マンゴーの育て方

マンゴーの育て方

マンゴーは、ウルシ科のマンゴー属になります。マンゴーの利用ということでは、熟した果実を切って生のまま食べるということで、普通はそのように食べていますが、それよりも加工品のほうが、よく利用されています。

育てる環境について

マンゴーの利用ということでは、熟した果実を切って生のまま食べるということで、普通はそのように食べていますが、それよりも加工品のほうが、よく利用されています。例えばマンゴージュースや、それらを利用したデザート類などは定番ですが、乾燥したものも美味しく食べることができるので、ドライフルーツもよく目にします。

その他ジャムやヨーグルトなどでも利用されています。料理には甘いので、日本ではあまり利用されていないようですが、やはりデザート類では定番ということになります。また未熟な果実を塩漬け、甘酢漬けにしたりもします。また海外では、お菓子などとして、熟していない果実も使われているということで、酸味を楽しんでいるようです。

それはそのまま熟していない果実でも食べることができるということになります。また海外の料理では、原産国だからでしょうが、インド料理などには使われているようです。また品種としてはアップルマンゴーという品種が日本ではほとんどで、いつも食べているものは、この品種ということになりますが、

他にもいくつかの品種があるようです。またインドでは500種以上が栽培されているということで、さすがに原産国だけあります。日本の場合では、以前ミバエという大害虫が発生するかもしれないということで、輸入を禁止されていましたが、その後特定の条件下では許可されて、今のように大人気のフルーツになったということのようです。

種付けや水やり、肥料について

このような植物ですので、日本の気候では温度の関係もあり、また梅雨には花粉なども流れてしまうということですので、ガーデニングでの観賞用には利用できます。またこの植物を育てているということだけでも、珍しいので、話題性もあり、ステータスにもなりやすいように感じます。

生育の適温は20度から30度で、寒さでは5度以上あれば、枯れることもなく育つようです。また収穫できるとすれば、種からでは3年から6年で、苗からだと早くて1,2年で実が実るということのようです。そのような気候の地域では、収穫ができるようになるかもしれません。また木も、きれいなスタイルで葉や実ができるので、

観賞用ということでは、美しくガーデニングもできるのではないかということになります。また鉢植えでも育てられるので、マンションのベランダなどでも1,5メートルの高さぐらいまで育つそうです。葉は10センチから30センチぐらいで、花は2000個ぐらいまで咲くそうですが、そこから果実になるのは非常に少ないということです。

また果実は枝から、ぶらさがるように垂れているという感じになります。育て方ということでは、実を食べたあと、すぐに中の種を取り出して、傷つけないように蒔きます。うまくすれば1週間ぐらいで発芽しますが、適温は南国の果物ですので、20度以上が良いようです。また季節としては6月から7月が良いということでした。また球根のように見ずにつけておいても発芽するので、ある程度大きくなった時に土に植え替えます。

増やし方や害虫について

屋外では4月から11月ぐらいまでは、風通しの良い所で育てられますが、冬はやはり寒さに弱いので、室内に退避させて、5度以上の気温のところで育てるということになります、また雨にも弱いので、雨が降る梅雨のような時には、雨がかからないような場所に移動しておき、育てるということになります。

南国の植物なのに雨に弱いというのも珍しいですが、ある程度の大きさになるまでは、そのような感じなのかもしれません。また日本の気候では、少々寒すぎるということかもしれません。土は水はけの良い、よく肥えた土地を好みます。剪定は鉢から50センチぐらいにのびた時に2,3本の枝だけを残すようにします。

また花が咲いても果実がつかない場合には、栄養を集中させるということで、花の半分を切り取っておくと良いということでした。また受粉してくれないと実がみのりませんので、日当たりの良い所に置いておき、昆虫がたどり着けるようにしておくと良いとのことです。

また鉢の大きさで果実の数が決まりますので、小さい鉢では1,2個、10号程度の鉢では、3から5個ぐらいに摘果しておきます。そうするとちょうど良い果実が実るということになります。このように日本の場合では、

気温や雨がありますので、鉢植えやプランターなどで育てるのが良いかもしれません。また果実は自然落下するので、傷がつかないようにネットを張っておくなりすると良いようです。そうすると美味しい果実を食べることもできます。

マンゴーの歴史

ガーデニングや家庭菜園が人気ですが、やはり利用される植物でも、ただ見ているだけでは楽しみも半減してしまいます。例えば実や葉や花が食べられる植物もあります、特にフルーツなどは、魅力があり、よく庭などがある家では、色々な果物系の植物が植えられていて実ったりしていますが、

その中では、同じ作るならば、他とは違った植物なども面白いということになります。そんな中でマンゴーなどは、日本でも栽培されているので試してみるのも面白いでしょう。マンゴーの歴史は古く、原産地はインドやインドネシアの南国地方ということですが、インドではミャンマーとの国境あたりが、原産地ではないかと言われているようです。

また、はるか昔から栽培されていたようで、インドでは4000年以上前から栽培が始まっていて、中には神様にまでしてしまうほど人気がある果物のようです。生息地ということでは、南国ですが、今生産されている国ということでは、インド、メキシコ、フィリピン、タイ、オーストラリア、台湾などだそうで、

国名を見てもマンゴーにあっている気候の国ということがわかります。日本でも栽培されていますが、沖縄県、宮崎県、鹿児島県、和歌山県、熊本県など、やはり南国が多いです。そうなると気候的にもこのような地域が栽培には適しているということになります。ガーデニングでも収穫ということでは、このような暖かい地方でのガーデニングが向いているということになるようです。

マンゴーの特徴

日本で実を実らせるのは、やはり気温的にも難しいので、ハウスを利用して温度調節をしながら生産しているということになります。ハウス栽培ということですが、これは温度が主な理由ではなくて、梅雨などの雨の時に花粉が流されてしまうということが問題で、そうならないために雨から、この植物を守るということで、

ハウス栽培ということになるそうです。この植物は成長すると40メートルという巨木にもなるということですが、花はあまり美しいとはいえないもので、房にたくさんぶらさがるという感じの花になります。また花粉を運ぶ場合には、ハエを利用しているようですが、独特の臭いでハエを呼び寄せるようです。

日本ではミツバチをハウス内で放して受粉させているということですが、原産地あたりでは、ミツバチが利用できないので、ハエを利用したのではないかと言われていて、自然の営みも非常に不思議なものがあるということです。何処でそのような意図が生まれて、そのように進化するのかということも不思議ですし、人間のように考えることはできないでしょうから、

そのような仕組みがあるのでしょうが、それにしても不思議な植物でもあります。また、この植物はウルシ科ということで、そのことも不思議な感じはしますが、うるしにかぶれるという人がいるように、マンゴーでかぶれるという人もいるようで、やはりウルシ科だけのことはあるという感じもします。しかし周りでは殆ど見ないので、人によるのかもしれません。

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤとされており、暖地の山中に自生し、広く分布しています。主な生息地...

pixta_orurea

オルレアの育て方

オルレア(オルラヤ)は、ヨーロッパ原産のセリ科の一年草です。日本でのオルレアの栽培の歴史はまだ浅いですが、最近、急激に庭...

pixta_adromiskusu

アドロミスクスの育て方

アドロミスクスの特徴といえばやはり豊富な形とフォルムでしょう。特に華やかな花が咲くわけではありませんが、肉厚の葉がとても...

pixta_momiji

モミジの育て方

モミジは日本人に古くから愛されてきた植物です。色づいたこの植物を見に行くことを紅葉狩りといい、秋の風物詩として古くからた...

pixta_potmam

ポットマムの育て方

この花の種類としてはキク科になります。デンドランセマ属に類することになります。多年草で、枯れることなく毎年咲かせることが...

pixta_blackcat

ブラックキャットの育て方

ブラックキャットはインドおよび東南アジアを原産地とする植物で、熱帯・亜熱帯の森林の中を生息地としています。外見が大変特徴...

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし、最も有力とされるのが、1857年にイギリス医療伝道者がアフリカ...

pixta_korokasia

コロカシアの育て方

コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。それらの地域ではタロという名前で呼ばれていて、主食としてよく食べら...

pixta_jagaimo11

じゃがいもの品種と育て方

じゃがいもは、寒さに強い植物です。人気は男爵やメークイン、キタアカリです。男爵は粉質が強いので、じゃがバター・ポテトフラ...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み自生しています。日本ではドライフラワーなどに良くつかわれています...

スポンサーリンク

pixta_nihonzuisen

ニホンズイセンの育て...

特徴において、種類はクサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガ...

pixta_karatea

カラテア(Calat...

カラテアの名前はギリシャ語のかごという意味があるカラトス...

pixta_olieve

オリーブの育て方

オリーブの木は地中海地方が原産といわれるモクセイ科の常緑...

pixta_mitubasimotukesou

ミツバシモツケソウの...

ミツバシモツケソウは北アメリカ南東部原産の宿根草です。高...