二十日大根の栽培方法

二十日大根の栽培方法

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます。家庭でできる野菜の栽培の中でも二十日大根の育て方はとても簡単です。小さいお子さんと一緒に作ってもいいですね。

二十日大根の育て方

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます。家庭でできる野菜の栽培の中でも二十日大根の育て方はとても簡単です。小さいお子さんと一緒に作ってもいいですね。

まず、二十日大根の種まきをやってみましょう。まくときは土に筋を作って種まきをしやすくします。これを筋蒔きと言います。育てたい量に応じて筋の数を増やしてくださいね。筋を作ったらそこにパラパラと種をまきます。

二十日大根の種はとても小さいので、風で飛ばないように土をふんわりとかけてあげましょう。ただ、二十日大根の種は嫌光性といって光があたると発芽しにくいですから、種が土から顔をださないようにしてあげてください。

ここまできたら、あとは種にお水をかけてあげれば第一段階終了です。お水をあげるときは、柔らかいシャワーであげてくださいね。種が水で流されてしまいますから。さて、あとは毎日観察とお世話をしてあげましょう。

二十日大根の水やり

二十日大根の水やりは芽が出るまでは土が乾かないように毎日あげてください。暖かい時期であれば2~3日で芽が出てくると思います。ここで、初めて家庭菜園をされる方にちょっとした試練が待っています。

二十日大根の種はとても小さいため筋に沿ってパラパラまきますが、このやり方だとどうしても密集して芽を出すので、せっかく顔を出した芽を抜いて間引きという作業をしなければならないのです。

この作業、初めての方からすると可哀想な気がして躊躇するのではないでしょうか。でもこの作業をしないと二十日大根が育つ場所がなくなってしまいますからね。

二十日大根の葉は栄養もしっかりあって、ビタミンCや消化酵素であるジアスターゼが含まれていますので、ここは抜いたかわいらしい芽はカイワレ大根として美味しくいただきましょう。間引く時期と間隔は1回目が葉が1枚のころ。3cmほどの間隔で間引きしてください。2回目は葉が3枚のころ。5~6cmほどの間隔を開けて間引きしてください。

二十日大根の収穫まで

ここからは土が乾かないように様子を見てあげて、土が乾いているようであげれば水やりを忘れないようにしてくださいね。そうこうするうちにだんだんと葉の根元が膨らんでくるのに気づくと思います。

これがあの赤い二十日大根の根の部分です。根が膨らんできたら、土から根が出すぎないように土を足して上から押さえるようにしてください。二十日大根の収穫は大体根の直径が2~3cmになったぐらいと言われています。

ここが迷うところですが、収穫時期を過ぎてしまうと根が割れたりスが入ったりしてしまうので注意が必要です。二十日大根は虫がついてかじられてしまうこともあるので、虫が苦手だったりせっかく育てた二十日大根をかじられたくない場合はネットをかぶせるなどして対処しましょう。

こちらの大根の育て方も凄く参考になります♪

pixta_akazakazura

アカザカズラの育て方

夏になると、近年は省エネが叫ばれ、電力の節約のためにさまざまな工夫がなされます。つる性の草のカーテンもそのひとつだと言え...

pixta_potosu

初心者でも簡単なポトスの育て方

生活の中に緑があるのとないのでは毎日の清々しさが違うものです。これは気分的な話だけではなく、加湿効果や有害物質を吸着・分...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広がっています。パンジーは交雑によって作られた植物です。その初めはイ...

pixta_difenbakia

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはサトイモ科ディフェンバキア属で原産地や生息地は熱帯アメリカです。和名にはハブタエソウやシロガスリソウと...

pixta_piiman_01

家庭菜園や花壇の作り方において大事な事

家庭菜園や家庭花壇などを作る場合においては、まず植物の栽培方法はもちろん、植物の育て方から植物の種まきのやり方の基本まで...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_shuumeigiku

シュウメイギクの育て方

シュウメイギクは中国が原産とも言われています。中国では根を解毒・解熱に使用されてきました。日本でも古くから本州、四国、九...

pixta_siknotyes

シクノチェスの育て方

シクノチェスはラン科の植物で独特の花を咲かせることから世界中で人気となっている品種で、15000種以上の品種があるとされ...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_farenopusisu

ファレノプシス(コチョウラン)の育て方

学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある...

スポンサーリンク

pixta_benisarasadoudan

ベニサラサドウダンの...

ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5...

pixta_wederia

ウェデリア(アメリカ...

ウェデリアは地面を這いながら成長が特徴の這い性のキク科の...

pixta_banreiisi

バンレイシの育て方

バンレイシは果実の皮の突起の形が仏教を創設した者の頭に似...

pixta_mikan

温州みかんの育て方

みかんは、もともとインドやタイ、ミャンマーなどが原産だと...