植物の栽培について アサガオの育て方

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較的シンプルです。学校の理科の授業などでも取り上げられることが多く、かなりの確率で花を咲かせられる植物と言えます。

アサガオの育て方

アサガオは通常種から育てます。大体5、6月頃にまくのが適当でしょう。アサガオの種は茶色く半月型をしています。まく際には予め2センチ程度の穴を作っておき、凹みのある方を下にして種を入れます。その後軽く土をかけ、水なを適量まき完了です。

アサガオの場合、通常1週間程度で芽が出ます。初めに左右対称の双葉が出て、その後徐々に本葉が生じてくる訳です。プランターなどから地面に移す場合には、双葉が出た頃に植え替え作業を行います。植え替え後は適宜肥料などを株の近くの地中に埋めましょう。

成長し、つるが伸びてきたならば、何か支柱となるものをたて、つるを這わせるようにします。成長期にはつるはどんどん伸びていきますので、円形の支柱などを活用して形を整えていくのです。

こちらのアサガオの育て方についても参考になります♪

アサガオの特徴

アサガオの開花は丁度夏ごろとなります。独特の円錐形のつぼみが少しずつ色づき、ある朝いよいよ開花する訳です。アサガオという名の通りこの花は午後にはしぼんでしまうことが多いです。

ほんのひとときの楽しみではありますが、管理がよければその後も次々とこうした花が咲きますので、ひと夏程度は楽しむことが出来ます。花が落ちた後にアサガオの場合には子房部分に種が生じるのが特徴です。

徐々に子房が丸く膨らみ、熟すと茶色い実のようなものになります。ここに種が生じているのです。自然に皮がはじけて種がこぼれおちることもあります。翌年に再び栽培をしたい場合にはこの時点で種を収穫しておきましょう。

こちらのアサガオの育て方も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪

アサガオの種類

このアサガオは現在バリエーションが大変豊富です。外国から入ってきた品種も最近では一般的になっています。日本製のものに比べると花びらの開き具合が若干大きく、よりふくよかで華やかな雰囲気を感じさせるのが特徴です。

花びらの先端が波打っている品種や八重咲きタイプも最近では登場しており、一見アサガオとは判別出来ない花もあります。色も定番の紫やピンクからパステルブルー、2色使いのマーブル状まで幅広いバリエーションがあるのです。

何色の花が咲くかは、双葉が出た段階である程度分かることもあります。双葉の下の茎の部分に花色に近い色が現れることがあり、その部分を見て大体の予測を付けることが時に可能となるのです。

こうした多種多様なアサガオを楽しむイベントが毎年日本では行われています。現在では全国的にも有名な催しとなっており、一つの夏の風物詩として参加者を増やしているのです。

花の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:緑のカーテンに最適な朝顔の育て方
タイトル:エボルブルスの育て方
タイトル:ヨルガオの育て方

pixta_serbatiko

セルバチコの育て方

セルバチコはイタリア原産の植物です。イタリア語で「ルケッタ・サルバティカ」といいますが、「サルバティカ」というのは「野生...

pixta_seironbenkei

セイロンベンケイの育て方

セイロンベンケイというのは、ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の植物で別名トウロウソウと呼ばれることがあります。ベンケ...

pixta_hankatinoki

ハンカチノキの育て方

ハンカチノキはミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木です。中国四川省・雲南省付近が原産で、標高1500~2000m位の標高の湿...

pixta_hetima

ヘチマの育て方

熱帯アジアを生息地とするインド原産の植物です。日本には中国を通して江戸時代に伝わったと言われています。ヘチマは元々、果実...

pixta_tubaki

植物の育て方にはその人の心があらわれます。

自宅で、植物をおいてあるところはたくさんあります。お部屋に置いておくと部屋のイメージがよくなったり、空気を浄化してくれる...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった状況とはまったく違う日常生活になっています。そうなると飢餓に慣れ...

pixta_rudobekia

ルドベキアの育て方

ルドベキアは北米を生息地としており、15種類ほどの自生種がある、アメリカを原産とする植物です。和名ではオオハンゴウソウ属...

pixta_ninniku

ニンニクの育て方

ニンニクの原産地は中央アジアと推定されていますが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたよう...

pixta_iwagibousi

イワギボウシの育て方

名の由来として、日本の昔の木造の付ける欄干や橋寺社などの手すりには飾りがあり、この欄干の先端にある飾りのことを擬宝珠と呼...

pixta_miyamakuroyuri

ミヤマクロユリの育て方

このミヤマクロユリは多年草になり、直立した茎の上部に細長い楕円形の葉を2~3段に輪生させており、茎の先に2~3輪の花を下...

スポンサーリンク

SONY DSC

エロディウムの仲間の...

フウロソウ科エロディウム属に属する品種なので、厳密には異...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育...

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウ...

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agl...

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の...

pixta_gobou

ゴボウの育て方

ゴボウは世界の中でも食べるのは日本だけとも言われています...