観葉植物の上手な育て方

観葉植物の上手な育て方

観葉植物の上手な育て方とは、まず定番で簡単なものからチャレンジしてみると栽培しやすいです。場所を選ぶのが大切なポイントですが、直射日光を避けたりとその種類や品種で栽培しやすい場所は左右されてくるといえます。

観葉植物の基本的な育て方

冬の寒さにそんなに強くない観葉植物だったりすると気温を調節するのも大事なところですが、部屋を温めたりと育てやすい状況を作るのが栽培する上では欠かせない点です。基本的に屋内で育てることができるものが多いですが、ある程度の基準はあったとしても、できるだけ冷暖房の完備がされている部屋で育てるのがもっともでもあります。

乾燥気味に育てるのがいいとされている観葉植物もあるのですが、そのタイプには年間を通してカサカサした状態で水をあげるのが正しいです。水をよく吸いやすい時期に至っては乾燥させない配慮が必要ですが、それ以外は水やりの回数を控えめにできるのがベストです。

こちらの育てやすい観葉植物についても見てみると参考になります♪

観葉植物の栽培のポイント

観葉植物の種類ではまったく、肥料がいらないものもあるわけですが、育てやすくする工夫として肥料を使ってみると十分な栄養を行き渡らせるのにはつながります。鉢の大きさに合わせて愛用するのが肥料の詳しい使い方ですが、与えすぎない要領で数ヶ月に一度与えるのが理想的です。

観葉植物を更にボリュームアップさせたい時には追肥していくのがいいですが、バランスのいい形に育てやすくなってきます。まずは根や葉の状態が安定しているものだと生命力も強かったりと枯れにくいですが、初めて出会っても観葉植物に挑戦するハードルも低くできます。

こちらの初心者でも簡単な観葉植物についても見て下さい♪

その他の注意点

成長が早い植物に対しては鉢の中でも根詰まりを起こすことが少なくないですが、そのままにしておくと葉が落ちやすくなるのもあって、その頃が鉢を変えるタイミングであるのが大半です。鉢から抜いた苗や株は土を少し落とすのが必要不可欠ですが、黒ずんでいる根も切るのが手順です。

今までの鉢よりは一回り以上大きいものを用意するのですが、作業をしている段階では今後のサイズを想像すると失敗しにくいです。コンパクトに観葉植物を栽培したい際は、綺麗に切り戻しをすると満足できる出来上がりになる可能性が高いです。無事に成長をスタートできるまでは風が強くない環境をつくるのも有効です。

虫に注意をすると病気に掛かりにくかったりと元気に成長を促しやすくなってきますが、湿気に弱い害虫にはスプレーが役立ちます。害虫がついてしまうことを予防できますが、夏になってきたら意識し始めると間に合います。

基本はこれといったかかりやすい病気は多くないですが、対策を立ててあると安心なのです。上手く育てられると長く付き合えるものでもありますが、部屋にもインテリアで馴染みます。

観葉植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キフゲットウの育て方
タイトル:ディーフェンバキアの育て方
タイトル:リュウビンタイの育て方
タイトル:部屋をいろどる観葉植物

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いています。地中海沿岸が原産の野菜であり、最初の利用は麦畑を生息地と...

pixta_ninniku

ニンニクの育て方

ニンニクの原産地は中央アジアと推定されていますが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたよう...

pixta_bluefanflower

ブルーファンフラワーの育て方

ブルーファンフラワーはクサトベラ科スカエボラ属で、別名はファンフラワーやスカエボラ、和名は末広草といいます。末広草と名付...

pixta_kutenante

クテナンテの育て方

クテナンテは熱帯アメリカ原産の植物で、葉の色や模様などが特徴的な種類が多いことから観葉植物として栽培されています。熱帯ア...

pixta_kinrobai

キンロバイの育て方

キンロバイの科名は、バラ科 / 属名は、キジムシロ属(キンロバイ属 Pentaphylloides)です。キンロバイは漢...

pixta_yukomis

ユーコミスの育て方

この花はユリ科に属します。その他にキジカクシ科に属するとの考えもあります。更にヒアシンス科としていることもあります。園芸...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_pontederia

ポンテデリアの育て方

ポンテデリアの生息地は主にアメリカとなります。原産地は北米南部となっていますが、北アメリカから南アメリカの淡水の湿地など...

pixta_otomegikyou11

オトメギキョウの育て方

オトメギキョウの原産地は東ヨーロッパ、クロアチア西部で、カンパニュラの一種となっています。カンパニュラは主に地中海沿岸地...

pixta_kriptansas

クリプタンサスの育て方

クリプタンサスはブラジルに広く分布している多年草で多くの場合は森林の中で自生しているのですが、個性的な葉の色の物が多いこ...

スポンサーリンク

pixta_adromiskusu

アドロミスクスの育て...

アドロミスクスの特徴といえばやはり豊富な形とフォルムでし...

pixta_mousengoke

モウセンゴケの仲間の...

まずは種類としてはウツボカズラ目、モウセンゴケ科になりま...

pixta_nerine

ネリネの育て方

ネリネという名前の由来はギリシア神話の海の女神であるネレ...

pixta_pakifitumu

パキフィツムの育て方

パキフィツムは、メキシコ原産の多肉植物です。ベンケイソウ...