ベンジャミンゴムノキの育て方

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとしては10センチぐらいの低木から、高くなってもせいぜい2メートルぐらいとされています。和名は、シダレガジュマル、その他の名前は、ベンジャミン、ベンジャミンゴム、フィカス・ベンジャミナなどと呼ばれています。

育てる環境について

日当たりなどの環境についてはどのように管理していく必要があるかですが、季節によって変えたほうが良いとされています。東南アジアなどなので夏の暑さにはめっぽう強そうなイメージがあるかもしれませんが、以外に以外性質を持っているとされています。春と秋のような季節においては日当たりでも全く問題はありません。

それが夏になってくると問題が出てきます。ですから直射日光に関しては避けるようにしなければいけません。日当たりの必要性については葉の鮮やかさに影響してくることがあります。あたっていた部分の葉の色が濃く、艷やかになるとされています。当たっていない側が薄い色のタイプになります。

観葉植物をして利用するのであれば、樹形を整えることがあるかもしれませんが、向きを定期的に変更する工夫などをするようにしてみます。そうすると表と裏に日光を当てることが出来るようになります。両方に当れば葉の艶においても両方において良くすることができます。表がきれい、裏が薄いが統一的なことであればよいですが、

ある葉は表のみ、ある葉は両面などとなるとあまりきれいに管理されているようには見えません。日当たりに関してはある程度管理できるところと、自然の部分がありますから、出来る部分については行うようにします。室内において窓際に置くにしても、角度を変えるなどすることによって日当たりの状態を変えることができます。リビングに置くことが多くなるようです。

種付けや水やり、肥料について

土に関しては水はけの良い用土、観葉植物用の用土などを利用するようにします。赤玉土の小粒を6割、ピートモスを3割、軽石の小粒タイプを1割り程度の配合が基本的な配合とされます。もちろん状況によって配合を変えながら様子を見ることもあるでしょう。水やりは観葉植物としての管理方法を守るようにします。

外で育てる、庭植えにするのとはかなり水やりの方法が異なってきます。同じように水を与えようとするとかなりじゃぶじゃぶの状態になりますから、そうならないように気をつけなければいけないでしょう。5月から9月に関しては生育期と呼ばれる期間で水をどんどん吸い上げる期間になります。土の表面が乾いてきたら水を与えるようにします。

この時期に関しては積極的に水を与える時期と考えてもよいでしょう。たくさん与えすぎてしまうことがあります。そうすると受け皿に水がたまるような事がありますが、その時は捨てるようにしなければいけません。水が腐ってその水が入ったりすると根腐れの状態になることがあります。水をあげるときには水の状態を確かめ、

湿っているようであれば与えない辛いで育てるようにします。表面に水分がついているときはたいていは土の中にも水が残っています。ここで上げると過剰になります。10月以降に関しては水を控えるようにします。気温が下がって、成長が鈍くなります。これ以降は水を吸い上げる力が弱くなるので、上げ過ぎないようにしなければいけません。

増やし方や害虫について

増やし方としては、さし木を行います。5月中旬から7月にかけてがちょうどいい季節とされています。枝を10センチから15センチぐらいに切ります。先端部分の葉を数枚残して下葉に関しては落とします。枝全体の長さの3分の1ぐらいまで赤玉土の用土に刺しておきます。日向ではなく、明るい日陰になるようなところに置いておきます。

さし床については乾かさないようにしなければいけません。根については1箇月ぐらいで伸びてきます。根が出てきてから更に1箇月ぐらいしたら鉢上げをしてます。とり木をして増やすこともよく行われる方法になります。こちらの時期としても5月から7月ぐらいとされています。こちらは根が出てくるまでそれ程期間がありません。

10日から15日ぐらいで出てくることがあります。20日から40日ゴを目安として親株から切り離して鉢あげするようにします。やっておきたい作業としては、仕立直しがあります。せっかくですからきれいになるように育てるようにしたいでしょう。形を整えるためには枝葉が伸びてきた時に切り戻しをするようにして形を整えるようにしておきます。

病気としては炭疽病になることがあるので対応をしておきます。高温多湿の時期に起こることがあるので、温度や湿度の管理をきちんと行うことで防ぐようにします。害虫として出てくるのがカイガラムシ、アブラムシ、ハダニになります。年間を通じて出てくるので、適宜の対応が必要です。

ベンジャミンゴムノキの歴史

日用品、生活の中でよく使うものとしてゴムがあります。輪ゴムのように何かを留めておくために使う、まとめるために使うこともありますが、機械の中に入っていることもあります。非常に大きなタイプとなると橋などに使われたり、建物の免震装置に使われたりすることがあるようです。

ゴムにおいては人工的にできているものばかりのように感じますが、身近なものほど天然ゴムになるようです。ゴムの木と呼ばれる植物があって、その樹液から作られるようになっています。ベンジャミンゴムノキと呼ばれる植物があり、こちらに関しては名前こそゴムの木と入っていますが主に観葉植物としての利用になっています。

原産地としてはインドからマレーシアにかけての東南アジアなどにおいてになります。この植物に関しては非常に名前がたくさん付けられていることがあげられます。和名としてはシダレガジュマルと付けられていてこの名前が有名かもしれません。その他においてはベンジャミン、ベンジャミンゴム、フィカスベンジャミナなどがあります。

日本ではやはり和名で呼ばれるお事が多くなるので、探すときにはこちらの名前を知っておいたほうがいいのでしょう。観葉植物としての歴史は非常に長くなっているので、栽培の方法などについてはかなり知られています。そのために情報も多いので扱いやすくなっているといえるかもしれません。情報が多いタイプのほうが、栽培や育て方については解りやすくなります。

ベンジャミンゴムノキの特徴

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとしては10センチぐらいの低木から、高くなってもせいぜい2メートルぐらいとされています。生息地が東南アジア辺りになってくるので、耐暑性についてはそれなりにあるとされます。耐寒性はあまり高くありません。

常緑性なので常に緑の葉を楽しむことが出来るようになっています。家庭でよく育てられることが知られていますが、それ以外には街路樹として用いられることがあることです。植物名を知らずに見ていることがあるかもしれません。樹皮の特徴としては白くなっています。おうとつとしてはそれ程あるわけではないですが、

成長してくるに連れて気根が出てくるようになります。葉っぱに関してはそれほど大きくなるわけではありません。緑色の葉っぱで光沢のあるきれいなものもあれば、マダラが入っているものもあります。マダラが入っていると病気のように見えるかもしれませんが、これはこの木の葉の特徴の一つになっています。

特に問題がある状態ではありません。若い枝については非常に柔らかいのも特徴の一つになっています。柔らかいのと、すぐにおることが出来るとは別です。柔軟性がないと折れてしまうからです。この木についてはかなり柔軟性があるので、木の枝同士を編みこむようなことが出来るとされています。ちょっとした細工などをしやすくなるかもしれません。

ronisera

ロニセラの育て方

ロニセラは北半球に広く分布するつる植物で、北アメリカの東部や南部が原産地です。初夏から秋まで長期間開花し、半常緑から常緑...

pixta_bshukinia

プシュキニアの育て方

プシュキニアはトルコやレバノンの辺りを生息地としている高原に咲く花として知られている花です。球根が取れる花であるという特...

pixta_drusutenia

ドルステニアの育て方

ドルステ二アはクワ科の植物で、アフリカ東部のケニアやタンザニアのあたりから、海を挟みアラビア半島の紅海沿岸が原産となり生...

pixta_mizuna_01

はじめての家庭菜園で役立つ基本的な野菜の育て方

家庭菜園をやっている人が増えています。また、これからはじめてみたいと思っている人も多いと思います。しかし実際は、なにから...

pixta_siraitosou11

シライトソウの育て方

シライトソウとは、日本や朝鮮半島を原産としているユリ科シライトソウ属の多年草です。その名の通り、真っ白な糸を束ねたような...

pixta_torikabuto

トリカブトの育て方

トリカブトは日本では”鳥兜”または”鳥冠”の由来名を持っています。この植物の花の形が舞楽で被る帽子の鳥冠に似ている事から...

pixta_ibukijakousou

イブキジャコウソウの育て方

イブキジャコウソウなどのタイムの原産地は南ヨーロッパで、古代ギリシャ時代から薬用や食用として利用されています。紀元前の7...

pixta_kurisansemamu

クリサンセマム・ムルチコーレの育て方

クリサンセマム・ムルチコーレの生息地は、ヨーロッパ西部と北アフリカなどの地中海沿岸です。アルジェリア原産の耐寒性または、...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て方

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリサム属になります。常緑低木です。草丈としては30センチぐらいから...

pixta_hanamomo

ハナモモの育て方

ハナモモというのは、中国が原産地で鑑賞をするために改良がなされたモモですが、庭木などにも広く利用されいます。日本へ入って...

pixta_iwakagamidamasi

イワカガミダマシの育...

イワカガミダマシはソルダネラ・アルピナの和名ですが、漢字...

pixta_hesuperansa

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留ま...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイリンエイザンスミ...

多年草で、すみれ科すみれ属に分類されています。日本海側に...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィ...

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビア...