サルビア・スプレンデンスの育て方

サルビア・スプレンデンスの育て方

サルビア・スプレンデンスは、ドイツ生まれの植物学者セロウによってブラジルで発見されました。彼はブラジルを中心に植物探検をおこない、その結果サルビア・スプレンデンスも含め、実に900種類以上の新種をブラジルの地にて発見しており、ブラジルにおける植物研究の世界を語るにはその名を欠かせない、重要な人物とも言えます。

植え付け・種付けについて

さて、ここからはサルビア・スプレンデンスの育て方について簡単にご紹介していきます。鉢植えにする場合は粒上肥料等の市販されている花と野菜の土(培養土等のもの)を利用したり、もちろんハーブ用の土が準備できるならそういった土の利用が理想的です。65センチ程度のプランターであれば苗が3つほど植えられる程度の間隔で植えていきましょう。

必ず新しい土を使うのがその後の発育を失敗させないコツでもあります。軽石を2~3cm程度はさみ、水あげをした際に下から水が出るようにセッティングしましょう。花壇に植えて育てる場合には、植える場所の土によく肥料を混ぜ込んでから苗を植え付けるとよいでしょう。

また、一旦プランターなどで種付けをして、その後花壇に移すという手順もあります。 その際は、発芽までは直射日光はさけ、双葉が出たころに日光に当て始めます。本葉が6~8枚程度つく頃まで育った時点で摘心し、花壇に移し替えるのが良いタイミングといえます。

花壇の場所ですが、なるべく日当たりのいい場所を選びます。日当たりがいいと花つきや生育がよくなります。しかしながら、真夏の高温時に関してはあまり強い日差しだと萎れてしまう場合もあります。そしてジメジメとした湿気には弱く、水はけの悪い場所だと根が腐ってしまい、これも発育、花つきに大きな影響を与えます。

真夏には何か影になるような植物(低木など)を近くに持っていき意図的に「日陰」を作り出すことができるとよいでしょう。サルビア・スプレンデンスをうまくきれいに咲かせるには最初の植え付け場所に気を付けることがかなり重要な鍵となってくるといえるでしょう。

サルビア・スプレンデンスの育て方

水は、土が乾いているようであれば十分な量を与えてください。ただ、上記にも記したように、あまりジメジメしていると根っこが腐ってしまうこともあるので、栽培中は水を切らさない、というよりは乾いているようであれば水をやる、といったように水をやり過ぎないということにも注意が必要です。

肥料に関しては、植え付け時に土にたっぷり肥料を混ぜてから植え付けるのも必要事項ですが、花が咲いている時期には1週間に1回程度には液体肥料などを使用して栄養を補給してあげましょう。肥料・栄養が少ないからといって枯れることはめったにありませんが、花のつきはもちろん少なくなったり、葉色が悪くなったりする原因にはなります。

真夏時にはあまり花をつけないのでそれほど水以外に栽培に気を付けることもありませんが、真夏を過ぎてから、特に真夏後から秋にかけては大量の花を咲かせるので肥料はこまめに補充してあげましょう。冷涼な気候の地域以外では、夏ごろに一度草丈を3分の1ほど刈り込み、風通しを良くすることで秋にまたサルビア・スプレンデンスの見事な花をみることができます。

花穂摘みの作業について

サルビア・スプレンデンスは花穂摘みをしっかり行えばそれだけ花を付ける量が増えきれいにボリューム感たっぷりに花が楽しめます。咲いている花を摘んでしまうのはなんとなく抵抗があるかもしれませんが、最初の花穂を摘み取ることによって次の腋芽が伸び始め、数週間もすると次の花穂が咲き始めます。

もちろん花穂摘みをするたびに次の花のための肥料を欠かさずにやってください。そうすることでしっかりした種に育ち、次回の種付けの際も発芽しやすくなります。病害虫の注意などは、他の植物でもありますが、特に、花穂が伸び始めるころアブラムシの被害が多くなります。

また、乾燥高温の環境で発生しやすい害虫、オンシツコナジラミ・ハダニもよく発生・被害にあいます。ハダニは葉の裏について植物の知るを水生育を弱らせてしまうので、早めに薬剤などを使用して駆除することをお勧めします。また粒状の殺虫剤等を土にあらかじめ撒いておくとアブラムシ等の発生を抑える効果が持続します。

水はけのよい土の状態にし、なおかつ花がらや枯葉などをこまめに取り除くことによって清潔に保ち、花を害虫から守ることも大切な世話の一つです。サルビア・スプレンデンスは現在では地方公共団体の花に指定している自治体も多く、いたるところでみられる花の種類となっています。

育て方・栽培の仕方ににいくつか注意点等はあるものの、他の植物にくらべ育て方がそんなに難しいというわけでもなく、また種付けもコツさえつかめば割と簡単にできるものなので、ガーデニング初心者にも手を出しやすい植物の一つだと言えます。

庭の片隅にあるだけで、一段と華やかさがます発色を持っていますのであまり広くはないけれど華やかに庭を彩りたい、という方にもおすすめです。また、部屋の隅に一つあるだけでだいぶ雰囲気も華やぐことでしょう。今までなんとなく遠回しで避けていたガーデニング、サルビア・スプレンデンスをこの機会に育ててみるのはいかがでしょうか。

サルビア・スプレンデンスの歴史

サルビア・スプレンデンスは、ドイツ生まれの植物学者セロウによってブラジルで発見されました。彼はブラジルを中心に植物探検をおこない、その結果サルビア・スプレンデンスも含め、実に900種類以上の新種をブラジルの地にて発見しており、ブラジルにおける植物研究の世界を語るにはその名を欠かせない、重要な人物とも言えます。

発見された当時サルビアを含め、新種として採取された植物が、セロウの故郷ドイツやイギリスにも送られ、各地で夏の園芸商品として人気を博したといわれています。日本には明治時代の中ごろに入ってきました。

サルビア・スプレンデンスの特徴

みなさんは「サルビア・スプレンデンス」という花をご存じでしょうか。ガーデニングは趣味ではない、というかたも「サルビア」という言葉なら一度は耳にしたことがあると思います。また、最近では街頭の花壇なんかにも使われていることも多いので写真を見れば「あぁ、見たことあるかも!」と思われる方も多いと思います。

ちなみに和名では「緋衣草(ひごろもそう)」と呼ばれています。花言葉は「燃える思い・知恵」です。サルビアは広い意味では『シソ科サルビア属』の植物すべてを指し、ハーブとして知られるセージ(薬用サルビア)もその仲間に入ります。

原産国・生息地は2000m~3000mほどの高地で気温が温暖な気候が特徴の南アメリカのブラジルです。背丈は20~30cm程度まで成長し、寒さには弱いため日本では霜の降りる晩秋には枯れてしまうので、毎年春に種を撒いて夏から秋にかけて花を楽しむ、春撒きの1年草として扱われます。

花は先端の開いた筒形、段状にたくさん付きます。花茎の基部には花びらを包むような緋色のがくがあります。花びら自体は咲いたあと1日ほどで落ちてしまいますが、がくは長い間鮮やかな色がそのまま残ります。品種改良により紫や白、サーモンピンクなどの花色も登場しました。

ユニークなものに花が白と赤のツートンカラーになる「トーチライト」があります。緋色の定番品種に「ホット・ジャズ」「ボン・ファイヤー」などがあります。いろいろな色が楽しめ、華やかな印象のあるこのサルビア・スプレンデンスは夏から秋にかけて一般の家庭でも栽培されるようになりました。

たまに、花を摘んで蜜を蜂の真似事のようにちゅーちゅー吸う方がいらっしゃいますが、実は少量なりの毒成分のようなものが含まれていますので、あまり吸うのはおすすめしません・・。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:サルビア(一年性)の育て方
タイトル:ハナビシソウの育て方
タイトル:ポリゴラムの育て方
タイトル:プルネラの育て方
タイトル:セージの育て方

pixta_yatude

ヤツデの育て方

ヤツデは学名がファツシア・ジャポニカということでジャポニカとありますから、日本固有の種類ということがわかりますが、ウコギ...

pixta_siraitosou11

シライトソウの育て方

シライトソウとは、日本や朝鮮半島を原産としているユリ科シライトソウ属の多年草です。その名の通り、真っ白な糸を束ねたような...

pixta_pakipodexim

パキポディウムの育て方

パキポディウムは、アフリカやマダガスカルなどに分布している多肉植物です。約20種類ほどが分布しています。幹があまり太らな...

pixta_haibisukasu

ハイビスカスの育て方

熱帯地方や亜熱帯地方を生息地として大きな花を咲かせているハイビスカスの種類の中には古代エジプトの3000年から4000年...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は...

pixta_fuyou

フヨウの育て方

原産地は中国で、日本には室町時代に鑑賞の記録が残っています。そのことから、古くから栽培されていたのではないかと考えられて...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋...

pixta_torukogikyou11

トルコギキョウの育て方

長野県は、世界に冠たるトルコギキョウの生産地です。そしてここは、日本で初めてトルコギキョウが栽培された土地でもあります。...

pixta_hego

ヘゴの育て方

ヘゴ科ヘゴ属のシダ植物です。野生種は最大7〜8m近くにまで伸びる熱帯性の植物です。日本では一般的には沖縄や鹿児島などの南...

pixta_kongiku

コンギクの育て方

この品種の分類はキク科のシオン属であり、学名では「アスター」の名を冠しております。これはギリシア語の「星」という意味であ...

スポンサーリンク

pixta_indogomunoki

インドゴムノキ(Fi...

日本でも一部の温暖な地域では戸外で育ちますが、寒冷地では...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ディアスキアの育て方

ディアスキアの原種は南アフリカを生息地とする植物です。原...

pixta_sirasagikayaturi

シラサギカヤツリの育...

シラサギカヤツリはカヤツリグサ科の多年草です。シラサギの...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった...