ヨルガオの育て方

ヨルガオの育て方

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリカ原産であり寒さに弱いものですので、一年草として扱われているものです。ヨルガオと呼ばれる程ですので花は夜に咲きますので、日中は閉じている事が多いですので花を見たいというのであれば、夜に起きて見ると咲いている姿が見ることができます。

ヨルガオの種を植える時期

ヨルガオの種を植える時期は、アサガオと同じですので春先に植えるということが、最も良いでしょうから育てようというのであればお店などで種を購入しておくと良いでしょう。アサガオとヨルガオの花の大きさでは、違いなどは夜に咲くものの方が大きさは15センチと結構な大きさになりますので、栽培をする際には充分な広さのあるところで育てることが望ましいです。

夜に育てるものでも、虫がついてしまう可能性がありますので、ついてしまったのであればそういった駆除をするというのも、葉っぱを食べられてしまうということがなくなりますので、安心して育てることができます。アサガオと同じ仲間ですのでこのツルは、あっという間に伸びてしまいますのでカーテンにする事が可能な植物です。

緑のカーテンにすると、部屋の温度なども夏場ですととても涼しく感じることが可能になりますので、短めに育てておくのはもったいないですので折角なので、壁一面に伸ばしてみるというのも良いかもしれません。

気をつけなければいけないことは、伸びすぎたツルは隣りの家まで行ってしまう可能性があるため、伸びすぎていると感じたのであればそれを手入れしていくというのも、必要な事なので周りの迷惑にならない程度に育てていくという事が、大切になってきます。

緑のカーテンを作ると、夏場も涼しさを感じることができるというのは、本当に嬉しいことですのでやってみるのも良いでしょう。植物を使うことにより、エアコンを使う機会が減るとなることは、環境にもエコにも良いことですので良い事だらけのカーテンが出来上がりますので興味があるのであれば、是非とも挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

虫がついてしまうと全て台無しになってしまいますので、気をつけて観察しておく必要がありますので葉っぱがないとカーテンにするにも、全く出来ませんので育ててきた苦労が水の泡になります。

開花の時期

花が開花する時期は実がなり、蕾が出来たら開花するというもので、25度くらいの気温ですと開花しやすいですので、寒くなると開花もしませんので種付けをするのであれば、春先が一番良いですので、種付けをする時期というのも開花をさせるのに必要なのです。

夏場に花を咲かせることができるように育てるということが、目的なのでそれ以外に種を植えてしまうと花も育ちませんし、芽がでる事もありませんので植える時期は育てるということには、とても重要です。

ヨルガオの育て方は、朝顔の育て方とまた同じですので、何も難しく考えることはありませんが種に少しキズを入れておくと、芽を出しやすいですのでそういったことを色々と事前に調べてみるのも、上手に育てることができる秘訣なのではないでしょうか。

日当たりの良い場所に設置をして育てるようにすることは、太陽の日差しをたっぷり浴びると栄養も作られますので、育ちも早いですし、お水と肥料を与えることにより、更に良い花をつけることができます。

ヨルガオと言われる程ですので、花は夜にしか咲きませんので花が見たいのであれば、夜に起きておかないと見ることができませんので、朝には蕾しか見ることができないものですので、夜遅くまで起きておく必要があります。

育て方の基本

日当たりの良いところに置くというのは、基本中の基本であるので日当たりの悪いところには、設置しないようにしましょう。種付けのする時期と栽培方法を理解しているのであれば、アサガオでもヨルガオでも他の植物でも育てることが可能ですので、栽培をするのが好きな方ならば簡単なものだけでなく、複雑な育て方をするものも挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

初めて育てた花が咲いたのであれば栽培をする楽しさというのが、分かるようになりガーデニングというものにも興味が出てくるので、趣味がない人でもそれをきっかけに育ててみるというのも、自分の趣味を見つけることができますので、是非とも挑戦してみましょう。

育て方の基本というのは、花の種を種付けして枯らさないようにお水を与えて、必要ならば肥料を与えることにより、より良い花を咲かせることができます。花のある生活というのは、女性らしさが出てきますのでお花が嫌いという人は居ないでしょうから、自分で育てるという楽しさを身につけるというのも、良いのではないでしょうか。

育てるのが楽しくなると、他の植物を育てるということをするのも、良い事ですので自分なりに工夫をするというのも良いのかもしれませんので、色々と育ててみることをお勧めします。基本さえ分かっていれば、育てるということは難しくはありません。

それでも不安なのであれば、参考書を見たり詳しい人に聞いて育ててみるというのも、良いものが育つことが出来るので、色々と資料を集めてみるというのも良いかもしれませんね。自分で育てるという楽しさを、身につけてみましょう。

ヨルガオの歴史

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリカ原産であり寒さに弱いものですので、一年草として扱われているものです。ヨルガオと呼ばれる程ですので花は夜に咲きますので、日中は閉じている事が多いですので花を見たいというのであれば、夜に起きて見ると咲いている姿が見ることができます。

夕顔と呼ばれるものが存在したりしますが、それとヨルガオというのは同じ仲間でありますので、同じように考えておくのも良いでしょう。育て方は基本的には朝顔と同じですので、ツルは緑のカーテンなどに利用することができますので、育ててみようというのであれば育ててみるのも良いのではないでしょうか。

ヨルガオの特徴

緑のカーテンというものは、壁一面にツルを張ることにより夏場には部屋が涼しくすることができますので、エアコンを使用するということを控えることができますので、エコにも環境にもとても良い育て方です。

花を育てるのには難しいのではと言う感覚ですが、手入れをするということで慣れれば簡単に誰でも育てることができますので、やってみると楽しいですので挑戦してみるのも良いでしょう。育て方は基本的にはアサガオと同じですので、簡単に育てることができます。

ツルを伸ばしたいのであれば二階のベランダまでツルが行き渡るようにしておくと、日当たりも良いところですとぐんぐん伸びますので、日よけのカーテンが夏場には出来上がっています。日差しを遮ることが可能なのであれば、そういったことをするだけで部屋の温度も下げることができるほか、緑は目にも良いですので、見ているだけでも癒されます。

生息地が熱いところのものですので、寒さには弱い植物で冬には向かない花となっていますので、そういったことを把握しておくのも何時に種を植えたら良いかということも分かりますので、種を植える時期を間違えなければ良い花が育ちますので、確認した上で種付けをする必要があります。

植える時期は、春先頃が一番ベストで、アサガオの種とはまた少し違い固めなので、少しキズを入れておくと芽が出やすくなりますので、そういった工夫をしながら上手に育てるというのも、良い花を作る秘訣となります。

育て方の本などを参考にしてみるのも初めての人ならば、良い方法なのではないでしょうか。花を育てると、見ているだけでも心が休まりますので花のある生活をしてみるのも、良いかもしれませんね。綺麗な花を育ててみましょう。

緑のカーテンや花の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ノアサガオの育て方

pixta_seanosas

セアノサスの育て方

セアノサスはカナダ南部や北アメリカにあるメキシコ北部が原産となっています。花の付き方が似ているという理由から、別名をカリ...

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれています。16世紀末にコロンブスが新大陸を発見した時に、さやいんげ...

pixta_sennitikou

センニチコウの育て方

熱帯アメリカが生息地の原産で、日本には江戸時代に渡来しました。江戸時代の初期に渡来して、江戸時代に書かれた書物にもその名...

pixta_kara

カラーの育て方

観葉植物カラーは南アフリカが原産で、8種ほどの自生種の確認がされています。生息地はもともと湿地で、中でも「エチオピカ」は...

pixta_sagigoke

サギゴケの育て方

サギゴケは日本を原産とする多年草です。本州、四国、九州などが生息地です。日本以外だと、台湾や朝鮮半島南部で見ることができ...

pixta_iokuroma

イオクロマの育て方

多くの国でさまざまな花の種類を見かけることができますが、その国の特色にあった植物が生息しています。そのなかでイオクロマと...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生...

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった状況とはまったく違う日常生活になっています。そうなると飢餓に慣れ...

pixta_stroberycan

ストロベリーキャンドルの育て方

ストロベリーキャンドルは、ヨーロッパ・西アジアが原産の植物で、自生していました。一年草とされ、蜜を取るためや肥料として、...

スポンサーリンク

pixta_midorinokaten

緑のカーテンの育て方

緑のカーテンの特徴としては、つる性の植物であることです。...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観...

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレ...

pixta_hosuradexishu

ホースラディッシュの...

アブラナ科セイヨウワサビ属として近年食文化においても知名...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とす...