アレナリアの育て方

アレナリアの育て方

アレナリアという花があります。この花は白くてかわいらしい花となっていますが、歴史があります。この名前で一般的に広く流通していますが、生息地はヨーロッパの山岳地帯となっています。

育てる環境について

アレナリアには育てる際に適した環境があります。この環境をしっかりと把握しておくことで最適な環境のなかで育てることができます。その環境に関してですが、庭に植える場合の育て方は次のようになっています。庭植えの場合には日当たりと水はけの良い場所を選ぶようにします。

こうすることで花をしっかりと咲かせることができます。とくにレンガやコンクリートで囲いを作って、一段高くしたようなレイズドヘッド花壇を作った物や、ロックガーデンなどでの栽培が適しています。このほかに鉢に植えて育てるという方法があります。

この場合には日当たりと風通しの良い場所に鉢をおくように心がけます。棚の上に置いて雨による泥はねを防ぐと言うことも忘れないようにします。夏になると暑くなるので、半日陰に鉢をおいて直射日光を避けるように管理をします。開花時期は春です。

この時期を過ぎると後は植え替えやj肥料、次のシーズンのための準備をします。ここでしっかりと土を作っておくことで、また来年きれいな花を咲かせる環境の土に変化させることができます。高温や多湿を嫌うので、梅雨時期や夏の時期の環境には十分な配慮が必要になります。

多湿に弱いとされていますが、乾燥にも弱くなっています。したがって適度な水分が必要になるのです。土が乾燥していないかどうかをしっかりと観察すると言うことが大切です。アレナリアの土が乾燥している場合にはたっぷりと水を与えるようにします。

種付けや水やり、肥料について

アレナリアの種付けや水やりや肥料についてもしっかりと学習をしておくようにします。水やりに関しては注意が必要です。それはアレナリアは高温多湿を嫌うからです。そして乾燥にも弱いからです。庭に植えているという場合にはとくに水やりをしなければいけないと言うことはありません。

しかし鉢植えの時には必要です。鉢植えの場合には栽培期間を通じて土の表面が乾いているときには、たっぷりと水を与えるようにします。高温期に過湿になりすぎると、株が蒸れた状態になり最終的に株が蒸れて枯れたり根腐れをしたりということにつながります。

したがって雨が続く時を避けて水やりをするようにします。外の気温が高いときに土が完全に乾いてしまうと枯れてしまうので、水のやり忘れには注意が必要です。鉢植えに関して使う土は赤玉土の中粒5に対して腐葉土3になります。ここに酸度調整をしてある

ピートモス1と軽石の小粒1の配合土に適量のリト酸分がたくさん含まれている、緩効性化成肥料を混ぜた物などを使って水はけがよい土を作ります。酸性の土を嫌うという性質があるので、用土1リットルあたり2グラムの苦土石灰を混ぜておくと上手に育てることができます。

アレナリアの肥料は、庭植と鉢植えの両方で3月から5月と10月から11月に緩効性化成肥料を与えるようにします。これはチッソリン酸カリという物になります。ホームセンターなどで比較的手軽に購入をすることができます。

増やし方や害虫について

アレナリアを増やしたいと考えているときには植え付けや植え替えをする必要があります。この植え付けや植え替えに適している時期は4月から5月と9月から11月となっています。庭に植えているという場合には、ほとんど植え替えをしなければいけないと言うことはありません。

しかし3年に1回程度は植え替えるのが理想です。それはなぜなのかというと、アレナリアの成長が良くなるからです。古い株は非常に枯れやすくなっています。したがっさし芽で幼苗を作っておくようにします。鉢植えの場合には一回り大きな鉢に植え替えをすると言うことが必要になります。

種まきは9月から10月に行います。このときには1カ所に3粒から5粒の種をまとめてまくようにします。間引かずに育てることで、早くこんもりと丸みのある株に育てることができます。さし芽は4月から5月と9月から10月に行います。

このときには充実した新芽の先を3センチメートルから4センチメートル程度の長さに切ってさすようにします。このとき切り口には発根促進剤を薄くまぶしておくと成長を促進させることができます。1カ所に3芽程度まとめて射すことで形のきれいな株に仕上げることができます。

気になる病気や害虫ですが、病気は立枯病があります。これは6月から7月に発生するようになっています。過湿で発生しやすいので、株がぬれたままにならないようにします。害虫はアブラムシに注意をします。3月から5月と9月から11月に発生しやすくなっているので、風通しを良くしたりチッ素肥料を控えることを心がけます。

アレナリアの歴史

アレナリアという花があります。この花は白くてかわいらしい花となっていますが、歴史があります。この名前で一般的に広く流通していますが、生息地はヨーロッパの山岳地帯となっています。元々はヨーロッパの山岳地帯に分布するアレナリア属のモンタナ種というのが始まりで、

ノミノツヅリ属のなかでは栽培しやすくなっています。古くから多くの人に親しまれてきた花で、現在に至るまで北半球に実に150種類ほどが分布しています。とくに寒いところや鉱山地域にたくさんの種類が分布しています。寒いところで成長してきたと言うことで暖かいところでの栽培は難しくなっています。

小さくて白い花を咲かせると言うことで古くから観賞用として利用されてきました。また常緑さえ亥であるということ、それに加えて寒さに強いと言うことや開花時期が長いと言うことで、寒さが厳しい地域で咲く花として重宝されてきたという歴史があります。

園芸の分類では草花と言うことになります。また形態は多年草です。草の長さは5センチメートルから10センチメートル程度になります。多くのところで花壇やロックガーデンに植え付けられていると言うことが多くなっています。

鉢で育てることもできますが庭などで育てることもできます。枝がたれたように育つ株に白い花を一面に咲かせる姿は実に見事です。北半球の寒い地域でも花を咲かせると言うことで、寒さには強くなっていますが、暑さにもそれほど弱いと言うことはありません。

アレナリアの特徴

アレナリアは原産地が北半球の寒いところや高山と言うこともあり、高温多湿を嫌うという特徴があります。したがって一段高くなったところに植え付けて夏の過湿には注意をしなければいけません。鉢で育てるという場合には砂や軽石を混ぜた水はけの良い土で育てると言うことが大切です。

多湿に弱いという特徴がありますが、その反面土を完全に乾かしてしまうと枯れてしまいます。したがって夏でも土の表面が乾いてきたらたくさん水を与えるようにします。秋になると涼しくなってきますが、このときには急激に成長をするので、肥料を与えて切り戻しを行って、

冬までに株を大きくしておくと上手に育てることができます。常緑性で寒さに強く開花時期が長いと言うことですが、それほど簡単に育てると言うことはできません。しっかりと育て方を頭に入れておくと言うことが大切です。開花時期は4t6月から5月ですが、

植え付けや植え替えもこの時期に行います。また9月から11月にも行うようにします。肥料や種まきに関しても適切な時期にしっかりと行うようにします。アレナリアの属性はナデシコ科ということになります。切り戻しに関しては梅雨の時期に切り戻しを行うと、

風通しが良くなって蒸れにくくなるという特徴があります。そして秋に伸びすぎた茎を短く着ることで、枝分かれが促されて、春になったときに花つきが良くなるという効果があります。したがってこの作業も忘れずに行うようにします。

pixta_erika11

エリカの育て方

ツツジ目、ツツジ科、エリカ属生息地は、ヨーロッパ、アフリカに600種類以上が分布する、常緑樹です。分布、自生している範囲...

pixta_itii

イチイの仲間の育て方

イチイの仲間は日本を含め世界各地に生息地があり、日本も沖縄を除くほぼ全土がイチイの原産地となっています。その発生は「古生...

pixta_egopodeum

エゴポディウムの育て方

セリ科・エゴポディウム属の耐寒性多年草です。和名はイワミツバと呼ばれ、春先の葉の柔らかい部分は食用にもなります。エゴポデ...

pixta_tanpopo

タンポポの育て方

道端などで春先に良くみかける”タンポポ”。キク科タンポポ属の総称になります。地中海沿岸・中央アジア原産になり、日本には外...

pixta_banana11

バナナの育て方

バナナの歴史は非常に古く紀元前10000年前には既に人間に認知されており、栽培もされていたと言われています。現在我々が口...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_hebe

ヘーベの育て方

ヘーベの特徴は次のようになっています。オオバコ科のヘーベ属に分類されており、原産地はニュージーランドになります。分類は常...

pixta_alissam

アリッサムの育て方

アリッサムはミヤマナズナ属のアブラナ科の植物で、日本で一般的にアリッサムと呼ばれているものはニワナズナなので、かつてはミ...

pixta_hanashoubbu

ハナショウブの育て方

ハナショウブとは6月の梅雨の時期に花を咲かせる花弁の美しいアヤメ科の多年草です。原産は日本や中国などのアジア圏になります...

pixta_sekishou

セキショウの育て方

元々はサトイモ科に属していました。しかし実際の姿とサトイモの姿とを想像してみても分かる様に、全くサトイモとは性質が違いま...

スポンサーリンク

pixta_ryuunohige

リューノヒゲの実の育...

別名ジャノヒゲとも呼ばれるのがリューノヒゲの実であり、国...

pixta_trajiskantia

トラデスカンチアの育...

トラデスカンチアは北アメリカの温帯から熱帯アメリカにかけ...

pixta_ramium

ラミウムの育て方

ラミウムは、シソ科、オドリコソウ属(ラミウム属)になりま...

pixta_prouretaris

プレウロタリスの育て...

プレウロタリスの原産地は、アメリカ大陸であり、主に中央ア...