ブラックベリーの育て方

ブラックベリーの育て方

ブラックベリーの始まりは古代ギリシャ時代までさかのぼることができるほど古いです。このブラックベリーは人々から野生種として重宝されてきました。保存をして食べることができるるのも、ブラックベリーが重宝されてきた理由です。

育てる環境について

栽培においての難しさが少ないのもブラックベリーの良いところです。この美味しいフルーツの育て方環境は、ある程度の面積を用意しておくことでできます。ですから自宅の庭で育てることもできれば、鉢植えの形を選択して育てることも可能です。

また農薬を与えることなく、無農薬で作れるのもブラックベリーの大きなポイントです。とくに育てる環境にもっとも好ましいのは、日当たりのよいスペースです。ブラックベリーは日光を求めるからです。土の状態については、有機質を多く含んだ土壌が相性が良いです。

また排水においてもスムーズな土壌も同じことが言えます。自植えを行う方は、ブラックベリーが成長しある程度枝が出て伸びることで大きくなるということも視野にいれ、余分なスペースも計算内に含んでおくとよいです。成長する過程で、剪定などの対策を行うことも使用する面積内で育てるために必要です。

プランターを用いる場合は、サイズが大きめなものがお勧めです。またプランターの底が深いものが育てる環境として合います。仮に日当たりが最適な場所でない場所で育てても、ブラックベリーは育つことは育ちますが、実の出来上がりに差が生じることは無視できません。

日光が良好な場所で育てられた環境が、もっともブラックベリーの実を甘くします。逆にこの条件に配慮をするだけで、冬の寒さ対策に注意を払うことはないのです。ブラックベリーは、冬の間は屋外で育てることができます。

種付けや水やり、肥料について

種付けや植え付けに関しては、12月頃から2月頃にかけて行います。植え替えは2年から3年の間に1回は行うことで、通気がスムーズになり根が詰まることが防止されます。肥料に用いるのは、有機質肥料および速効性化成肥料のどちらかが元肥となります。

2月に行うこの作業は、間をあけて再度6月と9月に追肥を行います。庭植えのケースだけがこの過程に当てはまるのではなく、鉢植えのケースにおいても同様の時期にどちらかの肥料で行ってください。水やりは適切に十分行うようにします。プランターの場合、よく目で観察することが大切です。

土表面のが白く乾いてるように見えたら、それはサインです。表面が乾くことは乾燥している状況を意味します。プランターや鉢底の部分に設けられている穴から、与えた水が少し流れくらいが水やりとして十分な量の水の目安になります。耐熱性が比較的強いですが、

それでも真夏の暑さで日照りが過酷な場合は、いくら庭植えで雨の影響を受け水分を吸収する庭植えでも、水やりは必要になります。逆に梅雨の時期は雨を避けることが望ましいです。その理由は実が腐らないようにするためです。害虫の影響や病気はほとんど少ないですが、

幾分か梅雨の時期には弱い傾向にあります。水やりは1日に1回から2回は行ってください。肥料の与えるタイミングに注意することでそこまで大変は手入れはしなくてすみます。もし植える土地が痩せているなどの場合は、与える肥料に工夫をこらすことがよいです。

増やし方や害虫について

初心者にお勧めされるほど他のものと比べて簡単にできる利点からもわかるように、害虫の心配は特にありませんが、成長したつるの部分が地面に接してしまう状況は避けたほうが賢明です。地面から虫が近づいてくる恐れも予想できます。

さらに実を土の跳ね返りから防ぐことで、実が傷つけられることを防げます。仮に害虫被害を受けた場合でもマシン油で対策をとり解決することができます。注意した害虫はモモチョッキリゾウムシ、カイガラムシ、コガネムシのようなものがあがります。

とくにカイガラムシは要注意の害虫です。このカイガラムシは育った茎葉の部分に付着する害虫です。これが付着することで、吸汁の被害を受けてしまうからです。新梢や花穂の部分が食害の被害を受けるのが、先にあげたモモチョッキリの害虫ややコガネムシの害虫の仕業になります。

的確な駆除方法をとることが成長を妨げる要因から遠ざけるポイントとなります。増やし方は、さし木の場合は6月から7月に緑枝ざし行い、根ざしは2月から3月にとりかかります。とり木であり、今現在栽培している株のものからさらに増加させることを希望する方は、

次のような作業を行ってください。地面につるの先がつき発根したまず取り除くのです。取り去った後に利用します。この地面についたつるが発根すると厄介で、トゲなどの問題も出てきて危険なので取り除く作業が一番です。強い繁殖のパワーを持っているので、希望とおり繁殖をしてくれます。

ブラックベリーの歴史

ブラックベリーの始まりは古代ギリシャ時代までさかのぼることができるほど古いです。このブラックベリーは人々から野生種として重宝されてきました。保存をして食べることができるるのも、ブラックベリーが重宝されてきた理由です。

もちろん取れたての生食としてもブラックベリーは最適ですので、その点も大きな魅力でした。ヨーロッパ初めの時代に移り住んできた移住者にもこの自生のブルーベリーは大きな利用価値があり、長い時間の世紀にわたり根強い存在感をもっていました。

豊富なビタミン栄養素とブラックベリーの持つ風味がさまざまな時代の人々の食生活に寄り添い、その自生のたくましさは、食としての活用だけでは終わりません。ヨーロッパでは垣根の作りに利用されていたほどです。日本にこのブラックベリーがきたのは、明治の初期になります。

この食品の導入は、北海道の開拓使によって行われたのです。アメリカでの導入はどのような形で行われたかというと、その年代は約1930年の初期になります。そのままのブラックベリーを取り入れるのではなく、品種改良のプロセスをとりました。アメリカにおいての農務省の機関と州の研究所の連帯により、

この食品の育種が開始されたのです。ですからこの過程のプラグラムにより、独自の改良されたブラックベリーが誕生しました。先にあげた古代ギリシャ時代から収穫されたブラックベリーは生の状態から、ジャムの加工食品としての調理方法で時代が進むにつれて変化も遂げました。

ブラックベリーの特徴

この食品の特徴は栽培の初心者にも優しいところで、原産は北アメリカの東部になります。農耕地がこのフルーツの生息地です。美容面や健康面において摂取するとよいと言われているビタミンCを多く含でいます。女性が悩まされる様々な症状にもこの果物の効果は絶大です。

更年期障害などの多様な症状にも含まれる栄養素が素晴らしく作用します。バラ科のキイチゴ属にあたります。味の特徴はビタミンCの多さに比例するように、甘酸っぱさが挙げられます。しかしすべてのブラックベリーがそうなのではなく、タイプによって異なります。

ですから甘酸っぱさを持つブラックベリーもあれば、比較的そのような風味が少ないブラックベリーも存在します。前者の場合はジャムとして活用でき、後者の場合は生でいただくことができるのが特徴です。ブラックベリーの甘さが最も最大になる時期は、完熟時です。

実の硬さもなくやわらかく、酸味が抑えられた甘い実を楽しむことができます。暑さに強く、寒さにも強いところもポイントとなる特徴で、初心者の栽培に向いているものであるのもうなずけます。低木の形態で受粉木は必要としません。またつる植物ですので、つるが成長し伸びることで増やすこともできます。

果物の名前から黒色のバージョンだけかと連想ちがちですが、黒色だけが存在するわけではありません。呼び名は同じでも、赤色のバージョンもあります。黄白の色を帯びたものもあります。実の中では小さな種を確認することができます。

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いています。地中海沿岸が原産の野菜であり、最初の利用は麦畑を生息地と...

pixta_trenia

トレニアの育て方

トレニアはインドシナ半島原産の植物で、東南アジア・アフリカなどの熱帯の地域を生息地として約40種が分布しています。属名t...

pixta_pafiopenadim

パフィオペディラムの育て方

パフィオペディラムはランの仲間です。熱帯から亜熱帯アジアに約70種が分布しており、東南アジアから中国南部、インド、インド...

pixta_minarobata

ミナ・ロバータの育て方

花の種類としては、ヒルガオ科、サツマイモ属、イポメア属とされることもあります。さつまいもの仲間であるようです。園芸上の分...

pixta_kamassia

カマッシアの育て方

カマッシアの原産は北アメリカ合衆国の北西部です。生息地も北アメリカ合衆国を中心に6種類が分布されています。カマッシア・ラ...

pixta_boriji

ボリジの育て方

この花については、シソ目、ムラサキ科、ルリジサ科に属するとされています。一年草なので1年で枯れてしまいます。高さとしては...

pixta_sirasagikayaturi

シラサギカヤツリの育て方

シラサギカヤツリはカヤツリグサ科の多年草です。シラサギの名前からもわかるように、花を咲かせた姿が白鷺が舞っているようにも...

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガスカル島と熱帯アフリカを生息地とし、およそ200の種類があります。...

pixta_miyamazenko

ミヤマゼンコの育て方

ミヤマゼンコは日本の本州中部を原産地とし、亜高山~高山にかけて生息するセリ科の高山植物です。「ゼンコ」とはノダケ(ノゼリ...

pixta_kanpanyura

カンパニュラの育て方について

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせるキキョウ科の植物です。草丈が1m近くまで伸びる高性タイプの...

スポンサーリンク

pixta_janohige

ジャノヒゲの育て方

ジャノヒゲはユリ科ジャノヒゲ属の多年草植物です。アジアが...

pixta_yamahotarubukuro

ヤマホタルブクロの育...

キキョウ目キキョウ科キキョウ亜科ホタルブクロ属の植物で、...

pixta_shikuramen

植物の育て方について...

世の中に動物を家で飼っている人は多くいます。犬や猫、爬虫...

pixta_heriotop

ヘリオトロープの育て...

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリ...