ピーマンの栽培方法

ピーマンの栽培方法

ピーマンは夏を代表する野菜となっています。小さな子供は苦手と言うことが多くなっていますが、その苦みがうまみを増やすという効果があります。どんな料理にも使いやすいピーマンですが、家庭でも育てることができます。

ピーマンの栽培方法

ピーマンの栽培方法としては、植え付けを行ってから長期間にわたって栽培をすることができるので、長く収穫を楽しむことができるという特徴があります。ピーマンの育て方としては移植栽培と直まき栽培があります。ピーマンの種まきは2月下旬頃から行うのが一般的となっています。

しかし初心者の場合には、ホームセンターで苗が販売されているので、この苗から育てる方が簡単にできます。ピーマンの植え付け時期は5月の上旬以降となっています。そして実際に収穫ができるのは6月下旬となっているので、短い期間ですぐに収穫して楽しむことができます。

ピーマンの種まきの場合には。3月下旬から4月下旬に行うといいです。種から植える場合には育苗箱に種をまいて、発芽をするまで待ちます。発芽すればポットに移し替えて、定植までの間はここで育てるようにします。また苗から植える場合には、定植まで70日から80日程度必要になります。

初心者はここまでの期間でよい苗を作ると言うことが難しいので、市販の苗を使うことをおすすめします。ピーマンを上手に育てるためのポイントは次のようになっています。まずピーマンの生育温度は22度から30度となっています。したがって高温には比較的強くなっています。

ピーマンの栽培時の注意点

しかし逆に低温には非常に弱くなっているので、早く植えすぎないように注意が必要です。ピーマンの根は浅く張るようになっています。したがって水はけのよい土壌を用意し、加湿や乾燥しすぎると言うことを防ぐためにも、土は深めにしておくというのが大切です。

ナス科とウリ科の野菜は連作をすることで連作障害が発生します。したがって最低でも3年は間隔を開けて栽培をするようにします。ピーマンの花はアマニあたるとすぐに落ちてしまいます。したがって雨に当たることがないように、軒下などで育てるのが理想です。

プランターで育てる場合の注意点

ピーマンを育てるときのプランターですが、その大きさは標準の60センチメートル以上のものを用意し、できれば深型のものを使います。それは加湿を大変嫌う野菜となっているからです。また栽培の際に使う土は、市販の培養土が手軽です。

また水はけをよくするために、プランターの底にメッシュ付きの網を入れたり発泡スチロールを敷き詰めるといいです。そしてその上にプランターの8分目まで土を入れるようにします。このときに地温を温めておくとさらに育てやすい環境になります。実の大きさが6センチメートルから7センチメートルになったら収穫のサインです。

pixta_shikuramen

シクラメンの育て方

シクラメンはもともと地中海沿岸地域の山地を生息地としている、サクラソウ科の原種であるシクラメンを基にして、品種改良を加え...

pixta_stock

一重咲きストック(アラセイトウ)の育て方

一重咲きストック、アラセイトウはアブラナ科の植物です。原産地は南ヨーロッパで、草丈は20センチから80センチくらいです。...

pixta_miakurufurut

ミラクルフルーツの育て方

小さな赤い果実のミラクルフルーツは、あまり甘くなく、食した後、しばらくは、酸味のあるものを食べると、甘く感じ、とてもおい...

pixta_hinagesi

ヒナゲシの育て方

ヒナゲシはヨーロッパ原産のケシの一種で、虞美人草という別名を持ちます。虞美人草という名前は中国の伝説に由来しています。秦...

pixta_matu

マツの育て方

マツ属はマツ科の属の一つで、原産はインドネシアから北側はロシアやカナダなどが挙げられます。大部分が生息地として北半球にあ...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガン)の育て方

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事からも旬が冬のように感じる人も多いものです。しかし、冬瓜と書く理由...

pixta_himeshara

ヒメシャラの育て方

ヒメシャラはナツツバキ属のうちのひとつです。日本ではナツツバキをシャラノキ(沙羅樹)と呼んでおり、似ていますがそれより小...

pixta_potentexira

ポテンティラの育て方

この花の科名としてはバラ科になります。キジムシロ属、ポテンティラ属ともされています。あまり高くまで成長することはなく、低...

pixta_penstemon

ペンステモンの育て方

ペンステモンが文献に初めて登場したのは1748年のことでした。その文献を書いたのはジョン・ミッチェル氏でした。その当時の...

pixta_mousengoke

モウセンゴケの仲間の育て方

まずは種類としてはウツボカズラ目、モウセンゴケ科になります。その他の名前としてはドロセラがあります。コケとなっている名前...

スポンサーリンク

pixta_himeyuzuriha

ひめゆずりはの育て方

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコ...

pixta_edamame_03

枝豆の育て方

枝豆は大豆になる前の未成熟な豆のことです。大豆は東アジア...

pixta_santanka

サンタンカの育て方

サンタンカは、アカネ科の植物で、別名ではイクソラとも呼ば...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近...