プルーンの育て方

プルーンの育て方

プルーンは、スモモの近縁種であり、水溶性の食物繊維を多く含む果実であり、中心部分には大きな種が入っているのが特徴です。

プルーンの育てる環境について

プルーンの育て方は雨などにより裂果が起こりやすいため、雨が多く降る地域では栽培が難しいとされます。また、育成環境としては肥沃な土地であること、温暖な気候を持ち、日当たりが良い環境を選ぶ事がポイントとなります。因みに、カロリー量は100グラムあたり339kcalであり、

このカロリー量からも糖分が多く含まれている事は明確ですが、糖分が多く含まれるためには適した環境が必要であり、雨が少ない事や日当たりが良い事、肥料をたっぷりと与え、水はけの良い土壌が必要になります。また、この甘さと言うのは砂糖にも匹敵すると言われており、

大地から吸収するミネラル、鉄分、カリウム、そして食物繊維を作り出しています。西洋スモモの一種であり、その木は高さが3メートルから8メートルに及ぶと言われており、落葉樹の種類になります。落葉樹は、季節が過ぎると葉が落ち、翌年には再び葉が生えだして果実を実らせてくれます。

白い花を咲かせるのが特徴で、4月の上旬頃に開花となり、果実は6月下旬頃から7月上旬にかけて熟し初め、旬は7月から9月に迎えることになります。また、植樹を行って、4年から6年ほどで果実が実ると言われており、8年から12年で成熟となり、

それ以降は30年間の歳月の中で良質の果実を作り出すと言われています。尚、カリフォルニアがプルーンの生産量が多い事は有名ですが、これは育てる環境が整っているからです。しかし、日本国内においても生産が行われている地域が在る事からも、このような地域であれば栽培は可能になる果物なのです。

プルーンの種付けや水やり、肥料について

国内におけるプルーンと言うのはドライフルーツなどでもお馴染みですが、日本の中では長野県を初め、青森県や北海道などの一部の地域で栽培が行われており、ここから出荷されるものはドライフルーツではなく生食用だと言われています。

雨に弱い果物であり、明治時代に日本に伝えられた当初は作付けが出来ないとも言われていたのですが、環境を整える事や気候などが適した地域であれば栽培が出来ることが解り、長野県や北海道、青森県と言った地域での栽培が行われています。

排水が良いとされる水はけが良い場所を選ぶ事、太陽の光をたっぷり浴びて光合成が出来る日当たりが良い環境を選ぶ事などがポイントとなります。それぞれの枝に日が当たるのが条件となるため、冬場などでは枝の剪定が大切で、枝が多くなってしまうとその分太陽の光が当たり難くなり、実りが悪くなるからです。

冬場は成長が停止していますが、根からは常に栄養分を吸収しようとしています。そのため、枝を剪定を行ったから冬場の肥料となる寒肥を与えてあげます。こうする事で、寒い時期を乗り越え、春になると多くの葉を枝から発芽させ、夏場には丸い形の実を沢山つけてくれます。

因みに、最近は観賞用としてプルーンを育てる人もいますが、部屋の中で育てる場合も日当たりが良い場所を選んで鉢を移動させてあげたり、土が乾燥した時などは水をあげるなどが大切です。また、肥料についても冬場と言えども寒肥を与える事も忘れずに行う事が大切です。

プルーンの増やし方や害虫について

プルーンは梅や桜と言ったバラ科の植物であり、害虫はつきます。また、甘い実をつける植物でもありアブラムシなどの害虫対策は必須と言えます。アブラムシなどの場合は、新芽の部分や葉などに発生し、そこから樹液などを吸汁して葉を奇形化させたり落葉させてしまいますので殺虫剤を利用して防除します。

鉢植えでの栽培でも同じで、害虫を見つけた時は除去を早目に行う事が大切です。また、高温期や乾燥期などの時期と言うのはハダニが発生する事が多いと言われています。ハダニは、葉をカサカサの状態にしてしまい、症状が酷くなると落葉する被害をもたらせますので、

ハダニ対策は必須であり、発生した時はハダニ専用の殺虫剤を散布します。尚、枝が多くなってくると葉の量も多くなりますが、日当たりを好む植物であることからも、あまりにも多くの葉が生い茂ってしまうと成長にも影響を及ぼす事になります。

葉が出ている時には、冬場の剪定とは異なり、花が咲き終えた後などに、果実の有無を確認しながら行うようにします。折角実りが合っても、剪定時に実を落としてしまっては意味が在りませんので注意が必要です。また、、水やりについては土の状態を見て適量の水やりを行いますが、

基本的には土が乾燥してきた段階で水をあげることが大切で、あまり多くの水をあげてしまうと実りが有る時などは実が割れてしまうと言う、裂果が起きてしまうので注意が必要です。因みに、日当たりが良い環境をプルーンは好みますが、夏場などは直射日光が当たるような場所に鉢を置かないようにします。

プルーンの歴史

プルーンは、スモモの近縁種であり、水溶性の食物繊維を多く含む果実であり、中心部分には大きな種が入っているのが特徴です。プルーンを食べることで便秘の解消になる、排便を促せるなどの理由からも便秘に悩む人が食べることで排便を楽に行えるなどのメリットが有りますが、

これは水溶性の食物繊維を多く含むからだと言われているのです。紀元前の頃に、カスピ海沿岸にあるコーカサス地方で発見されたと言われており、プルーンの原産はカスピ海沿岸地域になります。現在、アメリカのカリフォルニア州が主な生息地となっていますが、

カリフォルニアに伝わるまでには長い歴史が在ると言います。カスピ海沿岸のコーカサス地方が原産となるプルーンは、西方面に広まり、南ヨーロッパや西ヨーロッパ、バルカン半島などに広まったと言います。カルフォルニア州が生産量としては多いのですが、

これらの地域での生産は今現在でも行われていると言います。カルフォルニア州に伝わったのは1856年であり、この時植木職人が苗木をカリフォルニアに運んだのが始まりとされています。植木職人は、金を採掘する目的でカリフォルニアに訪れたのですが、掘り当てることが出来なかったため、

サンタ・クララ渓谷に土地を購入して植木の仕事をする事にしたと言います。また、この植木職人の兄もカリフォルニアに訪れ、一緒に植木職人としての仕事始め、1856年にはフランスから様々な苗木を持ち込みんだと言います。また、この苗木の中にダジャン種のプルーンの苗木が含まれていたと言います。

プルーンの特徴

植木職人が金を掘り当てる目的でカリフォルニアに訪れ、金を採掘する夢を捨てて、本来の植木職人としての道を選んだことによりカリフォルニアに多くのプルーンを栽培する結果に繋がったと言われており、もし、金の採掘が成功していたら今日のようなプルーンの畑は生まれていなかったのではないかとも言われています。

また、この量と言うのは世界の中での生産量の半数を超えていると言われています。因みに、日本国内でもプルーンの生産は行われていると言います。しかし、日本は雨が多い国であり、雨が降る事で裂果と呼ばれるひび割れが起きてしまう事が多いと言われており、

国内においては比較的雨が少ないとされる長野県、青森県、北海道などのエリアで栽培が行われていると言います。特に、長野県での生産量は全体の約6割と言われているのです。尚、プルーンの旬と言うのは7月から9月にかけての夏となりますが、

日本国内で生産されているものは大半が生食用として出荷されていると言います。中心部分に大きな種が在るのもプルーンの特徴ですが、梅の実と同じように種と果肉はしっかりとついており、容易に果肉と種を外す事が難しいとされます。

但し、品種の中には果肉と種が分離されている種類もあり、このような種類の事を離核性と言います。また、プルーンはカロリー量が高いのが特徴で、100gあたり339kcalとなっており、水溶性食物繊維が豊富で便秘の解消に良いとされる反面食べ過ぎると多くの糖分を体内に取り入れてしまうため、食べすぎには注意が必要です。

庭木の育て方や色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:イヌツゲの育て方

pixta_tokisou

トキソウの育て方

ラン科トキソウ属の山野草です。和名は朱鷺草(トキソウ)で、別名には朱鷺蘭(トキラン)などがあります。日本の本州や北海道を...

pixta_marubastram

マルバストラムの育て方

特徴としてどのような属性になっているかです。名前としてはアオイに似ているとなっていますが、種類としては同じと考えられます...

pixta_futomomo

フトモモの育て方

フトモモと呼ばれる果実をご存知でしょうか。これは、フトモモ科の常緑高木であり、原産は東南アジアで、漢字で書くと「蒲桃」と...

pixta_kurosandora

クロッサンドラの育て方

クロッサンドラは、促音を抜いたクロサンドラとしても呼ばれ、その名前の由来はギリシャ語で房飾りを意味する「Krossos」...

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリップの育て方について

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独特のふっくらとした形が特に女性に人気があります。卒業式や入学式な...

pixta_kinkan

キンカンの育て方

キンカンは、他の柑橘類と同じように、元々の生息地はインドや東南アジアだと考えられています。この地域のものが中国で栽培され...

pixta_kazania

ガザニアの育て方

ガザニアはキク科ガザニア属で勲章菊という別名を持っています。ガザニアという名前はギリシャ人が語源とされており、ラテン語の...

pixta_hanamizuki

ハナミズキの育て方

ハナミズキは1912年に、当時の東京市がアメリカに桜を送った際に返礼として、日本に1915年にアメリカから白花種が寄贈さ...

pixta_ninjin_01

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心...

pixta_mizuaoi

ミズアオイの育て方

かつてはこのように水辺に育っている植物を水菜ということで盛んに食べていたそうで、万葉集の歌では、春日野に、煙立つ見ゆ、娘...

スポンサーリンク

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフ...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれて...

pixta_komatsuna

小松菜の栽培に挑戦し...

今回は、小松菜の育て方について説明していきます。プラナ科...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオ(カクト...

種類としては、シソ目、シソ科に属します。多年草の草花で、...