お料理に重宝バジルの栽培のコツ

お料理に重宝バジルの栽培のコツ

ベランダやお庭でのバジルの育て方は簡単で誰にでも挑戦する事が出来ます。バジルの種まきの時期は春から初夏にかけてがベストです。プランターなど育てる事が出来ますので、狭い場所でも手軽に挑戦出来ます。

バジルの育て方

ベランダやお庭でのバジルの育て方は簡単で誰にでも挑戦する事が出来ます。バジルの種まきの時期は春から初夏にかけてがベストです。プランターなど育てる事が出来ますので、狭い場所でも手軽に挑戦出来ます。

バジルの種類はいくつかありますが、最も一般的なスイートバジルはハーブの中でも子供から大人まで好まれる味わいです。パスタ料理などの風味付けに大変重宝してくれます。また収穫したバジルをペースト状に加工しておけば日持ちします。

バジルの栽培時の注意点

たくさん育てて色々なお料理に役立たせてみるのも楽しいです。バジルの栽培のコツは種まきの時期にあります。気温は15度から20度位で発芽しますので、春先に種まきをする場合は気温もチェックしておくといいです。

種から育てる場合は水やりは少し慎重になると失敗がありません。種が非常に小さいので、水を沢山あげすぎると流れてしまう事もあります。霧吹きなどを使用すると上手に水をあげる事が出来ます。葉が出てくるころになりますと、バジルらしい雰囲気を出します。

プランターの場合は日当たりのよい場所へ移動させることが出来ます。よく日に当てるとどんどん成長します。脇芽も増えてきます沢山収穫できます。この頃になりますと少し液体肥料などを足してあげるとより元気に育ちます。2週間に一度位を目安に様子を見ながら足してあげるといいです。

夏ごろになると収穫してもすぐにまた脇から芽が出てきます。繰り返し収穫してバジルを味わう楽しみが出てきます。生のバジルの風味はとても新鮮で、子供のパスタ料理でも喜ばれます。イタリアンハーブで非常に多くの人に好まれています。

今まで家庭菜園に挑戦しても上手にいかなった人でもバジルは大丈夫です。そして収穫も結構出来ますので、春先に種から挑戦してみるといいです。種は園芸店やホームセンターなどで100円程度で購入する事が出来ます。

こちらのバジルの育て方も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪

バジルの育て方 害虫に関して

ある程度苗が育つまでは慎重にする必要がありますが、しっかりしてくればそれ程注意しなくてもどんどん育つのが特徴です。バジルを育てている上でまれに害虫がつく場合もあります。手で取り除けるものはそっと取り除きます。

また霧吹きの水圧で吹き飛ばすのもよいです。葉を直接食べるものですから、なるべく薬剤を使用せず工夫するといいです。また梅雨場など、水はけが悪く根が腐ってしまう事もまれにあります。そのような場合は、もう一度新しくやり直してみるといいです。万が一失敗してもすぐに再挑戦できるのもいい点です。

また子供でも手軽に挑戦できますので、毎日のお手入れの日課を子供託してみるのもよいです。葉の成長と収穫を楽しみに育てることで子供にとっても少し先の楽しみを待つよい経験となります。

pixta_minikabotya

ミニカボチャの育て方

ミニカボチャをはじめとするカボチャの原産地は、インド地方やナイル川の沿岸地域、南米大陸北部のペルー、アンゴラなど様々な学...

pixta_tisimagikyou

チシマギキョウの育て方

チシマギキョウは、キキョウ科ホタルブクロ属に属している多年草のことを言います。キキョウ科は、真正双子葉植物の科で大部分が...

pixta_safran

サフランの育て方

サフランは、西南アジアを原産とするアヤメ科に属する多年草です。香料、染料、薬、調味料など、古くから幅広く活用されている、...

pixta_nekutarin

ネクタリンの育て方

ネクタリンの語源はギリシャ神話に出てくる神々の酒であるネクターに由来していると言われています。芳しい香りと柔らかくてみず...

pixta_zefiransasu

ゼフィランサスの育て方

ゼフィランサスについては、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)タマスダレ属の植物のことをまとめてそう名づけられてい...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

pixta_crownbeti

クラウンベッチの育て方

クラウンベッチはヨーロッパが原産であり、ツルの性質を持つ、マメ目マメ科の多年草です。また、日本におけるクラウンベッチの歴...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

pixta_karumia

カルミアの育て方

カルミアはツツジ科に属している植物のことで約7種類が世界で認められています。北アメリカやキューバが原産とされていて、主に...

pixta_hasikanboku

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

pixta_goya_02

ゴーヤーの育て方のポ...

ゴーヤーというと沖縄原産のような気がしますが、実際はイン...

pixta_korianda

コリアンダーの育て方

地中海東部原産で、各地で古くから食用とされてきました。そ...

pixta_kanenonaruki

女の子に人気の多肉植...

最近、女の子を中心に人気の多肉植物という植物があります。...

pixta_staperiansas

スタペリアンサスの育...

サボテン系での育て方の注意点ということでは、他の植物と同...