キュウリの育て方について

キュウリの育て方について

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、サラダにしたりなど、さまざまな料理に使える便利な夏野菜です。実は、キュウリには、たくさんの品種が存在しています。

キュウリの品種や特徴

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、サラダにしたりなど、さまざまな料理に使える便利な夏野菜です。実は、キュウリには、たくさんの品種が存在しています。

一般的に、スーパーでよく出回っているキュウリの品種は、「南極1号」「北星」「リクエスト」「ステータス」などとなります。キュウリの栽培に適した用土は、市販の「野菜の土」を利用すると簡単です。

キュウリの育て方

キュウリの種まきの前の準備として、市販のプランターにウォータースペースとして上から2~3cmほどは残して、培養土(野菜の土)を入れて、元肥を施しておくようにしましょう。家庭菜園で、キュウリを種から育てる場合には、植える時は、ポット植えが確実です。植えかえる時のキュウリの株の植え痛みを防ぐことができます。

キュウリのプランターでの育て方について、ご紹介します。苗をプランターに定植する場合には、ポットで育った本葉3枚~4枚の苗を選び、株間は50~60cmで植え付けしましょう。

子葉と初期葉の間の茎が太く、しっかりとした苗が良い苗です。植える穴は、十分に湿らせておくか、雨の後に植え付けて、定植後の1週間は、毎日多めに水を与えるようにすると、根の活着が良くなります。

キュウリの支柱を立てる

キュウリの苗が、20~30cmにまで育ったくらいで、つるを巻きつけるための支柱を立てます。最初のつるは、紐で支柱にゆるく結んでおけば、自然に支柱に巻きついてくれます。支柱は、しっかり立てておくことがポイントとなります。

実がなる頃に、重みで倒れることがあるためです。親づる1本仕立てとして、大人の背丈くらいまで育ったら、親づるの先を摘心しましょう。摘心することによって、下の子づるがよく育つようになります。なお、摘心した親づるは、支柱に紐で固定しておきましょう。

生長しキュウリの茎葉が混んできたら、株の生育と採光が悪くなりますので、摘葉を行います。摘葉とは、増えすぎた不要な葉を、摘み取る作業のことです。

摘葉は、古くなった葉や病気で枯れた葉などを中心にして、摘み取るようにしましょう。ただし、一度に摘みすぎてしまうと、株が弱ってしまいますので、摘葉する枚数は、1株あたり1日2枚~3枚程度にしておいた方が良いそうです。

キュウリの収穫時期など

キュウリの成長は早く、開花してからあっという間に、実が大きくなっていきます。キュウリは完全に育つ前のもので、開花から10日くらい経過して20cmくらいになったものが、1番おいしい大きさとなります。

キュウリを育てるポイントは、成長を低下させないように、適切なかん水と追肥を行うことです。また、キュウリは根の分布が浅いため、夏場は敷きわらを敷いて、乾燥を防ぐ対策を行いましょう。

キュウリの育て方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キュウリの育て方のポイント

pixta_gobou

ミニゴボウの育て方

ミニゴボウにかぎらず、野菜の中で形の小さい種類のものは昔からあったのですが、あまり受け入れられてきませんでした。育ちが悪...

pixta_kakao

カカオの育て方

そんなカカオの特徴はどのようなものなのでしょうか。前途のように、チョコレートの原料として使われるので樹そのものよりも、果...

pixta_snapendou

スナップエンドウの育て方

スナップエンドウは若くてみずみずしい食感を楽しませてくれる春の食材です。このスナップエンドウはグリーンピースとして知られ...

pixta_tokiwasinobu

シノブ、トキワシノブの育て方

これはシダ植物と言われる植物になります。一般的な種子植物とは異なり種を作って増えるタイプではありません。胞子があり、それ...

pixta_pankratium

パンクラチウムの育て方

パンクラチウムはヒガンバナ科パンクラチウム属の植物です。原産はスリランカで、地中海沿岸に生息地が分布しています。17世紀...

pixta_kongiku

コンギクの育て方

この品種の分類はキク科のシオン属であり、学名では「アスター」の名を冠しております。これはギリシア語の「星」という意味であ...

pixta_hanamomo

ハナモモの育て方

ハナモモというのは、中国が原産地で鑑賞をするために改良がなされたモモですが、庭木などにも広く利用されいます。日本へ入って...

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネズエラなどを原産地としている植物で生息地は基本的には熱帯地方なの...

pixta_rikasute

リカステの育て方

この植物の特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科になります。園芸の分類においてはランになります。種類としてもラ...

pixta_kusanou

クサノオウの育て方

クサノオウは古くから日本に生息している山野草です。聞き慣れない植物ですが、黄色い花を咲かせるヤマブキソウに似ています。ク...

スポンサーリンク

pixta_bromeriakurusea

ブルメリア・クロセア...

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁...

pixta_pafiopenadim

パフィオペディラムの...

パフィオペディラムはランの仲間です。熱帯から亜熱帯アジア...

pixta_sukabiosa

スカビオーサの育て方

別名を西洋マツムシソウといいます。英名ではピンクッション...

pixta_goya_01

美味しいゴーヤーの育...

ゴーヤーは、沖縄料理人気から需要が高まりました。今では沖...