オーリキュラの育て方

オーリキュラの育て方

オーリキュラは、本来はヨーロッパのアルプスに自生する植物です。高山植物として扱われていて、日本でも栽培されています。原産がヨーロッパのアルプスですが、この地域を生息地としていたオーリキュラを栽培品種として確立したのはイギリスです。

育てる環境について

育てる環境は、原産の生息地をイメージするとわかりやすいです。オーリキュラは比較的高い山の上で育つ植物です。光や水の条件、あるいは温度の条件などについても、だいたいイメージをつかむことができると考えられます。開花する時期には光をたっぷり当ててやります。

芽が出た頃から日当たりの良い環境で育てると花を咲かせやすくなります。ですから、基本的には日当たりの良い場所におくと良いです。花が咲き終わってからは葉を広げるために少し遮光をしてやると良いです。30%くらいの遮光をしておけば葉が広がりやすくなります。

雨が長く続くと良くありませんから、梅雨入り前には取り込んでおいた方が良いでしょう。室内に取り込んで育てる場合にはできるだけ光の当たる明るいところへおくようにします。温度については、もともと高山植物と言うこともあって、寒さには強いです。

ただ、植え替えたばかりの時など、株が少し弱っているような状態では凍結することで枯れることもありますから注意が必要です。土壌については通気性と水はけの良いものが適しています。多湿になると根が傷むことがありますから、できることなら素焼きのものが適しています。

そこに開いている穴が小さいものや、あるいは釉薬のかかった通気性の悪い鉢はあまり適していません。土壌については市販の山野草用のものを用いると良いです。肥沃な土壌である方が良いですから、肥料もこまめにやらなければなりません。

種付けや水やり、肥料について

オーリキュラの苗を買ってくると、適度な穴を掘って植え込みます。植え込み後はたっぷりと水やりをして、直接光の当たらないところで1週間くらい育てます。1週間くらい経てば落ち着きますから、通常の光の当たるところで育てるようにします。

最初の内はしっかりと水やりをしなければなりません。オーリキュラは根の乾燥を嫌う植物ですから、毎朝水をたっぷりやるようにしましょう。植え付けたばかりの時にはもちろん水やりは必要ですが、それ以外の時のも必要です。ただ、夏の昼間は高温で鉢の中が蒸れてしまう可能性がありますから、

昼間の暑い時間の水やりは避けた方が良いです。このような時期には、夕方になってから水やりをするのが良いです。冬はあまり頻繁に水やりをしなくて良く、乾いたら水やりをするくらいで十分でしょう。肥料は、3月下旬から6月下旬まで、一般的な液体肥料をやると良いです。

11月くらいには花芽形成に入ります。この時期には窒素分が少なくて、リンの多いもののほうが良いです。春と秋には置き肥をするのが良いです。置き肥をする場合には、肥料が直接は似当たらないようにするのが基本です。鉢の中で言えば、できるだけ端っこの部分が適しています。

肥料のバランスによって生育状況に影響を与えるのは言うまでもないことですが、花の数や花の美しさにも影響します。微妙なバランスですから、具合を見ながら肥料をやるようにします。花つきが悪い場合などには、少し控えてみるのも良いです。

増やし方や害虫について

増やし方としては株分けと種蒔きとがありますが、品種によって異なります。有名な品種の場合、短柱花であることが多く、そのために結実しにくいです。そのため、種を取るのは難しいと考えておいた方が良いでしょう。プベスケンス系であれば、5月下旬から7月くらいには種を採取できます。

この時期にすぐ蒔くか、あるいは保存しておいて1月から3月くらいに蒔くようにすると良いです。タネで増やすと遺伝子が変化しますから、元のものとは全く異なるものができることもあります。たとえば、花の色が違っているということはあります。

株分けの場合には遺伝子に変化はありませんから、同じものが生まれます。株分けは難しくはありませんが、あまり小さいものは育たないこともありますし、育ったとしても育ちは悪いです。ある程度の大きさになってから株分けするのが良いです。

その基準についてですが、子株から根っこが数本は出ている状態が理想的です。病気や害虫に悩まされることもあります。高温多湿になると軟腐病が発生して株元から痛んできます。ウイルス関連の病気も色々なものがあって、葉に色むらが出た場合には対処が必要でしょう。

風通しが悪いと病気になりやすい傾向がありますから、風通しの良い場所で育てるのが基本です。害虫はいろいろあって、ナメクジやアブラムシ、ハダニなどがあります。ブラ虫やハダニは芽の中や葉の裏につくことがありますから注意が必要です。早めの棒状を心がけましょう。

オーリキュラの歴史

オーリキュラは、本来はヨーロッパのアルプスに自生する植物です。高山植物として扱われていて、日本でも栽培されています。原産がヨーロッパのアルプスですが、この地域を生息地としていたオーリキュラを栽培品種として確立したのはイギリスです。

イギリスは園芸の盛んな国で、交配選別が繰り返し行われました。16世紀頃から栽培されていたと考えられています。17席になると園芸品種としての立場を確立します。たとえば、通常の花弁は5枚ですが、これが6枚か、あるいは8枚になるものが園芸品種として栽培されています。

このような歴史がありますから、品種は様々です。代表的なものがグリーン・エッジと呼ばれるものです。園芸種としては代表的なもので、エッジと呼ばれる花弁が特徴的です。グレー・エッジも愛好家の中では人気があります。エッジの部分が白くなっているという特徴があります。

エッジの部分がほとんど白くなっているものがホワイト・エッジです。他にも、エッジがなくて、サークルがきれいな丸に見えるショウセルフ、センターリングの色が黄色いゴールドセンター・アルパイン、花弁が八重咲きになっているダブル・オーリキュラ・などがあります。

長い間に渡って品種改良が行われてきたために、品種の数は非常に多いです。日本でも愛好家は多くいますから、流通しているものも多くあります。品種については系統に分けられていて、現在ではショウ系、アルパイン系、ストライプ系、ファンシー系、ダブル系、ボーダー系と細分化されています。

オーリキュラの特徴

フランスからハンガリーの山地に自生していた多年生です。高山に咲く花を持ち帰り、そしてそれをイギリスで品種改良が施されるようになります。イギリスの産業が一気に広まった産業革命の時に、多くの系統が生み出されるようになります。

最初はプリムラ・アウリキュラという野生種をベースとして、プリムラ・ヒルスタなど、同じ系統のプリムラを交配して当たらしものが作られるようになります。その中で、オーリキュラと呼ばれるものはごく一部です。まず、花弁の数が6枚から8枚であることが求められます。

春になると冬芽が開いて葉が開き始めます。っしてつぼみがやがて開花します。花が最多後には葉が大きく広がって、夏を迎えます。高山植物ですからどちらかというと夏の暑さは適しておらず、そのために夏の間は少し成長を止めているようです。

夏の暑さが過ぎて秋になると再び旺盛な成長が始まります。そして、冬になると花芽形成が行われ、古場が枯れて冬芽が形成されるというサイクルになっています。育て方は簡単ではなく、そのために価値があるとも考えられます。プベスケンスなど、育て方の簡単な品種もありますから、

まずはこのようなものから初めて見ると良いでしょう。品種によって育て方の難易度は異なりますから、簡単なもので慣れてから難しいものに挑戦してみると良いです。コツをつかめば意外と簡単に育てることができるようになります。花の種類もいろいろありますから、楽しむことができると思います。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:オモダカの育て方

pixta_ninjin_01

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心...

pixta_ikarisou

イカリソウの育て方

イカリソウは古くから強壮剤の漢方薬として用いられ、秦の時代の始皇帝も用いていたといわれています。日本でも自生し、春を代表...

pixta_kokabu_01

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野菜等の栽培をしたり、この育て方やこの種まき等の知識を身につけるこ...

pixta_anemone

アネモネの育て方

地中海沿岸が原産地のアネモネは、ギリシャ神話ではアドニスという美少年が流した血から生まれた花という説もあり、古くからヨー...

pixta_indogomunoki

インドゴムノキ(Ficus elastica)の育て方

日本でも一部の温暖な地域では戸外で育ちますが、寒冷地では鉢植えで育てます。ミニサイズの鉢から大型のものまで、様々な趣のあ...

pixta_amerikanorinoki

アメリカノリノキ‘アナベル’の育て方

白いアジサイはアメリカノリノキ、別名セイヨウアジサイの園芸品種であるアナベルという品種です。アジサイの生息地は世界ではア...

pixta_pakira

家で植物を育ててみましょう

植物はそこにあるだけで人を癒してくれます。緑は安らぎ、穏やか、やさしさなどを想像させ、またマイナスイオンによる空気浄化効...

pixta_gonzui

ゴンズイの育て方

この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は3メートルから6メートルぐらいということです。庭木としても見栄え...

pixta_mimuras

ミムラスの育て方

種類としてはゴマノハグサ科、ミムラス属となっています。園芸分類としては草花として扱われます。生息地においては多年草として...

pixta_sinjunoki

真珠の木(ペルネティア)の育て方

真珠の木と呼ばれているベルネッチアは、カテゴリーとしてはツツジ科の植物になります。吊り鐘状という少し珍しい形で、春遅い時...

スポンサーリンク

pixta_kyuuri

キュウリの育て方

どうせガーデニングをするのであれば、収穫の楽しみを味わう...

pixta_melon

ミニメロンの育て方

メロン自体の歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャでも栽...

pixta_itorakkyou

イトラッキョウの育て...

イトラッキョウは日本原産の植物で、生息地が長崎県の平戸島...

pixta_kyabetsu_01

キャベツの育て方

キャベツの原産地は、ヨーロッパといわれており、地中海沿岸...