ベンジャミンゴムノキの育て方

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとしては10センチぐらいの低木から、高くなってもせいぜい2メートルぐらいとされています。和名は、シダレガジュマル、その他の名前は、ベンジャミン、ベンジャミンゴム、フィカス・ベンジャミナなどと呼ばれています。

育てる環境について

日当たりなどの環境についてはどのように管理していく必要があるかですが、季節によって変えたほうが良いとされています。東南アジアなどなので夏の暑さにはめっぽう強そうなイメージがあるかもしれませんが、以外に以外性質を持っているとされています。春と秋のような季節においては日当たりでも全く問題はありません。

それが夏になってくると問題が出てきます。ですから直射日光に関しては避けるようにしなければいけません。日当たりの必要性については葉の鮮やかさに影響してくることがあります。あたっていた部分の葉の色が濃く、艷やかになるとされています。当たっていない側が薄い色のタイプになります。

観葉植物をして利用するのであれば、樹形を整えることがあるかもしれませんが、向きを定期的に変更する工夫などをするようにしてみます。そうすると表と裏に日光を当てることが出来るようになります。両方に当れば葉の艶においても両方において良くすることができます。表がきれい、裏が薄いが統一的なことであればよいですが、

ある葉は表のみ、ある葉は両面などとなるとあまりきれいに管理されているようには見えません。日当たりに関してはある程度管理できるところと、自然の部分がありますから、出来る部分については行うようにします。室内において窓際に置くにしても、角度を変えるなどすることによって日当たりの状態を変えることができます。リビングに置くことが多くなるようです。

種付けや水やり、肥料について

土に関しては水はけの良い用土、観葉植物用の用土などを利用するようにします。赤玉土の小粒を6割、ピートモスを3割、軽石の小粒タイプを1割り程度の配合が基本的な配合とされます。もちろん状況によって配合を変えながら様子を見ることもあるでしょう。水やりは観葉植物としての管理方法を守るようにします。

外で育てる、庭植えにするのとはかなり水やりの方法が異なってきます。同じように水を与えようとするとかなりじゃぶじゃぶの状態になりますから、そうならないように気をつけなければいけないでしょう。5月から9月に関しては生育期と呼ばれる期間で水をどんどん吸い上げる期間になります。土の表面が乾いてきたら水を与えるようにします。

この時期に関しては積極的に水を与える時期と考えてもよいでしょう。たくさん与えすぎてしまうことがあります。そうすると受け皿に水がたまるような事がありますが、その時は捨てるようにしなければいけません。水が腐ってその水が入ったりすると根腐れの状態になることがあります。水をあげるときには水の状態を確かめ、

湿っているようであれば与えない辛いで育てるようにします。表面に水分がついているときはたいていは土の中にも水が残っています。ここで上げると過剰になります。10月以降に関しては水を控えるようにします。気温が下がって、成長が鈍くなります。これ以降は水を吸い上げる力が弱くなるので、上げ過ぎないようにしなければいけません。

増やし方や害虫について

増やし方としては、さし木を行います。5月中旬から7月にかけてがちょうどいい季節とされています。枝を10センチから15センチぐらいに切ります。先端部分の葉を数枚残して下葉に関しては落とします。枝全体の長さの3分の1ぐらいまで赤玉土の用土に刺しておきます。日向ではなく、明るい日陰になるようなところに置いておきます。

さし床については乾かさないようにしなければいけません。根については1箇月ぐらいで伸びてきます。根が出てきてから更に1箇月ぐらいしたら鉢上げをしてます。とり木をして増やすこともよく行われる方法になります。こちらの時期としても5月から7月ぐらいとされています。こちらは根が出てくるまでそれ程期間がありません。

10日から15日ぐらいで出てくることがあります。20日から40日ゴを目安として親株から切り離して鉢あげするようにします。やっておきたい作業としては、仕立直しがあります。せっかくですからきれいになるように育てるようにしたいでしょう。形を整えるためには枝葉が伸びてきた時に切り戻しをするようにして形を整えるようにしておきます。

病気としては炭疽病になることがあるので対応をしておきます。高温多湿の時期に起こることがあるので、温度や湿度の管理をきちんと行うことで防ぐようにします。害虫として出てくるのがカイガラムシ、アブラムシ、ハダニになります。年間を通じて出てくるので、適宜の対応が必要です。

ベンジャミンゴムノキの歴史

日用品、生活の中でよく使うものとしてゴムがあります。輪ゴムのように何かを留めておくために使う、まとめるために使うこともありますが、機械の中に入っていることもあります。非常に大きなタイプとなると橋などに使われたり、建物の免震装置に使われたりすることがあるようです。

ゴムにおいては人工的にできているものばかりのように感じますが、身近なものほど天然ゴムになるようです。ゴムの木と呼ばれる植物があって、その樹液から作られるようになっています。ベンジャミンゴムノキと呼ばれる植物があり、こちらに関しては名前こそゴムの木と入っていますが主に観葉植物としての利用になっています。

原産地としてはインドからマレーシアにかけての東南アジアなどにおいてになります。この植物に関しては非常に名前がたくさん付けられていることがあげられます。和名としてはシダレガジュマルと付けられていてこの名前が有名かもしれません。その他においてはベンジャミン、ベンジャミンゴム、フィカスベンジャミナなどがあります。

日本ではやはり和名で呼ばれるお事が多くなるので、探すときにはこちらの名前を知っておいたほうがいいのでしょう。観葉植物としての歴史は非常に長くなっているので、栽培の方法などについてはかなり知られています。そのために情報も多いので扱いやすくなっているといえるかもしれません。情報が多いタイプのほうが、栽培や育て方については解りやすくなります。

ベンジャミンゴムノキの特徴

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとしては10センチぐらいの低木から、高くなってもせいぜい2メートルぐらいとされています。生息地が東南アジア辺りになってくるので、耐暑性についてはそれなりにあるとされます。耐寒性はあまり高くありません。

常緑性なので常に緑の葉を楽しむことが出来るようになっています。家庭でよく育てられることが知られていますが、それ以外には街路樹として用いられることがあることです。植物名を知らずに見ていることがあるかもしれません。樹皮の特徴としては白くなっています。おうとつとしてはそれ程あるわけではないですが、

成長してくるに連れて気根が出てくるようになります。葉っぱに関してはそれほど大きくなるわけではありません。緑色の葉っぱで光沢のあるきれいなものもあれば、マダラが入っているものもあります。マダラが入っていると病気のように見えるかもしれませんが、これはこの木の葉の特徴の一つになっています。

特に問題がある状態ではありません。若い枝については非常に柔らかいのも特徴の一つになっています。柔らかいのと、すぐにおることが出来るとは別です。柔軟性がないと折れてしまうからです。この木についてはかなり柔軟性があるので、木の枝同士を編みこむようなことが出来るとされています。ちょっとした細工などをしやすくなるかもしれません。

pixta_mango

マンゴーの育て方

マンゴーは、ウルシ科のマンゴー属になります。マンゴーの利用ということでは、熟した果実を切って生のまま食べるということで、...

pixta_mizuna_01

ミズナの育て方

水菜の発祥地は静岡県小山町阿多野といわれており、JR御殿場線、駿河小山駅近くに水菜発祥の地を記した石碑が立っています。静...

pixta_taniutugi

タニウツギの育て方

タニウツギはスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木です。スイカズラ科の多くは木本で一部はつる性や草本です。タニウツギは田植...

pixta_fusiguro

フシグロの育て方

フシグロは、ナデシコ科の野草で、葉のつく節が黒っぽいので、このように呼ばれるようになりました。丘陵や山地、人里でも日当た...

pixta_turukokemomo

ツルコケモモの育て方

原産地は北アメリカ、東部で、果樹・庭木・花木として植えられることが多いです。耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いです。ツルコ...

pixta_simatorineko

シマトネリコの育て方

シマトネリコは、近年シンボルツリーとして非常に人気を集めている樹木です。トネリコと混同している人も多いですが、日本が原産...

pixta_yuzurui

ユズ類の育て方

ゆず類に関しての特徴としては、まずはそのまま食べるのは少し難しいことです。レモンにおいても食べると非常に酸味が強いです。...

pixta_dokudami

自宅で植物をうまく育てるには

自宅、特にアパートなどで一人暮らしをしていると、部屋の中の潤いが不足しがちになります。そこで植物などを部屋の中に置いてみ...

pixta_nasu_02

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料...

pixta_romurea

ロムレアの育て方

南アフリカはアヤメ科の球根が、たくさん栽培されていて、ロムレアもその仲間のひとつです。手に入りにくい球根と言われていまし...

スポンサーリンク

pixta_serinsemayoru

セリンセ・マヨールの...

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセは...

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いて...

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリ...

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独...

pixta_fusentowata

フウセントウワタの育...

フウセントウワタ(風船唐綿)は南アフリカが原産の植物で、...