ゴーヤの栽培こでまりの育て方あさがおのの種まき

ゴーヤの栽培こでまりの育て方あさがおのの種まき

種物屋さんに行くといろいろ知識の豊富な方がいらっしゃいますのでわからない時はまずはそういう専門家に相談してみます。そうしてうまくいかなければまた相談します。毎回種や苗などを購入するときに来ていると知り合いになり色々なことを教えてもらえるのでそれを参考にします。自分で研究することももちろん重要です。

ゴーヤの栽培

ゴーヤの栽培はゴーヤの苗ものが出回る4月くらいから5月くらいに苗ものを植えると7から8月は収穫できます。ゴーヤの栽培はゴーヤ自体がとても強い植物なので近くに他のものを植えるときは気を付けた方が良いです。

その時期の天候により雨や台風などでうまく育たないことがあります。割と雨にも強いですがやはり連作などは気を付けた方が良いです。苗ものを買うときにそこで十分説明を受けてそのアドバイスに従う方がうまくいくようです。肥料等のやり方も作物により違うので気を付けます。また水もやる時の時間なども気を付けます。

こちらのゴーヤーの育て方は凄く参考になります♪

こでまりの育て方

こでまりの育て方です。この苗は本当に強くてほとんど手間がいりません。肥料もいらず水もいらず土もそんなに肥えていなくても本当に花がどんどん咲きます。咲かない年はありません。あまりにも強くて植えるところによりあまりにも咲くので花が終わると徹底的に切り落とすことが重要です。こんなに切り落としても大丈夫だろうかと思いますが全く心配はいりません。

こちらのコデマリの育て方も凄く参考になります♪

朝顔の育て方

朝顔の種まきはとても有名です。小学校に入学すると必ず一年生の時に一人一鉢で植えます。四月の時期に丁寧に一粒ずつ蒔きます。水をたっぷりやります。大体芽が出てきて双葉になってどんどん成長します。弦が伸びるような時期になってくると花のつぼみも少しづつ膨らんできます。

この花も本当に割と長い期間にわたって咲きます。何も花がない時でもすぐに植えられます。鉢に植えなくても地面に直接植えてもどんどん成長します。また花が終わってもたくさんの種がつくので冷蔵庫の冷暗所に保管しておくと蒔く時期を選んで植えることができます。

こちらのアサガオの育て方についても凄く参考になります♪

植物を育てるにあたっての重要性

それぞれの植える時期や種をまく時期をきちんと説明書通りに行います。そしてやはり強い植物と弱い植物があります。そういうものもきちんと考えて植えることが重要です。子供の育て方に通じるところがあります。あまり大事にしすぎても行けません。

また様子だけはよく見守ることが重要です。その見守る中で水や肥料を適度に与えることで植物は答えてくれます。日差しのことも注意が必要です。あまりにも色々なものを植えて日が当たらなくなる植物は成長しません。

あまりにも伸びすぎたりしてほかの植物に日が差さない時は土地が広ければ離れたところに植えることで解決できますがそうでない場合はあまり伸びすぎた植物は剪定などしてあげることが重要です。その剪定の時期も考えてお礼の肥料というものをやるものもありますので気を付けます。

下記の記事も朝顔に似た植物について書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:ダチュラの育て方
タイトル:ヨルガオの育て方

pixta_ajisai

アジサイの育て方

アジサイは日本原産のアジサイ科の花のことをいいます。その名前の由来は「藍色が集まった」を意味している「集真藍」によるもの...

pixta_daboesia

ダボエシアの育て方

ダボエシアは学名でDaboeciacantabrica’bicolor’といいますが、分類で言うとツツジ科ダボエシカ属に...

pixta_wasurenagusa

ワスレナグサの育て方

そのような伝説が生まれることからもわかりますが、原産はヨーロッパで、具体的には北半球の温帯から亜寒帯のユーラシア大陸やア...

gibanakosumos

キバナコスモスの育て方

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが...

pixta_aristrokia

アリストロキアの育て方

アリストロキアの特徴と致しましては、花の独特な形状があります。数百種類にもなるそれぞれの形状は個々で異なりますが、そのど...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_kodemari

コデマリの育て方

コデマリは中国中部原産の落葉低木で、「コデマリ(小手毬)」の名はその漢字が示す通り、小さな手毬のように見える花の姿に由来...

pixta_purun

プルーンの育て方

プルーンは、スモモの近縁種であり、水溶性の食物繊維を多く含む果実であり、中心部分には大きな種が入っているのが特徴です。

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て方

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知られています。また日本では古くから南西諸島や硫黄島などに自生が見ら...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州、四国、九州、沖縄などを主な生息地としています。日本では江戸時代...

スポンサーリンク

pixta_tamagayaturi

タマガヤツリの育て方

タマガヤツリはカヤツリグサ科の一年草で、湿地帯に多く見ら...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」...

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目...

pixta_vanila

バニラ(Vanill...

バニラは古くから香料として用いられていました。現在でもア...