おいしいほうれん草の育て方

おいしいほうれん草の育て方

野菜の育て方を覚えれば、誰でも美味しい野菜を誰でも育てることが出来ます。そこでほうれん草の栽培について説明します。ほうれん草は寒さに強い食材のため、地域にもよりますが冬寸前まで育てることが出来ます。また、種を撒いてから1~2カ月くらいと短期間で収穫できる野菜です。畑がない場合はプランターでも育てることが出来ます。

ほうれん草の育て方

まず大切なのは土です。市販の培養土でもいいですが、赤玉土、腐葉土、バーミキュライトを混ぜ合わせて自分で作ることもできます。さらにその土に石灰と肥料を混ぜ、プランターに入れます。入れる時、2~3cmのウォータースペースを残しておくようにします。

ウォータースペースとは水やりをした際に水が貯まるスペースのことです。プランターの端の土を少し低くすることで、土の流出などを防ぐことができるのです。土を入れ3週間ほど経ってからほうれん草の種まきをします。

長めの棒で浅めに溝を作ります。種と種の間隔は1cmほどで大丈夫です。60cmくらいのプランターの場合、10cmほど間隔をあけて2条に撒くことが出来ます。種を撒いた後は5mmほど土をかぶせ、プランターの下から水が流れるくらいたっぷり水をあげます。

ほうれん草の栽培時の注意点

気温などによりますが遅くても1週間ほどで発芽します。まだ発芽して間もない茎は細くて弱いので、雨などに当たらないような場所に置いておきます。 また高温にも注意が必要なので、春から夏にかけて育てる場合は遮光ネットを被せるなどの工夫が大切です。

気温が高すぎると葉が黄色くなったり変色し枯れてしまいます。初心者の方はまず秋に植えてみることをお勧めします。ほうれん草は乾燥を嫌うため、土が乾いていたら水をあげます。ただし気温が高くなる日中や午後は避け、午前中にあげるようにします。

ほうれん草のその他の注意点

本葉が3枚くらいになったら株間が3cmくらいになるよう間引きを行います。また、ほうれん草の状態を見て追肥をします。追肥をするタイミングは間引きを行った時にするのが良いです。その後も10日に1回くらいの間隔で水やりと一緒に追肥します。

葉が20cmほどになったら収穫できます。収穫する時、葉が折れやすいので株のところの土を抑え株全体を引き抜くようにします。ほうれん草はべと病にかかりやすいので高温多湿に気を付けて育てます。また葉などに害虫を見つけたらすぐに取り除き対処することが大切です。

栄養価の高いほうれん草を毎日の食事に取り入れることで健康状態が良くなります。そのためにも自家栽培に挑戦してみることをお勧めします。畑を所有している方や借りている方もぜひ畑で作ってみてください。自分で育てた野菜は普段食べているものよりも一段と美味しく感じられるはずです。

下記の記事も詳しく書いてありますので凄く参考になります♪
チンゲンサイの育て方

pixta_kuushinnsai

クウシンサイの育て方

クウシンサイは中華料理やタイ料理などで使われる野菜で、主に炒め物やおひたし・天ぷらなどの料理として食べられています。その...

pixta_okisipetaram

オキシペタラム(ブルースター)の育て方

オキシペタラム(ブルースター)は和名では瑠璃唐綿と呼ばれるトゥイーディア属キョウチクトウ科の植物です。原産はブラジル南部...

pixta_putitomato

プチトマトの育て方について

今回はプチトマトの栽培の方法と、育て方について説明します。プチトマトは、カロテンとビタミンCという栄養が豊富なので、体に...

pixta_oobahabusou

オオバハブソウの育て方

オオバハブソウはオオバノハブソウとも言われ、古くから薬用として珍重されてきた薬草です。江戸時代に渡来した当時は、ムカデ・...

pixta_turunitisou

ツルニチニチソウの育て方

夾竹桃(きょうちくとう)科に属しているツルニチニチソウは、学名を「Vinca major」「Vinca」といい、ツルニチ...

pixta_putitomato

家庭菜園で野菜を育てると収穫の喜びを味わう事ができます

毎日何気ない一日を過ごしていると、何かを始めてみたくなる事は誰でも経験する事です。そんな時にお勧めな事として、自宅で家庭...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミヤマハナシノブの育て方

この花はナス目に該当する花になります。ハナシノブ科、ハナシノブ属に属します。高山などをメインに咲く山野草で、多年草です。...

pixta_pentas

ペンタスの育て方

この花については、アカネ科、ペンタス属となっています。和名の方をとってクササンタンカ属とすることもあります。熱帯植物に該...

pixta_karenjura

カレンジュラの育て方

日本ではキンセンカという名でよく知られているカレンジュラのことをよく知って育て方を工夫しながら栽培していきましょう。カレ...

pixta_nosepol

ノースポールの育て方

ノースポールは別名クリサンセマム・パルドーサムとも呼ばれる花です。北アフリカに自生しているレウカンセマム・パルドーサムを...

スポンサーリンク

pixta_takanaru

タカナ類の育て方

アブラナ科アブラナ属のタカナはからし菜の変種で原産、生息...

pixta_slinamcherry

スリナムチェリーの育...

スリナムチェリーはフトモモ科の常緑の低木でこの樹木の歴史...

pixta_hitotubadako

ヒトツバタゴの育て方

20万年前の近畿地方の地層から、泥炭化されたヒトツバタゴ...

pixta_aromatexikasu

アロマティカスの育て...

この植物に関してはシソ科になります。なんとなく香りが強い...