フェイジョアの育て方

フェイジョアの育て方

フェイジョアは1890年にフランス人の植物学者であるエドアールアンドレによってヨーロッパにもたらされた果樹です。元々は原産地であるウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部に合ったものをヨーロッパに導入したのです。

育てる環境について

フェイジョアを育てるのであればいくつかのポイントを抑えておくことが必要です。まずは大方の植物がそうであるように日光を好む性質がありますので庭に植え付ける場合には日差しの良い場所を選ぶようにしましょう。庭に植える場合にはその位置に注意し、

鉢植えで育てるのであれば置き場所に注意しましょう。このフェイジョアは生垣に便利な植物ですのでその用途で使用するのであれば日当たりが良くないということは少ないでしょう。先述したとおり自家受粉が出来ない品種ですので人工受粉するにしてもある程度の本数を並べておくことが、

有効に機能すると考えられます。ただ単に並べておくだけでも風や虫が花粉を運んでくれることを期待することが出来ますが、人工的に花粉を付けてあげることでより確実性が増すでしょう。あまり背が高くない果樹であるという特性もありますのでこの様な方法も頭に入れておくことをおすすめします。

フェイジョアの品種には小果から大果までたくさんの種類があります。マンモスやトライアンフなどと呼ばれる大きさを強調するような品種名のものがありますが、味に関して言えば大きいものはあまり芳しくないのが現実です。

どちらかと言えば従来から出回っている小ぶりな果実の方が食べておいしいと感じることが多いでしょう。熟して香りを発するようになったら食べごろになりますので果実の味を楽しむこともできるでしょう。フェイジョアはその様な楽しみ方が出来る果樹なのです。

種付けや水やり、肥料について

フェイジョアは3月下旬から4月中旬にかけて植え付けや植え替えを行うことが適切です。鉢植えで育てている場合には二詰まりを起こして成長を阻害してしまうことがありますのである程度の期間の間には行うようにする必要があります。

およそ2年に一回は行っておかないと弱くなってしまうでしょう。根詰まりを防いで風通りを良くすることで成長を促進させる効果が期待できます。水やりに関しては適度に行うことが推奨されます。鉢植えで育てているのであれば表面の土が乾いたらたっぷりの水を与えることが推奨されます。

庭に植え付けている場合も土の質や種類にもよりますが、幼木を大きくしたいという目的であれば夏にたっぷりの水やりをして大きく枝を伸ばしてあげることが有効に機能すると言えるでしょう。水はけの良い土に水持ちの良い性質を持たせ、

さらには適度な水やりを行うのであれば土の種類にはそれほどこだわりません。一般的な土で十分育つと言えるでしょう。肥料は庭植えの場合には3月と10月に、鉢植えで栽培している場合には3月、7月、10月も有機肥料化即効性化成肥料を撒くと良いでしょう。

適切な肥料を使用することで成長促進にもなりますし、結実した場合の品質にも影響を及ぼすことになるでしょう。形を整えるための剪定を行い、化と押しを良くすることもフェイジョアを健康に維持するためには必要なことですが、花の付く花芽を切り落とさないように配慮する必要はあります。

増やし方や害虫について

フェイジョアは無農薬でも簡単に育てることが出来ると言う特徴がある様に、日本において特に心配する必要がある害虫も病気もありません。そのため庭木としては非常に一般的な選択肢として選ぶことが出来るのが特徴です。よほどのことが無い限りは心配する必要はないと言えるでしょう。

一方でフェイジョアを増やして行こうと考えているのであればつぎ木が一般的な選択肢となります。4月中旬または下旬に休眠期つぎを行うのが基本となります。あるいは6月上旬から7月にかけてさし木をしても良いですし、6月中旬から7月中旬にかけてとり木をするのも選択肢の一つとなります。

この様な方法で増やしていくことが可能です。フェイジョアの手入れ、メンテナンスとしての剪定は3月上旬から4月の中旬にかけて行うと良いでしょう。強く切り詰めるよりも間引き程度にした剪定の方が良い結果になります。大きくて良い果実が付くのは下誰している弱めの枝ですので、

その様な枝を多く残すようにするのが工夫です。その様な花芽の付く枝を切り落としてしまうと実がならなくなりますので注意しなくてはなりません。花が付いて実がなるのは一般的に前年枝の枝先部分です。その辺りの数節に花芽が付いて、

そこから新梢が伸びて花をつけ、実をなします。そのため剪定でその可能性のある部分を切り取らないようにすることが選定をする上での様注意事項であると言えるでしょう。この辺りは時間をかけてでも間違いの無い様に行いましょう。

フェイジョアの歴史

フェイジョアは1890年にフランス人の植物学者であるエドアールアンドレによってヨーロッパにもたらされた果樹です。元々は原産地であるウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部に合ったものをヨーロッパに導入したのです。その後ニュージーランドに1930年代後半頃に持ち込み、

その後は商品作物として作られるようになりました。日本にも同じ頃に持ち込まれましたが、実がなりにくいという特徴があったため、果樹としての普及はしなかったと言われています。その後品種改良が進み、結実しやすい品種が上手rてきてはいますが、

日本において国産の果樹として生産されることはなく、日本においてフェイジョアは海外の果物の扱いのままになっています。一方で庭木としての選択肢は残っており、生垣に丁度良いという考え方を持つ人も少数ながら存在しています。そのため現代日本においては、

庭木としてフェイジョアが若干程度利用されていると言えるでしょう。海外においては、商品作物を生み出す果汁として盛んに栽培されている品種ではありますが、日本ではその様な形での普及は最後までありませんでした。フェイジョアと言う果物を見たこともないと言う人は非常に多いと考えられており、

今も昔も一般的な食べ物にはなっていません。しかしそれでも一般家庭の庭先に実を付けることがある果樹として生息しています。正しい育て方を知っていなければ自家受粉しないために実をつけにくいという性質がありますので、それなりの努力が求められる庭木になっています。

フェイジョアの特徴

フェイジョアはウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部などを原産とする中高木の果樹であり、フトモモ科アッカ属に分類される植物として知られています。中程度の大きさの木ですのである程度のスペースがあれば育てることが出来る樹木であり、

美しい花と香りのよい実を付けることが特徴となっている果樹として知られています。日本においてはそれほど一般的なものではなく、是非とも庭に植えたいという種類のものではありませんが、常緑性の樹木であり生垣に向いているということから選択肢に上る可能性はあるでしょう。

日本の気候は本来の生息地のそれとは少し異なりますので暑さには強いのですが寒さには若干弱い傾向があります。栽培自体は容易であり、無農薬でも簡単に育てることが出来ます。しかしながら一本の果樹で受粉することが出来ない種類の樹木であるために、

実をつけたいと考えているのであれば複数の樹木を用意して植える必要があります。そうしなければ実を付けることはないでしょう。自然に任せるのも一つの手ではありますが、日本において一般的な植物ではありませんのでフェイジョアの実を求めるのであれば複数本の木を一緒に植えると言う選択肢を取る必要があると言えます。

その条件さえ満たせば比較的実をつけやすいのが特徴ですのでそれほど苦労することなく実を得ることが出来ます。驚くほどおいしいというものではありませんが、実を食べることも可能です。グリーンの果実からは良い香りがするのが特徴です。

pixta_nasutachiumu

ナスタチウムの育て方について

鮮やかなオレンジや黄色の花をたくさん咲かせるナスタチウムは、ハーブの一種に分類される植物です。ハーブと言えば、花が咲いた...

pixta_rodansemamu

ローダンセマムの育て方

ローダンセマムの開花時期は春から初夏の間です。一般的な色は、薄く淡いピンク色やホワイトなどがあります。ひまわりのように丸...

pixta_okisipetaram

オキシペタラム(ブルースター)の育て方

オキシペタラム(ブルースター)は和名では瑠璃唐綿と呼ばれるトゥイーディア属キョウチクトウ科の植物です。原産はブラジル南部...

pixta_gennoshouko

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジア...

pixta_iwatidori

イワチドリの育て方

イワチドリは、ラン科ヒナラン属の球根の多年草です。本州では中部地方より西の範囲に生息地としており、さらに四国地方にも自生...

pixta_iberis

イベリスの育て方

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの...

pixta_aeonium

アエオニウムの育て方

アエオニウムはアフリカ大陸の北西の北アフリカに位置するカナリー諸島原産の植物です。生息地は亜熱帯を中心に多くく見られる植...

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとし...

pixta_pakipodexim

パキポディウムの育て方

パキポディウムは、アフリカやマダガスカルなどに分布している多肉植物です。約20種類ほどが分布しています。幹があまり太らな...

pixta_dokuzeri

ドクゼリの育て方

ガーデニングなどの植物を育てるということは、本来自然にある自生の植物を自分の所有する庭に囲い込み、好みに合わせた箱庭を作...

スポンサーリンク

pixta_gurajioras

グラジオラス(夏咲き...

園芸植物として人気の高いグラジオラスは、200種類前後の...

pixta_torikabuto

トリカブトの育て方

トリカブトは日本では”鳥兜”または”鳥冠”の由来名を持っ...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て...

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisja...

pixta_ritops

リトープスの育て方

この植物についてはハナミズナ科とされています。同じような...