キュウリの育て方について

キュウリの育て方について

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、サラダにしたりなど、さまざまな料理に使える便利な夏野菜です。実は、キュウリには、たくさんの品種が存在しています。

キュウリの品種や特徴

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、サラダにしたりなど、さまざまな料理に使える便利な夏野菜です。実は、キュウリには、たくさんの品種が存在しています。

一般的に、スーパーでよく出回っているキュウリの品種は、「南極1号」「北星」「リクエスト」「ステータス」などとなります。キュウリの栽培に適した用土は、市販の「野菜の土」を利用すると簡単です。

キュウリの育て方

キュウリの種まきの前の準備として、市販のプランターにウォータースペースとして上から2~3cmほどは残して、培養土(野菜の土)を入れて、元肥を施しておくようにしましょう。家庭菜園で、キュウリを種から育てる場合には、植える時は、ポット植えが確実です。植えかえる時のキュウリの株の植え痛みを防ぐことができます。

キュウリのプランターでの育て方について、ご紹介します。苗をプランターに定植する場合には、ポットで育った本葉3枚~4枚の苗を選び、株間は50~60cmで植え付けしましょう。

子葉と初期葉の間の茎が太く、しっかりとした苗が良い苗です。植える穴は、十分に湿らせておくか、雨の後に植え付けて、定植後の1週間は、毎日多めに水を与えるようにすると、根の活着が良くなります。

キュウリの支柱を立てる

キュウリの苗が、20~30cmにまで育ったくらいで、つるを巻きつけるための支柱を立てます。最初のつるは、紐で支柱にゆるく結んでおけば、自然に支柱に巻きついてくれます。支柱は、しっかり立てておくことがポイントとなります。

実がなる頃に、重みで倒れることがあるためです。親づる1本仕立てとして、大人の背丈くらいまで育ったら、親づるの先を摘心しましょう。摘心することによって、下の子づるがよく育つようになります。なお、摘心した親づるは、支柱に紐で固定しておきましょう。

生長しキュウリの茎葉が混んできたら、株の生育と採光が悪くなりますので、摘葉を行います。摘葉とは、増えすぎた不要な葉を、摘み取る作業のことです。

摘葉は、古くなった葉や病気で枯れた葉などを中心にして、摘み取るようにしましょう。ただし、一度に摘みすぎてしまうと、株が弱ってしまいますので、摘葉する枚数は、1株あたり1日2枚~3枚程度にしておいた方が良いそうです。

キュウリの収穫時期など

キュウリの成長は早く、開花してからあっという間に、実が大きくなっていきます。キュウリは完全に育つ前のもので、開花から10日くらい経過して20cmくらいになったものが、1番おいしい大きさとなります。

キュウリを育てるポイントは、成長を低下させないように、適切なかん水と追肥を行うことです。また、キュウリは根の分布が浅いため、夏場は敷きわらを敷いて、乾燥を防ぐ対策を行いましょう。

キュウリの育て方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キュウリの育て方のポイント

pixta_chokokosmos

チョコレートコスモスの育て方

チョコレートコスモスは、キク科 コスモス属の常緑多年草です。原産地はメキシコで、18世紀末にスペインマドリードの植物園に...

pixta_panzy03

ビギナー向けの育てやすい植物

カラフルな花を観賞するだけではなく、現在では多くの方が育て方・栽培法を専門誌やサイトなどから得て植物を育てていらっしゃい...

pixta_anagaris

アナガリスの育て方

ギリシア語で「楽しむ」や「笑う」を意味する言葉、「アナゲラオ」が名前の由来といわれているアナガリスは、スペインやポルトガ...

pixta_yamayuri

ヤマユリの育て方

ヤマユリは、ユリ科、ユリ属になります。和名は、ヤマユリ(山百合)、その他の名前は、エイザンユリ、ヨシノユリ、ハコネユリ、...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広がっています。パンジーは交雑によって作られた植物です。その初めはイ...

SONY DSC

コエビソウの育て方

コエビソウはメキシコを原産とする植物です。キツネノマゴ科キツネノマゴ属の植物で、常緑の多年草でもあります。低木ではありま...

pixta_mokkoubara_01

モッコウバラの育て方

花の中でも王様と呼ばれるほどバラに魅了される人は多いです。そのためガーデニングをはじめる際にバラを育ててみたいと思う人は...

pixta_heraoobako

へらおおばこの育て方

へらおおばこは我が国に在来しているプラントのオオバコの仲間であり、またオオバコに似ているとされていますが、へらおおばこは...

pixta_usuyukisou

ウスユキソウの育て方

ウスユキソウは漢字で書くと「薄雪草」と書きますが、この植物はキク科ウスユキソウ属に属している高山植物です。因みに、ウスユ...

pixta_sakuranbo

サクランボの育て方

栽培の歴史はヨーロッパでは紀元前から栽培されており、中国に記述が残っていて3000年前には栽培されていました。日本には江...

スポンサーリンク

pixta_hirayamahanisakkuru

ヒマラヤ・ハニーサッ...

ヒマラヤ・ハニーサックルは、スイカズラ科スイカズラ属の植...

pixta_santyu

サンチュの育て方

サンチュの歴史は、古代エジプト時代に栽培が始まったとされ...

pixta_herenium

ヘレニウム(宿根性)...

この花に関しては、キク科、ヘレニウム属に属する花になりま...

pixta_tunberugia

ツンベルギアの育て方

ツンベルギアはヤハズカズラ属の植物でアジアの熱帯地方や亜...