ラッキョウの育て方

ラッキョウの育て方

ラッキョウの生息地や原産地は中国のヒマラヤ地方といわれ、中国では紀元前から栽培されていたのです。主に薬用として利用されていて、日本に伝わったのは平安時代です。当時は日本でも薬用として利用されていて、江戸時代になると食用として食べられるようになったのです。日本屈指のラッキョウの産地である鳥取県で砂丘らっきょうが栽培されるようになり、江戸時代の参勤交代の付け人が持ち帰ったことから始まったとされています。

ラッキョウの栽培準備

2年越しの栽培では分球して小さめになり、普通の育て方でも球を3球ずつ植え付けると小さめの球が多めに取ることが出来ます。普通栽培で植えつければ、普通の大きさの球になります。普通の栽培と2年越しの栽培共に8月下旬から9月下旬に植え付けを行います。ラッキョウは連作障害が出にくい野菜ですが、初心者は1年以上は栽培していない場所を選びます。

特にねぎや玉ねぎを作ったあとの畑は連作障害が出やすいので注意します。生育期間も長いため、ローテーションが必要ない場所を選ぶことも大切です。球根を植え付けてから1年から2年は栽培するので広く畑を取るのではなく、他の野菜も育てられるようにスペースを考えて植え付けます。植え付けの時期までに球根を用意して、予定に合わせて植え付けをする日を決めておきます。

ラッキョウは種付けを行わず、球根から栽培します。種付けを行わないので新しい球根を購入して、育てます。植え付けをする日が決まったら、畑を耕しておきます。2週間前から石灰と元肥を混ぜて、1週間前には化成肥料を入れて耕します。やせ地でも砂地でも育つので、どのような環境の畑でも大丈夫です。古い土を再利用する場合には日光に当てて消毒をしたり、専用のリサイクルの土などを加えて再生させることが大切です。

プランターで育てたいときは浅いプランターを選ばずに、根がしっかり奥まで生えるように深めの容器を選びます。移動しやすいような軽いもので、水はけが良いものを選ぶことも大切です。底には水を溜めたりせずに、水はけが良くなるように工夫することも重要です。球根は1球ずつばらして枯葉を取り除いて、1球ずつ畑に植えていきます。余分な枯葉を取り除いて、白い球根を畑に植えます。

また小さな球を沢山取りたいときには、3球ずつ植えていきます。くわ幅で5センチの深さを作って、10センチの幅を取って2列に並べて植え付けを行います。高さや深さには細かい決まりはないので、自分の感覚や好みに合わせて耕しても大丈夫です。植えつけたら厚さ3センチの土を被せて、植え付けは完了です。深植えをすると収穫量が減ってしまうので、土を被せるときには注意が必要です。植え付けが終わったら、たっぷり水やりを行います。

ラッキョウの育て方

育て方のポイントは日当たりが良く、風通しや水はけが良いことが大切です。生育温度は20度から30度で、暑さにはとても強いのが特徴です。追肥は芽が出た頃に1回目を行い、化学肥料を10グラム程度土の表面に蒔きます。草丈が10センチ以上になる秋ごろには、2回目の追肥をします。このときは土の表面に蒔くのではなく、土と混ぜ合わせるようにします。

育て方で大切な水やりは、表面の土が乾いたらたっぷり与えるようにします。一度でたっぷりの量を行いますが、プランターで育てているときは水はけの良い土を使うようにします。水はけが良くならないと、球根が腐ってしまうので注意します。2か月に1回除草をするついでに中耕をしたり、液肥や化学肥料で追肥もします。動物や虫による被害も少ない野菜なので、その他はそのままにしておいても大丈夫です。またラッキョウは種付けがないので、鱗茎で殖やします。

収穫は新球を植えた翌年の3月下旬から4月中旬ごろで、葉が青く柔らかいうちに収穫します。葉先が枯れ始めたら、収穫の適期です。葉が枯れてしまってから収穫をすると食べられる部分が固くなってしまうので、早めに収穫します。収穫をするときは必要な量を移植ごてなどで掘り返して、掴んで引き抜くようにします。

掘り返した部分は新しい土を足して、倒れないように補強しておきます。植え付けの2年から3年後に収穫すれば、実の締まった小さな粒のらっきょうが沢山収穫することが出来ます。茎部分を柔らかく育てるためには、こまめに土寄せをします。植え付けから1か月経ってから1か月に一度の間隔で、収穫までに4回程度株元に土をかけます。

ラッキョウの活用方法

種付けや植え付けをして沢山のラッキョウを育てたら、長く食べられるように漬物などにします。ラッキョウの茎と根をカットして、両側の切り口から芽が出てこないようにします。ザルに入れて流水で軽く洗って、薄皮が剥がれ落ちるようにします。1キロのラッキョウに対して一掴みの塩をまぶして、再度水洗いをして塩を取り除きます。ザルに上げてしっかり水切りをして、鍋にたっぷり沸かしたお湯にラッキョウを入れます。

お湯に入れるときにはザルごと入れて、さっとくぐらせる程度に浸します。一気に湯切りをして、そのまま冷ましておきます。煮沸消毒した容器にお酢などで作ったラッキョウ酢を入れて、そこにラッキョウを入れて保存します。漬けてから10日で食べることができ、数か月経てば美味しく食べることが出来ます。必ず保存をするときには冷蔵庫など、冷暗所で保管することが大切です。

ラッキョウの歴史

ラッキョウの生息地や原産地は中国のヒマラヤ地方といわれ、中国では紀元前から栽培されていたのです。主に薬用として利用されていて、日本に伝わったのは平安時代です。当時は日本でも薬用として利用されていて、江戸時代になると食用として食べられるようになったのです。日本屈指のラッキョウの産地である鳥取県で砂丘らっきょうが栽培されるようになり、江戸時代の参勤交代の付け人が持ち帰ったことから始まったとされています。

当時は少数の人々や農家で栽培されていたのですが、大正初期には本格的に生産や販売を行うようになります。その後も砂地や荒廃地、干ばつに強いことから栽培する農家が増えたのです。昭和40年代になるとラッキョウに独特の味付けを施し、お土産品として全国に伝わるようになります。鳥取県の代表的な野菜として広がり、ブランド化にも成功しています。明治以降には鹿児島や宮崎などでも栽培されるようになり、国内でも広い範囲で育てられるようになったのです。

ラッキョウの特徴

ラッキョウは鱗茎が肥大したもので、暑さに弱く寒さに強い食物です。旬は6月から7月の初夏で、花言葉はつつましいあなたです。花は茎先から散形花序を出して、薄い紫色の小さな花を沢山付けます。玉ねぎにも含まれている硫化アリルという成分が独特の刺激臭を与えていて、辛みがありシャキシャキとした食感が特徴です。ねぎやニンニクなどと同じように、硫化アリルといわれる硫黄化合物が多く含まれているのが特徴的です。硫化アリルにはがんの予防や、体内の疲労物質を分解する効果があります。

毎日少しずつ食べるだけで、生活習慣病やがん、疲労回復にも効果的です。さらにビタミンB1の吸収率を上げることができ、新陳代謝を活発にして脳機能の活性化などにも効果があります。カルシウムや鉄分、リンやナトリウム、食物繊維などの成分を含んでいます。食物繊維は通常野菜からは摂取することが出来ない水溶性の食物繊維なので、食物繊維の量が多いのが魅力です。

ごぼうの3倍以上の食物繊維が含まれているので、お腹の調子を整える効果があるのです。ラッキョウとよく間違われるエシャレットは元々同じものですが、食材や使用方法としての違いがあります。また栽培方法も異なり、市場に出回る時期にも大きな差があります。ラッキョウは5月から6月の短い期間に出回るのが特徴ですが、エシャレットは通年出回っています。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ラディッシュの育て方
小かぶの育て方

pixta_itosugi

イトスギの仲間の育て方

イトスギはヒノキ科イトスギ属に属するイトスギの仲間を総称しています。サイプレスやセイヨウヒノキと呼ばれることもあり、主に...

pixta_eboruburusu

エボルブルスの育て方

エボルブルスは原産地が北アメリカや南アメリカ、東南アジアでヒルガオ科です。約100種類ほどがあり、ほとんどがアメリカ大陸...

pixta_akkesisou

アッケシソウ(シーアスパラガス)の育て方

アッケシソウはシーアスパラガスと呼ばれているプラントであり、国内総生産第一位の国が属している地帯などの寒帯の地域を生息地...

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤとされており、暖地の山中に自生し、広く分布しています。主な生息地...

pixta_komatsuna

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅...

pixta_noazami

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

pixta_zeranium

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの主な原産地は南アフリカです。南アフリカを中心にオーストラリアや中東などの広い範囲を様々な種類が生息地としてい...

pixta_goya_01

ゴーヤーの育て方について

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわからないという人が大半でしたが、ここ10年位の間に全国的な知名度が...

pixta_simania

シーマニアの育て方

シーマニアは、南アメリカのアンデス山脈の森林が原産の植物であり、その生息地は、アルゼンチンやペルー、ボリビア等の森林です...

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひとつですが、ハーブでもあり、花も鮮やかなのでファンもたくさんいる矢...

スポンサーリンク

pixta_komakusa

コマクサの育て方

高山植物の女王とも呼ばれているコマクサは高山に咲く高山植...

pixta_rubabu111

ルバーブの育て方

ルバーブはタデ科カラダイオウ属に分類されている、シベリア...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラ・メディ...

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、...

pixta_banana11

バナナの育て方

バナナの歴史は非常に古く紀元前10000年前には既に人間...