ヘメロカリスの育て方

ヘメロカリスの育て方

ヘメロカリスの生息地はアジア地域で、原種となっているものは日本にもあります。ニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウなどがその仲間です。ヘメロカリスが栽培されるようになったのは中国のことだと考えられています。中国では食用としても用いられていましたし、また薬用植物としても用いられていました。

ヘメロカリスの育て方について

へメロかリアスの育て方は難しくはありません。植える場所を選ぶことと、植えた後に水やりをしっかりやっておくことに注意しておけば、初心者でも栽培することができるでしょう。植える場所についてですが、日当たりの良いことと水はけの良いことが求められます。

少し陰になっているところでも育てることはできますが、花を楽しもうと思っているのであれば日当たりの良いところの方が良いでしょう。日当たりの良いところで栽培するとたくさんの花を咲かせます。水やりは季節によって異なっていて、基本的には土の表面が乾くとたっぷりの水をやります。

秋から冬にかけて徐々に水やりを少なくしていくことが必要です。それでも乾燥しすぎると弱ってしまいますから、水やりは行っておいた方が良いです。種付けをして増やすと言うよりは、株で増やしていく方が良いです。株で増やしていくと同じ花を楽しむことができます。

株が大きくなってくると株分けができますから、株分けを指定増やしていくのが良いでしょう。最初はポットなどで購入してくるのが良いです。ポットは秋頃に出回りますから、これを購入して植えていくのが基本です。

ヘメロカリスの種付けと株分け

ヘメロカリスは色々な品種が開発されています。増やすときには株分けをするのが普通です。種付けをしても良いのですが、そうすると異なる品種になってしまう可能性がありますから注意が必要です。これは遺伝子から考えればわかりやすいです。植物の細胞はそれぞれ遺伝子を持っていますが、一つの植物体では基本的に同じ遺伝子を持っています。

遺伝子が同じであれば同じ花を咲かせます。株分けをすれば、元の株と同じ遺伝子を持っていますから、同じ品種として増やしていくことができます。同じ品種ですから同じ花を咲かせますし、葉も同じです。全く同じ状態で増やしていくことができるのです。ポットでヘメロカリスを買ってくれば、その花をずっと増やしていくことができます。

遺伝子が変わるのは花をつけたときです。受粉して種ができると、新しい遺伝子の組み合わせが生まれます。ですから、種付けをすればどのような花が咲くのかは分かりません。新しい品種はこのようにして作られています。新しい品種を作ってみたいと思ったときには受粉させて種付けをするのが良いのです。

いくつかのヘメロカリスを植えていると、希に変わったものが生じることがあります。育て方としてはこのような楽しみ方もあります。もしも新しい品種が生まれて気に入ったものがあれば、株分けで増やしていくことで品種を維持することができます。逆に同じものをたくさん増やしたいときには、全く同じものだけを植えるというようにしていけば良く、株分けだけで増やしていきましょう。

ヘメロカリスの注意点

ヘメロカリスは病気には強く、病気になることはほとんどありません。ただ、害虫がつくことがありますから注意が必要です。花の茎が伸びることになるとアブラムシが良く発生します。花にアブラムシがつくと目立ってしまい、美しさが失われてしまうというデメリットがありますから、早めに薬剤で防除するのが良いです。

他にはカイガラムシが発生することもありますから、よく観察して発生していれば防除するようにしましょう。株分けは、3月から4月、または10月から11月に行います。芽を4つから5つくらい残して株分けしていくと良く育ちます。最初はポットを買ってくるのが普通です。鉢で育てるのなら、少し大きめの鉢に植えるようにしましょう。

地植えすることもできますが、あまり混み合っていると育ちが悪くなりますから、40センチから50センチくらいの間隔で植え付けていくのが良いです。育て方は簡単で、誰でもきれいな花を咲かせるように栽培することはできると思いますが、花は一日で咲き終わるという点に注意しなければなりません。

一つの花は一日で枯れてしまい、翌日には枯れて汚く見えてしまいます。ですから、花が最多のなら、その日の終わりには花を根元から切り取るのが良いです。開花時期は5月中旬から8月くらいまでで、次々と新しい花をつけていきます。肥料をやらなくても栽培はうまくいく場合が多いですから、そのままにしておいても問題はありません。

肥料をやるとすれば植え付けの時です。植え付けをするときには、有機肥料を土壌に混ぜておけば良いです。一度植えると長い間そのままにしておくことが多いです。たとえば数年間は何もしなくても元気に育ちます。その間は肥料をやらなくても良いですが、最初に植え付けをするときには少し多めに肥料をやっておいたほうが良く育ちます。

鉢植えの場合には、水はけと通気性が必要ですが、適度な保水性もあった方が良いです。鉢植えで増やしていく場合には育ちが悪くなると感じることもあると思いますが、このような場合には緩効性の肥料を与えるのは良い方法です。

ヘメロカリスの歴史

ヘメロカリスの生息地はアジア地域で、原種となっているものは日本にもあります。ニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウなどがその仲間です。ヘメロカリスが栽培されるようになったのは中国のことだと考えられています。中国では食用としても用いられていましたし、また薬用植物としても用いられていました。

現在のヘメロカリスの原産はというと、中国と言われることが多いのは、これが原因だと考えられます。16世紀後半になると、それがヨーロッパへともたらされます。1940年代に入るとアメリカへと渡ります。現在、アメリカではヘメロカリスのバイブルとも言われているDAYLILIESという書物があるのですが、これもアメリカで出版された書物です。

先述したように日本にも野生種としてあったのですが、それとは別に品種改良されたものが日本に持ち込まれます。これが昭和初期のことです。この時期にはあまり注目を集めなかったようです。

大注目されると言うことはなかったのですが、少しずつ人気を集め始めるようになり、品種改良も行われるようになります。品種改良によって日本で800種類を超えるものが新たに誕生したとも言われていますから、日本でもかなり人気を集めてきたと言えるでしょう。

ヘメロカリスの特徴

ヘメロカリスは夏に花を咲かせる多年草です。日本に自生していたことからも分かるように、日本の気候に適しています。そのため、栽培はそれほど難しくはありません。日本で栽培する場合にも、暑さや寒さに注意する必要はありませんし、土壌を気にする必要もありませんから、誰にでも育てることができるでしょう。

その上で、色々な花を楽しむことができますから、これから花を楽しもうと思っている人にもお勧めエス。開花時期は6月から7月が基本ですが、品種によっては5月から咲くものもありますし、8月まで咲くものもあります。園芸品種には様々なものがあって、その種類は2万以上あるとも言われています。

多年草ですから、地植えすればそのままにしておけば翌年もまた花を楽しむことができます。花の色は白や赤が有名ですが、オレンジや黄色など様々なものがあります。花の形にも色々なものがあります。ゴールデンゼブラのように葉に白い斑が入るものもあります。背丈はだいたい30センチから60センチくらいのものが多いですが、これも品種によって違いがありますから、好みのものを選びましょう。

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_hadenbergia

ハーデンベルギアの育て方

ハーデンベルギアはオーストラリア東部に位置するタスマニアが原産のツル性の常緑樹で、コマチフジ・ヒトツバマメ・ハーデンベル...

pixta_mube

ムベの育て方

植物の種類としては、キンポウゲ目、アケビ科となります。園芸をする上でどのように分類されているかですが、まずは庭木であった...

pixta_tabako

タバコの育て方

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物ということで、タバコ属の多年草ということだそうです。どう見てもタバコ...

pixta_islandpopi

アイスランドポピーの育て方

ポピーというケシ科はなんと26属250種も分布しており、ケシ科ケシ属でも60種の仲間が存在します。ケシ科は麻薬成分モルヒ...

pixta_anagaris

アナガリスの育て方

ギリシア語で「楽しむ」や「笑う」を意味する言葉、「アナゲラオ」が名前の由来といわれているアナガリスは、スペインやポルトガ...

pixta_rikasute

リカステの育て方

この植物の特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科になります。園芸の分類においてはランになります。種類としてもラ...

pixta_sunagoke

すなごけの育て方

特徴は、何と言っても土壌を必要とせず、乾燥しても仮死状態になりそこに水を与えると再生するという不思議な植物です。自重の2...

pixta_karuseoraria

カルセオラリアの育て方

カルセオラリアはゴマノハグサ科の多年草です。原産は南アメリカであり、一般的には温室で観賞用として栽培する品種として現在に...

pixta_hoteiaoi

ホテイアオイの育て方

ホテイアオイという水草の原産地は南米大陸であり、現在では北米大陸や欧州やアジアなど、多くの国々を生息地として分布されてい...

スポンサーリンク

pixta_daimonjisou

ダイモンジソウの育て...

ダイモンジソウはユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、日本...

pixta_edamame_03

植物の栽培、育て方の...

植物を育てるのは生き物を飼うのよりはだいぶ気楽にできます...

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販され...

pixta_miltniopsis

ミルトニオプシスの育...

花の種類としては、ラン科、ミルトニオプシス属になります。...