プシュキニアの育て方

プシュキニアの育て方

プシュキニアはトルコやレバノンの辺りを生息地としている高原に咲く花として知られている花です。球根が取れる花であるという特徴があり、分球によって増やすことが出来ます。

育てる環境について

プシュキニアは開花時には良く日が当たる環境が必要になります。一般的には2月から4月にかけての早春がシーズンになりますので、この時期に良い天気に恵まれる地域が栽培に向いていると言えるでしょう。夏は日陰で地面の温度が高くならない場所が向いていると言えます。

落葉樹の下などにおいては植えっぱなしでも元気に毎年咲くようになります。この様に環境が整ってさえいれば自然に増えて行くことが出来る品種であると言えるでしょう。水はけのよい土地を作っておき、夏の間はグラウンドカバープランツ等を利用して他の草花で地面を覆っておくようにすると良いでしょう。

鉢植えで育てるのであればその時々の状況に合わせておく場所を変更することが有効に作用します。健全な成長のためには赤玉土7に対して腐葉土3の配合の土を用意するのが良いですが、どのような土地であってもしっかりと根付いて育って行く強さがありますので

それほど心配する必要はないものであると言えるかもしれません。しかしながら水はけが良い環境であるということは重要であり、ピートモスの多い培養土のような環境は適しているとは言えませんので注意しておく必要があると言えるでしょう。

このプシュキニアは球根を作る植物ですので自然に任せて増やすのではない場合には、種を取らない場合には球根養成のために早めに花を取り除くと言う対応も有効であると言えます。茎を残して花の部分だけを摘み取るのは球根を育てるための技術の一つです。

種付けや水やり、肥料について

プシュキニアの植え付けについては落葉樹の陰になる部分や、夏の期間においては他の植物で覆われる様な環境であり日陰が確保できる場所であれば良い場所であると言えます。その様な環境があれば腐葉土を混ぜ込みながら植え付けを行えば育ちやすいと言えるでしょう。

この様な作業に適した時期としては10月から11月にかけての時期であると言えます。また深さの程は5~6センチとそれほど深く掘る必要はなく、株管に関してもそれほど広く取る必要はありません。一方、植え替えを行う場合には庭に植える場合には必要はないと言えるでしょう。

しかし鉢植えを使用する場合には1~2年ごとに秋早めの時期に植え直しを行うと良いでしょう。目安としては4号鉢で5球ほどです。水やりは土を乾かさないように注意することが大切になります。特に鉢植えの場合には重要であり、用土が乾き始めたらたっぷりと

水を与えるのが良いでしょう。但し夏の期間は休眠期に当たりますので水は与えない方が良いのです。その様なポイントを正しい育て方として知っておくことは重要です。そして肥料に関しては基本的にほとんど必要とはしません。自生している花の多くは肥料のない環境で

しっかりと育っていますので、庭植えの場合にはまず不要です。しかし鉢植えで育てるのであれば少量の元肥を施す必要はあると言えるかもしれません。芽が出始めた時には開花の直後に液体肥料を少し施すようにすると丁度良い量となります。

増やし方や害虫について

プシュキニアの増やし方の基本になるのは分球です。プシュキニアという花は球根で増えますので、植え替えの際に植え直しをすることで任意の場所にプシュキニアの花を根付かせることが可能になると言えるでしょう。あるいは種まきを行うことで増やすことも可能です。

球根を使って増やす場合には早めに花を切り取って球根を育てることになりますが、種を取るためには花を残す必要があります。種からの成長には非常に時間がかかるものであり、撒いてから3~4年が必要であるということから園芸目的では利用しにくいものであると言えるでしょう。

また、一般的な草花においては大きな心配ごとになる病気や害虫に関する問題なのですが、プシュキニアに関してはその様な心配が驚くほど無いことで知られています。非常に強く頑健な植物であるために栽培をする上で特に心配をしなければならないということがないのが特徴であると言えます。

この様な特徴があるために育てやすいと感じることもあるでしょう。しかしながら水はけのよい環境は非常に重要であり、プシュキニアにとってあまり望ましくない環境下では成長速度に減退が生じたりしてしまうケースも存在しています。そのため環境に関しては

他の植物と同様に気を配るということが必要となります。頑強な植物であったからと言って、必要な土壌のメンテナンスなどを怠って良いということを意味するものでは弐のです。その辺りの認識をしっかり持つようにしましょう。

プシュキニアの歴史

プシュキニアはトルコやレバノンの辺りを生息地としている高原に咲く花として知られている花です。球根が取れる花であるという特徴があり、分球によって増やすことが出来ます。この様な種類の植物として様々な国で楽しまれています。日本においてはヨーロッパからの輸入と言う形で

球根が入ってきたという歴史的な背景があり、それから園芸植物として育てられるようになってきました。非常に頑健な植物であり環境が良い場所であれば勝手に増えてしまう様な生命力の強さを持っています。そのためプシュキニアは広く愛される品種となっています。

夏の時期に休眠期があるという特徴を理解しておけば一般の庭でも元気に育てることが出来る植物であるため、育て方さえ理解しておけば育てやすい品種であると言えます。かわいらしい見た目は春を知らせてくれる妖精の様なイメージを見る人に感じさせてくれるものであるとされており、

園芸植物としても愛されている存在です。鉢植えに入れて大切に育てることも可能ですが、直接地面に植えてしまってもしっかりと自生して行くことが出来るだけの強さを持っている植物であると言えます。可憐な見た目とは裏腹に力強く育つので、

環境が適している地域においては広く親しまれる植物として歴史を重ねています。品種には様々な種類が存在していますが、栽培される様に成っている品種はその中の一部であり、プシュキニアと呼ばれる以外にストライプド・シラー、リバノチカと言う名前でも知られています。

プシュキニアの特徴

プシュキニアは白地に青い筋のは言った小さな美しい花が咲く多年草の花です。主な生息地にはコーカサスやトルコ、レバノンなどがあり、これらの地域を原産地としています。このプシュキニアは早春のまだ少し寒い時期から咲き始める花であり、春の養成の様に思われている草花です。

ヒヤシンスに似ていますが、それをもっと可憐にしたような特徴を持っています。透き通るような清楚な色が非常に魅力的に輝いています。花の種類としてはシラーやチオノドグサに近い種類であると言えます。主に栽培されているのは1センチくらいの花が

1茎に10輪ほど咲くプシュキニア・スキロイデスと呼ばれている種類の花です。かつてプシュキニア・リバノチカと呼ばれていましたので現在でもリバノチカと呼ばれていることもあります。これらは両方とも良く似ている品種であり、区別されない場合もありますので

難しいものであると言えます。スキロイデスの方は標高3000メートルを超える場所に自生する花で5~6月の開花ですが、リバノチカは標高2000メートル躯体のところに自生する種類です。高地に咲く花と言うこともあり寒さにはやや強いという性質があります。

夏は休眠をするので暑さに対する耐性は普通であると言えます。やや特殊な花であるために育てにくいという特徴を感じることがあるかもしれませんが、環境が良く合えば病気や虫の手間のかからない草花であると言うことが出来る品種でもあります。

pixta_sarubia

サルビアの育て方と種まき時期

サルビアは、ブラジル原産の草花で夏から秋の花として誰にでも愛されている花です。花色には燃えるような紫・白・桃色があります...

pixta_hoya

ホヤ属(Hoya ssp.)の育て方

ホヤ属の栽培をおこなう場合には、日陰などのような位場所ではなくできるだけ日のあたる明るい場所を選ぶようにしてください。耐...

pixta_iokuroma

イオクロマの育て方

多くの国でさまざまな花の種類を見かけることができますが、その国の特色にあった植物が生息しています。そのなかでイオクロマと...

pixta_pangy

様々な植物の育て方の違いを知る

生き物を育てる事は、人間にとって大切な時間をもつ事でもあり、自然と癒しの時間になっている場合もあります。

pixta_katorea02

カトレアの育て方

カトレアは、肉厚の葉とバルブと呼ばれるやや太った茎をもつ洋ランとされ、生息地は、熱帯、亜熱帯地域の南アメリカ周辺で中南米...

pixta_misebaya

ミセバヤの育て方

特徴として、バラの種類であることがわかっています。バラ亜綱、バラ目、ベンケイソウ科、ムラサキベンケイソウ属になります。園...

pixta_berebaria

ベレバリアの育て方

特徴としてはヒアシンス科となっています。ムスカリに関してはキジカクシ目、キジカクシ科、ツルボ亜科、ヒアシンス連となってい...

pixta_matukazesou

マツカゼソウの育て方

松風草は、一般的には、マツカゼソウと表記され、ミカン科マツカゼソウ属に属しており、東アジアに生息するマツカゼソウの品種と...

pixta_yukiyanagi

ユキヤナギの育て方

古くから花壇や公園によく植えられているユキヤナギは、関東地方以西の本州や、四国、九州など広範囲に生息しています。生息地は...

pixta_groriosa

グロリオーサの育て方

グロリオーサの育て方は簡単ではありませんが、難し過ぎるというほどでもありません。マメに手入れをする方であれば問題なく育て...

スポンサーリンク

pixta_fragpedium

フラグミペディウムの...

フラグミペディウムは常緑性のランの仲間であり、メキシコか...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロス...

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろ...

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観...