大きなサツマイモを育て上げる

大きなサツマイモを育て上げる

サツマイモは特別な病害虫もなく農園での育て方としては手が掛からないし、家族でいもほりとして楽しむことできる作物です。

サツマイモの育て方

農家では電熱温床で苗を作りますが、家庭菜園では農家からバラで分けてもらうか、園芸店から購入すると少量で購入することができ、50本や100本単位が必要ならホームセンターで仕入れるのがおすすめです。

サツマイモの栽培で苗からの育て方は、病気を予防するために48度のお湯を40分ほど種芋に浸します。野菜などを作っていた場所でしたら、元肥もほとんど必要ないですが、肥料が少ない畑で育てる場合は堆肥、油かす・わら・落ち葉・米糠・石灰・鶏糞・籾殻等を土に混ぜて耕し、窒素肥料はつるばかし茂って芋が育たなくなるので避けるようにするのがポイントです。

畝間は60から70センチ、高さ30から40センチを目安に作っていきます。植え付けは、種芋からでた蔓を30センチ程度切り取った苗を使用します。5月中旬から6月末までに株間30センチ、土の温度は18度ぐらいが丁度よく、芋の収穫量を考えると船底植え、斜め植えがおすすめで、苗が小さい場合はななめ植えが良いです。

こちらのさつまいもの育て方を良く見て頂くと良いと思います♪

サツマイモの栽培時の注意点

サツマイモの種まきが完了してしばらくしたらつるが伸びてきますので、新葉が6枚ぐらいを見計らってつるの先端や草を抜いたり、土寄せをしていきます。マルチをしてもしなくても栽培できますが、敷いていけば生育初期に地温が上がって活着しやすく、雑草などの防除効果も生まれ収穫量が増えてきます。

注意点は、水はけの悪い所はサツマイモが腐ってしまうので条件が合っていない畑は無しで栽培するのが無難です。植えつけ直後にたっぷりと水を与え大きな芋を作りたい場合は、余分な場所に根を張らせないために定期的につるを裏返して栄養を特定のサツマイモへ集中させるのがコツです。

サツマイモの収穫に関して

早掘りしてからの植え付けは80日からですが、通常植え付けから120日ぐらい経過(9から11月がおすすめ)してから、サツマイモの大きさを確かめて天気の良い日に土の温度が10度以下になる前に、蔓の根元の15センチ位を残してハサミで切りとり、残した蔓を両手で引っ張って、土の中から芋を一気に引っこ抜いて収穫します。

収穫したサツマイモは、日干しか陰干を行って新聞紙などの紙に包み発泡スチロールに入れて保存すると美味しく召し上がれます。また収穫してから1週間から2週間ほど置いておくとでんぷんから糖に変わって甘くなるので、つるの先端の茎は食べる事ができます。

サツマイモの特性で室温20から30度を好み10度以下で腐るので、茎を切り取り小さな鉢にさして暖かい室内に入れて冬を越せば、来年苗としてすぐに使用する事も可能です。

サツマイモの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:サツマイモの育て方

pixta_gabera

ガーベラの育て方

ガーベラの歴史は比較的新しく、原産地は南アフリカで、元々自生していたキクの一種をイギリス人の植物採集家ジェイムソンらが本...

pixta_oobahabusou

オオバハブソウの育て方

オオバハブソウはオオバノハブソウとも言われ、古くから薬用として珍重されてきた薬草です。江戸時代に渡来した当時は、ムカデ・...

pixta_boke

ボケの育て方

ボケはもともと中国原産の落葉低木です。梅と比べてもかなり木の丈が低く、コンパクトな印象で春の花木として人気があります。 ...

pixta_starfurut

スターフルーツの育て方

スターフルーツは南インド等の熱帯アジアを原産としているフルーツです。主に東南アジアで栽培されている他、中国南部や南アメリ...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_tigaya

チガヤの育て方

この植物に関しては、被子植物で単子葉植物綱になります。イネ目、イネ科になります。園芸分類上はグラスで、毎年成長する多年草...

pixta_henrizuta

ヘンリーヅタの育て方

特徴として、まずブドウ科、ツタ属であることです。つまりはぶどうの仲間で実もぶどうに似たものをつけます。しかし残念ながら食...

pixta_serori

セロリの育て方

セロリはセリ科の食物でヨーロッパや中近東などが原産で、冷涼な湿原地域が生息地だとされています。古代ローマやギリシャなどで...

pixta_farenopusisu

ファレノプシス(コチョウラン)の育て方

学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある...

pixta_astrantia

アストランティア・マヨールの育て方

アストランティア・マヨールは、中央・西部ヨーロッパが原産のセリ科の宿根草で、生息地は主にヨーロッパからアジアの西部にかけ...

スポンサーリンク

pixta_goya_02

ゴーヤーともよばれて...

ゴーヤーは東南アジア原産の、特有の苦味があるつる性の野菜...

pixta_kanamemoti

カナメモチの育て方

カナメモチの原産は日本や中国などで、国内の生息地は伊豆半...

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西...

pixta_miyamakinbai

ミヤマキンパイの育て...

バラ科のキジムシロ属であり、原産国は日本や韓国、中国の高...