ポーチュラカリアの育て方

ポーチュラカリアの育て方

特徴としてどういった種類に属するかですが、カナボウノキ科であったりスベリヒユ科とされています。木の大きさとしては植木鉢などでこじんまりと育てようとすれば30センチほどです。庭などに地植えをするのであれば2メートル近く高くなることもあります。

育てる環境について

栽培するための育て方として、環境についてですが、まずは寒さについてです。寒いところが苦手になっていますから、かなり寒い地域においては冬は室内にいれて管理するようにします。日当たりに関してはもちろん必要になります。4月ぐらいから11月の終わりぐらいまでは戸外の直射日光の元に置くようにします。

そしてそれ以外の冬、12月から3月いっぱいにかけては室内の中でも日当たりのいいところに置くようにします。冬においても日当たりが必要ですが常に日当たりのところに置くことができないこともあります。住宅において最も日当たりの良い居場所を提供してあげないといけない場合もあります。

風通しが良いことが必要なので、室外に置くときにおいては風通しを考慮して場所を決めるようにします。水分に関しても気をつける必要がありますから、土の状態が安定している所が良いでしょう。あまり水分が残っているようなところは好まないことが多くなっています。寒さの基準として守る必要がありのは最低温度がどれくらいのところかです。

霜は土の中が凍る状態ですからかなり低くならないといけません。その状態がある程度続くことによってしもが発生することがあります。気温の基準としては、最低5度を守れるところかです。1年に何回も5度を切るようなところになると育てにくくなります。室内に置くとしても人がいない時にもそれなりの温度を保つ必要があります。暖房を入れておくこともあるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

種付けをするにあたっての用土の準備です。水はけを重視して配合した土を用意しておきます。赤玉土の中粒が3割、鹿沼土の中粒が3割、軽石中粒が1割、腐葉土が3割などで考えます。軽石を加えると水はけしやすくなります。軽石を含めない時は赤玉土を4割などにして様子を見るようにします。水はけについてはあまりありすぎても困ります。

調度よい配合をその気候などに合わせて作るようにします。植え付けをするのは4月から6月にかけてです。植え替えの時期においても同じような時期に行います。枯れた葉や枝、根を取り除くようにします。根においては残す部分においても土をきれいに落とすようにします。良くしてしまうのが元々の土をそのまま大量につけたまま行うことです。

これではせっかくの植え替えの効果が少なくなります。古い土が密着している状態だと栄養分や水分などの吸収に影響が出ることがあるので、ある程度しっかり落とすようにして植え替えを行います。春から秋にかけてが、この植物の育成期になります。この時期においてはしっかりと水やりをするようにします。

植木鉢で育てることが多いでしょうから、その場合は表面が乾いたらたくさん水をあげるようにします。では冬など気温が低い時はどうするかです。室内に置くことが多くなりますが、この時には水分は最低限にします。乾燥するかしないかぎりぎりのところで管理を続けます。乾燥水を与えすぎると根腐れになってしまいます。

増やし方や害虫について

増やし方ではさし芽を中心に行います。方法はまずは下葉を3枚ほど残して茎をカットします。これをそのまま挿すわけではなく、下準備として日陰で半日ほど乾かします。ある程度落ち着いてきたらそれを新しい土に差し込みます。乾かすときは加減が重要です。カラカラに乾燥させるわけではなく、あくまでも軽く乾かすぐらいで考えます。

乾かしすぎるとしぼんでしまいます。そうすると芽が出にくくなって、さし芽自体がうまく行かなくなってしまいます。乾かした状態なので水分があまりありません。さし芽をしたらすぐに水をいあげるようにします。すると水をどんどん吸い上げていくようになります。増やす上で大事な作業としては枯れ葉取りがあります。

枯れ葉についてはついていても栄養分などを吸い上げます。でも一旦枯れると元のようにはなりません。それならとってしまったほうが他の部分に栄養が行き渡るようになります。枯れているものを見つけたらどんどん取るようにしておきます。病気については特に心配するようなものはありません。

冬の管理状態にさえ気をつけておけば何かにかかることはありません。害虫には注意するようにしておきます。カイガラムシと呼ばれる虫が出やすくなります。この虫に関してはある状態が続いたりすると出やすくなります。それは高温で乾燥しているときです。日本においてはそれ程無いかもしれませんが、日照りが続いた時などは水分が減るトトがあるので確かめます。

ポーチュラカリアの歴史

草花といえば緑色が一般的です。それに花が咲くようになると色鮮やかになります。多くの草花に関しては花が咲くようになっているようですが、必ずしも花が咲くタイミングに合わせられないこともあります。花が散った後の様子を見ることもあります。また、本来は花がさくけども条件があまり合わない、日本では咲かすことができないなどの場合があります。

この時には残念ながら楽しむことができない場合があります。仕方がないですから葉っぱだけを楽しむしかありません。ポーチュラカリアと呼ばれる植物があり、非常に可愛らしいとして知られています。原産地としては南アフリカとされていて、その他の地域としては北米であったりハワイなどでも見られるようになっています。

そのことから日本においても渡来をしているのですが、日本ではあまり花を咲かせることができないとして知られています。そのために楽しむのは主に葉っぱのみと考えておいたほうが良いかもしれません。葉っぱに関しては日本においても育てることが出来るとして知られていますから、十分育てることが可能になっています。

名前においては日本においては古風な名前が付けられています。雅楽の華との名前です。せっかく華とついているのに花があまり楽しむことができないのは残念な植物になります。しかし必ずしも花が見られないわけではなく、いろいろな人がどのようにすれば花を見ることが出来るかなど研究されているようです。

ポーチュラカリアの特徴

特徴としてどういった種類に属するかですが、カナボウノキ科であったりスベリヒユ科とされています。木の大きさとしては植木鉢などでこじんまりと育てようとすれば30センチほどです。庭などに地植えをするのであれば2メートル近く高くなることもあります。自然の状態においてもかなり大きいタイプになることもあります。

形態としては常緑半低木、地生になります。あまり花を見ることができないとされていますが、花が咲く時期としては5月から6月の初夏の時期になります。多肉植物として、雅楽の舞、銀杏木があります。大株に育てていくとどんどん太っていって、芽も増えていくので楽しみとしてはたくさんある木と言えるでしょう。

日本においてはこの時の葉っぱを楽しみにすることが多いです。花としてはピンクの花が咲きます。暑さに対しては強い地域が原産、生息地になっていることからもそれ程弱くはありません。しかし冬の寒さはあまり強くありません。霜が降りてしまうとそれだけで一気に傷んでしまうとされています。冬場の管理に気を遣う植物になります。

大きく育つ木で多年草になっています。日本で育てる場合においては冬をどう過ごすか、どこで過ごすかがありそうです。霜が降りないような南の地域であればそれ程木にすることなく、花も咲かせやすくなります。しかし必ず霜がおりるような雪がふるような地域になると簡単には育てることができません。庭植えにすることができない場合もあります。

pixta_rairakku

ライラックの育て方

ライラックの特徴としてあるのはモクセイ科ハシドイ属の花となります。北海道で見られる事が多いことでもわかるように耐寒性があ...

pixta_yusuraume

ユスラウメの育て方

ユスラウメの特徴としては真っ赤な赤い実をつけることです。見た目はさくらんぼにそっくりです。漢字で充てられるのは梅桃、山桜...

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思い浮かべる人、様々ですが、原産国は東アジアとなっています。日本も...

pixta_arteranantera

アルテルナンテラの育て方

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。草丈は10センチぐらいから20センチぐらいの大きさです。木のよう...

pixta_onibasu

オニバスの育て方

本州、四国、九州の湖沼や河川を生息地とするスイレン科オニバス属の一年生の水草です。学名をEuryaleferoxと言いま...

pixta_utugi

ウツギの育て方

ウツギは、ユキノシタ科の植物です。生息地は北海道から九州、奄美大島までの日本の山野や、中国原産のものもあります。落葉性の...

pixta_habotan

キンセンカとハボタンの育て方

冬枯れの戸外で一際鮮やかに色彩を誇るのがハボタンです。江戸時代中期に緑色のキャベツに似たものが長崎に渡来して、オランダナ...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

pixta_mitumata

ミツマタの育て方

ミツマタ(三椏)は、中国原産で、冬に葉を落とすジンチョウゲ科の落葉性の低木です。枝が三つ叉に分かれるところから「ミツマタ...

pixta_sakisifraga

サキシフラガ(高山性)の育て方

サキシフラガは、ユキノシタ科ユキノシタ属に分類される高山性の植物です。また、流通名はホシツヅリ、別名をカブシア、ジェンキ...

スポンサーリンク

pixta_hetima

ヘチマの育て方と食べ...

ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)は熱帯アジア原産のつる性の一年草で...

pixta_ringo15

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科にな...

pixta_rosemarry

ローズマリーの育て方

その歴史は古く、古代エジプト時代の墓からローズマリーの枝...

pixta_nogeitou

ノゲイトウの育て方

ノゲイトウはインドが原産の植物です。日本で見かけることも...