデンシスとはケシ科サンギナリア属の多年...

pixta_sparakisis

スパラキシスの育て方

スパラキシスはアヤメ科の秋植えの球根草として知られていま...

pixta_homeria

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそ...

pixta_nekoyanagi

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの特徴は、なんといってもその見た目にあるでしょ...