ワーレンベルギアの育て方

ワーレンベルギアの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類2、キク目、キキョウ科、キキョウ亜科となっています。かなりややこしい属になります。種類が多い花になりますからしかたがないかもしれません。茎に関しては非常に細いです。そしてまばらに枝分かれするようになっています。

育てる環境について

花を栽培するとき育て方として適している環境としてはどういった所が良いか確認しておく必要があるでしょう。まずは日当たりが基本となります。1年を通して日当たりに当てるようにします。しかし夏に関しては異なる管理が必要になります。夏のみは半日陰での管理をするようにします。それは日本の夏の高温多湿の状態に弱いためとされています。

ですから、切り戻しをして半日陰に移動させるようにするのが良いとされています。その他の季節における管理としては、春と秋においては日当たりが十分当たるところにします。日当たりがないと花つきが変わってくることがあります。そのために1年を通して日当たりが重要とされます。夏だけ少し特殊なので、移動させるなりが必要になります。

移動させるのが面倒であれば、夏だけ遮光シートなどで光を調節することで対応できる場合があります。冬に関してはそれ程強くありません。ですからそのままにしていると枯れてしまうことがあります。冬においても日当たりが重要になります。ではどのように管理していくかですが、日の当たる軒下が良いとされています。

これは住宅の作りにも影響してくるでしょう。軒下が必ずしも日が当たるとは限らないからです。ピッタリの場所があればそちらを利用するようにします。冬に関しては暖地なら冬越が可能です。0度が限界温度とされているので、それ以下になるようなところであれば考える必要が出てくるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

植え付けの基本としては春に行うことになります。たねから行うよりは苗が出まわるのでそれを利用することが多いかもしれません。苗については仮の入れ物に入った状態になっているので、必ずプランターや庭に植え替えをするようにします。人によってはそのまま管理しようとすることがありますが、多くの場合それは植木鉢の役割を果たしません。

小さいですし、水はけなども良くありません。用土に関しても仮のものが使われたりしていることがあり、根からしっかりと土を取ったほうがいいこともあります。この植物に関しては通常の親方で問題ありません。65センチのプランターであれば3個は植えることが出来るでしょう。株同士に関しては20センチほど離すようにします。

あまり近いと根同士が絡んでしまうことがあります。それ程早く伸びるわけではないですが、ある程度は離していたほうが安全に管理することができます。利用する用土に関しては一般的に売られている市販の花と野菜の土を利用します。こちらについてはそれなりの通気性、水はけ、水もち、更に腐葉土なども含まれているいわば万能土になります。

多くの植物はこれで植えつけることができます。少し通気性を良くしたい場合にはこれに川砂を混ぜたものを利用します。そうすることで水はけを良くすることができます。プランターで管理をすれば、場所の移動が比較的しやすくなります。夏は半日陰に移動させて、その他は日当たりに置きます。

増やし方や害虫について

増やし方としては、種まきをすることができます。行う時期としては4月頃がいいでしょう。赤玉土などを使ってまいておき、薄く土をかぶせるようにします。芽が出てくるまでは乾かさないのが基本的な管理方法になります。芽が出るようになったら混み合っている部分を間引くようにします。そのまま育ててはいけません。その後植え替えなどをしながら管理をします。

咲くのは次の年になることが多いです。株分けをすることもできるので行うようにしてみましょう。行うのに適している時期倒しては秋以降です。目安としては地上部分が枯れたときです。なぜよいかですが、この時には生長がある程度止まっているからです。株分けはいわば株を傷つけないとできない作業で、あまり生長をしている時にはするのは好ましくないとされています。

秋以降であれば問題なく行うことができます。根を掘りあげてみてそれに芽がついているかどうかを確認します。これは次の年に伸びていく部分でこれがないとたんなる根だけになります。それでは次の年に芽を出してくれません。芽がついていることを確認して、カッターなどで切るようにします。

手で引きちぎるよりはナイフなどでスパッと切ったほうが傷としてはつきにくくなります。切ったあとは植え付けて水をたっぷり与えるようにします。害虫としてあるのはアブラムシがあります。こちらは他の植物にもいる可能性があるので、管理をしなければいけません。ハダニも出ることがあります。

ワーレンベルギアの歴史

夏に咲く花に関しては夏らしい明るいタイプのものもあれば、涼しさを感じさせるような花もあります。どちらが好みかについてはそれぞれの人によって異なるでしょう。暑い夏が好きな人にしてみれば黄色など太陽を意識したような色がいいでしょうし、涼し気なタイプが好きであれば青色や紫色などの色を好むことが多くなるかもしれません。

そんな夏の花の一つとしてあるのがワーレンベルギアと呼ばれる花です。別名としてはヒナギキョウと言われることもあります。原産に関してはいろいろなことが言われています。北アメリカの方、アフリカの方と言われることもあります。しかし生息地としては日本もあります。日本においては本州から沖縄において広く見ることが出来る花の一つとされています。

日本付近では朝鮮半島や中国、東南アジア、オーストラリアにおいても見ることが出来る花として知られています。自生しているタイプとしては基本的には一重のシンプルな花になりますが、改良されたタイプとして八重咲きのタイプがありそちらが人気になっているようです。

八重咲きだと花びらがたくさんありますから豪華に見えます。また色が濃く見えるようにも感じます。そのことから人気になることがあるようです。こちらにおいては園芸店であったり、ホームセンター等で見ることが出来るようになっています。花が咲いているときに購入することもあるでしょうし、苗の状態、種の状態などで買うこともあるでしょう。

ワーレンベルギアの特徴

特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類2、キク目、キキョウ科、キキョウ亜科となっています。かなりややこしい属になります。種類が多い花になりますからしかたがないかもしれません。茎に関しては非常に細いです。そしてまばらに枝分かれするようになっています。茎において縦筋が入っています。

毛も生えているのが特徴といえるでしょう。葉っぱに関しては、茎の下の方に主についています。茎の上の方にはついていません。茎の上のところには花がちょこんとついているのみになります。葉っぱにおいては、株のものは線状披針形になっていてそれ程枚数は多くありません。緑色をしていますが、白みがかっている色になります。

基本的な葉っぱとしてはギザギザになっている状態ですが、全てがそのようになっているわけではなく、滑らかになっていることもあります。いくつかのタイプによって少し異なります葉の先端部分については尖っています。基部に関してはどんどん細くなります。そのために葉柄についてはよくわかりにくい状態になっています。

よく見ないといけないかもしれません。花においては、基本の色としては青紫色となります。花茎の枝差において1つずつつけるのが基本になります。花茎に関しては細いですがしっかりと立ち上がった状態です。長さが20センチ以上になることもあります。葉っぱがつく枝に比べると相当上に出るので、花がそれぞれ孤立しているように見えることがあります。花は5ミリから6ミリぐらいで人の指咲きよりも小さいくらいです。

pixta_kuri

クリ(栗)の育て方

クリの歴史は非常に古いものであり、縄文時代の遺跡である三内丸山遺跡からも数多くの栗が出土しています。そのため有史以前から...

pixta_bazil_02

バジルの育て方

原産国や生息地はインド地方といわれ、ヒンドゥー教の神に捧げる高価な植物だったのです。人々の幸福を願う意味が込められ、寺院...

pixta_esknasans

エスキナンサスの育て方

エスキナンサスとは、イワタバコ科の観葉植物です。半つる性で赤い花をつけるこの植物は、レイアウトをすることで、南国風のエキ...

pixta_karin

カリンの育て方

カリンは昔から咳止めの効果があると言われてきており、現在ではのど飴に利用されていたりします。かつてはカリン酒等に利用され...

pixta_jakaranta

ジャカランダの育て方

ジャカランダは世界三大花木の一つとして知られており、日本では数多くあるジャカランダの品種の内の一部が栽培されています。日...

pixta_difenbakia

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはサトイモ科ディフェンバキア属で原産地や生息地は熱帯アメリカです。和名にはハブタエソウやシロガスリソウと...

pixta_jinia

ジニアの育て方

ジニアはメキシコが原産の植物です。生息地はメキシコあたりで、1,796年にスペインへともたらされます。スペインの首都マド...

pixta_benkeisou

ベンケイソウの育て方

ベンケイソウは北半球の温帯や亜熱帯が原産の植物です。ベンケイソウ科の植物の種類は大変多く、またその種類によって育て方は多...

pixta_pepromia

ペペロミア(Peperomia ssp.)の育て方

ペペロミアの原産地はブラジル、ボリビア、エクアドルなどで、主な生息地は熱帯や亜熱帯です。約およそ1400種類もの種類が存...

pixta_sistas

シスタスの育て方

シスタスは、ロックローズとも呼ばれる花になります。大変小さくて可愛らしい事から、ガーデニングをする人に大変人気があります...

スポンサーリンク

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方に...

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜...

pixta_murasakikatabami

ムラサキカタバミの育...

この植物は、カタバミ科カタバミ属の植物で、日本にもカタバ...

pixta_naganegi_01

誰でもできる植物の栽...

植物を初めて栽培すると言う事は、育てたことがない人 にと...

pixta_abokado

食べ終わったアボカド...

最近、美容にとてもいい効果があるとしてハリウッド女優やモ...