セントーレアの育て方

セントーレアの育て方

セントーレアの歴史は、古くやギリシャ時代にまでさかのぼります。今現在、一般的に使われているセントーレアという属名は、ギリシャ神話に登場する半人半馬の怪物、ケンタウロスが由来になっています。それを英語読みしたのがセントーレアです。

セントーレアの種付け

セントーレアの苗が店頭に並ぶのは、春から初夏にかけてです。値段も比較的お手頃なものが多いです。種付けもその時期に済ませておきましょう。購入後は、できるだけ大きい鉢植えやプランターに種付けすることを推奨します。その際、風通しや水はけがよいことを確認する必要があります。

鉢植えの場合、水はけのよい草花用培養土を使うと良いでしょう。鉢植えやプランターに種付けする場合、それらの置き場所にも留意しましょう。可能であれば、風通しがよく、日光のあたる場所に置いておきましょう。関東地方で栽培を望む場合、外に鉢植えやプランターを置いて生育する場合、枯れてしまいますが、屋内であればまずその心配はありません。

もちろん、丈夫な花なので、多少コンディションが悪くても生育させることができますが、綺麗な花に栽培したいのであれば、上記のことを順守しましょう。お勧めの用土としては、腐葉土もしくは堆肥とパーライトを混ぜたものがあります。どちらも、生育する上で成長を促進することが知られています。地温の上昇を抑える方法もあります。株元は、ココチップなどを利用してマルチングするようにこころがけましょう。

セントーレアの育て方

セントーレアはその丈夫さから、ガーデニング初心者でも比較的容易に育てることができます。セントーレアの育て方のうえで、最も大事な要素の1つが肥料です。肥料は植え付け時に元肥として、粒状肥料を使うことを推奨します。鉢植えでは、用土1リットルあたり、5グラムぐらいの肥料を、用土に混ぜて使います。

こうすることで、土が活性化し、水はけがよくなったりします。花がついてから晩夏から秋にかけては、同じような肥料をまくようにしましょう。また、セントーレアの育て方を知るうえで、知っておかなければならないことがあります。それが、害虫による被害を受けにくいということです。

一般的に、害虫が発生した場合、消毒薬などをまくことになり、他の花に悪影響を与えてしまうことがあります。しかし、セントーレアを栽培する場合、そのようなことはほとんどなく、非常に頼れる花であると言えます。それに加え、上級者さえ難しい品種改良やアレンジも比較的簡単にできます。

品種改良やアレンジによってできる花はたくさんあります。モンタナやデルバータ、ギムノカルパ、オウゴンヤグルマギクなどがそれに当たります。どれも色とりどりの花をつけ、お庭にアクセントを与えてくれることでしょう。セントーレアが成長すると、背丈50~100cmになります。

大きいものでは、草丈1メートルに達するものもあります。年間を通しての管理方法としては、花がらは適宜切り取ること、肥料は春と秋に緩効性肥料を与えることでしょうか。しかし、そんな優秀な植物セントーレアにも、弱点としているものがあります。

それが、草丈です。セントーレア自身、あまり他の植物との草丈の競い合いをしません。その分、ぐんぐん伸びてしまう可能性があります。その場合、競り負けてしまった場合、最悪枯れてしまうこともあります。そのため、必要に応じて草丈を調整することが大切です。

セントーレアの栽培時の注意点

セントーレアはその丈夫さから、初心者でも育てやすいと言われています。育て方は基本的に、放任栽培的な性格を持っており、毎日世話をするのが面倒だと言う人にも適しています。そのうえ、開花時には綺麗な花を咲かせます。

とは言え、初歩的な世話はしておきましょう。セントーレアは、大きく、2つの種類に分けることができます。一年草と多年草です。主な使用用途は、庭のアクセントはもちろんのこと、切り花などの材料としてもしようできます。そのため、保育園や幼稚園などでも栽培されています。

そのほか、その生育の容易さから、芝の間やゴルフ場、建物と建物の間でも栽培されていることがります。葉の特徴としては、細長く、前縁のものもあるが、1回または2回の羽状複葉のものが多いことが知られています。花は管状花からなる頭状花で、アザミに酷似した姿のものが多いですが、頭状花の組成が粗いです。

そのため、マツムシソウの花のように見えるものもあるのが事実です。花色は大きく、青・紫・藤色などのブルー系と、黄花のイエロー系に分かれています。その中でも、個人が園芸用として使用するには、白・ピンク・紅色のものが最適です。どの色の花を栽培するにも、その特性すなわち丈夫さや、暑さに耐えることを主眼に置いておくことが肝要です。

ガーデニング初心者やガーデニング未体験者にも、お勧めできる花ではありますが、まずは花屋やインターネットなどで情報収集するようにしましょう。育て方によっては、満開の花を咲かせることができます。綺麗な花なので、お庭のアクセントとして有効に使えるはずです。セントーレアは、ガーデニングをする上での登竜門と言えるでしょう。

セントーレアの歴史

セントーレアの歴史は、古くやギリシャ時代にまでさかのぼります。今現在、一般的に使われているセントーレアという属名は、ギリシャ神話に登場する半人半馬の怪物、ケンタウロスが由来になっています。それを英語読みしたのがセントーレアです。

実際にはギリシャ語で「C」はカと読みますが、当時のイギリス人たちが、自分たちの言語に合いやすいようにと、シと発音したのがはじまりだと言われています。中世より世界の温帯地方を主な生息地としてきましたが、種類によっては北米などの寒冷地にも生息しています。

日本に伝わったのは19世紀末です。そのころの主な使用用途と言えば、花壇や切り花用の草花の草花としてが大半を占めていました。このほかにも、いくつかの種が栽培されていました。また、驚くべきことに古代エジプトの王の墓からも出土したことで知られています。

当時の使用用途は専ら風邪薬や美容効果としてだったようです。観賞用として流通するのは、もう少し経ってからでした。その独特な花の形から、多くの人々に愛されてきたことも知られています。その証拠に、ヨーロッパでは食器にセントーレアをかたどったものが多く、花屋の店先でも見かけます。

セントーレアの特徴

セントーレアと言っても、その種類は多種多様です。たとえば、色もたくさんあります。園芸用語では一般的に、多年生のものを指します。生息地に関しても、ヨーロッパなどの比較的気候が温暖な場所に生息しています。しかし、北米など寒冷地に生息している種もあります。

基本的な特徴としては、全体として丈夫なことが知られています。また、暑さにもやや弱いです。極度な寒さには耐性がなく、その場合、枯れてしまうことがあります。主な原産地はヨーロッパや西アジアで、大きさは最大100cmになります。

開花期は5~8月です。丈夫な花なので、多少コンディションが悪くても花をつけますが、初期にはベストコンディションにしておくことが肝要です。セントーレアは一般的に、ヤグルマギクを指します。開花したときの色は、黄色や紫、ピンクなどいろいろな色があります。葉は銀葉が主流です。

銀葉をもつものは青紫色の花を持っており、その色が他の植物の補色となります。その結果、絶妙なアクセントを生み出し、庭を明るく演出してくれることでしょう。ガーデニング未経験者やガーデニング初心者でも容易に育てられる、そんな花です。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:オシロイバナの育て方
タイトル:バーバスカムの育て方
タイトル:ファレノプシス(コチョウラン)の育て方

pixta_yamaimo

ヤマイモの育て方

ヤマイモとナガイモは、よく混同されますが、まったく別の種類で、ナガイモは元々は日本にはなく、海外から入ってきた芋というこ...

pixta_crose

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズは別名ヘレボラスと呼ばれ、その歴史は古く、人々の生活の中に根付き利用されてきました。古代ギリシャ時代の医...

pixta_shefrera11

シェフレラの育て方

シェフレラは台湾や中国南部を原産としたウコギ科の常緑低木です。手の平を広げたような可愛らしい葉が密集して育ちます。ドイツ...

pixta_hosuradexishu

ホースラディッシュの育て方

アブラナ科セイヨウワサビ属として近年食文化においても知名度を誇るのが、ホースラディッシュです。東ヨーロッパが原産地とされ...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て方

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、その用途は鉢植えや寄せ植え、切り花などに用いられています。なお、...

pixta_odamaki

オダマキの育て方

この花は、キンポウゲ科オダマキ属で、多年草です。北半球の温帯地方を中心に、生息している花でもあります。この花の歴史は古く...

pixta_goya_02

ゴーヤーともよばれている健康野菜ニガウリの育て方

ゴーヤーは東南アジア原産の、特有の苦味があるつる性の野菜です。沖縄では古くから利用されており郷土料理”ゴーヤーチャンプル...

pixta_fuirigetou

植物の栽培に必要な土と水と光

植物の栽培に必要なのは、土と水と光です。一部の水の中や乾燥している場所で育つ植物以外は、基本的にこれらによって育っていき...

pixta_derufinium

デルフィニウムの育て方

デルフィニウムはキンポウゲ科の花で、5月から6月頃に様々な色の繊細で美しい花を咲かせます。背が高い茎に小さな花をたくさん...

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培や育て方、トウモロコシの種まきと育て方

トウガラシのなかの一つで甘味料のある緑果をピーマンと呼んでいます。ピーマンの種まき時期は5月中旬頃でナスと同じ時期です。...

スポンサーリンク

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在...

pixta_amondo

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにし...

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培や育て...

トウガラシのなかの一つで甘味料のある緑果をピーマンと呼ん...

pixta_festuka

フェスツカ・グラウカ...

フェスツカ・グラウカは、ヨーロッパ原産の、イネ科の植物で...